2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

桜セイバー

さくらせいばー

武内崇氏の手により生み出されたセイバーの亜種。コハエースオリジナルサーヴァント。
目次[非表示]

戦場に事の善悪無し。ただひたすらに斬るのみ

沖田さん大勝利~!ええ、身体は大丈夫です。まだまだいけますよっ!こふっ!?

プロフィール

真名沖田総司
クラスセイバー
性別女性
身長158cm
体重45kg
出典史実
地域日本
属性中立・中庸・人
好きなもの甘い物
嫌いなもの沢庵(食べ飽きたから)
設定担当経験値
ILLUST経験値(帝都聖杯奇譚)、武内崇(FGO)
CV悠木碧

概要

月刊コンプティーク連載の『コハエースEX』第2話にて誕生した新セイバー系ヒロイン。
と来てついに桜。完全に社長の趣味です本当にありがとうございました

またもや登場したセイバー系ヒロインに、謎のヒロインXさんがまたもやアップを始めまるかも……始めました。
もう描かないと言い張っていた社長だったが、本人曰く「セイバーは別腹」。マジかこの人

魔人アーチャー織田信長(ノッブ)とはライバル同士らしく、同じく『帝都聖杯奇譚』(経験値先生の妄想作品)の登場人物。
初登場時は、桜色を基調とした和服を着こなし、ヒール高めのブーツを穿いた姿から、近代日本の英霊ではないかと目されていたが、第7話にて真名が明かされ、見事に的中。着物は真名バレを防ぐためにマスターに貰ったものらしい(リメイク版でも買ってもらっている)。
魔人アーチャーと同じく、その大正スタイルをいたく気に入っており、自らの霊基の一部として定着させている。

愛称は「おき太」だが、読み方がまんま本名であるためか「ノッブ」ほど定着はしておらず、中の人やファンからはもっぱら「沖田さん」と呼ばれている。

そして待望の本編『Fate/Koha-Ace 帝都聖杯奇譚』、更にはリメイク版の『Fate/typeRedline』も連載が開始された。
どちらも、一目で新撰組と理解される自身の知名度の高さに若干困惑している。

真名

沖田総司



幕末京都にその名を轟かせた新撰組一番隊隊長沖田総司その人。
史実上では男として名を遺したが、この世界では女性だった様子。

史実通り体が弱く、ショックを受けると吐血する。
生前、新撰組の仲間達と最期まで戦えなかった事を強く悔いており、聖杯に託す願いは「最後まで戦い抜く事」としている。
そのために邪魔な「病弱」スキルを聖杯に取り除いてもらうことを考えていたようだが、FGOにてこればかりは聖杯でも無理と断言されてしまっている。

病弱が治るんですか?やったー!えっ?英霊としてのスキルは治らない?願いが叶うって言ったじゃないですかー!うわーん!

ちなみに髪の色はピンクがかったブロンド…というか白髪。本人曰く病気のせいでこうなったらしい。公式でも二次創作でも髪の色が微妙に異なることが多い。
明らかに通称の「」に引っ張られている。だがそれもまたいい
ちなみに史実の沖田総司の見た目は、子孫の沖田哲也氏の証言では「色白で背の小さい男」と伝わっているらしい。白い見た目の少女というのは、キャラ付けとしては大成功かもしれない。

人物

一人称は「私(わたし)」
普段は軽やかな敬語口調で、礼儀正しくもお調子者のように明るく、物腰柔らかに振る舞うが、戦いにおいては非常に冷酷な死生観と冷徹な勝負勘を剥き出しにする。
興味があるものには積極的な反面、それ以外のものや他所の価値観には極めて冷淡。具体的には、余裕綽々の騎士王を一刀のもとに斬り伏せたり、マスターに銃を突きつけた敵兵を衆目の中容赦なく斬り殺すなど。彼女にとって、戦いとは単なる命のやりとりでしかなく、騎士道や場の空気など知った事ではないのである。

清楚な見た目に反して若干脳筋の気があり、「真剣勝負は気合が全て」「剣が折れたら鞘、鞘が折れたら素手と言ってのけるほどアグレッシブ。
生前に凄腕の剣士として名を馳せただけに、剣の腕にはかなり自信を持っているが、いわゆる武士道や剣の道に生きる事への関心は全く無い。本人に自覚は無かったようだが、「誠」の一字のために剣を振り続けた彼女は正にいっぱしの「」ではあったものの、剣の道に生き、剣の道に死ぬ事に悦びを見出す「剣豪」ではなかった、ということである(それが原因か、後の英霊剣豪にはノミネートされなかった)。
こうしたドライかつリアリスト的な性格は、幕末社会にまかり通っていた倫理観などは一切関係なく、本人の生来のもの。生前も仲の良かった芹沢を討つと聞かされた際には全く躊躇せず承諾し、鬼と恐れられた土方さえも凍りつかせたという。

その一方で「ただひたすらに斬るのみ」と明言しているように、無鉄砲で猪突猛進な部分があり、空気を読まずに勢い任せになってしまったり、自身の虚弱体質や敵方の謀略などを考慮せず突っ込んで結果的に失態を犯してしまう等、若くして亡くなったが故の未熟さも残している(史実では27歳でこの世を去っているが、晩年には病床から離れられなくなっていた事を考えると、現界時の姿は肉体的にまだ余裕があった全盛期とも言える10代後半〜20代前半の彼女であり、精神もそれに引っ張られていると考えることもできる)。
加えて、殺し合いの日々に心をすり減らして憂鬱になったり、実利や流行、世間体などを人並みに気にする面もあり、総じて天性の非人間性と、世俗的で人間味のある感性が入り混じる、とても一言では言い表せない人柄の少女である。

華奢な体格だが発育は良く、スタイルの良さはメドゥーサからも太鼓判をもらうほど。容姿については自信があるのか無いのかはっきりしないが、調子に乗るとたまに大胆にアピールしてくる。
ただし斬り合いには邪魔らしく、戦闘服時はさらしで潰しているらしい。さすがに秋葉さんおこである。

能力

耐久力はかなり低く、「病弱」スキルの影響もあって著しく打たれ弱い。その上、神秘が薄い時代の英霊のため対魔力も最低ランクで、紙防御と評して差し支え無いほど防御面で大きな欠点を抱えている。
なお、同時代を生きた斎藤は対魔力が1ランク上であるため、このあたりは資質の問題と思われる。

その反面、「縮地」スキルによる非常に高い機動力と瞬発力、土方に「剣じゃない何か」と恐れられるほどの卓越した技量が上手く噛み合い、スピード自慢に適性があるとされるランサーもかくやの優れた速攻性能を誇る。
一方で、新選組流(というか幕末当時)の合理的な戦闘理論に基づく奇襲攻撃を最も得意とし、アサシン適性も明言されていることから、ある意味でクラス違いネタのように扱われている。
本人も実はアサシンの方が得意と発言している他、小太郎からは「忍者っぽい」と評されている。そしてそれは本人も意図しない形で実装される事に。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
琥珀さんCEA+EDC
藤丸立香CEA+EDC
赤城奏丈CEA+EDC


