ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

よーし、いいか、俺たちはカリブの海賊 誇りも命も全ては海においてきた!!

いつも通り、奪い、犯し、殺す。ただそれだけだ!!いくぜ野郎ども!!


プロフィール

真名エドワード・ティーチ
クラスライダー
性別男性
身長210cm
体重114kg
出典史実
地域カリブ海
属性混沌・悪・人
好きなもの子供と遊ぶこと(変な意味でなく)
嫌いなものなし
設定担当東出祐一郎
ILLUSTBすけ
CV西前忠久

乗船する船の名は『女王アンの復讐号』。


概要

Fate/Grand Order』に登場するライダークラスサーヴァント。レアリティは☆2。

恐らく世界でもっとも有名な大海賊であり、海賊としてのイメージを決定付けた大悪党。

カリブ海を支配下に置き、酒と女と暴力に溺れ、莫大な財宝を手に入れた。


メインシナリオでは、第1部3章『封鎖終局四海 オケアノス』にて敵側のサーヴァント『黒髭海賊団』の首領格として立ちふさがる。前半のボスであり、おちゃらけながらも味のあるキャラとサーヴァントとしての意外な強さから人気がある。


真名


「さあ、黒髭様のお通りだ!」


その風貌から「黒髭」の異名で恐れられた大海賊、エドワード・ティーチ

大航海時代が終わった直後、海賊時代が幕を開けた。植民地貿易で繁栄する船を一度略奪すれば、巨万の富が手に入る、そんな時代に黒髭――エドワード・ティーチは産声を上げた。


エドワード・ティーチが本名なのかどうかは定かではなく、海賊になる前の素性も明らかになっていない。ともあれ彼は海賊として身を起こし、瞬く間に大船団を作り上げた。


一般の船人だけでなく、他の海賊たちですら黒髭を恐れたという。豊かに蓄えられた髭には、ところどころに導火線が編み込まれていて、爛々と光る目はまさに地獄の女神そのものだったとか。

たまに気まぐれで部下たちにも牙を剥き、それ故に部下たちも彼を悪魔の化身と恐れた。


だが現世は栄枯盛衰で盛者必衰、黒髭の海賊団も次第に追い詰められていく。

軍の奇襲を受けた黒髭はわずかな部下たちと共に果敢に迎え討った。二十箇所の刀傷、五発の銃弾を受けても憤怒の形相で戦い続けたが、銃の装填中にとうとう力尽きて斃れたという。


















【FGO】ツイッターまとめ90


……そんな黒髭も今では立派な全方位オタクです。本当にありがとうございました


人物

普段の一人称は「拙者」

口癖のように「デュフフフフフ」と笑う、ステレオタイプのオタク口調で喋るのが特徴。

前述の様にすっかり日本のオタク文化に染まってしまい、生前の人格はともかく、召喚された時には所謂「キモオタ」と呼べるほど酷い状態になっている。


Fateらくがき-2-

同人誌美少女大好き。基本攻めだが、攻められるのも大好き。

聖杯への願いも「ハーレム作りたーい!」。

純愛を求めるロマンチストな癖にやるときはやるタイプのようで


「なにね、男ってのは手に入っちまったお宝にはめっきり欲が失せるもんなのよ。

でもなぁ、俺はとにかく面倒事は嫌ぇだからよ!あんまり高嶺の花すぎてもゲンナリするワケ!

できるかぎり近くにあって、手が届きそうで届かない。そういうお宝が良いんだわ……

……って思うじゃん!?ヴァーカそれじゃ一生手に入らないっしょ!陵辱がナッシングでしょ!なんかいいカンジに関係を築いたところでガーッといきたいの海賊的に!

それでこそ最高のエンタメってもんでしょ!?石橋を渡ってもつまんないンですよ!」


とは本人の弁、筋金入りのHENTAIである。

ただしオタク気質も生前からのものだったらしく、日本のオタク文化に触れて悪化しただけであることが登場サーヴァントの公式プロフィール集にて明かされている。


生前はあまり女性には不自由していなかったようであるが、その誰もが彼の財産目当てだった。

それゆえに彼は純粋な恋愛に飢えているのだが、現実的にそれは叶わないと悟っているため召喚されてからは自分を主人公にした同人誌制作にも興味を示している模様。

真実の愛はネットの海にしかないと開き直ってしまったことが窺える。


ちなみに彼の発言から、他の高名な男海賊たちとはオタ友である疑惑が浮上している。

幕間の物語では、レイシフト先で海賊達が自慢のお宝を持ち寄って奪い合うパイレーツマーケット』、略してパイケットにドレイクの裸婦(ラフ)画集をゲットするべく本気モードで参戦するというメチャクチャをやらかす(記事上部のセリフはこのストーリー中で発せられたものである)。このクエスト、『禁断の頁』の入れ食い回なのだが、禁断ってそういう意味じゃねぇから!


この様に傍目からはかなり低俗にはっちゃけた人物だが、ひとたび海賊としての一面を見せれば普段からは考えられないほどの覇気とカリスマ性をまとう。普段のキモオタ路線な言葉遣いも演技半分なところがあり、シリアスモードになると一人称が「俺」になり言葉遣いもガラリと変わる。


ちなみに、『封鎖終局四海 オケアノス』では言葉はふざけていながらもエウリュアレに魅了された部下達を躊躇無く処刑したり、逆に前述の自身の幕間では言葉遣いこそ大海賊に相応しいもののやってる事は裸婦画集ゲットと、一部で言動が一致していないような節が見られるが、ドレイクの幕間にて彼女を裏切ったトマス・ドウティを尋問した際には一切のおふざけが無い完全なシリアスモードを見せた(最終的に理由を聞いて興ざめして見逃したが)。


そして一見隙だらけに見えて自分の不利になる状況を決して作らない、深慮遠望の利く切れ者でもある。ギリシャ神話にてトロイア軍最強の戦士にして軍師と名高い英雄・ヘクトールをして、「死ぬ直前まで寝首をかく隙を見つけられなかった」「愚者を演じる知恵者」と高い評価をされた。

イラストを担当したBすけ氏のサイトではそんな海賊としての黒髭を拝むことが出来る。


海賊らしく使えなくなった部下を躊躇なく始末するといった冷徹さや残忍さを持つが、その一方で真剣に好意や敬意を向ける相手には素直になれないツンデレだったりする。

どこまでが演技なのかは定かではないが、キモオタモードの時は比較的人当たりのいいオタクの兄ちゃん、という感じで接してくる。子供には優しいという一面も。決してロリコンだからでは(ry


盛夏の紳士

2021年水着イベント『カルデア・サマーアドベンチャー!』では、ちゃんと格好いい霊衣盛夏の紳士とモーションリニューアルが同時に実装。戦闘グラの頭身も上がり、身長2m超えの偉丈夫という設定が視覚的にも実感できる様になった。これでHENTAIの挽回はされるのだろうか……また劇中では意外にも一般的な家庭料理をそこそこのレベルで作ることが出来るという意外な特技を見せた。


ちなみに2021年の水着メンバーの中では(初めからカルデアにいたマシュを除いて)ダントツの古参であり、「夏とハロウィンは考えるだけ無駄」と発言している。


能力

海賊らしく、重火器や爆発物を多用する戦法を得意とする。

モーション中では、右腕に装着したフックを主要武器とした徒手空拳で戦い、拳銃を使ったり、導火線付きの丸爆弾や火薬を詰めたタル、カトラスを投げつけたりもする。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+AEDCC

保有スキル

対魔力(E)ライダーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。Eランクでは無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する程度。生前、魔術とは縁がなかった為だろうか。
騎乗(−)ライダーのクラススキル。後述の『嵐の航海者』スキルの存在により、『騎乗』スキルは失われている。これ以上の『騎乗』は不要という事であろうか。
嵐の航海者(A)船と認識されるものを駆る才能。集団のリーダーとしての能力も必要な為、『軍略』『カリスマ』も複合した特殊スキル。カリブ海で最も恐れられた海賊である黒髭は極めて優れた船乗りであり、図太く立ち回った。恐れられたんだってば。
海賊の誉れ(B)海賊の独自の価値観から生じる特殊スキル。低ランクの『精神汚染』『勇猛』『戦闘続行』などが複合されている。部下に何の前触れもなく暴力を働く一方で剣林弾雨に向けて猛然と突進する勇猛さを持つ。水着アンメアと同スキル。
紳士的な愛(C)詳細不明。味方のHPを回復させ、女性であれば更に回復量が上昇する。

宝具

アン女王の復讐(クイーンアンズ・リベンジ)

  • ランク:C++→C+++
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~20
  • 最大補足:300人


「拙者の怒りが有頂天!」

「行くでござる行くでござる!拙者自慢の大砲も大変な事に!?『アン女王の復讐(クイーンアンズ・リベンジ)』!!んん〜一方的ですぞwww


黒髭が実際に乗船していた船。

もともとはフランス船であったが、これを略奪した黒髭によって『アン女王の復讐』と名付けられ、海賊船となった。奪い去る、ということに特化した怪物船。

その圧倒的な暴力は数多の宝具でも極めつけだろう。


また、この船は海に限ってならば『常時展開宝具』として顕現する。

空や陸も進むことができるが、その場合は魔力を大量に消費する。

更に搭乗している乗組員の総戦力が上がるほどに、船自体の性能が強化される。


詳細は該当記事を参照。


ゲーム上での性能

☆2ライダーでカードバランスはドレイクと同じく《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバー型。


低レアサーヴァントなので、入手しやすい上に育成しやすい為、戦力が揃っていない初心者はぜひ育てるとよい。しかも、後述するスキルのおかげでサポーターとしても運用可能かつ低コストなので戦力が揃って高レアのライダーを引き当てた後も腐らない。


所持スキルは、1ターン宝具威力&味方攻撃力UPの「嵐の航海者(A)」、自身の攻撃力を3ターンUP&ガッツ状態(HP0になっても一度だけ復活)付与と引き換えに自身の弱体耐性を3ターンDOWNさせる(デメリット)「海賊の誉れ(B)」と優秀。ステータス自体はHPが低め、ATKはそこそこといったところだが、スキルレベルを上げれば低レアながらもいい働きをしてくれる。特に「海賊の誉れ」に付随するガッツ効果は無期限の1回分なので、攻撃UPついでに発動させておくと保険として役立ってくれる。ただし復活時のHPはスキルレベルを上げても“1”で固定されているので要注意。


1周年記念の強化クエストにて第3スキル「紳士的な愛」を習得。全体を1000~最大2000回復するという中々に便利な能力を持っているが、女性サーヴァントであれば追加で同数値の回復がもう1回入り回復量が2倍になる(最大4000)という破格な性能となっている。なお、性別不詳などが対象に入るかはまちまちであり、この詳細については後述する。


宝具『アン女王の復讐』は、カードの種別はBusterで、効果は【敵全体に強力な攻撃&低確率でチャージ減少<オーバーチャージで確率アップ>+スター獲得(5個→10個)】。

低確率だがチャージダウンの効果が付随しており、敵の必殺の一撃のタイミングを遅延させる地味ながら強力なデバフ効果を有している。ただし、複数のエネミー相手だとチャージ攻撃のタイミングがずれてしまうなどの弊害もある。スター獲得で得られるのは5個だけと心許ないものの、宝具自体が多段ヒットするため、3体巻き込めば合計獲得数はそこそこになる。

後に宝具強化が実装され、素の威力・チャージ減少確率・スター獲得数がそれぞれアップした。


黒髭の「紳士的な愛」

前述したように「紳士的な愛」の追加効果の対象はマテリアルで明確に女性と記載されているサーヴァントとなっているが、一部の性別不詳のサーヴァントも対象となっている。

例としては、アストルフォシュヴァリエ・デオンエルキドゥ魔王信長カイニスディオスクロイ鬼一法眼平景清謎の蘭丸Xニキチッチ果心居士ワンジナなど、様々な理由によりマテリアルに性別が記載されていないサーヴァント達が該当している。


蘭陵王パリスネモといった見た目が可憐で中性的でもマテリアルで明確に男性と記載されているキャラは回復2倍の対象外なので注意されたし。該当している中で唯一性別が男性であるアストルフォが例外であるだけで、見た目が女性っぽくもある男性は対象には入らないようだ

2021年水着イベントでは、女性っぽくもある男性のネモ(マリーン)に好みだったのかデレデレしていたが、男性表記のためネモは紳士的な愛の対象外であった。


ちなみにデオンはよく女性扱いされがちだが、逸話からして性別不明で、エルキドゥの場合は人格(心)が男性だと思われているキングゥが(説明が一切ないのでキングゥの心が男性かどうかは定かではない)エルキドゥの姿で『FGO』に初登場してしまった経緯からなのか、よく男性扱いされがちだが、エルキドゥ自身は人格(心)も身体も男性ではないことだけは明らかになっている。


男性ではないと明らかにされてはいるが、性別表記が記載されていないエルキドゥは実装当初は不具合により紳士的な愛の対象から外れていたのだが、約2週間後に不具合が修正され効果対象になっている。恐らく、ストーリーに登場した(魔術王に設置された聖杯によりエルキドゥの身体に宿った命である)キングゥに男性特性がついてしまった不具合による影響と思われる。こちらも後に修正されたのでキングゥにも男性特性はついていない。エルキドゥが男性扱いされがちなのは制作側の勘違いや不具合からだと、これらの経緯から察することができる。


なお、アルテミス(&オリオン)坂本龍馬(&お竜さん)などといったガールフレンドが一緒にいても本体が男である場合は回復2倍の になるので注意。

カップル全員NGではなく、あくまで霊基本体が男だった場合なのでボーイフレンドの頭蓋骨に乗っているガールフレンド効果対象になっているのでご安心を。


一方第2部3章の実装時に、唐突に性別表記なしの全サーヴァントが紳士的な愛の対象から外れるという不具合が発生し、黒髭を心配するマスターが多数発生した。

お前らは黒髭の性癖に対する信頼が厚すぎる。


こちらは数日のうちに修正されたが、第2部3章では中性的な美貌を持つが男性蘭陵王と性別の概念すら超越した始皇帝性別:朕)が登場したため、「蘭陵王および始皇帝はアリなのかを考えるために一度思考をリセットした」「蘭陵王に性癖を揺るがされた」とユーザーからネタにされた。なお、蘭陵王、始皇帝共にナシだった模様。


さらに新たな性別不明サーヴァントとして魔王信長が登場。

こちらは再臨によりいつものノッブの姿の「織田信長」→少年っぽい姿の「吉法師」→長身のイケメン美女「魔王信長」と姿が変化するのだが、どの姿でも紳士的な愛の対象である


第2部5章後半にて男性と女性の2人で1つのサーヴァントであるディオスクロイが実装された。彼(&彼女)らはゲーム上は性別「なし」の扱いであり、性別不詳組と同じく男性・女性に対するあらゆる追加バフや魅了・特攻などが対象外であったのだが、黒髭の紳士的な愛はしっかり対象であった。同時に実装されたカイニスも、性別不詳のサーヴァントと同様に各性別特攻のスキルの効果は受け付けないものの、彼/彼女の人格(心)はほぼ男性だが身体は完全に女性であるためか、こちらも紳士的な愛の対象であるとセットだからとはいえ、他のコンビは対象外なのに対し、ディオスクロイスは効果対象なので兄様がとばっちりすぎる……


後に、明らかに男性だが各々の霊基設定の理由により性別不明となっているロムルス=クィリヌス蘆屋道満が実装されたが、この2騎は明らかに男性なので始皇帝と同じくナシであった。

アストルフォ以外の性別不明表記の男性サーヴァントは紳士的な愛の対象外である。


改めて纏めると、約1名の例外はいつつも、基本的に紳士的な愛は男性じゃなければ効果対象であることが窺える。逆に何でアストルフォは対象内なのか……?


他作品での活躍

Fate/Requiem

聖杯トーナメントの解説役にモブとして登場。

紹介されるや否や、会場一杯のブーイングが飛び交うのは流石というべきか……


関連人物

生前

ロバート・メイナード

生前、自身を討ち取ったイギリス海軍大尉(当時の階級)。

直接対決することになり、銃弾で蜂の巣にされてもなお立ち上がって斬首でとどめを刺された。


Fate/Grand Order

フランシス・ドレイク

自身より200年前に活躍した女海賊。終始「BBA」と呼んでおちょくった態度で接するが、「憧れた大海賊」として本心では尊敬している。彼女がスカサハ師匠の水着を着てたら危ないんだそう。

本人によると、「拙者がジョナサンならば、BBAはDのつく吸血鬼、拙者がジョセフならば、BBAはイタリアのナンパ師、拙者がモッツァレラチーズならば、BBAは輪切りのトマトとのこと。

第1部3章における退場時、ドレイクに最期を看取られることになった黒髭は、それまでのふざけた態度から一変して、彼女に対して本当の気持ちを吐露しながら消滅している。また、下記するバーソロミューがドレイクと親しくしている所を目撃した時は無言で刃物を持ち出している


アン・ボニー&メアリー・リード

第1部3章での一応の手下。以降も関わりがあり、彼女達が登場する霊装・シナリオに黒髭の姿が混じる事もあれば、その逆も多い。百合もイケる口なので彼女らに対しても高評価。

勿論、向こうからはキモがられロクな扱いを受けていないが、海賊としての格は認められている。


藤丸立香

契約したマスター。

基本ゲーム仲間として接しているが、時折海賊としての本音を垣間見せることも。そういった点こみで仲間として接するマスターのことは面白いと思っており、裏切ったりするつもりはない。


マシュ・キリエライト

好みからなのか、第1部3章での初対面時に「名前を教えないと、今夜夢に見ちゃうぞ?」という前代未聞の脅し文句で真名を聞いてきた(青ざめたマシュは即座に名乗った)。

丁度良い距離感を掴んだ現在、彼女からは「黒髭氏」と呼ばれており、慣れた対応で発言をスルーされている。


エウリュアレ

prprの対象(推しの女)。主に脇と鼠径部を

ただし、第1部3章における彼女の重要性にも気付いていた模様。


イアソン

アルゴノーツは海賊判定なのか、遠いご先祖様呼ばわりしている。

曰く「拙者が鳥なら、イアソンは始祖鳥」。


バーソロミュー・ロバーツ

黒髭の死後活動し始めた同業者で、英霊となってからはオタク趣味仲間。無法者らしい野蛮さを突き詰める事で名を挙げた自身とは対照的なスタイルの持ち主。向こうはガサツで単純な所を羨ましいと言いつつ、そこが海賊の品格を落としかねないと嘆いている。


ジョン・ラカム

生前アンとメアリーが乗っていた海賊船の船長。黒髭のセリフの中でのみ登場。

大の美少年好きで男装をしていて僕っ娘であるメアリーには騙されたと嘆いてたらしい。

また、史実ではアンとは恋人関係だったそうな。


刑部姫

公式・二次創作共に、オタク仲間として仲良く描かれていることが多い。

ライター陣にとって非常に書きやすいキャラなのか黒髭と並ぶくらいイベントに登場している。


キルケー

船乗りは好きらしく黒髭のような海賊でも全然ウェルカムと、黒髭に対して珍しく好意的な印象を持っている人物なのだが……当の本人はというとロリババアだの合法ロリだのと騒ぎまくっており、煩わしく思われたのか豚に変えられた上に厨房の氷室に吊るされてしまうのであった。

他作品でも共演している辺り相性は良いようだ。


ジャンヌ・ダルク

彼女の幕間2にて、戦闘フィールドが船であること以外完全に関係無いはずなのに、サポートサーヴァント欄に普通に入り込んでいた。どういうことなの?因みに、この際登場した海賊のゾンビは全員が黒髭のようなオタク思考であり、ジャンヌとマスターからは呆れられていた。

レディ・ライネスの事件簿』では、オルレアンの記憶のはずがなぜか出てきたこともある。


ジャンヌ・オルタ

アーケード版7章では、なぜか二人揃って敵となりカルデアを倒すために共闘していた。『サバフェス2』にて同人誌を愛する仲間としてウマが合うようでこのイベントでもクエスト共闘をしていた。もしかしたらサバフェスがきっかけで二人は度々共闘する仲になったのかもしれない。


アビゲイル・ウィリアムズ

一見何の関係もない二人だが、実は生年が一緒(実際の黒髭の正確な生年は不明だが、Fate世界では1680年説が採用されている模様)。後、人生に空白期間がある点でも共通している。

なので彼女からは半ば同い年扱いされているようで、マイルームで向こうから愛称呼びしていいかを確認された際、痙攣・出血するまで壁に頭突き・笑顔でお断りのコンボをかましていた。

ちなみに、その件に言及した際、「同じ海を知る人」というかなり不吉な記述も残している。


蘭陵王

彼の幕間にて、イケメン揃いのカルデアサーヴァントの中でもその度を越したスーパーイケメンぶりに何か穴があるはずだと一日中尾行。結果「ときめき回路黒髭廻天迷宮」と自らもときめく事態(イベントCG化)に陥り、心までもイケメンと認めるに至った。それ以降は、蘭陵王が何かするごとにどこからともなくロマンチックイベントCG専用BGMを流している模様。


ガラテア

初登場イベント『アキハバラ・エクスプロージョン!』での共演以来、彼に対しそれなりに好意的に接するサーヴァント。ただし、これは彫刻が人間化したという自分自身の出自故に、彼のフィギュア(化された対象)への愛情を高く評価しているという意味合いであり、それ以外の部分についてはバッサリ切り捨てられている他、彼女の想いの先は既に決まっている上存在意義そのものになっているほどの強さであるため、残念ながら関係の発展は絶望的。


清少納言

自分以上にフリーダムかつ押しが強いため、美少女好きの黒髭でさえ苦手意識を抱いている人物。

だが、けして相性が悪いわけではなく共に仲間達と夏を満喫したりしている。

マスターからは、たまに真面目になって絡んでくる所が似た者同士と評されている。


ネモ

2021年水着イベント『カルデア・サマーアドベンチャー!』でネモ・マリーンと共演。

船長のネモにはどうかは不明だが、ネモ・マリーンに対しては好みだったのかデレデレしていた。

シナリオ内ではデレデレだったが、ゲームシステムスキルの紳士的な愛の対象に男だと明らかにされている「男の娘」であるアストルフォは対象内なのに対し、ネモは対象外となっている。


アストルフォ

可憐すぎる男の娘

現時点で、作中で絡みはないが、恐らくマリーンと同様に好みのタイプなのかもしれない。

作中で男性と明らかになっているにもかかわらず、プロフィールの性別欄は不明表記となっている男性サーヴァントの中で、アストルフォだけが唯一「紳士的な愛」の対象者となっている。


アキレウス

2021年水着イベント『カルデア・サマーアドベンチャー!』にて水着霊衣枠として共演し、その際に共に崖を登ることになり、蘭陵王の時と同様にそのイケメンっぷりに黒髭の中のときめき回路が回り「ギリシャ男!」とときめいていた。


アスクレピオス

2023年水着イベント『サバフェス2』にてウミヌンノスの嵐で飛ばされた先で倒れた黒髭を見かけ介抱した彼にアキレウスの時と同様にときめいていた。夏の黒髭はギリシャ男に弱いようだ。


ゲオルギウス

中の人が共通する☆2ライダー。

にもかかわらず、ここまで性格の違う二人を演じ分けられる技量は驚嘆である。


エレシュキガル

別作品でサバチューバーとして共演した仲だが、なかなかの雑な扱いを受けていた。


オジマンディアス

2023年水着イベント『サバフェス2』で完成度の高いゲームを作った彼を褒めた際に、馴れ馴れしく「オジマン」とあだ名で呼んだ事でニトクリスに不敬だと怒られてしまったが、オジマンディアス本人はあまり気にしていない様子だった。


余談

期間限定イベントでも、コメディーリリーフとして結構な頻度で登場しており、だいたいいつもの調子で場をひっかきまわした末に、塩対応でケチョンケチョンにされ退場していくのがお約束。

その存在が匂わされただけで場がギャグ空間と化す、芸人体質がすっかり板に付いてしまっている。


今すぐやれ!

そして2016年4月に開催された『FGO』イベントでは、彼が最終再臨で着用しているどこかで見たことのあるデザインのTシャツイベントグッズで最高売り上げを樹立してしまった。


宝具にして生前の持ち船である『アン女王の復讐』は二隻存在し、初代はガタが来た際に一部の使えない部下達ごと無人島に廃棄しており、二代目は生前の黒髭当人が落命する半年ほど前に座礁・沈没した。更に、実は我々がいるこちら側では二代目がまだ現存しているようで、1996年に発見されている(沈没船に対して“現存”という表記が正しいかどうかはこの際置いておく)。

また、船内からは恐らくチャールズタウン封鎖時にサウスカロライナ等で彼らが入手したと思しき数多くの医療品が発見されており、「紳士的な愛」はこれが由来ではないかと推察される。


関連イラスト

ティーチティーチ(エンジョイ!バケーション)

ドレイク&ティーチ泣く子も黙る大海賊


関連タグ

Fate/GrandOrder ライダー(Fate) サーヴァント

海賊 黒ひげ オタク キモオタ ギャグキャラ やる時はやる男 どうしてこうなった 愛すべき馬鹿


エドワードセカンドV:同じ人物がモチーフのSDガンダム

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38959978

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました