ピクシブ百科事典

蘆屋道満(Fate)

あしやどうまん

『Fate/Grand Order』に登場するあるサーヴァントの暫定の真名。
目次[非表示]

※この記事は重要なネタバレ要素を含みます、ご注意ください!!

















辺獄


この姿。肉食の獣の如し。
この声。悪霊の王が如し。
死したはずのキャスター・リンボ
———違う。違う違う!!
その名は安倍晴明に非ず。
彼男の真名(な)は蘆屋道満!!

如何です、如何です!興味深い事例であったでしょう、サタン様!
……失礼いたしました、我が愛しき御方———■■■■■■■■■■さま

プロフィール

真名蘆屋道満
身長?
体重?
属性?・?
出典平安時代
地域日本
好きなもの?
嫌いなもの?
ILLUST古海鐘一
CV森川智之


概説

亜種並行世界で起きた事件のもう一人の黒幕
武蔵たちに敗れ消えた筈のキャスター・リンボは、平和になった下総を忌々しそうに見ながら、「サタン」の名で呼ぶ真の主君に向かって語り出す。

キャスター・リンボとは、巨大な存在によって導かれ、悪意を核として成された存在。もやはサーヴァントでもなければ、サーヴァントを元に作り出された英霊剣豪でもなかった。
主の意向のままに、主が導いた妖術師を支えた悪意の存在。いつかカルデアの前に立ち塞がるであろう新たな敵。

武蔵に宿業を埋め込もうとした際に、「妖術師殿同様に惑っている」と発言していた事から、妖術師にも宿業を埋め込んだと疑われており、この推測が正しければ下総の事件はこの男が全ての元凶だったと言う事になる。

第2部『Cosmos_in_the_Lostbelt』でもOPで姿が確認され、本格参戦する事が予想される。
黒幕たる『異星の神』なるモノはクリプターとは別に自らの尖兵として直属のサーヴァント3体を召喚しており、そのうちの1体が彼であると思われる。
しかし当の彼はどういう訳か、インド異聞帯をひどく気に入って離れようとしないらしく、コヤンスカヤからは「何を考えているのか」と呆れられている。

関連人物

  • 異星の神

サタン様と呼び絶対の忠誠を誓っている謎の存在。道満他2騎のアルターエゴの君主。

異星の神陣営のアルターエゴの1騎である殺人鬼

異星の神陣営のアルターエゴの1騎である神父

インド担当のクリプター。カドックの担当する異聞帯が陥落した際、キリシュタリアはそれを自ら他のクリプターへ教えることはしなかったが、ペペに対しては道満がこのことを知らせたのではないかと推測している。

下総国での戦いで、それぞれ少なくない因縁を作った忍者達。
両者の純朴さが嗜虐心を刺激するのか、それを踏みにじる事に想像以上に強い執着を抱いていた模様。後のある幕間では、より絶望を深めるという理由であえて塩を送るような事さえ行っている。

生前のライバル、彼の名乗や術式としては五芒星のものを欺いていた。

更なる謎

そもそもこの道満には疑問点がいくつも付きまとう。伝承には明らかに存在しない「神を喰らったモノ」、「黒き神を自らの太陽へと取り込んで」などといったフレーズを有している。
そもそも蘆屋道満という人物は安倍晴明のライバル、悪の陰陽師だったということが伝承における特徴であって、それ以上は見受けられないはずの人物である。

しかし、第2部は異聞帯という汎人類史から外れた歴史からの侵略という状況であるため、この道満は異聞帯の道満とも考えることができる。

びっくりだよ


そして第2部開始に伴うCMにて、アルターエゴとして紹介された。
ホームズのようにクラス替えを行う例もあるが、これがどういう意味なのかは現状では不明である。

ただアルターエゴは「潜在意識からの独立存在」、つまりある人物に本来あった潜在意識や性格を、分離もしくは誇張して誕生した「分身」でもあるため、この道満が単純に「異聞帯の道満」と決めてかかることもできない。
一説には、道満自身がそう名乗った事、とあるキャラのオルタアルターエゴである事、その他、源頼光ら、彼を知るだろう人物の意味深な発言から、の別側面ではないかと予想する人もいる模様。

彼の本性は何なのか。
異聞帯という存在を示唆した存在という意味でも、第2部ではこの謎も一つの焦点といえる。

関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt 創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ
アルターエゴ(Fate) 
妲己(Fate) ラスプーチン(Fate) スカンジナビア・ペペロンチーノ

pixivに投稿された作品 pixivで「蘆屋道満(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2212

コメント