ピクシブ百科事典

エドワード・ティーチ(Fate)

くろひげ

「Fate/Grand Order」に登場するライダーのサーヴァント。
目次[非表示]

よーし、いいか、俺たちはカリブの海賊 誇りも命も全ては海においてきた!!
いつも通り、奪い、犯し、殺す。ただそれだけだ!! いくぜ野郎ども!!

プロフィール

真名エドワード・ティーチ
性別男性
身長210cm
体重114kg
出典史実
地域カリブ海
属性混沌・悪
ILLUSTBすけ
設定担当東出祐一郎
CV西前忠久

乗船する船の名は『女王アンの復讐号』。

概要

Fate/Grand Order」に登場するライダーサーヴァント。レアリティは☆2。
恐らく世界でもっとも有名な大海賊であり、海賊としてのイメージを決定付けた大悪党。
カリブ海を支配下に置き、酒と女と暴力に溺れ、莫大な財宝を手に入れた。

メインシナリオでは、第三章「封鎖終局四海オケアノス」にて敵側のサーヴァントとして立ちふさがる。
前半のボスであり、おちゃらけながらも味のあるキャラとサーヴァントとしての意外な強さから人気がある。

真名

「さあ、黒髭様のお通りだ!」
大航海時代が終わった直後、海賊時代が幕を開けた。
植民地貿易で繁栄する船を一度略奪すれば、巨万の富が手に入る、そんな時代に黒髭――エドワード・ティーチは産声を上げた。

エドワード・ティーチが本名なのかどうかは定かではなく、海賊になる前の素性も明らかになっていない。ともあれ彼は海賊として身を起こし、瞬く間に大船団を作り上げた。

一般の船人だけでなく、他の海賊たちですら黒髭を恐れたという。
豊かに蓄えられた髭には、ところどころに導火線が編み込まれていて、爛々と光る目はまさに地獄の女神そのものだったとか。
たまに気まぐれで部下たちにも牙を剥き、それ故に部下たちも彼を悪魔の化身と恐れた。

だが現世は栄枯盛衰で盛者必衰、黒髭の海賊団も次第に追い詰められていく。
軍の奇襲を受けた黒髭はわずかな部下たちと共に果敢に迎え討った。
二十箇所の刀傷、五発の銃弾を受けても憤怒の形相で戦い続けたが、銃の装填中にとうとう力尽きて斃れたという。

















【FGO】ツイッターまとめ90


……そんな黒髭も今では立派な全方位オタクです。本当にありがとうございました

人物

前述の様にすっかり日本のオタク文化に染まってしまい、生前の人格はともかく、召喚された時には所謂「キモオタ」と呼べるほど酷い状態になっている。
一人称は「拙者」で口癖は「デュフフフフフ」と笑う、ステレオタイプのオタク口調で喋るのが特徴。

Fateらくがき-2-
黒髭を励ますドレイク船長



同人誌美少女大好き。基本攻めだが、攻められるのも大好き。
聖杯への願いも「ハーレム作りたーい!
純愛を求めるロマンチストな癖にやるときはやるタイプのようで
本人曰く、「なにね、男ってのは手に入っちまったお宝にはめっきり欲が失せるもんなのよ。
でもなぁ、俺はとにかく面倒事は嫌ぇだからよ!あんまり高嶺の花すぎてもゲンナリするワケ!
できるかぎり近くにあって、手が届きそうで届かない。そういうお宝が良いんだわ……。
……って思うじゃん!?ヴァーカそれじゃ一生手に入らないっしょ!
陵辱がナッシングでしょ!なんかいいカンジに関係を気づいたところでガーッといきたいの海賊的に!
それでこそ最高のエンタメってもんでしょ!?石橋を渡ってもつまんないンですよ!」とは本人の弁、筋金入りのHENTAIである。
ただしオタク気質も生前からのものだったらしく、日本のオタク文化に触れて悪化しただけであることが登場サーヴァントの公式プロフィール集にて明記されている。

生前はあまり女性には不自由していなかったようであるが、その誰もが彼の財産目当てだった。
それゆえに彼は純粋な恋愛に飢えているのだが、現実的にそれは叶わないと悟っているため召喚されてからは自分を主人公にした同人誌制作にも興味を示している模様。
真実の愛はネットの海にしかないと開き直ってしまったことが窺える。
ちなみに彼の発言から他の名のある海賊たちとはオタ友である疑惑が浮上している。
幕間の物語では、レイシフト先で海賊達が自慢のお宝を持ち寄って奪い合うパイレーツマーケット』、略してパイケットにドレイクの裸婦(ラフ)画集をゲットするべく本気モードで参戦するというメチャクチャをやらかす。ちなみにこのクエスト、『禁断の頁』の入れ食い回なのだが、禁断ってそういう意味じゃねぇから!

傍目からはかなり低俗にはっちゃけた人物だが、ひとたび海賊としての一面を見せれば普段からは考えられないほどの覇気とカリスマ性をまとう。
普段のキモオタ路線な言葉遣いも演技半分なところがあり、いざシリアスモードになるとガラリと言葉遣いも変わる。
そして一見隙だらけに見えて自分の不利になる状況を決して作らない、深慮遠望の利く切れ者でもある。
ギリシャ神話にてトロイア軍最強の戦士にして軍師と名高い英雄・ヘクトールをして、「死ぬ直前まで隙を見つけられなかった」「愚者を演じる知恵者」と高い評価をされていた。
イラストを担当したBすけ氏のサイトではそんな海賊としての黒髭を拝むことが出来る。

海賊らしく使えなくなった部下を躊躇なく始末するといった冷徹さや残忍さを持つが、その一方で真剣に好意や敬意を向ける相手には素直になれないツンデレだったりする。
また、子供には優しいという一面も。決してロリコンだからというわけでは(ry

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+AEDCC


クラススキル

対魔力(E)魔術に対する守り。無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する。
騎乗(-)騎乗スキルは「嵐の航海者」により失われている。


保有スキル

嵐の航海者(A)船と認識されるものを駆る才能。集団のリーダーとしての能力も必要となるため、「軍略」、「カリスマ」も兼ね備えた特殊スキル。カリブ海で最も恐れられた海賊である黒髭は極めて優れた船乗りであり、図太く立ち回った。恐れられたんだってば。
海賊の誉れ(B)海賊の独自の価値観から生じる特殊スキル。低ランクの精神汚染、勇猛、戦闘続行などが複合されている。部下に何の前触れもなく暴力を働く一方で剣林弾雨に向けて猛然と突進する勇猛さを持つ。
紳士的な愛(C)詳細不明。特に女性サーヴァントに対して大きな回復支援ができるようになったためにより器用になった。だが、性別不明のデオンやアストルフォ、エルキドゥまで倍回復の対象になるのはやはり・・・。なお、エルキドゥはこのスキル実装当初は対象外だったのが後に修正されたため、「黒髭氏は熟考の末、エルキドゥもおKと判断した」とネタにされた。


宝具

アン女王の復讐(クイーンアンズ・リベンジ)

  • ランク:C++
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~20
  • 最大補足:300人

行くでござる行くでござる! クイーンアンズ・リベンジ! んんwww 一方的ですぞwwww

黒髭が実際に乗船していた船。もともとはフランス船であったが、これを略奪した黒髭によって『アン女王の復讐』と名付けられ、海賊船となった。
敵船にまず40門の大砲を打ち込み、その後で低級霊となった部下たち(名はなく、「黒髭の部下」としか本人たちにも分からない)と共に猛然と襲いかかる。
奪い去る、ということに特化した怪物船。
その圧倒的な暴力は数多の宝具でも極めつけだろう。
また、この船は海に限ってならば『常時展開宝具』として顕現する。空や陸も進むことができるが、その場合は魔力を大量に消費する。

そして、この船は黒髭以外に同乗しているサーヴァントが存在すると、ダメージを飛躍的に向上させる力を持つ。

ゲーム上での種別はBustar。効果は【敵全体に強力な攻撃&低確率でチャージ減少+スター獲得】。

ゲーム上での性能

カードバランスはフランシス・ドレイクと同じくセイバー型の変則タイプ。
俗に「船長型」とも呼ばれ、《Quick:1/Arts:2/Buster:2》と扱いやすい。

所持スキルが1ターン宝具威力&味方攻撃力UPの「嵐の航海者」(A)」、自身の攻撃力を3ターンUP&ガッツ状態(HP0になっても一度だけ復活)付与の「海賊の誉れ」(B)(ただし3ターン弱体耐性DOWN)と優秀。
ステータス自体はHPが低め、ATKはそこそこといったところだが、スキルレベルを上げれば低レアながらもいい働きをしてくれる。特に「海賊の誉れ」に付随するガッツ効果は無期限の1回分なので、攻撃UPついでに発動させておくと保険として役立ってくれる。ただし復活時のHPはスキルレベルを上げても“1”で固定されているので要注意。

宝具は上述通り。
低確率だがチャージダウンの効果が付随しており、敵の必殺の一撃のタイミングを遅延させる地味ながら強力なデバフ効果を有している。
Artsが2枚あるおかげでそこそこ回転率も良く、スキルによってチャージを加速させるキャスターや、もともとチャージの短いアーチャー相手に妨害工作が可能。ただしアーチャー並みにチャージの短いアサシンが、自身の弱点というのがちょっと悔しい。
スター獲得で得られるスターは5個だけと心許ないものの、宝具自体が多段ヒットで星を生むため合計獲得数はそこそこ。

そして、7月30日の1周年記念の強化クエストにて第3スキル「紳士的な愛」を習得。スキルLv.1の時点でPT全体を1000回復するという中々に便利な能力を持っているが、女性サーヴァントであれば更に回復量が2倍になるというとんでもない性能となっている(ちなみに、性別不明のシュヴァリエ・デオンアストルフォエルキドゥも回復2倍の対象となる)。
これにより、ティーチ以外を女性サーヴァントにするだけで、その効能を余すことなく発揮でき、攻撃だけでなく全体回復まで行えるレアリティ詐欺と呼ぶに相応しい性能を持つことになった。
聖杯を使わずにハーレムも完成できるというティーチにとって願ったり叶ったりの状況となる。

関連人物

自身より200年前に活躍した女海賊。黒髭は終始「BBA」と呼んでおちょくった態度で接するが、「憧れた大海賊」として本心では尊敬している。本人によると、「拙者がジョナサンならば、BBAはDのつく吸血鬼、拙者がジョセフならば、BBAはイタリアのナンパ師拙者がモッツァレラチーズならばBBAは輪切りのトマト」とのこと。
三章における退場時、黒髭はそれまでのふざけた態度から一変して、彼女に対して本当の気持ちを吐露しながら消滅している。

三章での一応の手下。彼女たちからは、船長としての素質を認められていた一方、心底キモがられていた。
彼女たちとは三章以降も関わりがあり、空の境界イベでは黒髭がネットを教えてしまった結果、彼女たちは見事に自堕落引き籠りネット海賊へと化してしまった。なお彼女たちとの戦闘時に雑魚達に紛れて『海賊E』というエネミー名でサラッと登場してたりする。
また、イベント限定礼装の不思議の国からでは不思議の国のアリスの衣装を着たアンメア達の下で、礼装の模様に紛れてこっそりいる。
同じくイベ礼装のスノー・パイレーツでは、雪だるまに扮した黒髭が幼女2名を追かっけまわす背後で、メアリーが雪の大玉を持ち上げて黒髭に狙いを定めていたりする。
 
prprの対象。ただし、三章における彼女の重要性にも気付いていた模様。

船乗りは好きらしく黒髭のような海賊でも全然ウェルカムと、黒髭に対して珍しく好意的な印象を持っている人物なのだが……当の本人はというとロリババアだの合法ロリだのと騒ぎまくっており、煩わしく思われたのか豚に変えられた上に厨房の氷室に吊るされてしまうのであった。

彼女の幕間2にて、戦闘フィールドが船であること以外完全に関係無いはずなのに、サポートサーヴァント欄に普通に入り込んでいた。
どういうことなの。

  • バーソロミュー・ロバーツ
黒髭の死後活動し始めた海賊、同業者にしてオタク趣味仲間。黒髭のセリフの中でのみ登場して片目だか両目だかのメカクレ属性好きらしい。

  • ジョン・ラカム
生前アンとメアリーが乗っていた海賊船の船長、同じく黒髭のセリフの中でのみ登場。大の美少年好きで「メアリーには騙された」と嘆いてたらしい。

その他

期間限定イベントでも、コメディーリリーフとして結構な頻度で登場しており、だいたいいつもの調子で場をひっかきまわした末に、塩対応でケチョンケチョンにされ退場していくのがお約束。
その存在が匂わされただけで場をギャグ空間してしまう、ある意味での芸人体質がすっかり板に付いてしまっている。

今すぐやれ!


そして2016年4月に開催されたFGOイベントでは、彼が最終再臨で着用しているどこかで見たことのあるデザインのTシャツイベントグッズで最高売り上げを樹立してしまった。

宝具にして生前の持ち船である『アン女王の復讐』、生前の黒髭当人が落命する半年ほど前に座礁・沈没した。
更に、実は我々がいるこちら側ではまだ現存しているようで、1996年に発見されている(沈没船に対して『現存』という表記が正しいかどうかはこの際置いておく)。

関連イラスト

黒髭
黒髭


黒髭
エドワード・ティーチ



関連タグ

Fate/GrandOrder ライダー(Fate) サーヴァント
海賊 黒ひげ オタク/キモオタ ギャグキャラ やる時はやる男 どうしてこうなった

pixivに投稿された作品 pixivで「エドワード・ティーチ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11980602

コメント