ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order第1.5部四話「禁忌降臨庭園セイレム」の登場人物。
配信直前の生放送にて「全てが謎に包まれた少女」として紹介される。サーヴァントである事は確定なのだが、エピローグ公開日までは真名はおろかクラスすらも一切不明だった。

愛称は「アビー」。
レイシフト先である西暦1692年のセイレム村に暮らす少女
真夜中、村の子供たちとおまじないごっこに興じてる最中、獣に襲われ主人公達に助けられる。

人物

好奇心が旺盛で無邪気。年頃にしては礼儀正しく聡明であり、叱られた時は自分の非を認め反省する素直さを持つ。
加えて当時では迫害や軽蔑の対象であった黒人奴隷の使用人や村の鼻つまみ者である少女に対しても、家族や友人として対等な目線で慕うことの出来る優しい性格。

住んでいたセイレム自体が禁欲的な場所だったらしく、そのためか彼女もストイックな性格になってしまっている。そのため、本来の年相応の子供らしく甘えん坊な部分を無意識に押し殺してしまっているところもある。こういった甘えん坊な部分は、特に心を開いた相手に発露される。

両親を先住民に殺された経緯から、母方の伯父であるランドルフ・カーターに引き取られる。
セイレム村から一度も出たことは無く、外の都市や異国の物語、知らない文化の話を聞くのが好き。
ただ両親の件から「村の外」に対して憧れと同等の恐怖も抱いている様子。

関連人物

ランドルフ・カーター
母方の伯父。厳しく真面目だが思慮深く、村人からも信頼されている知識人。ボストンで大学教授をしている。
本来の歴史においてアビゲイルの叔父は牧師のサミュエル・パリスであり、ランドルフ・カーターそのものはH・P・ラヴクラフト作品の登場人物であるはずだが…?

ティテュバ
両親が他界した頃から働いている黒人の使用人。家族同然に慕っている。

ラヴィニア・ウェイトリー
セイレム村で厄介者扱いされている一家の娘。
アルビノであるため彼女も気味悪がられているが、アビーにとっては色んなお話をしてくれる大切な友人。

アビゲイル・ウィリアムズといえば「セイレム魔女裁判」において最も有名な少女である。
史実では、彼女が村の少女たちと奴隷の使用人から教わったまじないをしていたところを、大人たちに見つかり叱責される。だが、その最中に従妹と共に奇妙な痙攣やひきつけを起こし、それが「悪魔に憑かれた」「魔女の仕業だ」と騒ぎになるところから悲劇が始まる。
アビゲイルと従妹のベティーはその後、様々な村人を「こいつが魔女だ」と指し示す。彼女たちの「告発」によって魔女に仕立て上げられた村人は200名にも及んだ。

以上の史実と今作の「アビゲイル」とは大きな食い違いが生じる。
彼女はまじないごっこにこそ興じたものの、使用人をとても慕い言われなき非には反論した。村人たちの疑心暗鬼に心を痛め事態の収拾を心から願った。そしてなにより、亜種特異点の魔女裁判はアビゲイルが与り知らぬ状況で進行していった。

果たして、彼女は何者なのか。この世界は本当に魔女裁判の再現なのか。

関連イラスト

箒星
アビーちゃん


セイレムのあの子
FGO1.5部



関連項目

Fate/GrandOrder 禁忌降臨庭園セイレム アビゲイル・ウィリアムズ生誕祭 バニゲイル・ウィリアムズ
少女 金髪碧眼 フリル リボン ぬいぐるみ ドロワーズ
アビラヴィ










以下、「禁忌降臨庭園セイレム」の重大なネタバレを含みます

























センシティブな作品


一片の罪も持たない人がいる・・・? 罪の子で無い者がこの世にいるのかしら…?
ならば、救い(punish)を、あたえるわ。

プロフィール

真名アビゲイル・ウィリアムズ
クラスフォーリナー
性別女性
身長152cm
体重44kg
出典史実
地域北米マサチューセッツ
属性混沌・悪・地
好きなものパンケーキ、マッシュポテト、お酒(未飲)
苦手なもの魔女扱いされること、
設定担当不明
ILLUST黒星紅白
CV大和田仁美


