ピクシブ百科事典

パッションリップ

ぱっしょんりっぷ

パッションリップとは、『Fate/EXTRA-CCC』のキャラクター。
目次[非表示]

わたしは……おかしくなんか、ない……
あなたがいないと…… 生きていけない……だけ……

プロフィール

誕生日4月10日
身長156cm
体重1t
スリーサイズB160/W63/H87
血液型O型
属性秩序・中庸
イメージカラーダークパープル
特技空手道~一撃必殺~
好きな物主人公、デザートタイム
嫌いな物優しくない人たち
天敵メルトリリスロビンフッド
テーマソング「alter ego / M」、「その恋は毒のように」
CV小倉唯


概要

BBの分身、アルターエゴの一人。メルトリリスと同じく女神の英霊を複合したハイサーヴァント。ヒンドゥー教の女神ドゥルガーパールヴァティー北欧神話戦乙女ブリュンヒルデを掛け合わせ生み出された。名前の由来は花の名前。命名者はパッションリップ自身。
上半身がアブない人。剛毅を思わせる巨大な鉤爪の腕と、その豊満な巨乳が特徴的。

服の布面積が小さいのは神経過敏が大きな原因のようだ。(服が肌に擦れるから)

体重は1トン(大半が両腕部の装備の重量で本人は極端に重いわけではない)。バストサイズは脅威の160cmで、推定カップ数は脅威の4Zカップ(カップ数やこちらのスクリプトを用いて算出。国籍や年齢は指定せずに算出しました。女性キャラクターバストサイズ計測スクリプト)。

人物

性格は一見すると大人しそうに見えるが結構ものぐさで自分のことしか考えておらず、邪魔なものはくしゃっと潰す。意外と嫉妬深い節もあり、あとから生まれた妹のメルトリリスにNPC達からの人気をとられた際はNPC達がいるアリーナを丸ごとひとつブっ潰している。

信じられないほどに超極度の認識障害のため、自分の手がカギ爪だということに気付いておらず、物事を自分の都合の良いように解釈する。
体重が1トンと武装の重量ごと一括りにあらわされているのもこの認識障害のせいで、「大部分を占める武装の重量を武装によるものだと認識できていない」為である。

刷り込みと勘違いから主人公に好意を抱くもその爪が原因であっという間にすれ違い、殺意を向けてくる。そんな彼女に止めを刺すか否かがCCCルートに向かう鍵となる。

主人公に他の感情を一切はさまない純粋な好意を抱くほどに純粋無垢だが、それとは裏腹に悪魔的な爪と異常なまでに過敏な触覚を持っているのは、「相手との関わり、繋がりに対しての恐怖」の表れと思われる。自らの行動で相手を傷つけること、相手の行動で自分が傷つくことに対する恐れが形になって表れているのだろう。
他者と関わる、繋がりを持つというのはお互いにお互いを傷つけ、傷つけられる危険性と隣り合わせになるということでもある。それに対する恐怖が形になっているのだろうが、それすら認知できなくしてしまう極度の認識障害は、無意識のうちにそこから(自分が他人を傷つけることに関して)目をそらしていることの象徴かもしれない。

アンデルセン曰く「性格はMだが恋愛対象への行動はS」「束縛の化身」。この点はメルトリリスと正反対。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
BBA+ACBEC
藤丸立香A+ACBEC


保有スキル

トラッシュ&クラッシュ(EX)イデス。スキル『怪力』から進化したチートスキル。 どれほど巨大な容量であろうと“手に包んでしまえるもの”なら何であれその爪で潰し、圧縮する事ができる。圧縮されたものは五センチ四方のキューブとなるが、その質量は圧縮前の十分の一ほどしか軽量化できない。圧縮したものは二度と元に戻すことはできず、以後ダストデータとして扱われるため、「圧縮」というよりは「圧壊」と表現したほうが本質的には正しいと思われる。FGOでは様々な攻撃系の効果を自身に付与するが、過剰負荷がかかっているのか同時にスタンするデメリットもある
被虐体質(A)集団戦闘において、敵の標的になる確率が増すスキル。 マイナススキルのように思われがちだが、強固な守りを持つサーヴァントがこのスキルを持っていると優れた護衛役として機能する。Aランクともなると攻撃側は攻めれば攻めるほど冷静さを欠き、ついにはこのスキルを持つ者の事しか考えられなくなるという。FGOではターゲット集中効果と防御力上昇効果を併せ持つシールダースキルとなっている。
ブレスト・バレー(A)胸の谷間にある虚数空間を利用して作られたゴミ箱。要は四次元ポケットのゴミ箱バージョン。あまり入れ過ぎると彼女の体重が増えるため、むやみやたらと使われたくない秘密の場所である。 なお、ここに入ってしまうと中からは自力で出ることは不可能。トラッシュ&クラッシュで圧縮されたものはこの中にしまわれる。ちなみに、元々からゴミ箱として設計されたのかは不明で、元は別の目的があったのかもしれない。FGOでは防御強化スキルとなっているが、三回分の弱体無効の効果が含まれており、トラッシュ&クラッシュのデメリットを自前で打ち消すことが可能。
対魔力(C)魔力に対する耐性。第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
気配遮断(A+)アサシンクラスの基本能力で、姿を隠して行動するスキル。その臆病さ、慎重さからスキルランクが非常に高いが、巨大な爪が邪魔をしてすぐに発見されてしまう。爪さえなければ優れたストーカーになっただろう。
単独行動(C)マスターの魔力供給なしで行動可能なスキル。Cクラスならマスター不在でも1日は現界していられる。
女神の神核(C)複数の神霊をかき合わせているので持っている。ただ、混ぜ物である上に素材の一人であるブリュンヒルデは神格をほとんど失っているのでランクはC止まりとなっている。
ハイ・サーヴァント(A)複数の神霊をかき合わせたサーヴァント。と言ってもFGOでは何の効果も発揮しない事実上のお飾り。


宝具

死がふたりを分断つまで(ブリュンヒルデ・ロマンシア)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1
  • 最大補足:一人

これで、身も、心も、わたしのモノ………

BBがアルターエゴに与えた宝具。
元はブリュンヒルデで、「彼女を裏切った最愛の夫・シグルズを謀殺し、後追い自殺した」というヤンデレなエピソードを元にした宝具である。
対象に対する愛情が深い程攻撃力と命中精度が増す能力を持っているが、それ以上にカギ爪がロケットパンチの如く飛んできて、胸のドアップが映るという演出と演出時間の長さに目を見張る。
上記の圧縮能力を利用しているため、ゲーム的には文字通り一撃必殺の追加効果も持つ
しかも、即死効果の発動率は100%かつ開幕1手目に必ず使用するため、礼装「オシリスの砂塵」を使って追加効果を遮断しなければまともに戦う事さえ出来ない。「オシリスの砂塵」は事前にイベントを起こさないと販売されないので、購入及び装備を忘れないように注意したい。
その性能も相まって中盤の難壁としてプレイヤーの前に立ちはだかる。

ちなみに『FGO』では、即死効果はトラッシュ&クラッシュのスキル内に確率発動で入っている。

死がふたりを別離つとも(ブリュンヒルデ・ロマンシア)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:??
  • 最大補足:??


私、まだわからないけど… この気持ちにちゃんと向き合うって決めたから!
逝って! ブリュンヒルデ・ロマンシア!

『Fate/Grand Order』での宝具。
彼女の心境に合わせて宝具特性が変化しており、かつて『死が二人を分断つまで』と叫んでいた心は、いま『死が二人を別離つとも』と願うに変革した。
別れはは必ず来るもの。それが破局であれ裏切りであれ、愛そのものを否定はしない。
「どんな別れであっても、それまでの愛は真実で、永遠だと信じます」
そんなリップの願い通り、愛するものを憎むのではなく、愛するものを守るための力となった。
正に純粋無垢かつ大人な聖女パワー。

演出は、カギ爪のロケットパンチで猛攻を加え、締めには再合体したカギ爪で対象を握り潰すとそれほど変化はない…が、
ゲーム上では種別はBuster、効果は【敵全体に強力な攻撃&味方全体のHP回復<オーバーチャージで効果アップ>】と、耐久戦術の一助になりうる追加効果を手に入れている。
多段ヒットと気配遮断A+の効果により、次ターンでのスター数もある程度確保しやすい。

他作品での活躍

Fate/GrandOrder

CCCコラボイベント「BBちゃんの逆襲/電子の海で会いましょう!」改め、「深海電脳楽土SE.RA.PH」に登場。
クラスはアルターエゴ。レアリティは☆4。
相変わらずの大きな胸と巨大な鉤爪は変わっていないが、ある出会いから自分の腕の異常性を認識できるようになり盲目的な愛も「一方的な求愛はよくない」と改心。周りを傷付けないよう配慮するなど成長している。

『CCC』で話題騒然だったニップルバンドだが、さすがに林檎チェックが通らなかったのか大きくデザインが変更され露出が減った。…が、ユーザー内では「逆に前よりニッチでエロイ」と好評の模様(これはイベント初登場時の姿が拍車を掛けているせいだと思われる)。

イベントでは最初の内は拘束具をつけられているせいで半ば暴走状態に陥っており、更にKP・Mの効果で毎ターン宝具クラスの回復を行うので歯が立たない(一定ターン経過でバトル終了)。
中盤で雌雄を決することになるのだが、今度は特殊効果扱いのSGが「神経過敏(防御が下がるが毎ターン追加でチャージ)」「被虐体質(有利不利問わず状態変化が通りにくくなる)」「整理杜撰(通常攻撃に低確率で即死効果)」とゲージブレイクをするたびに変化していき、最後のゲージではKP・Mが外れるのだが低確率とはいえ即死攻撃がかっとんでくるのでどのタイミングでも非常に苦戦する。HPも非常に多く、クラスの関係上バーサーカー以外では痛打を通せないので非常に脅威となり、加えてチャージゲージも3しかないので何度も何度もバカにならない威力の宝具がばら撒かれるので原作同様中盤の壁として立ちはだかる。
一応こちらも特例として強力なバフ効果(自動回復)がかけられてこそいるが、リップの攻撃性が高いのでそれだけでは到底抑えきれない。生半な陣営では令呪の使用やコンティニューも視野に入れなければならない、まごうことなき難関である。

味方としては、バーサーカーのようなゴリゴリのBuster偏重のカード構成とシールダー的な防御主眼のスキル編成とクラス相性(バーサーカー以外からは痛打をもらわない)という変則的な組み合わせからいずれの性能も本職には及ばないが、手広く仕事をこなすことが可能なマルチロール型となっている。
攻撃性能防御性能ともに特化型と比較すると数歩譲るがそれでも運用方法さえ間違わなければどんな状況でも手広くカバーすることができる。敵に三大騎士クラスが居なければ取り立てて怖いものはない。

関連人物

BB
お母様。ただし裏では「あの女」呼ばわりするなど快く思っていない。

メルトリリス
対を成す姉妹。自分とは違い優等生でありあらゆる事をそつなくこなすため嫌い。
「FGO」にて成長した際は、わだかまりを乗り越え互いを思いやれる関係となれた。

岸波白野
優しい王子様。成り行きと勘違いから「優しくしてくれた」「何度も助けてくれた」と恋をする。

緑衣のアーチャー
三章にて迷宮の守護を担当した英霊。
リップのものぐさと職務放棄(&被虐体質の煽り)から反感を買い説教をかまされたため嫌い。

関連イラスト

CCC

パッションリップちゃん
PASSIONLIP


パッションリップ
パッションリップ



FGO

愛憎のアルターエゴ
🎀


パッションリップ
パッションリップ


パッションリップ



関連タグ

Fate/EXTRA-CCC サクラファイブ アルターエゴ(Fate)
巨乳 魔乳 爆乳 鉤爪 巨腕 ヤンデレ

pixivに投稿された作品 pixivで「パッションリップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9552827

コメント