ピクシブ百科事典

ビースト(Fate)

びーすと

ビースト(Fate)とは、Fateシリーズに登場するサーヴァントのクラス。
目次[非表示]

解説

のクラスのサーヴァントエクストラクラスの1つ。
初登場の『Fate/Prototype』が諸事情により未完であったが、『Grand Order』にてその詳細が語られた。

人間の獣性によって生み出された7つの大災害であり、人類と人類の文明を滅ぼす破滅の化身。
文明より生まれ、文明を食らう災厄の獣。人類の原罪が生む自業自得の死の要因。
英霊召喚の元になった人類の自滅機構(アポトーシス)でもあり、これも7つの霊基として存在する。

人類悪
人類史の中で人類である限り出てくる悪。人類史に留まる澱み。いわば、人類そのものの汚点で人類を滅ぼす七つの災害。これは人類が発展するほど強くなる、人類種の細胞そのもの。
かつての救世主が贖った人類の七罪のような単なる欲望や悪意といった個人的で一過性のものではなく、人間が人間であるが故に犯さざるをえない悪癖であり、そして、どうしようもなく人間を人間たらしめる性質そのものが抱える普遍かつ根源的な罪業。
全人類が内包しているであろうこの大いなる悪に誰も克つ事はできず、知恵を人類が捨てられないのと同じく、悪もまた捨てられない。

人類を滅ぼす悪ではなく『人類が滅ぼす悪』
その正体は人類をより良くしたい、人理を守りたいという願い、即ち人類愛である。
現にビーストたちの行動原理には負の感情は含まれておらず、その善性に関して裁定者のギルガメッシュは「美しいもの」と評している。
人類のより佳き未来を願う想いが暴走し、終いには今ある世界を壊してしまうほどの度を越えた行為に走った結末がビーストと呼ばれる存在なのだろう。

そして、ビーストが人類の自業自得の災厄である以上、これは人類自身の手によって滅ぼすことでけじめをつけなくてはならない。人間という獣の「獣性」とはつまり、「人間性」のことに他ならないのである。
ビーストの一端とはいえ、それに侵蝕されたある存在は元は人間ではなかったが、人間性があって人間らしくなったと評されている。

最初からビーストとして顕現または発生するのではなく、その功績や本性をもってビーストの1つとしてナンバリングされる。ビーストとしてナンバリングされると、ナンバリングされる以前から性質が大きく変わってしまう模様。
その力はあまりにも絶大で、単体でも十分に世界を滅ぼす事も可能で、更にそれぞれ個体ごとに司る原罪にちなんだ特殊能力を持ち、通常のサーヴァントでは到底太刀打ちできない。
また、ビーストが一度でも顕現してしまった世界では連鎖的に他のビースト達が顕現してしまう宿命である。

なお、ビーストIIIの様にR・Lと言う複数個体が存在するビーストもおり、各ナンバリングにつき1体とは限らない。
例に挙げるとビーストIIIの場合はそれぞれ対になる原罪を持つ個体である為、2体で1つのナンバリングと言う扱いである。
ビースト達の外見的特徴の共通点として、獣の冠である角を有していることが共通点となっている。

一方で安全装置(セーフティ)として人類悪に対抗するための抑止力こそが、冠位を冠するサーヴァント達であり、元々英霊召喚はそのために行使される決戦魔術である。

クラススキル

獣の権能対人類、とも呼ばれるスキル。
単独顕現単独で現世に現れるスキル。このスキルは“既にどの時空にも存在する”在り方を示しているため、時間旅行を用いたタイムパラドクス等の攻撃を無効にするばかりか、あらゆる即死系攻撃をキャンセルする。本来英霊は呼ばれていなければ召喚されることは無く、自身の意思で無理やり自身を召喚しようものならその理由の善悪、賢愚に関わりなく霊基が高速で崩壊していき、やがて自然消滅してしまうが、この権能(スキル)を持つビーストはこの制限を無視することができる。ビーストIが第四特異点へこのスキルによって顕現した際、なぜかカルデアのみが有するはずのレイシフトと酷似した反応を示していた。
自己改造自身の肉体に別の肉体を付属・融合させる。このスキルのランクが高くなればなるほど、正純の英雄からは遠ざかる。

ティアマトのマテリアルなどより。

ネガ・○○ビーストが共通して持っている固有スキル。各個体の在り方などが○○に入っている。

基本ステータス

不明。

クラス相性の相関関係だが、ビーストの個体ごとにまちまちで例えばビーストIIはシールダー同様相関関係を持たず、ビーストIは魔神柱と同じ相性関係を持ち、ビーストⅢ/Rはアルターエゴムーンキャンサーを弱点とする相性関係を持つ。

Fate/Prototype

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン


ヨハネの黙示録」に登場する「黙示録の獣」。第6の獣とも呼ばれている。
詳細は旧ビーストを参照。

Fate/Grand Order

  • ビーストI

原罪のI 『憐憫ゲーティア
人間が生み出した、人類史をもっとも有効に悪用した大災害

ソ…


魔術王ソロモンがシステムとして編纂し、使役した72柱の魔神の集合体。
ソロモン王の死後、置き去りにされた「彼ら」とそれを統括する召喚式は長い年月を経てグランドキャスター・魔術王ソロモンの名を騙り、人理焼却を実行した。
功績『人理定礎を崩壊させ、人類史をエネルギー化させるという企みの成立』。
愛『命が死で終わるという摂理を認めず、死の存在しない世界を全ての命に与える』。
固有スキルはネガ・サモン。詳細は該当項目を参照。

  • ビーストII
原罪のII 『回帰ティアマト
人間が置き去りにした、人類史に最も拒絶された大災害

ティアマト


メソポタミア神話における神の一柱である、創世の女神。
生命の土壌や母胎となり世界の全てを生み出しながら、惑星の環境と生態系の安定後は邪魔者として虚数世界に追放され封じられた彼女がビーストと成ったもの。
本性『もう一度地球の生態系を塗り替え、すべての母に返り咲く』。
愛『母として子を愛するという当前の事を取り戻す』。
固有スキルはネガ・ジェネシス。詳細は該当項目を参照。

  • ビーストIII
原罪のIII 『快楽
R・Lの2体が存在する。

原罪のIII/R (ラプチャー)『愛欲殺生院キアラ
個人が到達した、人類を最も端的(最短)に救う大災害

どこまで逃げても、掌の上。


随喜自在第三外法快楽天を名乗る、新しい天(かみ)。
類い希なる救世主としての資質を持った魂が、その全てを自己愛と快楽に費やし、第三魔法の亜種(ヘヴンズホール)に至った時に変生した。
本性『七十億の命をただ自分(ひとり)の為に使い、快楽のみで“人間”を救おうとする』。
愛『地上のすべての動物を快楽によって救い、またその快楽の受け皿になって最高の救済を求める』。
固有スキルはネガ・セイヴァー。詳細は該当項目を参照。

原罪のIII/L 『?????
存在が示唆されているが、現段階では詳細不明。

  • ビーストIV
原罪のIV 『比較キャスパリーグ

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン


人類に対して、地球の生存本能が生んだ抑止力。
人間の欲望と闘争心を食らって無尽蔵に成長する“ガイアの怪物”。「相手より強くなる」獣。
ある世界では“霊長の殺人者”プライミッツ・マーダーと呼ばれた事もある。
所業『不明』。
愛『不明』。
その正体は“所業”を成す前に討たれたある獣

  • ビーストV
原罪のV 『?????
詳細不明。

  • ビーストVI
原罪のVI 『??
現在判明しているのは唯一ネガ・メサイヤなるスキルを所持している事だが、LとRの両方が所持しているのか片方だけなのかは不明。

  • ビーストVII
原罪のVII 『?????
終局を告げる獣。
ギルガメッシュ曰く、既にこの世のどこかに顕現済みであること以外は詳細不明。

ビーストクラスの該当者候補

これまでFateシリーズでビーストと直接的には言われていないが、人類悪と呼ばれる、あるいは自らを人類悪と称する存在は現時点での数は残りのビースト4体よりも明らかに超えている。中には自身のみを人類と定義しその自己愛でビーストに至った特例が存在するため、解釈次第ではさらに増える可能性もある。
ビーストとしてナンバリングされる存在、あるいは候補者というのが入り混じっているかと思われる。該当者あるいは候補者は以下の通りである。
※『Grand Order』の設定にそぐわない人物は外してください。

Fateシリーズの登場人物

最有力候補筆頭。第1部第二章第五章、自身の絆・強化クエストなどからも伏線は張られている。その内に『獣』を秘めているらしく、ロムルスからは「その『獣』も愛そう」と言われている他、生前の時点で不自然な魔力上昇なども見られており、玉藻の前から気を抜けば悪に堕ちかねないとも言われている。また、史実のネロは現在でこそ芸術家・政治家の面で再評価されてるが陰謀論者によって未だに「絶対悪」の烙印を押されてる事、キリスト教で「三つ並んだ『6』」はネロを表している事、ビーストVIのスキルがネガ・メサイヤ(反救世主である事から、ファンからは同じCV:丹下桜であるのも相まって、悪に堕ちたネロはビーストVIであり、登場予定のマザーハーロットなのではないかと言われている。

幾多の国を滅ぼした白面金毛九尾の逸話からしてもネロに次ぐ有力候補。『Fate/EXTRA-CCC』にて彼女の本体である天照が自らを人類悪と称している

Fate/stay night』において原作ゲーム版では明記されなかったが、2014年版TVアニメでのギルガメッシュの語りからすると特定条件下に陥った彼がこのクラスなのではと言われている。

『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』というPSvita版『Fate/staynight』のおまけゲームでの与太話同然なギャグシナリオではあるが、彼女は玉藻の前曰く、生粋の人類悪で放っておけば並行世界がお花畑まみれにされるとのこと。生まれながらの根源接続者である彼女がやりたい放題に行動を起こそうとすればビースト達に並ぶ被害を簡単に出し得るのは意味当然と言える。
彼女は‘人類’と見なす対象が王子様ただ一人であり、特にこの点がビーストIII/Rと真逆となる(自己ではなく他者を愛する)ことから愛歌がビーストIII/L候補なのではないかという考察も見られる。

『FGO』にサーヴァントとして登場した際、ビーストのクラススキルの1つ「単独顕現」を所持している。
「両儀式」は上の沙条愛歌と同じく根源接続者であり、マテリアルにて根源接続者とビーストには何らかの関係性があることが推測出来ることから、マーリンはあるビーストとは発生条件が近しい物であり、雰囲気や姿が似ているのはそのためだと本人が発言していることからビーストではないかと思われている。

『人理の維持』のためにカルデアスを完成させるという熱意をある人物から「煮えたぎるような人類愛」と評されており、彼の自殺自体にも謎がある様な描写がされている。また、デミ・サーヴァント実験、セラフィックスの天体室で行われていた実験など、型月時空の魔術師らしく目的達成の為なら人道に反する行いに手を染める一面も併せ持っている。そもそもFGO世界でビーストが発生したのはカルデア自体が関わっているのではないかという考察もあり、この事から、故人ではあるがマリスビリーが『FGO』第2部以降で何かしらのビーストに関わる事になるのではないかと推測されている。
また彼の娘であるオルガマリー・アニムスフィア及びアニムスフィア家には未だ明らかになっていない疑問もあり、それが彼の疑惑に拍車をかけている。

ギルガメッシュからは「まったく新しい人類悪」即ち『ビースト』と評されている。
これによりBBの略称の可能性の一つとして、「Beast Blossom」も存在する。
人類悪であるビーストは人類種の癌細胞と言えるため、「Moon Cancer」と表記されるのも間違いではない。また、彼女のスキルはビーストの共通スキルである単独顕現こそは有してないが、ビーストに該当されるかと思われるバビロンの大淫婦の伝承に由来するスキルを多く取り込んでいるため、彼女もまた人類愛から転じる人類悪とは異なる形ではあるが番外扱いのビーストとも言える。
彼女が取り込んだ女神は約八千年前の古代都市チャタル・ヒュユクにて祀れていた、名の失われた地母神「チャタル・ヒュユクの女神」。そしてこの女神は後に他の神話の地母神に派生している。
具体的に名前にティアマットキュベレーイシュタルアナテアスタルテガイアヘラアルテミスアフロディーテデメテルアテナ。またこの女神はバビロンの妖婦としての機能も持っている。

余談

このクラスの該当キャラが初登場した『Prototype』は『Fate/stay night』の原案である『旧Fate』をリメイクした作品であり、『旧Fate』ではラスボスのサーヴァントのクラスがセイヴァーであったが『Prototype』のひとまずの映像化にあたり変更された。

ちなみに各ビーストの在り方、対の概念を持つ個体の存在などの考察ではセフィロトの裏返しであるクリフォトに現時点でおおよそとして対応している形となっている。

関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント エクストラクラス
 ビースト 人類種の天敵 人類悪 人類愛 

アヴェンジャー(Fate)・・・類似しつつも異なるクラス。こちらは復讐心によって人類『を』滅ぼす悪でもある。
アルターエゴ(Fate)・・・ビーストⅠとクラス相性が近いクラス。後にビーストⅢの残滓がこのクラスに変化してカルデアに来訪している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビースト(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85856

コメント