ピクシブ百科事典

キャスター(Fate/staynight)

きゃすたー

『Fate/stay night』に登場するサーヴァントのひとり。
目次[非表示]

それは駄目でしょうね。だって、私の望みは――

プロフィール

真名メディア
性別女性
身長163cm
体重51kg
スリーサイズB82/W57/H84
出典ギリシャ神話
地域ギリシャコリントス
属性中立・悪
イメージカラー
特技奸計、模型作り
好きなもの寡黙で誠実な人、可愛らしい服と少女
苦手なもの筋肉ダルマ
天敵バーサーカー
ILLUSTネコタワワ(Fate/GrandOrder)
CV田中敦子


概要

第五次聖杯戦争にて召喚されたキャスターサーヴァント
魔術師然としたローブを纏い、フードで顔を隠した女性。
柳洞寺に根を張り、魔術で周囲を監視しながら周到に準備を進めている。

ファンおよび公式での愛称は「キャス子」。

略歴

魔術師アトラム・ガリアスタによって、聖杯戦争開幕前の早い段階で召喚されるが、「自身を召喚したマスターが魔術師としてサーヴァントに嫉妬する」という異例の事態に陥る。また彼女自身もそのマスターの考え方に反感を抱いたため、マスターの意の反する行動をとり、下らぬ命令で令呪を消費させる。令呪を3つとも消費させ自由の身となると、直ぐさま殺害した。
その後、魔力を提供してくれる依り代を失ったことで現界を保てず消滅しそうになったが、偶然出会った葛木宗一郎に拾われ、冬木市最大の霊脈である柳洞寺に連れ込まれたことにより、その身を保つ。
その後葛木がマスターを引き継いだが、彼に内密で柳洞寺を自分の神殿として魔術的に改装したり、街中の人々から生命力を吸い上げて自分の魔力にしたり、ルール違反で召喚したアサシンに唯一の進入経路である山門を守らせたりと、バーサーカーを目下最大の敵として、対決の準備を進めている。

現在のマスターである葛木に対し、単なるマスターとサーヴァントの関係以上の想いを寄せており、聖杯獲得に向けて準備を進めつつもそれらを内密にしているのは、彼に嫌われたくない一心からである。

人物

目的の為ならば手段を選ばない「魔術師らしい魔術師」。
冷酷・残忍、目的のためには手段を選ばず、奸計を得意とする正真正銘の悪女。
しかし、この性格は彼女に課せられた運命の反動によって成り立ったもの。
裏切りに遭い続けた結果に、今度は自身が人を裏切る立場へ堕ちてしまった悲劇の女性。
必要とあらば非道な手段も辞さないものの、その一方で根は純真で不要ならばそうした手は控える。

しばらく付き合えば誰でも分かる事だが、箱入り王女だったため、根はきちんとした良識と道徳を持つお嬢様。「この街の人間はすべて私の所有物」などと口では悪人ぶっているもの、命までは取れずにいるのがその証拠。本来は清純な女性で、惚れた相手にはとことんまで尽くす才女。
とはいえ、惚れた相手は甘えると逃げていったトラウマを持つために一歩引いた態度を貫く。
誠実な人間に弱い。

ライダー曰く「前向きな根暗」らしい。

続編『Fate/hollowataraxia』では、密かに事態を調査していたが、事の真相と「事態の収束が何を意味するのか」という事に気付いたため調査を打ち切り、素知らぬ顔で日常を謳歌している。
から戸籍を買い取っており、葛木とは正式な夫婦に。本編ではほとんど見せる事のなかった素顔を晒し、「エルフ耳の若奥様」として新妻っぷりを炸裂させる。

趣味はボトルシップ製作と服飾。ただし衣装は完全に作る専門であり、自ら着ることはまず無い。可愛い服を可愛い子が着ている姿を見るのが好きとの事。『カーニバル・ファンタズム』や「フェイト/タイガーころしあむ」ではフィギュア製作も趣味に加わっている。
また、エイプリルフール企画では「マスターグレード新作の発売日には模型店に並んでいる姿が見られる」と書かれているが、何分エイプリルフールの話なので真偽は定かではない。

真名

ギリシャ神話におけるコルキスの王女、「裏切りの魔女メディア」。
「裏切り」の名の通り、その本質は反英雄に近い。

元々は故郷のコルキスで家族と国民に愛され平和に暮らす箱入り王女であった。しかしイアソン率いるアルゴー船一行の上陸により彼女の運命は狂い始める。女神アフロディテの呪いによってイアソンを妄信的に恋するようにされた彼女は、追っ手を退けるために弟をバラバラに殺害し、アルゴー船に乗り込み一味になる。その後もイアソンに言われるがまま己の魔術で多くの非道を働き、英雄たちや人間たちから「裏切りの魔女」として非難・中傷を受けていく。そこまでしてイアソンに尽くすものの、一度も労わることなく最終的に裏切られ捨てられる。その後はコリントスの一件でイアソンに復讐を行った。晩年は魔術で苦しめてきた人々の復讐に遭い死んだとも、不老不死となりギリシャの地を彷徨っているとも言われている。そう、彼女の愛した故郷の土をついぞ踏む事は無いまま――。

聖杯にかける願いは「故郷に帰ること」。しかし、宗一郎との出会いを経て、その願いは変わってゆく。

なお、「タイガー道場」の第22回において、初期構想では真の力を発揮すると少女の姿になる予定だった事が明かされている。

能力

魔法こそ習得していないものの、魔法に近いレベルの神代の超高等魔術を平然と扱い、魔術師としての能力は魔法使いと同等、もしくは上回るというレベル。神代の大魔術を用い、魔力弾による攻撃のほか、骨でできたゴーレム・竜牙兵の召喚など多彩な技を持つ。
奈須きのこ氏いわく、「本気になったキャスターには、蒼崎青子ですら敵わない」とのこと。
魔術師にとって必要なスキルはすべてAランク。神話においてなんの偉業も成し遂げていないが、魔術師としての技量は最高位と言える。しかし、冬木の聖杯戦争においては、スキル「対魔力(A)」を持つセイバーには傷一つ付ける事が出来ない
最高位の魔術師の印である「世界の全てを見渡す千里眼」を保有していないため、最高位の魔術師に含まれてはいないと思われる。

ルートによっては、基本的に侵入は不可能である衛宮邸の結界を感知されずに掻い潜って魔力の糸を通し、さらに士郎の行動を操って殺す寸前に至ったり、また結界自体を強引に断ち切ったりという芸当をやってのける。アーチャーと戦った際は、神殿内かつアーチャーが士郎を庇っている圧倒的有利な状況だったが、本職の戦闘者相手には分が悪かった。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
アトラム・ガリアスタ??????
なし(葛木宗一郎)EDCA+BC
藤丸立香


クラススキル

陣地作成(A)魔術師クラスの特典。魔術師として自らに有利な陣地「工房」を作る能力。Aランクの彼女に掛かれば「工房」を上回る「神殿」レベルの陣地が作成可能。
道具作成(A)魔術師クラスの特典。魔力を帯びた器具を作成可能。Aランクとなると、擬似的な不死の薬すら作成可能。


保有スキル

高速神言(A)「高速詠唱」の最上位スキル。呪文・魔術回路との接続をせずとも魔術を発動させられる。大魔術であろうとも一工程(シングルアクション)で起動させられる。神代の言葉なので、現代人には発音できない。
金羊の皮とっても高価。本来は宝具のため、詳細は後述。SNではスキルランクがEXとなっている。
キルケーの教えメディアの姉弟子であった魔女キルケーの教え。王女メディアは月の女神ヘカテの神殿で魔術を習得したが、その時、姉弟子だったのが魔女キルケーである。キルケーこそ魔術の天才であり、そして色々と性格に問題のある魔女だった。メディアは王女として魔術を習っていたので真性の魔女とは言えない。イアソンに捨てられた後のメディアが魔女として振舞えたのは、このグレートな姉弟子との修業時代があったからだろう。『FGO』ではAランクとなっている。


宝具

破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)

  • ランク:C
  • 種別:対魔術宝具
  • レンジ:1
  • 最大捕捉:1人

自身の裏切りの魔女としての逸話が具現化した短剣。切りつけた対象のあらゆる魔術効果を初期化する最強の対魔術宝具。ただしランク問わず宝具相手には効果が無い。

詳しくは個別記事参照。

金羊の皮(アルゴンコイン)

コルキスの秘宝で「地に放ると竜が現れる」と言われている。
イアソン率いるアルゴナウタイ(アルゴ号の船員たち)が探し求めた宝物だが、正当な所有者は彼女の血筋にあった。
竜を召喚できるとされるが、キャスターには幻獣召喚能力はないのでこの用途では使用不可。
皮を愛でることで回復することができる。もふもふ。精神の癒やしが肉体を凌駕したのだっ!

FGOでは「'''皮を愛でて自身のHPを回復'''」という効果を持つスキルとなっている。

奈須きのこ氏によると、仮に召喚できたとしてもコルキスの竜はあまり強くないらしい。

関連人物

stay night

葛木宗一郎
マスター。自分を保護してくれた命の恩人であり最愛の人。

セイバー
お気に入り。原作・アニメ・漫画版を含めたルートしだいでは彼女を手篭めにしようとしている。

アサシン
護身用のサーヴァント。ルール違反の召喚を行ったため本来の暗殺者としては運用出来ない。

ライダー
同郷のサーヴァント。互いに折り合いが悪く、たびたび舌戦を繰り広げている。

アトラム・ガリアスタ
最初のマスター。
始終彼女を魔女呼ばわりし見下していた上に無関係の人を平気で使い潰す異常な精神性の持ち主だったために、早々に切り捨てた。

生前・その他

イアソン
アルゴノーツの船長であった夫。呪いにより盲目的に愛していたがコリントスの一件で復讐する。
ただFGOの一部終章では、「英霊になってから感心させられるなんて」とイアソンの火事場の馬鹿力に感心しており、一しきり復讐を終えたせいか今はそこまで根に持っておらず、元妻としてイアソンに襲いかかる魔神柱の露払いを請け負って義理を果たそうとするなど、区切りは付けている様子。
ミニチュア用の固有結界の命名に彼の名前もじりがある辺り、案外悪くは思っていないのかもしれない。

バーサーカー
アルゴノーツ時代の同僚。
その無双っぷりを知っていたため第五次聖杯戦争時には最大の難敵と警戒していた。

メディア・リリィ
コルキスの魔女と呼ばれる前、幼き日の純真無垢な彼女の姿。
ただお姫様気質でお花畑思考なため、彼女にとっては隠しておきたい黒歴史

キャス狐
自身と同じクラスに属する狐耳のキャスター。
共に旦那様との幸せな新婚生活を夢見る同類なのだが、どうやら同族嫌悪から互いに嫌っている様子。

一般人
前述した通り、メディアは無辜の人々を傷付けたり、不幸に見舞わせることをよしとせず、自己の欲望を優先しがちな物の多い魔術師のクラスの中では良識的な性格のサーヴァントであるため、聖杯戦争に無関係な者を大勢手にかけた初代マスターを‘始末’した。

外部作品での活躍

プリズマ☆イリヤ

1期で黒化英霊として登場。空対地に特化した鉄壁の布陣を敷いており、イリヤ達も初戦は命からがらの即時撤退を余儀なくされた。

その後空中戦の準備を済ませて再戦。
途中危機的な状況もあったが、イリヤ美遊によって撃破された。

Fate/Labyrinth

迷宮での亜種聖杯戦争に参加。本作ではマスターは無し。
セイバーのマスターである沙条愛歌に共闘を持ちかけ、ともに迷宮攻略に乗り出す。

Fate/GrandOrder

☆3(SR)サーヴァントとしてゲーム開始当初から実装されている。

この状態の彼女は『stay night』での記憶を有していないらしく、彼女に大きな影響を与えた葛木宗一郎などについては一切言及されていない。
ただ、「故郷に帰ること」という願望があったはずなのに聖杯にはあまり興味がない、エミヤの本質を知っている、男性の好みに葛木の影響が反映されている……など、第五次聖杯戦争の記憶は無いがそこで得た知識や想いは有している状態(実のところ、メディアに限らず第五次のサーヴァントがほぼそんな具合)。

マスターのことは最初は警戒していたが、絆Lvが上がることに寄って除々に心を開いていき、最終的にはのように可愛がるようになる。
普段は一人で趣味の模型製作に没頭しているようで、絆シナリオではその集大成の一つである小型人形を使った箱庭型小型固有結界「イアソンワールド・ジャパン(イマジナリーアース・ソーシャルプラン・ワールドの略)」を披露した。ただし固有結界は術者の心象風景を投影する性質上、彼女の隠していた願望などを暴露してしまうことに…。
ちなみにセイバーがいると彼女の趣味魂に点火されるようだが、モードレッドはなぜか「モデラー魂にビビっと来ない」らしい。

キャラクター性能

ステータスは攻撃重視で、今なお同格のキャスターでは最高値を誇るが、あくまでキャスターの範疇なので飛び抜けている訳ではない。HPはその分最低値で9,000を切るが、「金羊の皮(A)」で回復出来るので、カタログスペック以上に耐久性がある。さらにCTが初期でも“6”と極めて短く、Lv.10(MAX)まで鍛えればで2,500回復を4ターンで回転可能になり、脅威の粘りを見せる。

カードバランスは《Quick:1/Arts:3/Buster:1》のキャスターの定型で、「陣地作成(A)」の恩恵にArts強化の概念礼装を加えてやれば、中々に鋭い攻撃を放つ。
さらに「高速神言(A)」はLv1でも80%、Lv4で100%超えという破格のNPチャージ量を持っているため、概念礼装無しでも開幕直後に宝具解放が可能。

宝具は『破戒すべき全ての符』で、種類はArts、効果は【敵単体に強力な攻撃&強化状態解除+NPをリチャージ(オーバーチャージで補充量が増加)】。絆クエストをクリアする事で威力が上がる。
初期は無敵貫通効果が存在しなかったため、マリーのような無敵スキルに対抗できる貴重な戦力として重宝された。
ただし、多くの単体攻撃宝具が「“超”強力な攻撃」なのに対し、メディアの宝具はバフ解除の代償か威力はまくまで「強力」の範疇に留まっているため、ダメージ量はイマイチ。
そのため、リチャージ効果と自身のNP回収効率の高さを活かして連続宝具解放に持ち込み、ダメージ量を補っていく事になる。
なお、イベント内において本人が「高速神言でNPチャージ、無情のルルブレ無双」と発言していることから、この運用は想定内のものだと推察できる。

現在はディルムッド茨木童子天草四郎といったサーヴァントが同じく強化解除効果の宝具を持っているが、それぞれクラスや特性が異なるため、相手や自陣との相性を考慮して使い分けていくと良いだろう。

また、『サーヴァント強化クエスト』では、新スキル「キルケーの教え(A)」を獲得。
効果は【味方1体の弱体解除&NP獲得量1ターンUP】。バステやデバフを解除しつつ、宝具解放を短縮させることが可能。1ターンと短いがNP獲得UPの補正もかなり高く、単純なNP系強化スキルとしても活用可能で、チャージも8ターン(Lv.10で6ターン)と回転率も良好。自身に使えば、ただでさえ回転率のいい宝具を鬼レベルで連発できる。
キャラクター面でも「リリィの頃に使っていた魔術の片鱗を行使する」という、彼女の心境の変化を想像させてくれる、色な意味でオイシイスキルである。

ちなみに初期に実装されたサーヴァントのためか、後発のメディア・リリィに比べて攻撃演出がショボいというのがユーザーの不満になっていた。
初期勢に対するモーション刷新自体はちょくちょく行われているものの、低レアかつフィーチャーされた作品が乏しい彼女の番が回ってくるのは遅くなりそう、という諦観がユーザー間に募っていた……。

しかし、2016年末の最終章実装と共に、なんと「バトルキャラのモーションおよび宝具演出の改修」が決定し、2017年2月1日からの800万DL突破キャンペーンにて実装された。

モーションに関してはFate/unlimited codesを意識したものが多く取り込まれている。具体的には、初手Artsが列閃(エレ・ヘカテ)、二手Artsが雹蕨(ネレイデス)、初手Busterが轟雷(ユビテル・ロック)、Quickが龍牙(コルキス)、Exアタックが神官魔術式・灰の花嫁(ヘカティック・グライアー)となっている。
宝具演出も変更され、これまでは無防備な相手にルールブレイカーを刺しているだけだったが、改修後は事前に相手の真下に拘束魔法陣を展開し、身動きが取れない所をルールブレイカーで刺す、という理に適ったものに変更された。またあわせて宝具セリフも新規で追加された。
このように、星3とは思えないほどの気合の入れっぷりにユーザーは大いに盛り上がった。
後、よく見ないと気づきにくいが、立ち姿は浮遊魔術を行使しているのか地面から浮いている。

関連画像

☆Caster★
昼ドラ観てるキャスターさん


caster
キャスター



関連タグ

Fate/staynight Fate/hollowataraxia Fate/Labyrinth
キャスター(Fate) サーヴァント 魔女 人妻 エルフ耳

pixivに投稿された作品 pixivで「キャスター(Fate/staynight)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1517271

コメント