ピクシブ百科事典

ムシキ

むしき

ムシキとは、ロード・エルメロイⅡ世の冒険の登場人物である。
目次[非表示]

概要

山嶺法廷仙人であり、追放された十官。アトラス院のクルドリス家、彷徨海の魔術師と遥か昔に共同で何かしらの実験を行っていた人物。『盤』の制作者のひとりでもある。

人物

外見は白い炎のような女、とされる。輝くような肌には痣とも入れ墨ともつかない蒼い紋様がはしり、それもヒトガタの炎という印象を助長している。瞳は金色であり、右耳に金鈴のイヤリングをつけ、両手首にはぐるぐると巻いた金属の鎖を垂らしている。極めて美しいものの獰猛さがなお勝り、禍々しさを感じさせる印象をしている。一人称は妾(あたし)。

実年齢は不明だが、ラティオとの会話の中で「個人の年数で言えば、こちらは桁が二つか三つ上の引きこもりだからな」という発言があり、かつ項羽虞美人を実際に見たことがあるかのような発言もしていることからかなりの高齢であると思われる。また、彼女がエルゴに神を喰らわせたのは何千年も昔のことであったらしい。

能力

正真正銘の仙人であり、肌や吐息、涙の一粒まで強大な神秘を纏う。ロード・エルメロイⅡ世達の前に現れたときには赤道付近にもかかわらず巨船を飲み込むほどの嵐を引き起こすなど、現代ではありえないほどの神秘を有している。

作中ではラティオによる回避行動を演算した斬撃を「計算に頼っている段階で、致命的に遅い」と手首に嵌めた手枷ですべて受け切り、タンゲレの剛力も難なく受け止め、逆に腕を紙粘土のようにもぎ取っている。
また、威力だけでもロケットランチャーを優に上回る遠坂凛の宝石魔術も「ああ、雪合戦のつもりか?嫌いじゃないぜ。なんたって害がない」といいつつ親指で圧縮した空気を弾き出し、魔術すら使わず凛もろとも吹き飛ばした。

これらは神秘はより強い神秘の前に無効化されるためであり、アトラス院のエグゾフォルムも凛の魔術も、彼女の肌ほどの神秘もないため当たり前に無効化される。
そしてこの時の彼女は陽神(実体を持つ分身)であり、思想鍵紋の使用も特権領域への接続も行っていない。魔術師で例えるのなら『魔術刻印もなく、基礎以外の魔術もなしの魔術師』状態であり、全力には程遠い上に致命傷を受けたとしても本体にはいささかのフィードバックこそあれ、無傷で済む。

なお、彼女の容姿と名は無支奇に由来し、エルゴが喰らったシンガポールで尊崇されるとある水神の原型でもある存在である。

関連記事

親記事

山嶺法廷 さんれいほうてい

コメント