概要

Fate/Grand Order」に登場するフォーリナーサーヴァント。レアリティは☆5。
1.5部第四話「禁忌降臨庭園セイレム」のキーキャラクターを務める。
なお期間限定実装キャラクターであるため、ピックアップ終了後は召喚不可となる。

再臨によってボイスや宝具演出、マイルームでの会話内容や経験値加算時のレベルアップ台詞などが変わるタイプのサーヴァント。こういった演出を持つサーヴァントは他に、諸葛孔明(エルメロイⅡ世)ニトクリス(水着)がこれに当てはまる。

センシティブな作品


彼女は本来、外なる神とは無縁の存在であり、サーヴァントとしても現界できない幻霊に近い存在であった。
だが魔神柱「ラウム」によってその(神降ろしの)巫女としての素質を見出されて「繰り返される魔女裁判」という結界により醸成された結果、
彼女は外なる神とつながりを持ったことで英霊の座に刻まれると同時に、「意思を持つ銀の鍵」となったのである。

全く異なる存在を合成することによって作り出された"人工英霊"という意味では、ハイ・サーヴァントや新宿の幻霊サーヴァント達、疑似サーヴァントに近い存在といえる。

ちなみにFGOにおいてはこの「外なる神」の名称は直接には出されず、ストーリーにおいて「スト・テュホン」とのみ呼ばれる。アレイスター・クロウリー聖守護天使の名であり、クロウリーの弟子ケネス・グラントはSut-Typhonをこの「外なる神」と同一視した。

真名

異端なるセイレム


17世紀末、清教徒の開拓村セイレムで起きた「魔女裁判事件」。
最初に悪魔憑きの兆候を示した一人が少女アビゲイル・ウィリアムズだった。
悪魔憑きの異常な症状は他の少女たちにも伝播し、およそ一年にわたって多くの村人が告発された。
その結果200名もの逮捕者、うち19名もの絞首刑、2名の獄死、1名の拷問死という惨劇を招いた。
少女たちの真意やその引き金となった要因など、いまだに多くの謎が残されている。

清教徒の信徒としてのアビゲイルは、神を敬い、感謝の祈りを欠かさぬ無垢な少女だ。多感で疑うことを知らない、年頃の娘にすぎない。

清貧を信条とする清教徒たちは、権威におもねる教会の弾圧を逃れて海を渡り、新世界へと至る。
しかしやがて彼らは追いつかれ、追い詰められた。彼らの抗議(プロテスト)の矛先は、身近な隣人へと向けられたのだ。

退廃と抑圧の世にこそ“英雄”が立ち上がるように―――。
自分を律するはずの潔白の信条は、他者を監視する道具となり、戦乱と略奪が繰り返される植民地の不穏な暮らしは、猜疑心と利己心を育んだ。
―――彼らはやがて心の底に狂気を、“魔女”を求めるようになる。私たちのこの不幸と苦しみは、悪魔の仕業でなければなんなのだ、と。

果たしてセイレムに魔女は現れ、凄惨な魔女裁判の門は開かれた。

“鍵穴”となる狂瀾たる状況。人々の欲望を映しとり“鍵”となった少女。
その両者が欠かせぬのだとしたら、さて、罪はどちらにあるのだろうか。

人物

上記のように敬虔な清教徒であると同時に、若くして礼節と分別を弁えた社交的で早熟な少女。
だがそういった性質は厚い信仰心や生まれ育った「セイレム」という貧しい環境が彼女の「子供らしさ」を抑圧した結果生まれたものでおり、本質は人より少し甘えん坊な純真無垢な少女である。

そして何よりも彼女は全てに対する慈悲と博愛の心を持っており、それは罪深きものでも許し迎え入れ、あの魔神柱すら魅了した。そして彼女はその無邪気さと博愛の心からこの世を苦しみ(罪)から救いたいという救世願望も持ち合わせている。

だが同時にそういった彼女の慈悲の心と救世願望は「自らの断罪を求める魂をただ許し迎え入れるだけの煉獄」を作り出し、ラヴィニアを「神の光の届かない可哀そうな彼女も、自分なら愛することができる」という純粋さ故の傲慢さも秘めている。

また彼女自身も「生前に犯した罪に対する意識」に無意識に苦しめられており、彼女がセイレムに招き入れた人々と同じく、「自身を断罪してほしい」と思っている。それが彼女がセイレムに拘る理由にもなっているようだ。(禁忌降臨庭園セイレムでこの「罪の意識」は解消されたが、それはセイレムのアビゲイルであり、カルデアのアビゲイルはそれに関する記憶を朧気にしか覚えておらず、その心は僅かではあるが未だにセイレムでの闇を抱えている。)


完全に降臨者として覚醒した彼女は、曰く「いけない子」となる。
霊基第二段階ではまだ虚ろながらも元の穏やかな面を残しているが、第三段階では肌や髪が真っ白に変色し、凶悪な笑みを浮かべた人相になる等、心身共に人間から乖離した存在と化す。

外なる神を「我が父なる神」と仰ぎ、その言動は狂気的とさえ言えるほどに攻撃的でハイテンションとなり、人間状態の人格が反転したかのように衝動と欲望に素直になる。
ただし根幹の甘えん坊な子供らしい「純真無垢」な部分は健在であり、それを阻害していた禁欲的な意識が薄れた分だけ、より子供らしく素直に、わがままに接してくる。


カルデアにいるアビゲイルはセイレムで出会ったアビゲイルとは厳密には別人であり、生前の記憶はあっても特異点と化したセイレムでの記憶は朧気ながらにしか憶えていない。
また普段は基本的に第一霊基状態である「降臨者に覚醒する前」のアビゲイルとして過ごしている。前述の通り礼儀正しく朗らかな人柄故か、職員・サーヴァント問わずに人気者の様。

バレンタインでもカルデア住人全員分のチョコを作るなど義理堅い。ただし場合によっては第二霊基以降の姿になることもあるらしく、その際はその心身の豹変ぶりに周囲を困惑させている。

ちなみに好物のパンケーキに関しては一家言あるらしく、普段の控えめな態度に反して急に饒舌になり、延々と美味しいパンケーキについて語ってくれる。

能力

銀の鍵そのものとなった彼女は窮極の門(ヨグ=ソトースの門)を通じてあらゆる空間にアクセスすることができる。ただし彼女以外が門をくぐる際は、その門やその向こうに広がる世界に正気を持っていかれないだけの強靭な精神力を必要とする。
本来は存在するだけで時空を歪ませ、物理法則すら書き換えられる文字通り「世界を書き換える力」を撒き散らす存在だが、彼女の「人間としての精神と認識」がその力に大きな制限を課しているため、存在していても周囲に影響を与えることは少ない。

戦闘時では主に虚空から吸盤のある触腕を召喚し、相手を打ち据えて攻撃する。これが父なる神の触腕なのか、それとも別のものなのかは不明。
他にも人形や巨大な鍵を使った殴打、無数の紫色の羽虫を使った攻撃、極めつけはおでこビームである。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BACBCA


スキル

信仰の祈り(C)清貧と日々の祈りを重んじる清教徒の信条。
正気喪失(B)少女に宿る邪神より滲み出た狂気は、人間の脆い常識と道徳心をいともたやすく崩壊させ、存在するだけで周囲を狂気で汚染する。
魔女裁判(A)本人が意図することなく猜忌の衝動を引き寄せ、不幸の連鎖を巻き起こす、純真さゆえの脅威。
領域外の生命(EX)外なる宇宙、虚空からの降臨者。邪神に魅入られ、権能の先触れを身に宿して揮うもの。
狂気(B)不安と恐怖。調和と摂理からの逸脱。 周囲精神の世界観にまで影響を及ぼす異質な思考。
神性(B)外宇宙に潜む高次生命の“門”となり、強い神性を帯びる。 世界像をも書き換える計り知れぬ驚異。その代償は、拭えぬ狂気。


宝具

光殻湛えし虚樹(クリフォー・ライゾォム)

アビゲイル


  • ランク:EX
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1〜?
  • 最大捕捉:1人
我が手に銀(しろがね)の鍵あり。虚無より現れ、その指先で触れ給う。
我が父なる神よ、薔薇の眠りを越え、いざ窮極の門へと至らん・・・!

