ピクシブ百科事典

この世全ての悪

あんりまゆ

『Fate/staynight』に登場する英霊(?)にして、冬木の聖杯戦争を狂わせた元凶。
目次[非表示]

概要

アヴェンジャーサーヴァントアンリマユと冬木の大聖杯が癒着して生まれた呪いの杯及びそこから溢れる黒い泥。
この泥に触れようものならたちまち魂を汚染されてしまい、サーヴァントさえも性格が悪しき方向へと反転し暴走状態になってしまう。これを黒化と呼ぶ。

事の始まりは、第三次聖杯戦争で勝利に固執しルールを破ったアインツベルン家に召喚されたアンリマユが敗れた時にある。
通常敗れたサーヴァントは大聖杯の起動に必要な無色の魔力として小聖杯に取り込まれるのだが、アンリマユの英霊としての在り方が「この世全ての悪であれ」という人々の願いそのものであったゆえに、「願望機」がその願いを叶えてしまった結果、聖杯は汚染され「どんな願いでも人を殺す形で叶える欠陥品」へと変貌させてしまった。

  • 例えば、「大金が欲しい」と願えば、他の富豪を死に追いやりその財を聖杯の所有者に与えるし、「争いの無い平和な世界にしてほしい」と願えば、人類全てを呪い殺して争いが起こらない世界を作る。
  • 実際、『stay night』における第四次聖杯戦争の終盤では、衛宮士郎が巻き込まれた冬木大火災も、言峰綺礼が「切嗣とセイバーを分断するため、戦いの邪魔となる住民が消えれば都合がいい」という考えを何気なく願ったところ、住民を消すために冬木大火災が発生したのである。
    • ただし『Fate/Zero』においては、この冬木大火災の原因が違っており、衛宮切嗣が令呪によってセイバーに聖杯を破壊させたことでこの世すべての悪があふれ出したことが原因という設定になっている、詳細は衛宮切嗣言峰綺礼の項を参照。
    • その規模はあの英雄王曰く、人類悪の一つとして数えられる模様。この事実は2014年版TVアニメ版UBWで明らかとなった。

また、第四次以降の聖杯戦争のシステムそのものにも影響を与え、本来は召喚される事のなかった反英雄(世間からは悪でありながらもそれが結果的に人々の救いとなって奉られた英雄)の召還などのイレギュラーな事態が起きている。

第四次聖杯戦争

精神的には空虚な聖職者・言峰綺礼と、平和のためなら自分が「この世全ての悪」になることも辞さないと宣言した暗殺者・衛宮切嗣に興味を持ち、決戦の最中であった二人を泥に飲み込むことで聖杯の中へ招きいれる。

聖杯の元となった切嗣の妻アイリスフィール・フォン・アインツベルンの願いから、まず最初に彼女の殻をかぶって切嗣の前に現れ(姿や言動は本人とほぼ同じだが、黒桜セイバーオルタのように衣装が赤と黒のものに変色している)、聖杯を使って願いを叶えるように促す。
切嗣の願いは世界から争いを無くすこと事であったが、アンリマユは争いが起きなくなるまで人口を減らし、人類が最終的に切嗣の家族だけになれば争いが起きない世界になると示した。その際、自身もアイリスフィールの姿で切嗣の妻として現世に呼び出すことを懇願するも拒絶され、聖杯自体も約束された勝利の剣によって破壊される。

しかし、それはアンリマユ本体が眠る大聖杯ではなく、その蛇口に過ぎない小聖杯であったため、溢れた中身の泥が周囲を侵食し、後々まで大きな爪痕を残す大火災を引き起こすこととなる。
この時切嗣と同時に綺礼を取り込んでいたため、綺礼の願いである自分の本質の正体と生きる目的を知りたいという願いを、「いずれ生まれ出るであろう“この世全ての悪”の誕生を見届け、それを祝福することにある」という形でを叶えたともされる。

第五次聖杯戦争

大聖杯の中に留まりながら聖杯に満ちる「力」を養分に現界しようとしており、第五次聖杯戦争では”器”に応じて「」「肉塊」そして「60億の人間を呪う宝具を持ったサーヴァント」として、それぞれ現れようとする。

関連タグ

Fate/staynight Fate/hollowataraxia 
Fate/Zero
アンリマユ

関連記事

親記事

アンリマユ あんりまゆ

pixivに投稿された作品 pixivで「この世全ての悪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33962

コメント