ピクシブ百科事典

藤宮九十九

ふじみやつくも

藤宮九十九とは、漫画『帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

帝都で起こった聖杯戦争に参加するはずだった魔術師の少女。学生服を身に纏っている。
勝気でやや短気なところがあり、その画力は経験値氏風である。

魔術師藤宮家の五代目当主で、作中(昭和20年時点)での年齢は17歳。
藤宮家は魔術師としてはやや没落気味の家系、とはいえこの戦時中に紅茶を嗜む余裕はあるようなので、家庭環境はそれなりに裕福な模様。
聖杯にかける未来は「明るい未来」(ちなみに最初は世界征服と言おうとしていた)で、自らを取り巻く戦争だらけな時代を本気で憂いている。

聖堂教会から渡された触媒アーサー王をセイバーとして召喚する予定だったが、その前に敵に襲われ、同時に乱入してきた赤城奏丈が偶然セイバーを召喚してしまったため聖杯戦争に参加できなくなってしまう。
仕方なく、彼を自分の代理として戦わせようとするが…。
本来の歴史だと彼女がセイバーを従え聖杯戦争に参加したのでは?と奏丈は推測している。

セイバーに刀を首に当てられていても、内心はかなり焦っていても、決して表に見せないように振る舞えるなど胆力は相当なもの。
アサシンの拷問にも口を割らない処か言い返す気丈さもみせる。

実は奏丈の父方の祖母の若かりし頃の姿。
若い為か容姿、人格的にも大きく違うため名前を聞くまで分からなかった。
奏丈が6歳の頃に他界しているが、優しく穏やかな祖母だったらしい。

藤宮家は軍部に魔術を使った国防に協力したが機密保持のため口封じで皆殺しにされてしまったらしく九十九はその生き残りらしい。

使用魔術

魔力を液体に込め、霧のように操る魔術を使う。
作中では「水晶筒」と呼称していた小瓶を投げつけ、周囲の水分を連鎖的に蒸発させて目くらまし用の霧を発生させていた。
威力は低いものの、至近距離ならば人の頭を吹き飛ばすくらいはできるらしい。

奏丈が時代を超える切っ掛けとなった魔術礼装は彼女の遺品だが、実際に彼女が制作したものなのか、現段階では不明な点が多い。

人間関係

赤城奏丈
未来からやって来た孫だが、迂闊に素性を明かせない彼が記憶喪失を装っているため、「記憶喪失に陥った田舎者の魔術師」と認識している。
ゴタゴタでセイバーを取られた挙句、聖杯で「未来に行きたい(元の時代へ帰還したい)」と零した彼には激憤しており、自分の代わりに戦わせる腹積もりでいる。
なお、彼女が子供を授かる前に死亡した場合、未来が変わり子孫の存在も消滅してしまう(実際、九十九が重傷を負った直後に奏丈の身体が透けて存在が不安定化している)。そのため、奏丈はどのみち九十九を守りながら聖杯戦争を生き抜く必要がある。
未来の彼女は彼を大切にしていた模様。

セイバー/沖田総司
奏丈のサーヴァント。召喚儀式を行ったのは九十九だが、触媒の持ち主である彼に令呪が発現してしまった。
マスターである奏丈に忠誠を誓う一方、彼に対してきつい態度を取る九十九を疎んでいる。
一方の九十九も、アーサー王より遥かに格が低い近代英霊である沖田への評価は散々で(ダンダラ羽織と剣技のせいで真名は速攻で看破した)「その辺の泥放り込んだってもうちょいマシなのが出てくる」と述べている。

未来の息子
魔術師を廃業した息子。
もっとも、彼女自身も魔術と研究を継がせる気は無かった模様。
一般人女性と結婚したが、事業の失敗が原因で離婚している。

坂本龍馬?
彼女を襲撃したサーヴァント。反撃しようとした彼女の左手の指を斬り落とす。
拷問してきて彼を言い負かし「坂本龍馬のファン」扱いした。

その他

遠坂凛
「セイバーを召喚しようとした」「魔術師の少女」「状況も知らない魔術師未満にセイバーを取られた」など共通点が多い。

遠野秋葉
原典である『帝都聖杯奇譚』においてほぼ同じポジションだった人物。
黒髪ロングのお嬢様」というキャラデザインを継承している。

関連タグ

Fate/typeRedline

関連記事

親記事

Fate/typeRedline ふぇいとたいぷれっどらいん

pixivに投稿された作品 pixivで「藤宮九十九」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1815

コメント