人類とは相容れない異質な世界に通じる“門”を開き、対象の精神・肉体に深刻なひずみを生じさせる、邪悪の樹クリフォトより生い添う地下茎。
本来ならば対界宝具とでもいうべき、際限の無い性質を有している。
が、効果対象は“鍵”となるアビゲイル個人の認識に束縛されるため、対人宝具へと規模が縮小されている。

詳細は該当記事へ。

ゲームでの性能

HP:14,000弱/ATK:12,000強と、バランスの良い攻撃型のステータス。
カード配分は《Quick:1/Arts:3/Buster:1》のキャスター型で、ヒット数も〔Q:4/A:6/B:4/Ex:5〕と、ギルガメッシュに匹敵する多段ヒット能力を持つ。
Aが6ヒットもすることとAが3枚も存在する関係上1ヒット辺りのNP効率はかなり低めとなっており、QやEXでNPを稼ぐことは事実上難しい。とはいえA3枚の関係もありスキルや礼装でのサポート、仲間とのチェインでの補助は十分可能。
バーサーカーの「狂化」と同類のBuster強化のクラススキルである「狂気(B)」を持つため、Buster攻撃である宝具もなかなかに強力。
そしてクラス特性としてアーチャー級のスター集中率を持ち、さらにクラススキル「領域外の生命(EX)」の恩恵でほんの僅かだがスターを自前で追加できる。

クラス:フォーリナーは「バーサーカー」に攻撃・防御ともに有利、「アルターエゴ」に攻撃・防御ともに不利となる。またフォーリナー同士でバーサーカー同士と同様お互いにダメージ増加となる。

スキルは、3ターン味方全体に宝具威力UPとNP獲得状態を付加する「信仰の祈り(C)」、敵全体に3ターン恐怖状態と防御ダウンを付加する「正気喪失(B)」、敵単体のチャージを1減らしつつ3ターン攻撃力をダウンさせる「魔女裁判(A+)」、の三つ。
「信仰の祈り」のNP効率は+10固定(3Tかけて全体にNP30%)と、単独スキルとしては比較的嬉しい効果であり、また宝具威力アップも単体強化並みの補正値を有する。

「正気喪失」の恐怖状態はジル・ド・レェのスキル「深淵の邪視」で先行実装されたもので、3ターンの間にランダムで1ターンのスタン状態が相手に発動する。
「魔女裁判」はチャージゲージ減少と敵の攻撃力ダウンを単体に与える。チャージ減退はデバフ扱いされないことから確定で入るうえ、攻撃力ダウンもスキルレベルを上げていくとその減衰率が顕著になってくる。
ただし3スキルとも初期チャージターンが9、最短で7と効果のわりには長めで回転率が些か低い。

宝具は上述通り。
強化解除が先行して発生するという、天草四郎の「双腕・零次収束」と同じ手順で効果が現れるため、回避・無敵・防御バフの一切をひっぺがえして宝具攻撃を直撃させるという極悪な特性を発揮する。

総じて単体アタッカーとサポータを兼任可能なマルチプレイヤー。
特にスター生産役をサポートに付けてメインアタッカーを張った場合、Artsカードの多さでパーティー全体のNP効率を促進しつつ、自身も宝具で問答無用の大ダメージを叩き込み、隙あらば強力なクリティカル攻撃で相手をボコボコにしながらNPチャージを加速させ、宝具を連続で解放出来るという強烈な個性を持つ。
玉藻及びマーリンと組んだ通称「ATM」パーティーは高難易度では中々強力である。

