ピクシブ百科事典

山嶺法廷

さんれいほうてい

山嶺法廷とは、TYPE-MOON作品世界に存在する東洋系の魔術組織。
目次[非表示]

概要

TYPE-MOON作品世界における東洋系の魔術組織。大陸東方に根差した魔術系統は思想魔術と呼ばれ、基礎的な部分と魔術回路を使用するという点以外では、ほとんど西洋魔術とは別物であるとされる。そのため思想魔術の術者たちが所属する組織は、西洋系の魔術組織である魔術協会とは別の組織となる。

思想魔術の主だった組織は2つあるとされ、1つは螺旋館という組織であり単に『館』とも称される。東洋圏各地に存在する支部を含め、何らかの形で螺旋の形状を取り入れているのが特徴であり、構成員の人数では時計塔を上回るかもしれないとされる。思想魔術の術者の所属はほとんどがこちらである。

一方でごく一部の、神代からの『盤』への接続権を残した者たちは山嶺法廷と呼ばれる組織に属しており、十官と呼ばれる幹部たちは正真正銘の仙人であると言われている。
仙人にまつわる数々の噂が真実であれば、彼らは生きながらにして神秘そのものの体現であり、その身はおろかこぼれた吐息の一つ、涙の一粒まで例外なく強大な神秘を纏うという。

なお、ロード・エルメロイⅡ世曰く、山嶺法廷は人界にかかわることはまずないらしい。

所属者・関係者

追放された十官であり、正真正銘の仙人。

余談

Fate/GrandOrder第2部5.5章地獄界曼荼羅平安京キャスター・リンボが『天竺は霊鷲山の法道仙人が伝えし、仙術の大秘奥』を行使しようとする描写がある。非常に負荷がかかるらしく追い詰められるまで疑似思想鍵紋による特権領域への接続をためらっていたものの、対粛正防御がなければ防げないものであることがリンボ自身の独白で窺える。

また、ロード・エルメロイⅡ世の冒険では仙人であるムシキが登場するが、作中では思想鍵紋は使用されず、Ⅱ世によると十官の番外であるのならまず間違いなく特権領域まで接続できるという。

以上のことを踏まえると、山嶺法廷には最期にリンボが行おうとしたことと同じようなことをできる者が、21世紀時点でも複数人存在するかもしれないという非常に恐ろしい可能性が浮かび上がってくる。

関連記事

親記事

TYPE-MOON たいぷむーん

子記事

兄弟記事

コメント