ピクシブ百科事典

正義の味方

せいぎのみかた

「月光仮面」の主題歌において初めて登場した言葉。
目次[非表示]

正義の味方とは


起源

ヒーロー番組「月光仮面」のOPテーマで初めて使われた言葉。
この言葉には原作者の川内康範の正義の思想が込められている。
自らを正義の代弁者とするのではなく、あくまでも社会正義に味方する者なのだという、一歩引いた献身的な姿勢を表している。
「月光仮面」の名も、月光菩薩から取られたものであり、これには正義そのものの如来ではなく、その傍らに立つ菩薩にすぎないという意味が込められている。

概要

一般に、世間の平和を脅かす等の悪いことをする個人または集団を懲らしめ、泰平を維持しようとする個人または集団のこと。

上記の影響から、ヒーローもののキャッチフレーズとされることが多い。
一般常識を持ち、常識的な日常生活を送る一般市民であることが前提となっており、戦う際には日常生活を送る時とは違う姿に変身する場合が多い。その場合は自身の正体を隠している。
変身することで身体能力が上がる、空を飛べる、特殊な武器アイテムを使えるといった様々なアビリティを獲得し、変身が終われば一般人に戻るパターンが多い。

変身はしないものの、人一倍正義感の強い主人公が懲悪のために活動をする場合も、この呼び方をされることがある。

上述のように、正義の味方とは「自分の信じている正義の代弁者」ではなく、「社会正義に基づくもの」や「皆に代わり正論を言ってくれる人」という意味合いで考えられた言葉なのだが、やられた側から見れば「そちら側の考える正義を主張する者」であり、助けられた側からしてみると「正義の代弁者が、ボクらの味方になってくれるんだ」的な意味合いに誤解されてしまっている。
とりわけ、近年の作品では"正義の味方"という語呂のいい言葉だけが独り歩きし、世間一般では「自分の正義を暴力で主張する痛い人」とされがち。また、そういった風潮を逆手に取った「正義の味方キャラ」や「アンチヒーロー」、「トラブルを起こす正義漢タイプのギャグキャラ」が流行するきっかけとなった。
そのため、歪んだ正義を振りかざし、独善的な振る舞いをする人への皮肉で「正義の味方」と呼ばれることさえあり、言葉の起源からすると全く逆の意味合いで用いられる例も増えてしまった。

とはいえ、「正義の味方」という言葉は本来「善良さに基づくもの」であることは念頭に置いておこう。

関連タグ

親愛なる隣人:アメリカ版。正義の味方の本来の意味に合致するもの
ヒーロー:同一視、あるいは同等のものとして使用される言葉。
衛宮切嗣 衛宮士郎 早瀬浩一……意味や目的こそ多くあれど『正義の味方』に憧れた、または魅了されそれを目指して生きるキャラクター達。
悪の敵……似てはいるが、相容れないもの。

pixivに投稿された作品 pixivで「正義の味方」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968696

コメント