ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

日本の漫画家。代表作は『コハエース』。生年月日や年齢等は不明。


もっぱらFateシリーズ関連で知られており、2頭身かつ頭以外はほぼテキトー、衣服に至っては何も着せずに全裸というデフォルメでの描画スタイルを通している。

月姫』では琥珀さん、『Fate』では元祖ライダーのファン。


作風も基本はぐだぐだかつカオスな一方、設定の作り込みについてはかなりガチかつ古参ファンをも納得させるだけのものを構築してくる。

また下記にあるように短編アニメの監修をほぼ一人でこなす、ゲームシナリオやキャラクター設定に参加するなど、何気にクリエーターとして全般に卒のない手腕を発揮している。


作中で「『Fate/GrandOrder』にコラボ企画があったら、何とコラボしてほしい?」という話題になった時、キャラクターに「銀英」と即答させている。

これだけならどうということはなかったのだが、この遥か後に諸般の事情で、安達裕章氏に同タイトルが知られた際、「連絡が来ればがっちりコラボしてもいい」という旨の発言がなされることになった。経験値氏の夢が叶う日も、そう遠くないのかもしれない……?

と思ったら、絵師は違うが2017年のハロウィンイベント限定礼装黄金の翼が登場(流石に本家のキャラクターそのままを登場とまではいかなかったが)。


きのこの発言を鵜呑みするのは型月ファンとしては二流といった言を発してもいるが、真実、奈須氏が大変気まぐれで虚言癖・掌返しの多いという事実を前提にしたこの言葉は、一ファンの見解として正鵠を射ていると言えよう。

後に「コハエースのいうコトを信じてるようでは型月ファンとしては三流」と、これはこれでごもっともな発言もしているのがなんとも言えないところだが。


関連作品編集

漫画編集

コハエース:代表作。幾度もタイトルを変更し、コンプティークで連載された。

帝都聖杯奇譚:コハエースのスピンオフ作品。完結済み。

ぐだぐだ太閤伝ZIPANG:コハエースのスピンオフ作品。現在コンプティークで連載中

Fate/ぐだぐだオーダー:『GrandOrder』のサポート漫画。完結済みで期間限定復活中。

帝都聖杯奇譚 Fate/type Redline:監修を担当。原作での一部のストーリーや設定などを受け継ぎながらも、新キャラや新設定を付け加えている。加えて、原作はシリアスを交えつつもギャグシーンがふんだんに盛り込まれていたが、こちらでは基本的に終始シリアスであり、時代背景や凄惨な描写などいつも通りのコハエーステンションで慣れていた読者達を震え上がらせた。


ゲーム編集

カプセルさーばんと:一部キャラクターデザインとモーションを担当。

Fate/GrandOrder:期間限定イベント「ぐだぐだ本能寺」等の一部イベントのシナリオと、一部サーヴァントの設定を担当。


アニメ編集

コハエース:『カーニバルファンタズム』内の特典アニメ。監督や脚本、作画等を全部1人で担当。

プリズマ☆イリヤ:エンドカードや映像ソフト特典の漫画等を担当。

年忘れぐだぐだオーダー2016:年末特番内のアニメ。またしても殆どの仕事を1人で担当。


その他編集

コンプティーク特典のドラマCDのシナリオを担当したこともある。

といったコミックマーケットの時期に同人誌を販売する事も。


外部リンク編集

本人の公式twitter


関連タグ編集

漫画家 日本 〇目

Fateシリーズ コハエース

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました