ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

あなたは、優しく殺してあげます


プロフィール

真名メドゥーサ
クラスライダー
性別女性
身長172cm ※
体重57kg
スリーサイズB88 / W56 / H84
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ・形のない島
属性混沌・善・地
イメージカラー
特技乗馬、軽業、ストーカー
好きなものお酒(SN)、読書泳ぎ(FGO)
苦手なもの身長測定馬刺(SN)
嫌いなものエメラルドワカメ(FGO)
天敵セイバーアサシン葛木宗一郎
テーマ曲「瞬時の渦」
設定担当奈須きのこ
ILLUST武内崇(SN、FGO)、ワダアルコ(EXTELLA)
CV浅川悠

※ 身長はあくまで召喚時のもの。神話時代のものは不明。


概要

Fate/stay night』に登場するライダークラスサーヴァント

目元を隠すバイザーのような仮面を掛け、黒いボディコンのような服を着た妖艶な女性。


本来のマスターである間桐桜が戦いを放棄しているため、彼女の義兄である慎二を代理マスターとして戦いに臨んでいる(漫画版にて慎二が桜を生贄に召喚したことが判明)。


Fateルート』『UBW』の両ルートでの扱いはとにかく不遇の一言に尽き、最初の脱落者としてフェードアウトしてしまう。彼女の真価は桜ルートこと『Heaven's Feel』で発揮され、特にあるサーヴァントとの宝具の撃ち合いは屈指の見せ場。『stay night』のサーヴァントの中で生存エンドが存在する数少ない人物である(他に生存エンドが存在するのはセイバーしかいない)。


続編『Fate/hollow ataraxia』では衛宮家に居候しており、深山商店街の骨董品屋でアルバイトをするなどして、衛宮家の家計を手助けしている。


真名

センシティブな作品


ギリシャ神話に登場するゴルゴン三姉妹の末妹、メドゥーサ

ギリシャ圏において有数の怪物であり、本来ならば英雄に打倒されるべき反英雄。三姉妹の中では唯一の「成長」する存在であった。


生前、ポセイドンの一方的な求愛を断ったため神々に迫害され、怪物になる呪いをかけられて『形のない島』へと追いやられる。その後は付いてきてくれた姉たちと、慎ましくも幸せに暮らしていた。

しかし、武勲と女神の寵愛を求めて島にやってくる人間たちを駆逐していく中で、彼女の姿も在り方も徐々に醜く歪んでいき、邪悪な怪物へと「成長」していく。

ついには守るべき存在だった姉たちでさえ食い殺し、最期は勇者ペルセウスによって討滅された。


「周囲の悪意によって次第に怪物へと歪んでゆく被害者」という点で自分と近い境遇にある桜に性的な意味で惹かれており、それ故に常に思いやり、彼女の行く末を案じている(これは偶然などではなく、触媒を用いずに召喚した場合は特に召喚者に近い在り方の英霊が選ばれるためである)。


センシティブな作品

伝承通り、見た者を石に変える能力を秘めた石化魔眼を持ち、その名を「キュベレイ」という。第六架空要素にて構成された彼女の魔眼は、魔術界において最上位の「宝石級」にカテゴライズされる代物である。ファンからは四角い瞳孔が魔物っぽくてチャーミングと専ら評判。


伝説では蛇の髪に鋭い爪と牙、青銅の翼を持つ巨大な異形として語られているが、サーヴァントとして現れた姿は怪物に変えられる前のもの。

髪には蛇の因子が宿っているらしく、自由自在に操り、束ねて蛇の形にする事もできる。


人物

一人称は「私(わたし)」

クールビューティーを絵に描いたような、寡黙かつ冷静沈着な女性。

伝承通りの魔物としての自覚が強く、攻撃対象と認識した者に対しては一切容赦しない。慎二の命令に愚直に従い、魔力補給のために街の人間を襲って血を吸ったり、穂群原学園に宝具の結界を張って中の人間を丸ごと魔力に変えようとするなど、残忍な作戦を展開する。

ただしこれらは代理マスターである慎二の差配の元、下がった地力を補うための措置であり、本来のマスターである桜の元では、安易な生贄に頼る事なく神代の怪物としての本領を開帳する。


冷徹な仕事人気質だが、あくまでそれは仕事に徹しているがゆえの態度であり、根は波乱やトラブルを好まず、家族や友人と静かに過ごしていたいと望む大人しく内向的な性格で、それは今も昔も変わっていない。

趣味は読書で、ジャンルには特にこだわらず小説から漫画まで何でも読む。意外と茶目っ気もあり、漫画に出てきた技を真似してみたりなどしている。


センシティブな作品

hollow』や『衛宮ごはん』では、普段は凛にもらった魔眼殺しのメガネで魔眼の力を封じている。非常に気に入っているらしく、読書にも重宝している。


上述の通り、興味の薄いものに対しては非常にドライで、元々他者の目を気にするタチでもないため、プライベートでは私室は整頓され身なりも小綺麗で至ってシンプルだが、その代わり必要以上に気を遣う事はなく女性らしいアレンジも皆無。

その反動か、友愛や仲間意識を抱いた相手には割と弱く、彼女なりに真摯に向き合おうとする。無愛想な態度なのも思いやりがないからではなく、逆に相手に色々と気を遣いすぎて自分をさらけ出せず内にこもってしまうせいだったりする。

特に共演作品では姉二人(ステンノエウリュアレ)の横暴ぶりに常に怯えている。


また、速い乗り物をカッ飛ばすのを快感とする、ライダー適正も納得の生粋の走り屋という意外すぎる一面も持ち、『hollow』ではスポーツタイプの自転車を所望するも、とんでもない暴走族と化してしまうためママチャリ以外の搭乗を禁じられている。


ちなみに劇中の女性キャラでは断トツの巨乳。対魔忍みたいな服装や立ち振る舞いも相まってとにかく色気の塊と言っても過言ではない。

しかしこちらも、長身と同様に彼女のコンプレックスのひとつとなっている。姉達のような幼く可愛らしい少女の姿こそが彼女の理想像なのだ。


かなりの面食いかつ肉食系でもあり、性的嗜好はいわゆるレズビアンに近いバイセクシャル。マスターである桜の他に、のクラスメイトである美綴綾子を非常に気に入っている。どうやらスタイルと器量の良い女の子(出来れば処女)が好みの様子。

また、桜が思いを寄せる士郎のことも(性的な意味で)気になっており、ルートや媒体によっては桜に好意を寄せつつその想い人である士郎のことも狙う、というある意味とても器用なことをやってのけている。『hollow』での描写から、どうやら桜や士郎本人には内緒で士郎を「つまみ食い」しているようで、桜にバレないか警戒している(案の定バレてしばかれてるけども)。


上記の面子の他、別の世界では『EXTRA』主人公『FGO』主人公の他、和服に赤ジャケの女性客アーネンエルベに開店前に訪れてしまった不愛想な男性客にもそれぞれに性的なアプローチを仕掛けたり好意を示している実に気の多い御仁で、その点にかけては間違いなく全サーヴァント中でもトップクラス。というかここまで来るともうただの節操無しである。

性癖がそんなであるため、『FGO』での自身の幕間の物語「ゴルゴンの花嫁」では主人公とちょっとしたデートをする事になった折、性別がの方が嬉しそうな反応をする(主人公の「というか私、女なんですけど?」という戸惑いに「ええ、私は気にしません。むしろ……と返す)。


能力

鎖で繋がれた2丁の短剣と、蛇のような俊敏さと柔軟さ、魔物ならではの怪力を活かしたトリッキーな接近戦を得意とし、特に締めや極め等の関節技と蹴り技を中心とする体術を好む。

ただし、元より戦士ではないため、セイバーやランサーといった生粋の戦士職には技量において相当に劣る節がある。事実、正面切っての戦いではセイバーにいともたやすく斬り伏せられ、ルートによってはキャスターの援護込みの葛木先生に敗北することもある。


とはいえ、これは慎二がマスターだった時の話であり、真のマスターである桜にマスター権が戻れば戦闘力は爆発的に増幅する。作中では真アサシンを怪力で圧倒し、本来なら絶望的なまでに戦力差があるセイバーオルタを相手に魔眼にてデバフを被せつつ真っ向から打ち合う善戦ぶりを魅せている(ただしセイバーオルタとのバトルでは途中で砕け散ってもおかしくないほど霊基を酷使しており、そこまでの無理を通してなお互角に持ち込むのがやっとだった)。


石化の判定についてはコンテマでは対魔力と記述されてるが、原作での『stay night』や『FGO』のマテリアル、『HF』での須藤監督の発言では魔力とされているため、誤植の可能性が高い。

なお、メドゥーサが登場する作品にありがちな鏡を見ると反射して返ってきた呪いで自分が石になるという弱点はこの世界のメドゥーサには存在しない(ペルセウスが鏡を使っても無事だったのはこのためである)。『hollow』での士郎からの質問に対してもあり得ないと答えている。


『FGO』では、今まで通り短剣を使ったスピーディーな接近戦を主としている他、鎖を伸ばして拘束してから追撃したり、キック技(飛び蹴りや錐揉みキック、踵落とし、太腿締め)を多用したり、全身に魔力をみなぎらせて放つ超高速の突進など、多彩な戦法を披露している。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
間桐慎二CEBBDA+
間桐桜BDABEA+
藤丸立香BDABEA+
岸波白野BDABEA+

保有スキル

対魔力(B)ライダーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。三節以下の詠唱による魔術を無効化し、大魔術・儀礼呪法など大掛かりな魔術を以ってしても傷付けるのは困難。
騎乗(A+)ライダーのクラススキル。乗り物を乗りこなす能力。A+ランクなら、生前には存在しなかった現代の乗り物は勿論、竜種以外の幻獣・神獣すらも乗りこなせる。
単独行動(C)本来はアーチャーのクラススキル。マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。マスターを失っても、一日程度現界し続ける事が可能となる。しかし吸血による魔力供給が可能なので、実際はもっと長く現界する事も可能。
神性(E−)神霊適性を持つかどうか。ゴルゴン三姉妹という出自からして神霊そのものだが、魔物に堕ちたため、ほぼ形だけになっている。魔物として覚醒した霊基だとスキル欄から完全に消滅してしまい、女神としての霊基だと『女神の神核』に変化する。
魔眼(A+)魔眼の中でも最上位の宝石級の魔眼『キュベレイ』。『対魔力』がCランク以下の者を問答無用で石化させ、Bランクでも判定次第で石化する。例え石化しなくとも全ての能力を1ランク低下させる「重圧」の負荷を与える。この効果は距離を置くと薄れるが、メドゥーサ自身が認識せずとも相手が彼女を認識しただけで石化が始まる。先述の通り、神話上とは異なり鏡を見てもメドゥーサ自身は石化しない。
怪力(B)魔物、魔獣のみが持つとされる攻撃特性で、一時的に筋力を増幅させる。持続時間はランクによる。ただし、慎二がマスターの場合は魔力不足のため機能しない。
鮮血神殿(B)『FGO』で追加。恐らく宝具『他者封印・鮮血神殿』の限定解放。

宝具

騎英の手綱(ベルレフォーン)

  • ランク:A→A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:2~50
  • 最大捕捉:300人


「ご命令とあらば。」

「優しく蹴散らしてあげましょう……『騎英の手綱(ベルレフォーン)』!!」


騎乗できるものなら幻想種をも制御し、更にその能力を向上させる魔法の手綱。

基本的に血の魔法陣から召喚したペガサスに取り付けて使用する。


詳細は該当記事を参照。


自己封印・暗黒神殿(ブレーカー・ゴルゴーン)

  • ランク:C−
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

センシティブな作品


魔眼「キュベレイ」を封じる強力な幻術結界であり、ライダーが普段着けているバイザー型の仮面。

ただの枷ではなく、相手のスキル発動も封印できる対人宝具であり、他者に使用して彼女の思うがままの夢を見せたり、エナジードレインを行う事も可能。


他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)

  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:10~40
  • 最大捕捉:500人

Rider


内部の人間を溶解し、魔力として使用者に還元する赤い結界。

発動するにはまず起点となる魔法陣を設置し、さらに「呪刻」と呼ばれる小さな魔法陣を周辺に展開して魔力を集めなければならないため、完全発動までには1週間ほど掛かる。さらにこの結界は土地の霊脈を傷つけるため、同じ場所で連続して使うことはできないという欠点も存在する。


詳細は該当記事を参照。


他作品での活躍

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

センシティブな作品

本人ではなく、クラスカードから実体化した黒化英霊が登場。原作と同様に鎖付きの短剣を装備しているが、バイザーには単眼のような意匠が追加されている。

戦い慣れしていないイリヤを苦戦させ、『騎英の手綱』でトドメを刺そうとするが、そこへ美遊の『刺し穿つ死棘の槍』を叩き込まれ敗北。クラスカードは美遊が回収した。

なお、オリジナルが聖杯の泥で黒化した場合、この姿になるのかは不明。


基本的に唸り声しか発しないが、一応オリキャスの浅川悠氏が声を当てている。


コハエース

沖田さんと行くぐだぐだ明治維新15日目(完)

作者の推し」という私情全開な理由でレギュラー抜擢。

そのため『カーニバル・ファンタズム』特別編及び2016年末特番、そして3本あるドラマCDにも皆勤賞。『FGO』のぐだぐだイベントでもノルマとばかりにチョイ役で登場し、必ず概念礼装化している。なお連載当初は「『TYPE−MOON』の歴史を振り返る」がコンセプトだったため、作中時間では『Fate/stay night』発売前なのに登場というぐだぐだっぷりである。


とにかく周りのメンツの個性とクセが強すぎるため専らツッコミ役(桜セイバーですらツッコミを放棄する無法地帯のため)に回る。もっとも本人はやる気は1ミリも無いので正直早く帰りたい。

2016年末特番では『HFルート』の映画化を喜んでいた。実現してよかったね!


帝都聖杯奇譚

レイターさん

「レイター少佐」という名のそっくりさんが登場。

ナチスに潜入している時計塔のスパイで、アサシンのマスター。

『FGO』では、そのアサシンこと以蔵のマイルーム会話で彼女と瓜二つのメドゥーサについて「どこかで会ったような気がする」と言及されている。また、廊下ですれ違ったメドゥーサを「デカ女」と呼んでいるため、地雷を踏まれた彼女は怖い顔で静かにキレていた。


リメイク版の『Fate/type Redline』では、名前はそのままだが、デザインは変更されている。


路地裏さつき

ゴールドヒロインとして大抜擢されたのだが、二人の差配で与えられた二つ名は「アームド・ゴルゴーン」。まさかの黄金聖闘士の登場は、多くのファンに笑いと困惑を与えた。


氷室の天地

作者お気に入りの眼鏡キャラの一人であり(そのため、英霊時でも作者の趣味で眼鏡を着用している)、本編中には登場しないものの単行本のおまけコーナーなどに登場していた。

Fate/stay night』本編の時間軸へと突入した9巻にて、何者かに襲われた美綴の首にヘビの咬み跡が残るなど、その存在を匂わせる描写が挟まれる。

そして14巻、連載から15年目にして『hollow』の設定を引き継ぎ骨董屋のバイトとして満を持して登場。肝心の仕事ぶりだが、地元であるギリシャゆかりの品には詳しいものの、それ以外はてんでポンコツという有様である。

その後、桜に弁当を届けに来た際に美綴と再会。本能的に逃げようとした彼女を捕まえて「おいしそう」と迫るが、桜から無言の圧力を受けて退散した。

その後も本屋などでバイトをしていたり、用事で学校を訪れたりと、たびたび登場。ロンドンに発った凛に代わって本編筋からの出張キャラ兼準レギュラーのように扱われている。


Fate/EXTELLA

タマモ陣営に所属。ここでもライダーとして召喚されており、宝具も同じく『騎英の手綱』。

タマモにスカウトされた身だが、寝首を掻く気マンマンで忠誠心は皆無。むしろタマモ陣営はカルナ以外全員が裏切る予定の地獄みてぇな集団だったりする(当のタマモは全く気付いていない)。

なお、今作で彼女がプレイアブルとして抜擢されたのはBBサクラファイブの代役および『CCC』枠としての参戦」だと思われる(キャラクターボジション的にはヴァイオレットか)。


Fate/Grand Order

初期実装されたライダーとして参戦。レアリティは☆3。

元々あまり他人を信用しない性分のため、最初はマスターに義理は立てつつもそっけなく振る舞うが、仲を深めればすっかり絆されている事を打ち明けるようになる。


なお、二人を召喚しているとマイルームにて専用のセリフが追加される。二人には「駄妹(だメドゥーサ)」呼ばわりされており、タッパをネタにイジられたり遣いを押し付けられたりと相変わらず振り回されているらしく、気苦労でため息をついている。イベントでもだいたい腰巾着にされてアゴで使われている。


また、別側面として女神だった頃の小柄な自分魔物に堕ちきった自分、そして魔物の母としての自分が登場している。更にはマスターのそっくりさん達まで参戦してしまったばかりか、マスターご本人も疑似サーヴァントと言う形でカルデアに降臨してきた。もはやハーレム状態である。


センシティブな作品

第3再臨では服の節々に穴が空き、ガーターベルトっぽいパーツが追加されて更に露出度が上がる。眼福である。女子レスラーみたいな衣装とか失礼な事を言われていたが、桜が幸せになったルートでは桜自身もそうなっているらしいのでこれはこれで良いのかもしれない。


ゲーム上での性能

現在6騎いる☆3ライダーの中では第2位のATKを持つ。《Quick:2/Arts:2/Buster:1》のライダークラスの定型のカード配分で、Artsが3hitするのでNPのチャージにも困らない。

またライダークラス特有のスター集中率の高さと、クリティカル威力を底上げするクラススキル「単独行動(C)」の恩恵で、Quickのクリティカル時の爆発力に定評がある。


スキルは、相手を1ターンの間スタンさせる「魔眼(A+)」に、自身の攻撃力を2ターン上げる「怪力(B)」と、単純ながらどちらも強力。「魔眼(A+)」はスキルLv1でも50%の確率でスタン状態にし、レベルを上げさえすれば高ランクの「対魔力」持ちでもない限りはサーヴァント相手でも確実に金縛りにできる。「怪力(B)」は特に宝具と噛み合った瞬間に凄まじい爆発力を発揮する。


宝具『騎英の手綱』は該当記事を参照。

さらに2016年5月11日の「サーヴァント強化クエスト第2弾」にて、第3スキル「鮮血神殿(B)」が追加。効果は【自身にNP獲得(+20%)&3ターンNP獲得量UPを付与】で、宝具による瞬間火力が持ち味の彼女には非常にありがたいスキルとなっている。

2017年2月1日の『800万DL記念キャンペーン』に合わせてバトルモーションが一新され、原作アニメ版のセクシーでカッコいいアクションが『FGO』でも拝めるようになった。宝具もペガサスを召喚してから空高く舞い上がり、流星のごとく敵陣に突撃するという、原作でのアルトリアとのバトルを彷彿とさせるものに替わっている。


特にこれと言った大きな弱点はないものの、逆にいえば若干器用貧乏なところがある。

また、自前の防御系スキルを持たない上に、女性・神性・騎乗など特効が乗りやすい属性を持ち合わせているため、弱点クラスのアサシンである上に宝具による女性特攻を持つジャック・ザ・リッパーカーミラをはじめとした天敵とも言える面々には対策を講じる必要がある。一方、天敵のジャックとは宝具の属性と効果の両面で相性が良い面もあるため、味方になれば2騎で凄まじい数のスターとクリティカル攻撃を乱発できるというメリットも有る。