保有スキル

対魔力(E)魔術への耐性。無効化はできず、ダメージを軽減するのみ。神秘が薄い時代の英霊のため、対魔力はほとんど期待できない。申し訳程度のクラス別補正。
騎乗(E)乗り物を乗りこなす能力。新選組が馬に乗って活躍、という話は寡聞にして聞かぬ。これも大した補正にはならない。
心眼(偽)(A)虫の知らせとも言われる、天性の第六感による危険予知能力。視覚妨害への耐性も兼ねる。
病弱(A)生来の虚弱体質。生前の病に加えて後世の人々からのイメージを塗り込まれた結果、『無辜の怪物』に近い呪いを受けている。発動する確率こそ低いものの、あらゆる行動時に急激なステータス低下のリスクを伴い、特に戦闘中に発動するリスクは未知数。
絶刀(A)病弱(A)が強化クエストにより変化したスキル。詳細は不明。
縮地(B→B+)瞬時に相手との間合いを詰める技術。多くの武術、武道が追い求める歩法の極致。単純な素早さではなく、足捌き、体捌き、呼吸、死角など幾多の条件が複雑に絡み合うことで完成する。Aランクともなるともはやテレポーテーションの類であり、人の身では届かない仙術の範疇である。そのため、人間が実現できる技術の最高峰に相当するのがBランクと思われる。


無明三段突き(むみょうさんだんづき)

  • ランク:−
  • 種別:対人魔剣
  • レンジ:−
  • 最大補足:1人




「我が剣の煌めき、受けるが良い!」
「一歩音超え……二歩無間――三歩絶刀!『無明三段突き(むみょうさんだんづき)』!!」

沖田の超絶技巧とスピードが生み出す必殺奥義。
平晴眼の構えから“全く同時”に放たれる三発の平突き。
「第一の突きを防いでも同じ位置を第二、第三の突きが貫いている」という矛盾によって、二重の防御すらたやすく突破して標的の核心を突き砕く。

元はスキルの一つだが、『FGO』実装時に宝具扱いとなった。

詳細は該当記事を参照。

宝具

誓いの羽織(ちかいのはおり)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1
  • 最大捕捉:1人


沖田総司



袖口にダンダラ模様を白く染め抜いた浅葱色の羽織。サーヴァントとして行動する際の戦闘服であり、装備する事でパラメータを上昇させる。
また、通常時の武装は「乞食清光」だが、この宝具を装備している間、後年に「沖田総司の愛刀」として認知された「菊一文字則宗」へとランクアップする。

一目で素性がバレかねないあまりに目立つ衣装のため、普段はマスターが用意した袴を着用している。何気に特徴的な外見でバレてしまう点では珍しいトラブルのある宝具である。

『FGO』では特に真名が問題にならないので、その点について特に負担はないのだが、なぜか召喚と同時にどこかにやってしまうドジをやらかしており、その後再臨によって見つかるという最早宝具の存在意義を疑ってしまう扱いになっている。

誠の旗(まことのはた)

  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:1~200人


沖田総司



「これは私の生きた証……『誠の旗(まことのはた)』の下、共に時代を駆けた我らの誓い……!!ここに――旗をたてる。」

最終宝具。新選組隊士の生きた証であり、彼らが心に刻み込んだ「誠」の一字を示す一振りの旗。
使用者本人も信長との最終決戦まで気付いていなかったが、一度発動すると、かつてこの旗の元に集い共に時代を駆け抜けた、近藤勇を始めとする新選組隊士達が一定範囲の空間内に召喚される。
各隊士は全員が独立したサーヴァントで、宝具は持たないが全員がE-相当の「単独行動」スキルを有しており、短時間であればマスター不在でも活動可能。

ちなみにこの宝具は新選組の隊長格全員が保有しており、効果は変わらないが発動者の心象によって召喚される隊士の面子や性格が多少変化するという特性を持つ。
具体的に言うと、土方が使用すると拷問や暗殺などの汚れ仕事を行ってきた「悪い新選組」、近藤が使用すると規律にうるさい「お堅い新選組」として召喚される。また、召喚者との仲が悪いとそもそも召喚に応じない者もいる。彼女が召喚するのは、世間的に良く知られたメンバーで構成されたポピュラーな隊士たちである。
また、『FGO』のように別の隊士サーヴァントが同じ所に存在している状態で使った場合はどうなるのか不明。

Fate/Grand Order

2015年11月25日から期間限定でのイベント『ぐだぐだ本能寺』イベントピックアップ召喚に登場。カエサルに続く第二のQuick単体宝具セイバー(宝具は先述したように「無明三段突き」を採用)として実装された。
レアリティは同時に実装されたノッブを超える☆5(SSR)と最高ランク。経験値氏の話では「設定を忠実に守ったらせいぜい☆2」とのことだったため、このレア度設定に驚いた者も結構いたらしい。

『ぐだぐだ本能寺』本編ではノッブのやらかした帝都聖杯の暴走を止めるべく、次元軸に接触したカルデアに協力を要請し、主人公たちと共に事件解決に当たる。また、シナリオ限定でNPCサポートサーヴァントとして参戦してくれる。病弱も健在で、シナリオ上でもツッコミ疲れてよく血を吐く。
基本的には常識人ポジションだが、薩摩、長門、土佐にまつわる武将に取り憑かれたサーヴァントを前にした途端に暴走し、壬生狼の血が騒いで第三霊基を解放し、見境なく躍りかかるという暴挙に出た。そのせいで一部界隈ではバーサーカー適性を疑われてしまっている。上司が上司なので是非も無いのがなんとも。

続く『ぐだぐだ明治維新』でも主役として登場。こちらでは新選組vs織田幕府や、かつての同志との再会と対決等、シリアスな場面が多く、沖田の生前の無念やサーヴァントとして『誠』の一字にかける信念についてもクローズアップされる。
屯所(アイテム交換所)では店番も担当する。

実装当時はフレンドポイントでは引けない☆4以上のセイバーの中で唯一の単体宝具持ちだったこともあり、多くのマスターが彼女のお迎えを目指したものの、彼女のレア度は最高の☆5だったうえ、実装当時の『FGO』はガチャの当たり外れが最も激しかった頃であった(言うまでもないが、後に多少緩和、改善されている)ため、彼女を引き当てるのは非常に困難だったという。

後に☆5サーヴァントが必ず一騎は手に入る仕様の2016年福袋のラインナップに加えられたおかげで、イベントPUで召喚できなかったり、イベント終了後にゲームを始めたりしたプレイヤーにも彼女をお迎えする機会ができた。
しかし、ゲーム中に閲覧できる彼女のマテリアルには『ぐだぐだ本能寺』の攻略が解放条件になっているものも含まれていたため、新参マスターは第一部完結後に『ぐだぐだ本能寺』が復刻されるまでの間、かなりヤキモキさせられたという。
後に無事復刻され、彼女の再ピックアップも行われ、実装時よりもガチャの仕様も多少は改善されてきていたこともあって、彼女をゲットできたプレイヤーも増えている。

勝利時のボイスで記事冒頭のセリフを言うが、吐血するバージョン吐血しないバージョンが存在する。

ゲーム上での性能

最大HP13225
最大ATK12068
コマンドカードQuick:2/Arts:1/Buster:2
宝具カードQuick

先に結論を言うと、「セイバーよりもアサシンとして召喚された方が強いかもしれない」というネタを踏まえたのか、セイバー仕様のアサシンとでも呼ぶべき変わり種に仕上がっている。

コマンドカードの内訳はセイバークラスには珍しく《Arts:1/Quick:2/Buster:2》というランサー型に近い変則型(宝具の属性も含めてカエサルと同じ配分だったりする)なのだが、Artsカードを1枚しか持たない代わりに、自身のQuickアタックでArtsアタックと同等のNPを獲得できることからNP効率自体は優秀で、ヒット数の多さゆえにクリティカルスターの生産力も高い。そのため、クリティカル時の獲得NP増加やArtsで始まるブレイブチェインを活用すれば、他のキャラとのArtsチェインに頼らなくてもあっさり宝具を解放できてしまう。

スキルも軒並み高性能で、第1スキル「縮地(B)」は宝具を含めた自分のQuickカードを強化する効果を持ち、騎士王の「魔力放出」のQuick版とでも言うべき高い強化倍率を誇る。
第2スキル「病弱(B)」はクリティカルスターを自身に集めやすくするスキルで、本人のスター生産力の高さと組み合わせれば元の設定の面影を感じさせないほどの爆発力を発揮する。「病弱」なのに強力なメリットスキルに変更されていることから「病弱ってなんだっけ」「強化はよ」とよくファンからネタにされている。
第3スキル「心眼(偽)(A)」は自身に1ターン分の回避状態と3ターン分のクリティカル強化を付与する。沖田の場合はクリティカル威力アップの方をメイン効果として捉えても良いが、アサシンのエミヤのヘイトスキル「スケープゴート」や概念礼装などの手段で、スキル使用時のみ敵のターゲットを彼女に集中させられれば(敵が全体攻撃を使わない場合に限るが)回避の効果を無駄にせずに味方の被害も減らす、という戦法も可能だったりする。

また、最高レア度ゆえの高いATKと「縮地(B)」の強化倍率の高さもあって、宝具の「無明三段突き」の威力もすこぶる強力で、追加効果である防御ダウンもそこそこの倍率かつ効果が3ターン持続するため、自身のブレイブチェインや味方との宝具チェインの際に先頭に置けば、瞬間火力の底上げやパーティー全体の火力支援にも役立つ。
こうした特徴から、特にQuick攻撃やクリティカル発生率を重視するパーティーにおいては、メインアタッカーだけでなくスター供給役を兼ねたサブアタッカーとしても運用可能で、装備させる概念礼装も各マスターの方針に合わせて幅広く選択できる、非常に器用なユニットに仕上がっている。
スカサハ=スカディの登場後は(周回では全体宝具所持に分があるが)宝具連射クイック単体アタッカーとして凄まじいブーストをかけることも可能になった。

総評すると「単体宝具連打(とそれに付属するデバフの付与)」「星出し」「クリティカルアタッカー」の3つを器用にこなす多芸なアタッカー
かなり古くに実装され、ほかの古参サーヴァントと異なり宝具やスキルの強化によるテコ入れがなされない状況下でも十分な活躍を見せていた彼女だが、ついに2020年10月、スキル「縮地」に自身に「通常攻撃ヒット時のダメージ加算前に自身の攻撃力をアップ(1ターン)する状態」を付与する効果が追加され、瞬間的な爆発力が向上したことで器用万能さに磨きがかかった。

さらには戦闘モーションが改修されて全体的に派手になり、攻撃やスキル発動の際に桜の花が舞い、EXアタックにおけるトドメの一突きを繰り出す際に、相手の背中から彼方へと鋭い光芒がレーザービームのように飛んでいく最高にカッコいいエフェクトが追加された。晴れて(?)沖田さんは剣からビーム出すセイバーの仲間入りを果たしたのである。
さらにさらに、新選組時代の隊服である簡易礼装「浅葱の羽織袴」が開放された。黒い袴が追加され、「あの恰好では寒かろう」と気を揉んでいたプレイヤーのみんなも安心だ。
そして2021年冬、『ぐだぐだ邪馬台国』の復刻に際して病弱スキルに修正が入り、「絶刀(A)」として生まれ変わった。スター集中度アップは据え置き、クリティカル威力アップとNP獲得の効果が追加された。
やったね沖田さん!聖杯なんかに頼らなくても病弱治ったよ!わーい!
ただし吐血モーションはそのままである。治るって言ったじゃないですかー!うわーん!

ノッブとの相性

彼女はマイルーム会話において、ノッブに対して「ちょー有利ですけどねっ!」と発言している。これは、沖田が近代に近い英霊で神秘が薄く、ノッブの神仏特攻に引っかからない点と、縮地における間合い詰めや慢心の無い無策の状況にポイントがあり、要は「相性ルールなし、策略なしのタイマン真剣勝負」なら、という前提での話なのだ。

だが、『FGO』の戦闘システムの根幹に属性ソートが絡んでいる以上、彼女もそのしがらみから逃れることはできず、ノッブに対してはクラス間の相性(剣<弓)で不利な立場にあり、ついでにオマケ程度の「騎乗(E)」がノッブの宝具の「騎乗特攻」の餌食になるためあべこべにノッブの方がちょー有利になってしまっているこれは勝てない

関連人物

コハエース

魔人アーチャー
ライバル兼同僚の腐れ縁。様々な媒体に出演する時は常に彼女とセットで登場する。
ことあるごとに意地の張り合いやディスり合いが絶えないが、食っちゃ寝を共にしたりぐだぐだ遊んだりだべったりするケンカ友達のような間柄である。
劇中では相性等で天敵関係にあるが、人間的には波長が合う様子。

琥珀さん
『コハエース』の同僚。沖田の原案が「琥珀がセイバーになったら(通称コハセイバー)」というものなので、髪型やリボン等がよく似ている。

モードレッド
死生観や戦いに対する考えが似通っているためか気に入られている。そしてとあるワンシーンでは彼女の母上役も務める。
その一方で、『セイバーの定義』回で「クソみたいな出身」とさらっとディスったりしている。

魔神セイバー
魔人アーチャーと桜セイバーが悪魔合体して生まれた「Fateを終わらせる者」。
当初は単なるネタだったが、『帝都聖杯奇譚』にて設定を大きく変えて登場。五騎のサーヴァントの霊基を取り込んだ聖杯によって沖田が再臨した決戦形態として描かれる。

生前

近藤勇土方歳三
生前の上司(沖田にとって浪士組結成前から同門だった2人は身内のような存在)。
誠の名に集った遠い日を、あの旗に託した夢を、彼女は決して忘れない。

特に土方はマイルーム会話でのセリフ等で頻繁に名前が出てくる他、電話でも頻繁にやり取りしている。そして後に彼もぐだぐだ明治維新にて実装され、再会を果たす。

斎藤一
ご存知はじめちゃん。
近藤らと同じく、共に剣を振るった同僚。沖田の「猛者の剣」と並び、「無敵の剣」と渾名される男。
名前は早い段階からコハエースにも出ていたが、特異点邪馬台国にてようやく共演が叶った。普段は「沖田ちゃん」と呼んでのらりくらりと振る舞っており、生前も「こいつの剣はめんどくさい」という理由で手合せを拒んでいたが、特異点での戦いが佳境に向かう中、ついに真剣勝負を演じることとなる。

山南敬助
近藤らと同様に共に戦った試衛館以来の仲間。沖田は彼を兄のように慕っていた。彼の切腹の介錯を務めたのも沖田本人。
彼も特異点邪馬台国にて再会することになる。

井上源三郎、永倉新八、原田左之助、藤堂平助
生前、共に過ごした試衛館の仲間達。
永倉と原田は沖田や土方の会話内で名前が出ている。

武田観柳斎
新選組五番隊隊長。
組内で人気のコハエースを鼻で笑っていたらしい。口ぶりからするとあまり仲はよくなさそうである。
ちなみに生前彼を粛清したのは斎藤だと言われている。

芹沢鴨
近藤勇と共に局長を務め、新選組の主導権を争った人物。他の試衛館メンバーとは違って沖田は彼を嫌ってはおらず、互いに「鴨さん」「総司くん」と呼び合うほど仲が良かった。
しかし、近藤や土方に付いていく事を選んだ彼女は、最終的に土方らと共に彼を粛清する。土方と山南から暗殺の件を持ちかけられた際、笑顔で躊躇なく承諾し、山南はおろか土方すらも戦慄させた。

特異点邪馬台国では、敵対勢力として対峙することとなる。

沖田みつ
実の姉。
病弱だった沖田を助けるため、彼女が神仏に祈ったことで魔神さんが誕生することに。

帝都聖杯奇譚

琥珀
契約したマスター。
彼女が青セイバーを召喚しようとした所、手違いで桜セイバーを召喚してしまい主従関係に。当初は淡々としたサーヴァント-マスターの間柄だったが、共に戦う内に琥珀さんに自分の過去や生前の後悔から来る想いを語る等、次第に互いを信頼し始める。

遠野秋葉
マスターの主人。本来は彼女が沖田のマスターになる予定だったが、令呪が発現したのは琥珀だったので権限を譲った。

ランサー
敵サーヴァントだが、劇中では実際に対決することは無く、クライマックスではアーチャーと共に3人で共闘した。

ライダー
同じ時代を生きた人物だが、今作で初対面。一時的に共闘関係を結ぶ。

アサシンバーサーカーキャスター
敵サーヴァント。劇中で激戦を繰り広げた。
中でもアサシンとは帝都編開始前から共演している。

ランサー?
沖田の初陣の相手となった第三帝国の英霊兵(ヘルトクリーガー)。青いボディスーツの兄貴に似ている。
見た目は強そうだったが、名乗りを無視されてあっさり斬り殺されてしまった。
曰く「斬り合いの最中に名乗るバカで助かりました」。怖い。

Fate/type Redline

赤城奏丈
この世界で契約したマスター。
召喚直後からマスターである彼の身を案じ、喫茶店では初めて口にするアイスに感動したり、苦いコーヒーを飲んで顔をしかめたりと普通の女の子の姿を見せたが、直後に奏多を抹殺しようと現れた陸軍の暗殺部隊を彼や他の客、店員がいる中で全員瞬殺し、その地獄絵図を見て思わず吐いた彼に「覚悟を決め、なるべく人の生き死にに慣れて下さい」と告げるなど、主として尊重しつつも個人として見ようとせず壁があったが、その後秘密を打ち明けられた事で歩み寄り始める。

藤宮九十九
紆余曲折を経てマスターと行動することになった少女。
当初はマスターに対する態度から、首筋に刀を当てて脅す(返答次第では本気で殺す気だった)など関係は険悪だったが、奏丈との関係改善に伴いこちらとも和解した。

Fate/Grand Order

藤丸立香
この世界で契約したマスター。
絆を深めていく内に、人斬りの自分に優しく接してくれる彼/彼女に好意を寄せるようになるぐだぐだ明治維新の頃にはかなり大きな信頼を寄せるようになっており、その惚れ込みっぷりが随所で窺える。そしてオルタ登場で正妻戦争が勃発した。

佐々木小次郎
同じく日の本出身の剣士。彼の回避不能の魔剣に興味津々の様子。ステータスやスキル、戦法、必殺技など、共通点も多い。
ちびちゅき!』では実際に彼の元を訪ねたが、畑仕事に勤しむ彼の農民としての一面を目の当たりにしてショックを受け、吐血してしまった。

パラケルスス
セイバーウォーズ』にて共演した相手。魔の源泉を叩くため騙しにかけているが、不意打ちカリバーを受けてお互いに出オチに終わってしまった。
向こうからは辛辣な評価を浴びせられており、自身も彼の免罪符を掲げた振る舞いを気に食わなく思う等、関係は劣悪。

風魔小太郎
時間神殿での決戦にて、縁を手繰って馳せ参じた同士。彼からは「なんとなく、くノ一っぽい」とシンパシーを持たれている。
もっとも、身分も志もサムライそのものだった近藤や土方らと違い、彼女自身は武士道を重んじるのは柄でもなく、実際のところは上記のように以蔵のような雇われ暗殺者の方が向いている節がある。

茶々
ぐだぐだ明治維新にて共演したノッブの姪。
劇中ではあまりの虚弱体質ぶりに母性をくすぐられたのか、甲斐甲斐しく世話を焼くことになる。
ただし印象自体はよろしくない(たぶんノッブがさんざんコキ下ろしたせい)のかマイルームボイスでは例の虚弱クソステセイバーなどと酷評されている(ノッブは問答無用で掻っ捌かれた)。

沖田総司〔オルタ〕
上記の魔神セイバーのリメイク版。普段以上に厳格な姿勢で相対し、戦うことで成長させる役割を担う。
イベント後はシリアスな雰囲気は鳴りを潜め、「私オルタ」「私ノーマル」と呼び合い、姉妹のようなそうでもないような不思議な関係を築いている。

岡田以蔵
同じく江戸時代の剣士。ノッブに倣って「ダーオカ」呼ばわりしている。
基本的に反りが合わず、どっちが日本最強の剣士かで揉めてはしょっちゅうケンカしている。

ネモ
同じく型月界の他作品兼任の後輩。
こちらはメルブラの兼任キャラ。

謎のヒロインX
こっちはアサシンのくせにセイバー名乗ってるクイック単体ナチュラルボーンバーサーカー。2017年の夏イベではノッブの相方枠を取られている。

エミヤ(弓)ネロ・クラウディウス
同じく必殺技級のスキルが宝具カードに採用された人達。

余談

SAKURAセイバー
桜セイバー!


沖田の登場以前、二次創作では「桜セイバー」と書くといずれかの聖杯戦争に「セイバー」クラスのサーヴァントとして召喚された間桐桜というネタを示すのが普通だった。ただし、彼女のスペック的にキャスター、もしくはアヴェンジャーの適性が高いと思われており、この「桜セイバー」はどちらかと言うとごくマイナーなネタである(しかし、桜はサーヴァント化するとライダーに強いクラスとして実装されることが多いため、水着やサンタ等の派生キャラがセイバークラスで実装される可能性は十分にある)。

また、Fateシリーズの展開の初期にはセイバーオルタを、「間桐が召喚したセイバー」ということで「桜セイバー」と通称する場合もあったが、現在は「黒セイバー」の方が通りがよくなっている。

明朗ながら冷徹無比な人物像が印象的だが、経験値氏が取り扱うキャラはこうした点が共通していることが多く、彼女は経験値氏のキャラメイクにおける「基本像」の先駆けでもある。

ちなみにサーヴァントの中では唯一月姫キャラも兼任しているためか、フットワークが軽いという強みがある。

関連イラスト

桜の都
おきたさん


桜セイバー
FGO沖田さん


センシティブな作品
総司


センシティブな作品
ぐだぐだ日和



関連タグ

Fateシリーズ コハエース 帝都聖杯奇譚/Fate/typeRedline 琥珀さん
沖ぱい 沖田総司(オルタ) 沖田総司(水着)
サーヴァント セイバー(Fate)
新選組/新選組(Fate) 女剣士
病弱/紙防御 リアリスト
おき太/沖田さん
浅葱の羽織袴:『超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2020』第八節『時雨、猛者と無敵(2/2)』クリアで霊衣開放権を獲得できる、袴姿の新選組隊士服。従来通りの沖田総司のイメージを反映した霊衣となっている。

ジナコ=カリギリ酒呑童子(Fate)ティアマト(Fate):中の人繋がり。

  • 特捜戦隊デカレンジャー:とあるエピソードでデカレンメンバーが新撰組隊士に扮するシーンがあるが、沖田役を担当したのが女性であったという「女沖田」繋がり。ちなみに土方役はブルー枠だが、こちらも『FGO』の土方同様「鬼の副長」とも呼べる人柄である。
  • 沖田総悟別世界の同一人物で別人。こっち側の沖田さんとは対照的に非常に腹黒い性格だが、くぎゅうキャラと腐れ縁である点では共通している。
  • ユウキ(SAO)中の人繋がり。病弱な女剣士という共通点を持つ。二つ名は絶剣で、戦闘スタイルも敏捷A+の沖田さんと同じスピード型である。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79351274

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました