ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

七つの人類悪の一つ、『堕落』の理をもつビースト

繁栄を極め、過渡期を過ぎた文明に現れる人類悪。


初めて言及されたのは『Fate/Grand Order』。

アーサー・ペンドラゴンにより、自分がビーストを追ってこの世界に来たこと、それが『Prototype』における旧ビースト = FGO世界におけるビーストⅥであること、L・Rの対であり、敵対関係にあったとは異なり協力関係にあること、"原種"たるに引き寄せられる形でいつかは顕れることが判明した。


そして彼の登場(実装)から約3年、なんと『Fate/Grand Order Arcade』の方に

センシティブな作品

が顕現。

最終決戦に駆けつけたアーサーは「LとRが揃う時、SとGもいずれかのソラの下顕れる」と述べており、まるでビーストⅥのみで2対・4体が存在する様な説明がされている。


この発言から逆説的にⅥ/LⅥ/Rの2体は既に揃っていることになり、第2部の進行状況からしても、FGO世界への顕現は近いものと考えられている。ただし、このLとRに関してはビーストⅢの事を指しているのではないかという意見も存在する。


またSと対になると思われるⅥ/Gはどちらにも未登場だが、真名に関しては『ゴモラズビースト』という予想が大多数。


その他

メタ的にはビースト全体の元ネタでもある黙示録の獣が当てはめられているためか、その1体だけでも、魔力量・霊基出力・存在規模等を測る「○等惑星級」という基準で二等だったビーストⅠや三等だったビーストⅦを超える一等惑星級というデタラメぶりを発揮している。


また、1つのナンバーに4体も存在していると思われることについて、黙示録の獣が3体1セットというのをある程度反映しているのではと予想する者もいる。


関連タグ

サーヴァント ビースト(Fate) バビロンの大淫婦(Fate)

背徳果実都市リリムハーロット 螺旋証明世界リリムハーロット

関連記事

親記事

ビースト(Fate) びーすともしくはじんるいあく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89579

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました