ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「あれ?願いを叶えるとか、そんなふわふわした話を本気で信じていたの?」

「早く会いたい、早く会いたい、早く会いたい!私のセイバー!私の、私だけの王子様!」

プロフィール

マスター階梯第一位・熾天使
魔術系統なし
魔術回路・質EX
魔術回路・量E
魔術回路・編成異常(過去に該当なし)
CV豊崎愛生


概要

Fate/Prototype』の黒幕にして、前日譚『蒼銀のフラグメンツ』の主人公。
沙条綾香の姉。故人。マスター階梯は第一位・熾天使。

8年前の聖杯戦争にて、セイバーを召喚した最強のマスター。
労苦もなくその勝利者となったが、セイバーの造反によって胸を刺し貫かれて死亡。その亡骸はセイバーによって大聖杯にくべられていた。
しかし聖杯の力で復活し、サーヴァントビーストのマスターとして現界する。

人物

純粋無垢で無邪気な性格。しかしそれ故に残酷な所業を平然とやってのける魔術師然とした少女。
セイバーに対して臆面なく愛情を向けており、その願いも彼の願いを叶える事であると述べている。
妹である綾香に対しては凡人との評価を下しており、獣召喚の生贄に利用しようとしていた。

生まれながらに「あらゆる事が出来た」ため、人としての感情に乏しい少女だったという。
しかし、聖杯戦争にてセイバーを召喚した事で彼女は「」を知る。知ってしまう。
愛しい王子様のためその全能性を容赦なく振るい愛する人のために愛する人の感情さえ無視する異常者。
身も蓋もない言い方をするなら、愛が天元突破したサイコパス。

能力

類稀なる才能を持った魔術師。
聖杯の正体については8年前の時点で気づいており、その際に大量の少女たちを生贄として虐殺した。
令呪の位置は胸部中央。また胸部には8年前にセイバーによって貫かれた傷が今でも残っている。

産まれながらにして「根源」に接続している。
恋を知り、「少女」となってしまった全能。決して「全能の少女」ではない。
あらゆる全てが可能で、あらゆる全ての事象を知り、あらゆる全てを認識する機能を持つ、文字通りの『全知全能』。それこそ命を、と望めば命を発生させられる。死を、と囁けば死を蔓延させられる。
魔術結界などを無視した空間転移、他者の夢の中への侵入、単独でサーヴァントすら倒せる戦闘能力、並行世界への干渉どころか、世界の裏側や世界の表裏を繋ぎとめる楔が置かれた場所にも行くことが出来る。
疲労すら起こり得ない肉体であり、肉体疲労の回復としての睡眠も必要としない。猛毒の塊であるアサシンに触れても何ともなく、宝具の本領は発揮できていないとはいえランサーが振るう魔銀(ミスリル)の塊である槍を指一本で止めている。
その気になれば事象を編纂し、未来を選択しながら、可能性の悉くを好き放題に決定しながら生きることさえ可能だが、「自分に関わる未来を見る」ことは意図的に避けている。

また根源には接続してるものの魔術回路の本数自体は少なく出力には制限があり、彼女単独ではセイバーの願いであるブリテンの救済をすることはできない(ブリテンが生き残る可能性を作ることはできても最終的に人理定礎に阻まれてしまう)。そのため彼女はビーストの力を利用しようとする。

Fate/Labyrinthでは並行世界の他人の体に憑依している影響で全てを見通し、理解し可能とする全能の力は制限されている。本来より著しく弱体化してるが、それでも魔術師として時計塔の階位でいう「色位(ブランド)の下の方」ぐらいの能力は持っており、一工程(シングルアクション)や一小節の詠唱で多彩な魔術を見せている。本人曰く「真面目に詠唱をしたのなんていつ以来なのかしら」とのこと。
アトラムが錬成工房を使って精製していた魔力結晶を、大気中のマナを凝縮して1秒とかからず掌の上に作り出し、幻想種から剥ぎ取った素材などを空間を歪曲させてドレスの裾に収納したりしている。さらに投影魔術で調理器具を生み出し、元素変換魔術で火や水を起こして幻想種を材料に料理も行った。
戦闘では石畳を変化させ石の腕を出現させたり、火炎を付与した無数の飛礫を散弾銃以上の威力で放ったりしている。
また元の自分の世界に戻った後に、憑依していたノーマを通して力を振るうことで、万色の光を放ち、ヴォルフガング・ファウストゥスの霊核三基と亜種聖杯を消し飛ばし、狂戦士をも霧散させた。この万色の光の詳細は不明だが、曰く「星の輝きならず、太陽の灼熱ならず。破壊の力ならず、万死の呪詛ならず」とされている。

その他登場作品

Fate/Labyrinth

大聖杯で見た「夢」の中、少女ノーマの体を借りて迷宮の亜種聖杯戦争に挑む。
別人の身体に憑依しているため普段の様な全能性こそ発揮できないが、
それが幸いしてサーヴァント達との関係は良好な部類。高位の魔術師として十分な実力も維持している。

氷室の天地

運命を変えるようなIKEMENに出会わなかった事でラスボス化を回避。
「素敵な王子様なんてこの世に存在しないのね」と現実を悟り、全能性を持て余しながら天才ダメ人間として生活しているらしい。普段は父親に連れられ魔術旅行をしているため家には不在がち。
姉妹仲はそれなりに良好とかなんとか。
放浪中に偶然知り合ったルーマニアのSさんと意気投合し、無二の親友になった挙句に多少真人間化させている。

Fate/strange Fake

Fake世界にも存在する様で、彼女の妹の師であるエルメロイ二世曰く、なんらかの騒動を引き起こした模様。世界を壊す規模になってないという点では『Prototype』世界よりも大分大人しくなってる模様だったが。

超時空! トラぶる花札大作戦

プロトチームとEXTRAチームのラスボスとして登場。プレイアブルルートは無し。
プロトルートでは愛しのセイバーを手に入れるべく綾香たちに紹介状を送り付け、セイバーと若干ズレた漫才をくりひろげる。EXTRAルートではうっかり連鎖召喚してしまった赤セイバー一行に桜とコンビを組んで立ち塞がるも、自分より高位の変態である赤セイバーに半泣きにさせられていた。
そもそも、自身の同族をマスター込みとはいえ単独で倒してしまったサーヴァントを3体も呼び出してしまったことが運のツキであったと言える。

使用技

  • 聖都炎上(ゴモラズブレイズ):チーム「大聖杯の花嫁たち」で使用。消費MP12。相手の手札をランダムで1〜3枚除外する。
  • 聖都陥落(ソドムズフォール):チーム「回るマナカグラス」で使用。消費MP0。全ての役の文数を半減する。
  • 怪獣王女(ポトニアテローン):チーム「回るマナカグラス」で使用。消費MP0。自分が上がった時の文数が3倍になる。


関連人物

Prototype

セイバー
召喚したサーヴァント。彼に恋をし、彼の願いを叶えるべく、聖杯戦争を暗躍するが…。

黙示録の獣
セイバーの願いを歪めて叶えるため、円卓が滅びたという事実、つまり人類史を食らいつくしてくれる存在として召喚されたサーヴァント。

沙条綾香
平凡な妹。家族の情などは特に感じておらず、「価値の無い凡人」「妹とかよく分からない」と述べている。

ハイド
勝手に出て来て勝手に忠誠を誓っているサーヴァント。
ハイドからの信頼は尊敬するマスターへの感情なのだが空回りとしか言えない。

蒼銀のフラグメンツ

アサシン
偶然拾ったはぐれサーヴァント。彼女の猛毒をものともせずに触れたことで心酔される。

キャスター
接続者としての技量を見せつけ軍門に従えたサーヴァント。

Labyrinth

ノーマ・グッドフェロー
開幕時に体を乗っ取ることになった相手。彼女の体を借りたことで新鮮な感覚やサーヴァント達との交流を満喫する。
迷宮探索の途中で元世界でのサーヴァントに引き戻されてしまったものの、一行の窮地に微かに残る繋がりを通して再来。彼女を通して力を振るい、その危機を救った。

セイバー
「王子様」ではない、もうひとりのアーサー王で準主人公。迷宮での亜種聖杯戦争にて契約を結ぶ。

アーチャー
同盟を持ちかけてきた緑衣の狩人。

アサシン
同じく同盟を組んだ呪腕の暗殺者。

キャスター
「神代の魔術を見るのは初めて」と興味を持ち、同盟を結んだコルキスの魔女。
ちなみにproto本編のキャスターもこのコルキスの魔女のようである。

孤高なりし優しき竜
世界の裏側で誰かをずっと待ち続けている竜。
愛歌はその姿を「綺麗」と評した。

青く輝く瞳を持つ人
彼女と同類の根源接続者。
世界の表裏の楔に手を出しかけた愛歌を迷宮の聖杯戦争が行われている場へ押し返す。

その他

とある尼僧
対とも言える同族。
「超時空! トラぶる花札大作戦」では彼女を倒したサーヴァントを呼んでしまった事が敗因となる。
ちなみにこちらはある程度はマトモな時空も存在するらしい。

蘆屋道満
自身の目的の為ならば、他人の尊厳などお構いなしに平気な顔をして利用し尽くす同族。
事実、8年後の本編では蒼銀時代の聖杯戦争に召喚されたセイバーを除いた6人のサーヴァンを強制的に黒化英霊へと作り替えた挙句、自身に忠実な駒として再召喚した。

赤セイバー
「超時空! トラぶる花札大作戦」で遭遇。両刀使いである彼女曰く、好みのタイプらしい。
なお、そんな赤セイバーを自分以上の変態と称し、ドン引きしていた。
と言っても彼女の所業を考えれば、赤セイバーの方が幾分かマシに見える。
また、後述からするとこちらの方が対である可能性が高い。

余談

Fate/staynightの元になった作品の生まれなだけはあり、staynightに登場する数多くのキャラ達と共通点が見られる。ラスボスな為なのか、それもかなりの数の人物が該当する。

  • 衛宮切嗣:本編以前に起こった聖杯戦争のセイバーのマスター。
  • イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:鬼畜ロリな姉。並行世界では割とまともになる。
  • 言峰綺礼:前回の聖杯戦争で自分の歪みに目覚めたラスボス。(愛歌は間接的とはいえ、遠坂時臣ポジションに当たる人物を殺害している。それもアゾット剣の原典の持ち主を使って…)
  • 黒桜:ヤンデレなラスボス。黒化英霊を従える点も同じ。
  • アルトリア・ペンドラゴン:願いがブリテンの救い。(アルトリアの願いは厳密には選定のやり直しであるし、それを願うアルトリアはアーサー王本人という点で大きく違うのだが。)
  • アンリマユ:大聖杯にくべられた邪悪の根源。
  • 間桐臓硯:使役するサーヴァントがハサン・サッバーハ。迷宮での亜種聖杯戦争で愛歌が使役していたハサンも臓硯のハサンと同一人物である。


Fate/Grand Orderでは2021年現在、概念礼装のみの登場ではあるものの、彼女の存在が明らかになるまではビーストⅢ/Rの対の候補としてよく挙げられていた。まあビーストに関係していてLの表記が三文字■■■とされていたので無理もない話である。
しかし、今度はアーサーの幕間で旧ビーストが、ビーストVIと呼ばれる歴としたビーストであることが発覚したため、そちらとして呼ばれるのではないかと言われることになった。また、ブリテン異聞帯の重要人物と思われるサーヴァントも登場した2部後半OPに彼女と似たようなサーヴァントが存在したものの、こちらも別の存在だった為、肩透かしに終わった。

・・・ように見えたが、上記の概念礼装は魔性菩薩以来の初期NPチャージとオーバーチャージ(OC)強化を持つ概念礼装。そして、魔性菩薩はビーストになったことがある存在が描かれていることを考えると・・・。

関連画像

センシティブな作品
愛歌さま


愛歌
愛歌様



関連タグ

Fate/Prototype Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ Fate/labyrinth
ラスボス ヤンデレ サイコパス チート ゲスロリ
吐き気を催す邪悪

関連記事

親記事

Fate/Prototype ふぇいとぷろとたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「沙条愛歌」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「沙条愛歌」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3100136

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました