ピクシブ百科事典

謎のヒロインXX

なぞのひろいんだぶるえっくす

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

こんにちは、地球のマスター。私はコードネーム・XX。
私以外のフォーリナーとセイバーを狩るためにやってきた。

プロフィール

真名謎のヒロインXX
クラスフォーリナー
性別女性
身長154cm
体重48kg
出典コスモガーディアン三部作
地域サーヴァント界
属性秩序・善・星
好きなもの不明
嫌いなもの自分以外のフォーリナー、セイバー
ILLUSTBUNBUN
CV???

※身長体重は乗着時に変動する。
「体重は日々の激務のストレスでちょっと増えているだけで、すぐに元の42kgに戻りますので!」

概要

Fate/GrandOrder2018年の夏イベント『サーヴァント・サマー・フェスティバル!』にて初登場する謎のサーヴァント。レアリティはフォーリナーでは初の☆4。
全身をSFチックな機械製の鎧で覆っており、登場時は流星の如く、宙の彼方から颯爽と現れる。

XX



目的は(まだ2人しか確認されていない)全てのフォーリナーを抹殺する事。
ストーリーの初登場時には近くに居た葛飾北斎を消してしまい、その後もサバ☆フェスを滅茶苦茶にするために度々現れ、主人公とBBをきりきり舞いさせかける。

真名

ぶっちゃけ隠すまでもなく謎のヒロインX
そしてとうとう現れたエクストラクラスのアルトリア・ペンドラゴンであり、2018年8月時点でキャスターを差し置いて7クラス枠を制覇してしまった。

武装がロンゴミニアドで、一部攻撃時に「X」の形をしたエネルギー波を射出する等、色々とモロバレな要素全開だったために、多くのマスターから「さてはテメーXの水着版だな!?」と当然のノリで看破されていたことだろう・・・。
当初は全身アーマーな上にメカメカしい口調だが、口調については「メカだからそうしないといけないと思った」だけで、キャストオフ後はいつもの口調に戻る。

謎のヒロインXは、一言でいうとコメディドラマの主人公である。
アルトリアさんから真面目成分を引いたXは、何事も最短・最速・最シンプルで行動する。
元気いっぱい、礼儀正しい言動とは裏腹に、本人はとても負けず嫌い(自覚がないため、空気読めない感ハンパない)であらゆる事にチャレンジし、そして勝つまで諦めないという困った性格をしている。
だが根っこにある善人性から「結局はまわりのために働いてしまう」ため、なんだかんだでうまく回っていた。

だが、サーヴァントユニヴァースも煮詰まり、乱発されたエクストラクラスによってヒーローとヴィランの比率が崩壊。宇宙の天秤がヴィランに傾いた時、Xは信条を新たにした(具体的にいうと番組は新シーズンに突入した)。
無職で困っていたXは秘密結社・銀河警察(民営)に就職し、その中枢に眠っていた宇宙最古のアーティファクト・ロンゴミニアドを偶然キャッチ。その才能を認められ、宇宙防人(ギャラクシアン)として活躍する事になったのである。
しかし…秘密結社・銀河警察(民営)は超ブラックなダークマター企業だったのだ!
かくして彼女の災難は続く。

ちなみにコスモ刑事になったXは「これはいい機会ですね」と名前・戸籍をXXと改名。
別人となった事でこれまでの借金をすべて踏み倒し、外宇宙からの侵入者、フォーリナーを取り締まる特捜0課を設立。
邪神ハンター・XXの誕生である。

人物

根がヒロインXなためにフリーダムでハイテンション、相も変わらずセイバーを目の敵にしている。ただしアサシンの時より「2シーズン分成長した」ことによって秩序・善タイプになり、多少は大人な落ち着きとゆとり、社会マナーや礼節を持っているので以前よりかは話がわかるようになった。
肉体も成長しており、アルトリア獅子王の中間くらいのプロポーションとなっている。
ただ、仕事がハードな関係上、イメージは「生活に疲れたOL」だとか。

銀河警察に所属している関係上、セイバーの他にもフォーリナーを付け狙うようになったが、趣味ではないため優先度はかなり低く、直接の脅威がなければ「まぁ、いっか」と放置してた程度。そしてセイバー、てめぇはダメだ。

マスターとの関係は友人のそれらしい。これまでの登場では大抵マスターの剣であろうとしていたので、より対等な関係になったと言える。
呼び方も「マスター」ではなく「マスター」とくん付けでマスターの事を呼んでくる。
ただ、本人としては年上としてリードしたいようなのだが、現状は衣食住とお世話になりっぱなしで不甲斐ないと思う一方、その関係に心地よさのようなものを覚えている。
次第に彼女はマスターに恋心を抱くようになるらしいのだが、恋愛経験もスキルも皆無な彼女がそれを自覚することはなかなか無いらしい。

能力

戦闘においては手に持った槍のような武器や全身の装甲に仕込まれた様々な武装を駆使して戦う。
額から放つ無数の光弾。胴体から放つ『X』型の光線。全身から放った光線を反射させて四方八方から敵に向かう様に放つ。槍を二つに分裂させ、両手に装備して敵に斬りかかる等と攻撃方法は本当に多彩。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BBBEDEX


スキル

乗着(EX)聖槍甲冑アーヴァロンの加護。甲冑はXXの周囲に、霊子として常に存在する。これをマイナス一秒(不意打ちされたとしても、その一秒前に時間を遡って装備する)で実体化・武装する早技を本人は『乗着(じょうちゃく)』と名付けている。ほぼアウト。コスモ刑事になったものの、朝は寝坊がちで遅刻の常習犯だったXXが身につけたおそるべきスキルである。ただの着替えスキルとも。実は実体化する必要はあまりなく、霊子状態でも甲冑としての機能は発揮する。武装すると攻撃面での能力が格段にアップする。
刑事の直感(E)犯人を突き止めるための天啓。事件解決においては使わない方がいいランク。理屈を無視した異次元のひらめきで事件解決のためのヒントを周囲にバラ撒くが、XX本人は決してそのヒントに気付かない。場合によってはデメリットがメリットになる、実はとても優秀なスキルなんだけど…
最果ての正義(A)宇宙の最先端にして最果てである『境界』からの力。『無』を食い破る力でもあり、宇宙を拡げる真理そのものとも。別宇宙の上位存在たちですら追い返す『宇宙のバランスを取る』パゥワーだが、XXはよく理解していない。
領域外の生命(D)詳細不明。恐らくは地球の理では測れない程の生命を宿している事の証左と思われる。宿している「生命」は恐らくは旧神・ノーデンスに相当するもの…具体的には星の戦士ではないかと囁かれている。ぶっちゃけ要素の殆どが魔を断つ剣だけど。
コスモリアクター(B)輝けるセイバーだけに許されるコスモなリアクター。様々なものをリアクトしてる。元々ヒロインX個人が所有する固有スキルのためか、XXとなっても稼働はしている様子。(地味にランクが落ちているが)
単独行動(A)元はアーチャーのクラススキル。マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
騎乗(A)元はセイバー及びライダーのクラススキル。乗り物を乗りこなす能力。かつてのヒロインXのそれは宇宙船ドゥン・スタリオン2号に特化したものだったが、今では「乗り物」という概念に対し発揮されるスキルとして、対象を問わなくなっている。


宝具

蒼輝銀河即ちコスモス(エーテル宇宙然るに秩序)

  • ランク:EX
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:9~99


ロンゴミニアドが守る宇宙のルールを鏡合わせで示す真名。
ロンゴミニアドLRのセーフモードを解除し、出力を上げてからのダイナミックセイバー斬り。
相手はアルテミット・ワンのごとく惑星ごと爆発する。
黙秘の権利、弁護士を呼ぶ権利といったものに捉われない、最終裁決手段。
フォーリナー特攻だけでなくセイバー特攻もある便利な宝具。
なお、本人は『ツインミニアド・ディザスター』『ダブルエックスダイナミック』とその場のノリで叫ぶが、ルビ(真名)は『エーテル宇宙然るに秩序』である。
どこぞのゴールデン理不尽に通じるいい加減さ。

無銘星雲剣(ひみつみにあど)

  • ランク:EX 
  • 種別:対軍宝具 
  • レンジ:9~99


むめいせいうんけん。
宇宙の天秤と言われるロンゴミニアドLRを使った銀河星雲切り。
槍をブンブンと振り回すとその光芒はネビュラのように渦巻き、周囲のすべてをなぎ払う。
なお、敵味方の区別はない。

ゲームでの性能

今までに登場したフォーリナーのアビゲイルとも北斎親子とも性質が微妙に異なる。
「乗着(EX)」はかの尊敬するバベジンの「機関の鎧(EX)」と全く同じ効果で、カード配分も《Quick:1/Arts:2/Buster:2》と、彼と同じセイバー型の変則タイプ。ある意味「セイバークラスの決定版」を名乗る彼女らしいと言えば彼女らしいが・・・。
「刑事の直感(E)」はえっちゃんの「王の見えざる手(C)」と微妙に似ており、攻撃性強化と単体スター集中度低下が同梱している。但し、あちらが「カリスマ」寄りのスキルなのに対してこちらは「直感」寄りのスキルで、スター集中低下の付与対象も自分に固定されている。スキルレベルが低いうちは集中低下倍率もあまり高くなく、バーサーカーなど元の集中率が低いクラスにスターを振り分けるには力不足。但し、レベル1でもスターを10追加補給できるので純粋なスター獲得スキルとしては普通に優秀。自分のカードが無い時に使うと普通のスター獲得スキルになる。
「最果ての正義(A)」は無敵貫通とNPチャージ、更に「人類の脅威」に対する特攻状態を自身に付与する。「人類の脅威」は区分が今のところ判然としていないが、無敵貫通とNPチャージの両方を同時にこなせるブーストスキルとしてみても普通に優秀なのでさほど困らない。
宝具は単体宝具の「蒼輝銀河即ちコスモス(エーテル宇宙然るに秩序)」。
Artsカードが2枚ある上に宝具もArts属性、更に全体的にどの攻撃も多段ヒットするのでNPチャージは比較的得意な方。但し、5回も6回もヒットするような攻撃は無いので突き抜けて得意という訳でもない。
総評すると単体特化の瞬間型アタッカーだが、状況に応じてサポートも少しだけこなせる少し変則的なタイプ。
スキル効果はいずれも1ターンしか効果が持続しないため、使いどころによっては効果が一部腐ることがあるが、同時に要らないタイミングまで効果を引きずらないという美点にもなり得る。尤も、どの効果も味方の行動を阻害するような効果ではないため美点としてみるにはちょっと難しい節がある。
そういう意味ではこの点はどちらかというと弱点寄りと見れる。

関連人物

アビゲイル葛飾北斎BB
邪神と関係する、彼女の討伐対象。ただセイバー属性を有しないため、特に悪さをしなければ排除優先度は極端に下がる。

メカエリチャンメカエリチャンⅡ号機
邪神とは関係ないが、似たような反応を持つ「人類の脅威」。

謎のヒロインX
「2シーズンぐらい前の私」「未来への希望と周囲への不安に満ちた成長途上の私」として懐かしみながら微笑ましく見ていた。

謎のヒロインXオルタ
かつての親友にして宿敵。通称「えっちゃん」。
現在はかなり変わり果ててしまったようで、かつての姿である彼女を目にした時は涙をこらえきれなかった。
ちなみに自分の存在は秘密らしい。

関連イラスト

他のフォーリナーの例にもれず、再臨段階で大きく姿が異なる。
pixivでは最初に名乗った「フォーリナーハンターXX」でもタグ付けされるが、こちらは第1段階を指す事が多い。

第1段階

謎のヒロインXX
XX



第2段階

謎のヒロインXX
ヒロインXX



第3段階

謎のヒロインXX
謎のヒロインXX



余談

アビゲイル北斎親子といった先発のフォーリナー達は、クトゥルフ神話に由来する触手的な生物要素や、人間の精神を侵食してしまう狂気の理を秘めていたが、今回のXXにはそう言った要素は一切見受けられない。

とはいえ、XXは「サーヴァントユニバース」なる外宇宙から来た存在である為、きちんとフォーリナーのクラス条件自体は満たしており、「異世界の存在と接触し、その力の一部を宿す」というフォーリナーのあり方として特に例外的なわけでもない。
一部のマスターからは、(狂気的要素を含まないのは宿している神性がクトゥルフ神話の旧神に相当する存在ということで)元ネタになった神性が星の戦士ではないかと推測されている。
また、誰もが一度は想像したであろうヒーローの外見をした初のフォーリナーである事から、もしかしたらfate世界においては光の巨人はこのクラスにカテゴライズされるのかもしれない。(ちなみに彼らの中にはクトゥルフ話と関連のある戦士もいたりする。)

いずれにしろそれらの考察をすべて押し流さんとばかりに、このキャラクターはパロディの塊と言っていいほど他作品のネタが多く使用されている。元ネタは以下の通り。


そもそも存在自体が魔を断つ剣」の定義に該当するという話も。

他にもここに書ききれないほどネタが多い。

関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント・サマー・フェスティバル!
フォーリナー(Fate) SF 宇宙 パワードスーツ
フォーリナーハンターXX:初期の名乗り名方のタグ。

pixivに投稿された作品 pixivで「謎のヒロインXX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7028011

コメント