また、Quick性能UPの概念礼装イマジナリ・アラウンド」と『Heaven's Feel』のカードイラストがどちらも桜なので、彼女のファンとしては組み合わせとしてWでオイシイ関係になっている。他にもNP70%チャージの『虚数魔術』、NP50%チャージ+Quick性能10%アップの『虚数属性』といった相性のいい礼装も桜が主人公に描かれているので、そちらも是非おすすめしたい。


なお、アルトリアエミヤの強化が、どちらも『SN』時空のマスター達の未来に完成された姿を描いたカードとのシナジーを強くする物であったためか、「彼女もこのタイプの強化を貰えるのでは?」と予想されている。今のところそんな気配は一向にないが、逆に彼女が主人公の礼装が続々と増えている。しかもぐだぐだ時空イベント限定の☆3礼装を中心にである。モダンなカフェで働いてたり稲刈りを手伝ったり陶芸に挑戦したりはたまた名探偵だったりと、色んな顔の彼女を拝む事ができるため、彼女のファンであれば集めるだけでも十分に価値があるだろう。


人間関係

生前

ステンノエウリュアレ

形のないもの

実の姉×2。かなり歪んだ愛情を向けられて育ったため若干トラウマになっているが、姉様達に(本気で)危害を加える者は即刻石にすると言い放つなど、本心では肉親として非常に慕っている。

ちなみにいつも着ているセクシーな服は姉からのお下がりらしい。エロく見えるのは意図的ではなくサイズが合ってないからである。


なお、ステンノは『FGO』ではライダーに相性有利なアサシンのクラスであるため、その意味でも天敵である。また、後に登場したセイバーの方は逆にアーチャーであるエウリュアレに相性的に弱い。どうあがいても姉様達には勝てない運命なのか……

ちなみに二人ともメドゥーサと同じく浅川悠氏がCVを務めている。


ペルセウス

自身を殺した張本人。曰く「成功した慎二」。『Fate/Prototype』のあの人とは別人らしい……とされてきたが、『ちびちゅき!』にてお互いに顔を合わせる機会があり、旧ライダーはビビり、メドゥーサの方は剣呑な空気を放っている描写から、同一人物と見て間違いない模様。

ちなみに彼の子孫は息子の一人を葬ったヘラクレスである。


アンドロメダ

ペルセウスの妻でペルセウスが自身の首で救った女性。

彼女に非がない事はわかっているようだが彼女にはやや塩対応。

ちなみに『Fate/EXTELLA LINK』では「アンドロメダの装束」なるコスチュームが登場。仇の嫁のコスプレをさせられた彼女の心境や如何に。


ポセイドン

無理やり婚姻を迫り、怪物になる原因を作った悪神。

普通にお付き合いしている所をアテナから呪いを受けたと説明する媒体もあり、型月世界での関係性は今一つハッキリしていない。


アテナ

自身を迫害した神の一柱。迫害の原因も彼女の領域でポセイドンと交わったのが原因とされる。

ペルセウスに討たれたメドゥーサの首は後にアテナに献上され、彼女の持つ最強の盾アイギスに組み込まれた。また、アスクレピオスは彼女からメドゥーサの血を賜り、それをベースに死者蘇生の薬を作り上げたという。ちなみに彼女の持つ黄金の轡でベルレフォーンがペガサスを制御した逸話があり、おそらくこれが宝具『騎英の手綱』のモチーフになっている。

後述するが、親戚関係にあるペガサスとキマイラを戦わせる辺り、中々の鬼畜である。


ペガサス

実の息子。『騎英の手綱』使用時に召喚される翼ある馬。メドゥーサ曰く、優しい性格のため戦いに向いていないという。2006年アニメ版の描写から彼のことは相当愛おしく思っている様子。

メドゥーサの死後はペルセウスベルレフォーンなど英雄達の戦いを支え続け、ゼウスの雷光を運ぶ係に就いたという。ちなみに何の因果か、ゼウスはペルセウスの父親である。また、ポセイドンを父親に持つため、大地を蹴って泉を湧かせるという水に関する逸話が存在する。


その功績からペガサスでファンタジーな星座になった。

ちなみに母親はそのペガサスで流星拳なパロディで牡牛座のコスプレをやっていた。 適任は他にいるだろといわれればまあそうだがあまりツッコんではいけない。


クリューサーオール

実の息子で、先述のペガサスとは双子の兄弟にあたる魔物。

『FGO』にて概念礼装で登場しているが、イラストを見る限りその姿は人型が収められた宝玉から無数の触手が生えた奇怪な姿をしている(神話の記述においても、クリューサーオールは馬だったり、黄金の剣を携えた巨人だったりと、姿についての描写はまるで一定しない)。

生まれたときから黄金の剣を持っていたとされ、これがセイバーへの適正の由縁である。


ヘラクレス

上記のクリューサーオールの娘(メデューサからみれば孫娘)にあたるエキドナに、ある冒険の最中に戦車を引いていた馬を隠されてしまった。返してもらう条件として一時結婚し三人の子を作ったため、実は義理の孫。一方、クリューサーオールの子ゲーリュオーンを殺したという遺恨もある。


ベルレフォーン

『騎英の手綱』の語源になった英雄で、息子に騎乗してキマイラを退治した武勲を持つ。

しかし、図に乗って天に昇ろうとした結果、ペガサスに振り落とされて足が不自由になった(または死んだ)とされる。ちなみに彼が倒したキマイラは『FGO』のキメラの原典であり、クリュサオルの孫、つまりペガサスの親戚である(メドゥーサから見て曾孫に当たる)。

幻想種とは言え、親戚同士を戦わせるアテナはある意味邪神である。


Fate/stay night

間桐桜

ライダーとの味見


契約したマスター。

自分と同じ運命を辿る可能性にある彼女に深い親しみと憐れみを抱き、彼女を救うためだけに戦う。続編や外部作品では姉妹のような仲睦まじい関係を見せてくれる。


間桐慎二

ママチャリ


代理マスター。粛々と従っているが、内心では気に入らなかった。ギャグ作品では、その鬱憤を晴らすかのごとく雑に扱っており、桜への虐待の有無に関わらず宝具やママチャリで攻撃している。『カーニバル・ファンタズム』の第9話のカーレース大会では慎二と参加し、ママチャリを使って振り回している(一方で中の人はお気に入りキャラクターとして慎二を挙げている)。

『FGO』にて嫌いなものにワカメを挙げているが、元々嫌いだったのか彼に出会ってから嫌いになったのかは不明。しかも別霊基でも挙げている。頼むから前者であってほしい


美綴綾子

お気に入りその2。ただし、彼女からは怖がられている。

『UBWルート』では彼女を襲って吸血しており、劇場版『HF第3章』のエピローグシーンでは共に花見の会場に待ち合わせた彼女にすかさず迫っている。


キャスター

同じく第五次聖杯戦争に召喚された同郷の女性サーヴァント。

別に嫌いなわけではないが、同じ根暗なのに妙に前向きになれるところが気に食わないらしい。


衛宮士郎

『HFルート』では桜を救うため同盟関係となり、再契約こそしないものの実質的なパートナーになる。密かに想いを寄せてもいるためか、彼と組んだ後は他ルートでは見られなかった一面を見せるようになる。ただし同盟を組んだ後もある重要な場面で選択肢をミスると彼を殺害することがある。『hollow』では彼の家に居候しており、たまに自転車をかっぱらって乗り回している。


葛木宗一郎

『UBWルート』では彼のトリッキーな暗殺拳に為す術なく返り討ちにされてしまう。『UBWルート』でのライダーは慎二がマスターのため十分に力を発揮できないため、戦闘力の大部分を宝具に依存しているため、先生にとっては初見殺しのカモ同然だった。


セイバー

敵サーヴァントの一人。

2つのルートにおいてそれぞれ異なる立場で宝具をぶつけ合った。

続編『hollow』では衛宮邸にて同居しているが、あんまり反りは合わない。


Fate/EXTELLA

玉藻の前

自身をスカウトした所属陣営のリーダー。

内心同族嫌悪的に嫌っており、サブシナリオでは下克上までやってのけるほど忠誠心/Zero。


岸波白野

所属陣営のマスター。

最初はタマモのマスターという事もあってロクな人物じゃないと思っていたが、いい意味で予想を裏切られたようで姉のように世話を焼く。サブシナリオでは理性のタガが外れ、普段の彼女らしからぬほどに積極的に迫る(しかも殺生石に閉じ込められたタマモの眼の前でである)。


ジャンヌ・ダルク

アルテラ陣営の敵サーヴァント。「スタイル抜群の処女」と彼女の好みにベストマッチしているため、対峙する度に意味深な発言をして(性的に)怯えさせている。


Fate/Grand Order

藤丸立香

この世界で契約したマスター。

優しい好人物ということもあり、例によって性的にウェルカムである。


パールヴァティー

元より神話体系が別であるため、女神の方に思い入れは無いが、依り代がよりにもよって桜だった事に憤慨し、女神の霊基と依代を引きはがすべく勝負を挑んでくる。


カイニス

同じくポセイドンと交わった人。ただしこちらは不本意だったようで、ポセイドンに罪滅ぼし代わりの要求を突き付け、男性へと生まれ変わった。


アストルフォ(騎)

主人公と共闘した他作品のライダークラスのサーヴァント。こちらは正式に再契約した上でのパートナーである。


その他

ペイルライダー

Fate/strange Fake』に登場するサーヴァント。

作者が「第五次聖杯戦争のサーヴァントに1騎、相性の関係で圧倒できる可能性がある者がいる」と公言しており、前述のアスクレピオスの逸話から彼女ではないかと目されている。


ヴァイオレット

サクラファイブの一人。メドゥーサの因子を有している。


余談

最大の見せ場である『HFルート』は長らくメディアミックス化されていなかったが、2016年には劇場アニメ化・コミカライズ化が決定し、全編に渡る彼女の活躍を拝むことができるようになった。


『complite material』では彼女を召喚した触媒はエトルリアの神殿から発掘された鏡ということになっているが、劇場版HFでは触媒なしで召喚されたという設定に変更されている。


PC版『Fate/stay night』製作段階ではイリヤと同様に当初は攻略対象ヒロインになる予定だった。容量の関係から個別ルートはやむなくカットされたらしい。


DEEN版『Fate/stay night』放送後には浅川悠女史が歌うキャラソン『瞬時の渦』が発表された。


『FGO』では、嫌いなもののひとつにエメラルドを挙げているが、これは『蛇がエメラルドを凝視すると目が見えなくなる』と言う言い伝えが元になっていると思われる。


関連動画


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品私服ライダーさん

ライダーさんライダー

白い服の水兵さんと看板娘メドゥーサ

センシティブな作品センシティブな作品

菲特今晚留下来FGOらくがきまとめ1


関連タグ

Fate/staynight Fate/hollowataraxia Heaven's_Feel

コハエース Fate/GrandOrder Fate/EXTELLA 間桐桜

ライダー(Fate) サーヴァント

ゴーゴン/ゴルゴン三姉妹/ゴルゴン(Fate)

メドゥーサ/メドゥーサ(Fate)


魔眼/魔眼(TYPE-MOON)

女神 怪物/魔獣/魔物 蛇娘

紫髪/紫目 ボディコン ニーハイブーツ

眼鏡っ子 アイマスク/バイザー

クールビューティー 肉食系女子 バイセクシャル


  • マリーダ・クルス:遺伝子上の見た目が幼いがいる体が大きな妹キャラ繋がり。
  • ボア・ハンコック別世界のゴルゴン三姉妹のひとりで、同じく抜群のプロポーションと長身を誇る絶世の美女。ただしこちらは長女で、三姉妹の中では一番小柄。他にも「相手を石にする能力持ち」「キックが必殺技」「に虐げられて辺境の島に逃げ延びた」「蛇の伝承を背負っている」「主人公に恋をしている」という具合に共通点が多い。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41260547

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました