ピクシブ百科事典

UBW

あんりみてっどぶれーどわーくす

UBWとは「Unlimited Blade Works」の略称。
目次[非表示]

道は遥かに。
遠い残響を頼りに、少年は荒野を目指す。

概要

Fate/stay night』において遠坂凛をヒロインとする第2ルートの略称。
アーチャー宝具に関しては「無限の剣製」を参照。
pixivでは両方の意味で使用されるため、無限の剣製よりも広範に付けられている。

後述するように、2度に渡ってアニメ化されたが、3ルートの内で唯一コミカライズ化されていない。

内容

前ルート「Fate」で示唆された衛宮士郎の抱える歪みに向き合う物語。
彼の理想である「正義の味方」と、それを否定するアーチャーとの対峙。「本物」と「偽物」の違い、そして明かされるアーチャーの正体と向き合っていく。

凛ルートと題しておきながら凛の個人的な事情にはあまり踏み込まないが、このルートにおける彼女の役割は「士郎とアーチャーの間に立ち、2人を支えると共に抱えている歪みを指摘する事」にあるため、「凛が士郎とアーチャーを攻略するルート」という見解も見られる。

全ルート中、最も熱い展開で進みファンからの人気も高い。またアーチャー以外にもランサーバーサーカーキャスターなどのサーヴァントの掘り下げもされ、「英雄譚」としての一面もある。

メディアミックス

劇場アニメ

「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」
2010年1月公開に公開。制作はスタジオディーン
ストーリーは尺の関係でダイジェストとなっており、日常シーンは少なく、原作ゲームをプレイしていないと内容が分かりにくい部分も多い。しかし、戦闘シーンはしっかり作り込まれており、少年漫画のような熱いテンションを維持したままラストまで一気に突っ走る構成となっている。また、劇伴に関しても評価が高い。
原作からは「アニメーションの最高峰」「原作としてこれ以上嬉しい事はない」と大絶賛し、スタッフの愛あればこそのクオリティであると評されている。

テレビアニメ

「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」
2014年秋から2015年春にかけて分割2クールで放送。制作はufotable
全26話のうち3話(0・1・12話)が1時間スペシャルとなっている。
新要素を盛り込みたいという奈須の希望により、奈須きのこ監修の元、新設定やアニメオリジナルシーンが多数含まれる。また、スマホ版セイバールートの無料配信や劇場版HFの制作が決定されていたことも踏まえ、UBW内での活躍の少ないキャラクターや回収されない伏線などは敢えて残してある。「衛宮士郎を好きになれなくても、理解してもらいたい」というコンセプトのもと制作されたため、士郎ファンは必見。
また、最大の特徴として『Fate/Zero』を意識したシーンや台詞が豊富で、0話の時点から流れるZeroのBGMアレンジ等、随所でZeroの雰囲気が感じられる。

2017年には「Heaven's Feel」の第1章公開を記念して、いくつかのテレビ局で再放送が行われている。

余談

2014年のアニメ化は元々Fateルートをリメイクする予定であったが、ufotableサイドは「士郎をメインとしたUBWルートを作りたい」という理由から、奈須きのこは「Fateルートの作品が既に存在し、再びアニメ化するには大幅なアレンジが必要、UBWルートならば2クールで映像化する意義がある」という理由で、UBWルートへと変更された。

関連イラスト

弓凛
溺死してる場合じゃねえ!


答えは得たのか
彼方を目指して



関連タグ

Fate/staynight 衛宮士郎 遠坂凛 アーチャー(Fate/staynight) 士凛
Fateルート>>>Unlimited Blade Works>>>Heaven's_Feel

関連記事

親記事

Fate/staynight ふぇいとすていないと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「UBW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7259313

コメント