ピクシブ百科事典

無支奇

むしきもしくはぶしき

中国神話に登場する猿のような姿の水怪。
目次[非表示]

概要

『太平広記』の「李湯」に記述される、夏朝の創始者である伝説的な帝の治水事業の障害となったという水の怪物。無支祁、巫支祁とも表記される。

姿は猿猴のようで色は頭が白、身体が青である。
首を100尺(約230m)も伸ばし、の大群よりも強い力を持つ。それでいて動きは非常に俊敏であったという。

何度も禹王の臣下たちによって討伐が試みられたがうまくいかず、最後は庚辰によって大索(大縄)と金鈴をつけられ亀山という山に封じられた。

上記の書物にはの時代に、楚州の知事であった李湯が巨大な猿の怪物を水中より引き上げたと書かれており、その怪物こそが『古岳瀆経』という古文書にあった無支祁であると説明された。

『輟耕録』および『国史補』には、『山海経』に巫支祁として記述があったと書かれているが、該当部分は現存していない。

禹王の無支奇退治の物語は、の時代に戯曲として広まり、猿の姿で超能力を持ち、山に封印されたということから、『西遊記』の孫悟空の成立に影響を与えたという考察が古くからなされている。

創作での扱い

西遊妖猿伝

※メイン画像
諸星大二郎による史実に『西遊記』をからめた伝奇漫画。
花果山水簾洞に住む斉天大聖を名乗る、一つ目の大きな猿のような邪神で、戦乱で生じる民衆の怨念と血を欲し、福地村の村人であった孫悟空に金環、金箍棒とともに称号を授ける。

ミキストリ

巻来功士によるアステカ神話の神の力を得た暗殺者が、世界中で神々による事件に関わるという伝奇漫画。
崑崙山脈でとある計画を進める、人民解放軍・特殊能力戦略部隊の王大佐の前世の姿として登場した。

関連タグ

中国神話 中国妖怪 水神 邪神 猿猴
孫悟空

関連記事

親記事

中国神話 ちゅうごくしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「無支奇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント