ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

魔術協会の三大部門の一角。別名「巨人の穴倉」。

西暦以前から存在する、エジプトを根拠とする錬金術師の集団。
時計塔に所属しているような、中世を発祥とする西洋魔術に傾倒した現代錬金術とは別物で、魔術の祖と言われる錬金術師の集まり。

錬金術として万物・物質の流転は共通のテーマだが、アトラス院ではそれに加えて事象の変換も研究しており、その中でも思考分割、高速思考といった、人体を演算装置とする術に特化している。
構成員の魔術回路数が少ないことも特徴で、単体では自然干渉系の術はまったく使えない。しかし「最強になる必要はない。最強であるものを作ればいいのだから」との考えから、それを良しとしている。

内部は迷宮のように入り組んでおりセキュリティも堅固。入るは容易いが出るのは困難。
魔術師の絶対的ルール「神秘の秘匿」を時計塔以上に厳守しており、隣の部屋で一体どんな研究がされてるのか知らないなんて事も当たり前という世界。

入ったら最後、出ることは許されず、一生穴倉の中で研究し朽ち果てるのを良しとする集団。
「ここで作られたものを、決して外に持ち出さない」を大原則とし、二千年以上もの間頑なに守り続けてきた。
徹底的に外界と関わることを拒絶するが、七枚のみ存在する「アトラスの契約書」が絡んだ場合のみ穴倉から姿を現す。
とはいえ流石に時計塔首脳陣のロードとは連絡を取り合うこともある模様。

当代の院長の方針によって体質が変わることもあるらしい。

時計塔のような権力の腐敗はないがマッドサイエンティストの集団といった感じ。

この組織が永題として掲げるのは「人類の保存と滅亡の先延ばし」。
TYPE-MOON世界における人類滅亡の未来を予覚しており、それを阻止するため数々の兵器を作り出している。「アトラスの封を解くな。世界を七度滅ぼすぞ」と言われており、初代院長が演算した世界の終末を回避するために兵器を作り続け、そしてその兵器は世界を滅ぼしうるがために廃棄され続ける。

Fate/EXTRA

別名「蔵書の穴倉」。
マナが枯渇した2030年代においては魔術協会そのものが消滅し、マナに頼らない魔術大系を持つ彼ら錬金術師のみが旧き魔術の探求を続けている。
魔術協会の崩壊後も在り方を変えず、逃亡した魔術師を迎えることはせず、世界から孤立した閉鎖社会であり続けている。

霊子虚構世界の聖杯戦争にも根源に至るための聖杯を求め、ラニ=Ⅷを送り込んでいる。
西欧財閥の支配は人類の滅亡を加速させると結論付けているが、西欧財閥にもそれに対抗するレジスタンスにも特段対立も協力もしていない。

所属者

院長

ズェピア・エルトナム・アトラシアシオン・エルトナム・アトラシア
闇の間
センシティブな作品
『Fate』世界における現院長。上級死徒。『月姫』世界における次期院長(候補生)。
シアリム・エルトナム・レイアトラシアヘルメス・シリス・アトラシア
エルトナムさん
無題
『Fate/EXTRA』世界における最後の院長。ラニの「製作者」であり、師でもある錬金術師。名前に「アトラシア」とある為いずれかの時代の院長と思われるが、詳細は不明。特性は「未来」。


在院者

シオン・エルトナム・ソカリスラティオ・クルドリス・ハイラム
シオン
無題
アトラス院所属の錬金術師、彷徨海でカルデアと合流。アトラス院所属の錬金術師。アトラスの六源出身。
ラニ=Ⅷ
ラニちゃ
シアリムの従者であるホムンクルス。月の聖杯戦争のマスター。


元所属者

ズェピア・エルトナム・オベローン玄霧皐月
ファンブルコード
五月の偽神
数代前の院長。後に発狂し、同院を去ったものと思われる。ゴドーワード。封印指定を受け失踪。


関連組織

時計塔
魔術協会の三大部門の一角にて総本部。交流は殆どない。歴史はこちらの方が浅い。

彷徨海
魔術協会の三大部門の一角にて深奥。交流は殆どない。歴史はこちらの方が深い。

人理継続保障機関フィニス・カルデア
人類史の未来を守るという目的や、科学を厭わないなどの共通点がある。
Fate/GrandOrder』の時空では、所長のマリスビリー・アニムスフィアが契約書を入手した事により、本来は厳禁である技術提供が行われ、霊子演算装置・トリスメギストスを始めとする多くの技術を譲渡している。
その一つに、カルデアとの協力関係を記念して「虚数観測機ペーパームーン」も提供したが、レイシフト機構が完成したことで不要となった為、死蔵されていたのだが……。

西欧財閥
中立の立場にあるが、要監視対象として危険視している。

発明品

疑似霊子演算装置トライヘルメス
オベリスクの形をしたアトラス院最大の記録媒体。カルデアに送った霊子演算装置トリスメギストスの元になったオリジナル。
今の地球上の科学では生成できないオーパーツ、賢者の石と呼ばれるフォトニック結晶によって作られており、ほぼ無限の情報を記述し得る究極の記憶媒体として機能する。

バレルレプリカ
シオンが持ち出した概念礼装。銃器の形をしている。メルティブラッドに登場。

黒い銃身(ブラックバレル)
シオンの扱うバレルレプリカのオリジナル。七大兵器の一角。
「天寿」の概念武装とも呼ばれ、第五架空要素を自壊させる第五真説要素でできた兵器とされる。この銃から放たれた弾丸は、真エーテルで活動しているものを問答無用で傷付ける。
鋼の大地に登場し、ゴドーが発掘、所持している

量子終末予測アトラス
月姫世界からカルデアを覗く観測装置と言われているが「路地裏ナイトメア」の帯文だけで言及されているため詳細は不明。

ロゴスリアクト
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」に登場。「再演」の性質を持つ、七大兵器の一角。
正式名は存在せず、ロゴスリアクトは院長ズェピアからの呼び名。「路地裏ナイトメア」のキーパーソンとなったのも恐らく同じ存在。

条件をいくつか入力することで現実と見紛うレベルの仮想空間を作り出せるという代物で、そこに外部の他者を取り込んだり、他者の精神をコピーする事を本来の機能以外の余剰でやってのける。
これ自体が賢者の石の特定状態で出来上がっており、内部世界は記録の続く限り際限なく増殖が可能。

想定では異なる歴史の検証「アトラスの人理継続第五実験」などを可能にするはずだったが、現実との齟齬に折り合いをつけるべき曖昧な部分の設定がうまくいかなかった。
かといってそうした細かな整合性を無視して稼動させ続ければ特異点と化すという重大な問題を抱えた、事実上の特異点発生装置であり、ズェビア曰く「タタリと相似しながらも決定的に異なる現象」を引き起こすとの事。

ロゴスリアクト・ジェネリック
上記の思考実験装置(の廉価版)。実際に量産されているのかは不明。
設計が不完全であったことも問題だが、プログラムにバグがあるらしく、停止させようにも停止術式が弾かれるようになっている。また、特異点内部の状況次第では、仮想擬似霊子が肥大化して、外部の広域と対消滅してしまう危険性を孕んでいる模様。
こんな危険な道具を義娘の誕生日プレゼントにするズェピアって…

ロゴスリアクト・レプリカ
ロゴスリアクトの模造品。ある人物が所有している。

余談

あらゆる作品においてドン詰まっている集団
歴代院長は全員

  1. 「人類滅亡の答えに辿り着く」
  2. 「回避する方法を探る」
  3. 「無かったから人類を進化させれば・・・」
  4. 「今度は宇宙の寿命が縮む」
  5. 「\(^o^)/」
を繰り返し自決している。
そして自決しないと、今度は人類を救うために人類を滅ぼし始めるのでなおタチが悪い。

またあらゆるトンデモ兵器を開発しまくっているため、TYPE-MOON作品におけるドラえもん枠となりつつある。ただしトンデモ具合こそドラえもん枠なのだが、こちらも中身は便利な道具どころかボスキャラ枠が使用する超危険兵器ばかり。

アトラス院の召喚チケットと名高い誓約書だが、「2015年の時計塔」以降未回収だった残りがじゃんじゃか出始め、悲願である誓約書回収の日も近付いた。
ただし奈須きのこによって月姫世界とFate世界は完全に別時空と明言されたため、メルブラ世界では相変わらず誓約書を探し回ってるかもしれない。

組織の風習なのか、紫を基調とした衣装・キャラクターデザインが多い。
誰が言ったか「エジプトニーソ」は以降の作品にも忠実に受け継がれている。

関連項目

TYPE-MOON 月姫シリーズ Fateシリーズ 空の境界
魔術協会 錬金術 エジプト

関連記事

親記事

魔術協会 まじゅつきょうかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アトラス院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23747

コメント