育成に関しては素材自体そこまで難儀なものはなく、限定イベントで回収していけば賄えるレベルで補充可能と、☆5特有のQPの馬鹿食いさえ目をつむれば優しい部類になる。

本領発揮はバーサーカー戦で、サーヴァントだけでなくクリティカル攻撃を容赦なく連発するキメラ系の対策としても最適の一人となる。
弱点であるアルターエゴクラスも現状登場する機会はイベント戦のみなので、クリティカルヒッター運用を軸にすれば等倍で大ダメージを狙える優秀なアタッカーとして働いてくれる。

ただ比較的ポピュラーな特攻手段のある「神性」と「女性」属性があるため、バーサーカー以外では基本等倍ダメージで受けるアビーはそのあたりが弱点だと言える。

そして敵として登場したときの厄介さは、セイレムの大詰めを迎えたマスターなら大体わかるはず。
アルターエゴクラスが一人もいない場合宝具を解放されれば助かる手段が殆ど無いため、先んじて宝具を発動する、女性・人型・神性・悪の特効ダメージを叩き込む等の手段による短期決戦を強いられることになる。

対策として宝具封印やスタン等による延命、宝具威力ダウンや攻撃力ダウン等によるダメージの抑え込み等が有効だが、クラススキル「領域外の生命」に弱体耐性が存在するため、運が悪いとチャージ増加と合わせて速攻されてしまいかねないのがつらい。
さらに厄介なことに、正規のサーヴァントでは無いため、地属性にもかかわらずギルガメッシュ『天地乖離す開闢の星』の『サーヴァント特効』の対象外となっている。

……逆にアルターエゴ、特に第三スキルによって宝具を安定して耐えることが可能なメルトリリスと、第二スキルによるチャージ減少やクラススキルによる被ダメのさらなる削減が可能なキアラの☆5二人を運用可能なマスター達は特に苦労もせずサクッと倒せてしまったりしたようだが。

関連人物

ラヴィニア・ウェイトリー
セイレムで共に過ごした、アビゲイルの唯一無二の親友。
その存在はアビゲイルが望み、魔神柱ラウムが捏造したものであったが、いつしか二人の友情は本物へと昇華していた。ただ残念なことに、セイレムの一件で彼女とは死別している。
ちなみに「カルデアに召喚されたアビゲイル」はセイレムでの記憶が朧気であるようで、ラヴィニアのことを「大事な存在」と記憶していたも、その存在をはっきりとは思い出せない様子。

シャルル=アンリ・サンソン
贖罪の在り方を痛みを与えることで「救い」としたアビゲイルとは対照的に、人と罪を切り離し苦痛なき「死」によって罪から解放する事を「救い」とした処刑人。彼の行動が、アビゲイルをセイレムに縛り付けている「罪の意識」から開放した。

魔神柱ラウム
伯父の役を被ってセイレムで家族関係にあった魔神柱。
魔神の計画の為に利用していた中で彼女に絆され、最終的に彼はカルデア一行にアビーの運命を託す決断をしている。
二人の間に築いた絆は本物であり、すべてが終わった後も彼を伯父と慕っていた。

アンリマユ
セイレムの“魔女”同様、日々の苦しみのはけ口として人々に求められた「悪役」。
彼の場合、魔女裁判のような表向きの大義名分すら存在しなかった。

ダビデ
彼女が信仰する宗教に関わる、名の知れた偉人。マイルームにて言及が有る。
伝説の通りの勇ましいダビデ王を期待していたが、実態があまりにも軽薄な青年だったので「信仰が揺らぎそう…」とガッカリしているようだ。

黒い外套のジル・ド・レェ
同じ異界の怪物に関した魔術を扱う男。マイルームにて言及がある。
アビゲイル曰く、何かと気にかけて親切にしてくれているらしく、不思議がっている。
もしかすると、異端の神を崇めながらも本来の信仰心は失わないアビゲイルに己を重ねて見ているのかもしれない…。

トーマス・エジソン
将来のアメリカ国民と言うことで気にかけられている。
彼女にとって未来となるアメリカの歴史を6時間もかけて講釈しているが、それに最後まで付き合った彼女の真面目さが伺える。

ジェロニモ
生前に彼をはじめとする先住民族と対立関係にあったことから苦手意識を持っている。
ただしジェロニモの人となりは理解しているようで、仲良くなりたいと努力している。

ミドラーシュのキャスター
『禁忌降臨庭園セイレム』で仲良くしていた記憶があるのか、お互いに気安い関係。カルデアのアビーも彼女には好印象を持っていたようで、たまに彼女の想い人の話を振ってはからかう仲である。普段は正式名称の方で呼ぶのだが、癖なのか気が抜けていると「ティテュバ」と呼んでしまい、直後に訂正する。

葛飾北斎
フォーリナー仲間。その芸術家としての才能に圧倒されるも、マスターに「嫉妬してるんじゃないか?」とからかわれ、頬を膨らませる。
ちなみに北斎の方はアビゲイルの霊基段階による人格の豹変にすこし引き気味。
後にフォーリナー仲間として積極的に交流している事が判明した。正確にはアビーが北斎に懐いたような形となり、彼女の役に立ちたい、またはかまってもらいたいと思っている様子。

もう一人の「アビゲイル」
「カルデアに召喚されたアビゲイル」ではない「セイレムで出会ったアビゲイル」。あの旅立った方のアビゲイル。
彼女はいつかラヴィニアと再開できることを夢見て本物の伯父様と宇宙を旅し、あの遥か宇宙の果てにあるという大図書館にすらたどり着いたとされる。
だが悠久の旅の中で彼女は疲れ、共にラヴィニアを知る人達…特に自分が最も心を許した主人公を求め、星の乱れた僅かな歪みを利用して、「カルデアに召喚されたアビゲイル」に取り憑く形で帰ってきた彼女は…

同じ霊基、同じ記憶、同じ意志を持ちながらも全く別の存在という、サーヴァント特有の現象が、もっとも顕著に描かれた存在である。ちなみにこちらの彼女はマスターや魔力補給を必要としないことから、受肉している可能性がある。

パッションリップ
彼女の幕間にて、その天然煽りにブチ切れていたサーヴァントの一人としてアビーが挙げられている。あの穏やかなアビーを切れさせるって、どんだけ煽り性能高いんですか!?

余談

  • 攻撃モーションの中に目からビームが出ているように見える演出があるが、よく見てみると発射時に目を閉じて俯いているのが分かる。実際にビームが出ているのは額にある鍵穴からと思われる。
  • 「セイレムで出会ったアビゲイル」がラヴィニアと再開するには、人間であることを辞める必要があるという。そして辞めた先で行き着くのは、あの存在であるとも推測されている。
  • FGO Fes. 2018 ~3nd Anniversary~」の英霊旅装において彼女の新たな装いが登場。
    • 少しパンクな黒のジャケットを着込み、生足はさらけ出したままといったアメリカンスタイル。手や髪にはいつものクマのぬいぐるみやリボンがつけられているが、髪は頭頂部でクマの頭部をもしたお団子にまとめられている。奇しくも、この髪型は同じフォーリナーである葛飾北斎とおそろいである。
    • またその額には✗の絆創膏のようなものがはられ、鍵穴型の第三の目のあたりを覆い隠している。おそらく「三つ目がとおる」のオマージュだと思われる。
らくがき
✦✦✦


サマーアビーちゃ
【FGO】アビゲイルとラヴィニア2


  • 漫画版ではアンやメアリーというマサチューセッツの友人がいることが語られているが、これらの友人はアビゲイルと同じくセイレム魔女裁判で告発側となった少女アン・パットナムやメアリー・ウォルコットに基づいていると思われる。
  • 再臨すると鍵を持って振って戦うその姿からか、一部のマスターからはキーブレード使いとも言われている。

Keyblade Master Abi


関連イラスト

センシティブな作品
光殻湛えし虚樹


窮極の門
センシティブな作品



関連項目

Fate/GrandOrder フォーリナー(Fate) サーヴァント アビゲイル・ウィリアムズ(第三再臨)
魔女裁判 救済 魔女 クトゥルフ神話   退廃
ヨグ=ソトース

関連記事

親記事

フォーリナー(Fate) ふぉーりなー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アビゲイル・ウィリアムズ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113001767

コメント