2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:古川登志夫(1981年版アニメ)/神谷浩史(2022年版アニメ)/岸尾だいすけ(パチスロ版)

概要

友引高校に通う男子高校生で作中で1年生から2年生に進級している。4月13日金曜日生まれで仏滅も重なり、産声と同時に地震が起こった凶運の持ち主。1年生時では世の不幸を集めてしまう体質の持ち主という要素が強く、ラム三宅しのぶとの三角関係に翻弄され、他の女性に目移りしては二人にボコボコにされていた。
2年生になると女好きの要素がより強くなり「歴史上まれに見る浮気男」「全宇宙一の煩悩の持ち主」との異名をとるようになる。永遠の17歳

名前のモデルは高橋留美子が尊敬する漫画家の諸星大二郎と元読売ジャイアンツ江川卓の弟・江川中(あたる)氏と凶運に「あたる」事から。

人物像

軽薄でいい加減で向こう見ずで見栄っ張りで女の子ばかりを追い求める無茶苦茶な野郎であり、クラスメイト曰く、「並みのアホではない。いってしまえば並以下だが……どちらにしても並みの人間ではないっ」。錯乱坊曰く、「諸星あたるという男は、一夜の契りというエサのためなら、どんなバカらしいことにも身を投げ出すはずじゃ!」いっそ清々しいほど自分に正直な人間であり、類い希なるバイタリティと奥底に秘めた人情味で読者を惹き付けるトラブルメーカーである。

がめつくて拾い食いもする意地汚い強欲な男だが、小忠実に日記を付けていたりする。また細かいことを気にせず恨み辛みもさらりと水に流すカラっとした性分をしており、不思議な爽やかさがある。
面倒見のいいところもあり、「あたる」と名付けられていた謎の大食いの巨大芋虫を、「イモちゃん」と名付けて「なんか愛着がわく」と可愛がって育ててあげたりと優しい所もある。このイモちゃん、クラスメートの弁当まで食い漁ってしまったので面堂達から殺されかけてしまうのだが、あたるは只一人身体を張ってかばい立てして守りぬいた。面堂達から「そんな怪物なんでかばうんだ?」と問われた際に叫んだ「うるせーっ!イモ虫が蝶々になれなかったら、なんのために生まれてきたかわかんねーじゃないかーっ!」と言う台詞はあたるの本質が滲み出た名文句として読者の心に刻み込まれた。

「〜〜なんじゃ」「〜〜じゃい!」と時たま語尾がジジ臭くなる。アニメ版ではガニ股で歩く事が多いがこれは押井監督の絵コンテのタッチをスタッフが再現してしまった為(押井本人は普通に歩かせたつもりだった)。

家族

家族は父と母がいる。
あたるの父は平凡で妻の尻に敷かれているサラリーマン。
あたるの母は息子の引き起こす騒動とご近所付き合いに悩む専業主婦。
父親いわく尻の軽さは母親譲り、母親いわく果てしなく悪い頭と顔と薄弱な意志は父親譲り。

初期は母からはしょっちゅう「産むんじゃなかった」「アホの生き造り」「こんなさえない亭主と、できの悪い息子のめんどうみるよりは」等と散々な事を言われて「どうしてこんなアホに育ったの?」と泣かれたこともあったが何とかグレずに育っている。
辛辣な台詞が印象深いが、あたるが二人に分裂した際は、ラムとしのぶが自分に都合がいい方を本物と言い、父も「あのまま放っておけば、できのいい方が手元に残ったのに……」と残念がる中で、「なにいってるの、どんなにアホでももとのあたるが一番かわいいのよ」と愛のある発言をしている。二人とも元の性格になったら「どっちでもいいのよ、同じなんだから」と予定通り一人はラムの星へ行かせようとしたが。
母親の金銭面でのがめつさに引いている所もあるが彼も大概がめついため蛙の子は蛙である。相手が他の異性に靡いたら自分のことは棚に上げて相手を責めるとこも似ている。


恋愛観

「たとえ六畳一間の安アパートでも、ラムがいて…しのぶがいて、サクラさんがいて、蘭ちゃんと竜之介ちゃんと了子ちゃんと弁天さまとおユキさんがいて……そんなささやかな未来を…」

趣味はガールハント(要は見境のないナンパ)というほどの女好きで、すっぽん一年生の異名をもつ近所でも有名な子どもであった。将来の夢はハーレム
どんなに女の子にフラれようが、めげずに次の女の子を見つけて「住所と電話番号教えて?」「ねぇ、映画見に行かない?」「ねぇ、お茶飲みに行かない?」と声をかけてフラれるのがお約束となっている。
もっとも、成功率3割と自覚しておりフラれるのも想定のうち(電話番号はそこそこゲットできる)。連載後期にラムとのデートの待ち合わせの時間潰し(ただし、この時点で1時間遅刻)でナンパし、たまたま成功して予定より時間を食うことになって困り、白井コースケにナンパ相手を押し付けたことすらある。

中学生から既婚者まで見境なくモーションをかけてはいるが、性的志向は意外にノーマル寄り。水乃小路飛鳥のブラコンさを「正しくないっ!!」、自分が間違えて作ってしまった抱き合う偽物のおユキ弁天を「変態」と断じている。また尾津乃つばめサクラのデートを故意に邪魔することはあるが、基本的には尾行して覗き見するのみ。とはいえ未来でつばめとサクラ、レイランが結婚していたのを見るや、躍起になって「別れさせてくれるっ!!」と言い放ったが。

さすがに小学生以下(に見える)の女の子はデートに誘う気は起こらないらしく(ガキ扱いする)、ラムの後輩のスケ番3人組(しゅがぁ、じんじゃぁ、ぺっぱぁ)が大きな名札をつけて彼を篭絡しようと近づいたときには、あたるは3人組が迷子の小学生だと勘違いし、交番につれていったことがある。

男装少女である藤波竜之介のことは初見では女だと分からなかったが、本人の申告で女だと判明してからは「かわいそうな娘さん」と態度を豹変させた。友引高校に転校してきた時は、竜之介の父から強奪してきたセーラー服を面堂達とプレゼントした。面堂達は女子群が竜之介に興味を示している事が面白くなくて女子群に竜之介は女だと思い知らせる事が目的だったが、あたるはそんなことは一切考えておらず、たんにセーラー服姿を見たいという理由。体育は男子とやらせるという父親の意向に賛同してラグビーを口実にサラシをつけてない胸を狙って背後から鷲掴みにした(すぐにぶっ飛ばされた)こともあるが、時には竜之介と共に父親の横暴に対抗している。
逆に女装少年である(性自認も男性の) 潮渡渚は正体を明かす前から面堂終太郎ともども本能的に女性ではないと感づいて手を出さなかった。

男性に対しては粗暴かつ乱暴であるが、女性には決して手をあげない。だが過剰なセクハラは働きまくり、相手に嫌がられても殴られてもやめない。飛鳥など彼女が抱きついただけで相手のあばら骨を粉々にできる作中随一の怪力を有しているとはいえ、泣き出すほどの男性恐怖症でその原因は自分と把握しているにも関わらず追いかけ回している。ちなみに原作では上述の発言から分かるように六畳一間ハーレムメンバーに飛鳥を入れていないが、OVAでは入れている。

「ガールハントができなくなる」との理由から、結婚やその先に関することは割と真剣かつ真面目に捉えている一面を持っている(これは結婚を非常に真面目に捉える母親の気質を強く受け継いだため)。釣った魚に餌をやらないで自分に振り向かない女ばかり追いかけているが、本命の女性は自分の中でちゃんと特別扱いした上でハーレムを狙っている。

なお、「目覚めのキスをした男と契らなければならない」という一族の掟を持つクラマ星のクラマ姫は、色男を探していたのであたるに目覚めのキスをされて目覚めた際にすぐ「こんなアホと契りとうない!!」と嫌がった(原作、旧アニメ版のみ)。しかしラムが自分は妻だと言うと「他人のものとなると手に入れたくなる」、女のことしか頭にないと判明しても「これだけアホだと、よけい闘志をかいたてられるわい!」と人格を矯正して何とかあたるを自分に相応しい男に変えようとした(あたるも「契りたかったらわしにふさわしい男になれ!!」と言われて「なります、なります!」と乗り気でラムとしのぶにボコボコにされた)。
一夜の契りってのが、魅力的なんだよなァ、後腐れがなくて………と据え膳を食べたくてクラマの元に何度も通って教育を受けたが、筋金入りの女好きは直らなかった。挫折したクラマは一度だけやり直しのチャンスをもらい、中身は同じでも入れ物が違えばよい、わしは面食いだと面堂を選び、掟の真意も明らかになり、守る必要がなくなった。これで面堂とクラマは晴れて結ばれるかと思いきや、あたるに鐘を被せられて泣き叫ぶ面堂の姿を見たクラマは「強く賢くたくましい色男を探すぞ」と見切りをつけて去っていった。

クラマはあたるの女好きを科学的に治療しようと試みたが、あたるは精神を女性化されようが、女性に対する恐怖心を植え付けられようが、女好きは矯正されなかった。クラマには「どえらい男」「潜在意識の髄まで腐った男」と呼ばれた。

スペック

他のメインキャラと違って戦闘力は大して高くないが、体育教師を一撃で昏倒させられる程度には手練れであり、作中で面堂ら男子生徒から「どんなダメージをうけても次の瞬間たちなおる!ゴキブリよ~な生命力と!トカゲ尻尾の如き再生力をもつ!化け物のようなあたるが!」と評されるその防御力はるーみっく作品のキャラクターでは最強とも言われている。その不死身っぷりはサクラが生み出した死神にとり憑かれても死ななかった程である。

知能に関しては成績は最底辺だが、人を貶めたり金儲けする時の悪知恵は働くのび太カツオタイプ。後先考えずに行動する事をモットーにしている。

食欲

基本的に食べる事しか考えていないレイ(ラムが愛想を尽かすレベル)、サクラなどの超大食いキャラに隠れているが、食欲旺盛で基本買い食い、早弁、拾い食いはするほか、原作ではレイに大食い対決で勝利している。

昭和の男子高校生らしくすき焼きが大好物。諸星家ではすき焼きは一年に1度あるかないかの行事らしい。すき焼きの日に帰ってこなかった際は、「あのいやしい子がすき焼きを放って出ていくはずがないわ」と母親はあたるの身に悪いことがあったのではと心配し、実際ラムの星の節分に強制参加させらていた。

悪天候が続きガールハントもできない日が続いた時に運動不足で太ってしまったことも…。

恋愛遍歴

あたる、ラム、しのぶの三角関係

ラムと知りあうまでは幼馴染しのぶと一応恋仲だった。(尤も、この頃から異常な女好きの浮気性ですぐに他の女性に目が行きしのぶからビンタを喰らっていた。)
ラムがあたるの押し掛け女房となったのは、第1話で地球をかけた勝負(鬼ごっこ)に負けそうになり、寝込んで一生日陰者で暮らすんだと諦めているあたるに「あたるくん勝ったら結婚してあげる!!」としのぶが持ちかけた。しのぶのこの発言であたるは発奮し「結婚じゃ~!!」と連呼、それがために勝負に負けたラムがあたるは自分にプロポーズしていると勘ちがいしたといういきさつである。

時間がない人のためのうる星やつら第一話(イメージ)



そのため、当初のあたるにとってラムは厄介者でしかなかった。ラムが自分と同居すればタクシー代を肩代わりすると持ち掛けても、それしか解決方法がないというのに「お前と暮らすくらいなら死んだ方がマシだ!!」と拒否するほどに。周囲からの罵倒や暴力を受けて仕方なく受け入れた。物語初期はラムの求愛を拒み何度もしのぶに電話を掛けたり、落雷の中しのぶに会いに行くがいつもラムの妨害にあっていた。

インベーダー襲来!



あたるは三角関係に翻弄されながらも弁天やおユキにちょっかいを出しては酷い目にあったり、「目覚めのキス」をクラマ姫にして彼女を悩ませていた(クラマは「色男」が好みであり、あたるは好みのタイプとは真逆であった)。

面堂登場後

だが、やがてしのぶがラムとの悪縁を絶ちきれないあたるに愛想を尽かし、面堂終太郎に惚れたことで結局あたるとしのぶの交際関係は終わってしまう。
しのぶに面堂に乗り換えられた直後は、あたるは本気でしのぶに未練があるような言動をしていた。しのぶに対し「浮気者」となじったり、「大金持ちの面堂と結婚できても面堂家では女中扱いされて不幸になるだけ」と思い直させようとしていた。

あたるはしのぶが面堂に心変わりしてもしのぶが好きだった。ラムが面堂に興味を示しても、いつもと違ったまともな顔をして「ラムを面堂におしつけられりゃばんばんざいだが。そうすると異星のきれいなねーちゃんに会える機会がなくなる…」としか思わなかった。

面堂の本命であるラムは面堂に全くなびこうとせずあたるにばかり好意を向けているために、面堂はあたるへの敵意を持つこととなる。あたるからしても面堂に当初付き合っていたしのぶを取られる形となったため互いに強い敵意を持ち合っていた。

綺麗な四角関係が続いていたが、『君まてども…』であたるの気持ちに変化が起こった。地球の女の子に変装したラムを見て「ラムってこんなにかわいかったのか……」と気づき、次第にラムに惹かれるようになるにつれ、やがてあたるのしのぶへの執着は薄れていく。

それでもなんだかんだこの4人はウマが合うようで、休日なんかは大抵あたる、ラム、面堂、しのぶの4人で行動することが多かった。

うる☆log
うる星ろぐ



他のヒロインからの扱い

他の女性キャラからの扱いは基本的に「軽薄なナンパ野郎」「エロガキ」「悲鳴を上げる変質者」「汚物」のような扱いだが、しのぶはなんだかんだ幼馴染&元カレという事でまだ甘めの対応で、面堂了子も理由はあれだが好意的で、辺境の海王星に住んでいて男性との出会いが普段無いおユキはあたるに押し倒されて受け入れている(このような態度は初登場時だけだが)、劇場版「オンリー・ユー」のエルなどそれなりに恋愛かどうかはともかく好いてくれる女性はいる。また、他のレギュラーキャラからも本気で嫌われているのは、一度ならず二度までも「目覚めの口づけ」をされたクラマ姫と男性恐怖症の飛鳥ぐらいである。

あたるはいつもだらしなく緩んだ顔をしているが、元々の顔の造作はそれほど悪くないため気を引き締めればイケメン顔を作れる…のだが、顔の筋肉が持たない。たまに真剣な表情をしている時は男前に描かれてたりする。

ラムとの未来は…?

ラムとの関係は複雑なもので、ラムは夫婦と自称しているが、鬼ごっこの最中にバカにしていた、急に押しかけしのぶとの仲を崩壊させた、ガールハントを邪魔してくる事からあたる本人はまだ認めておらず他の女性とは異なり基本的に冷たい対応をとる。
とはいえ、実は願望であるハーレムにはラムが含まれる事が絶対条件である事や、急に居なくなったり、ラムの身体に異常が起きた際などには普段の強がりも出来ずに泣いてしまう、複数ある未来が崩壊する危機にその中にあったラムと結婚する未来を体を張ってそれを死守しようとするなど間違いなく特別な存在。要は男のツンデレである。
意外とラムと添い寝する事になった時はそわそわした事もある。最終回では既に本心としてはそうだが、それを口にすると嘘にもなってしまいかねない状況下でラムとの最後の鬼ごっこをジレンマに悩みつつ繰り広げた。

また、先述のハーレムを実現した数ある未来の一つを垣間見た時には、ハーレム資金のためにラムの家財道具全部売却して、騙してバイトさせて、部屋が狭いから屋根で寝かせて、食事も与えなかったという未来の彼の外道ぶりにブチ切れた(その時はウサギの着ぐるみで身を隠していたが)。

名台詞

『もうちょっと、いっしょに歩こうよ』
初期の傑作『君待てども…』から。あたるがラムに初対面以来初めて見惚れたシーンであり、それまではあたるにとっては傍迷惑な宇宙人でしかなかったラムに対して何の裏もなく心からの優しさと甘えを見せ、2人の関係が少し変わり始めた事を示す台詞。
旧アニメ版では『ときめきの聖夜』で発言しており「…もうちょっと、いっしょに歩かないか?」と口調がいつも通り。

『お兄ちゃんはね、好きな人を好きでいるために、その人から自由で居たいのさ』
映画『ビューティフルドリーマー』でのセリフ。この映画は原作とは違う点も多い為解釈違いとする人も多いが、原作でも口にはしないだけで本質は近いと考える人も多い。

『忘れるもんかーっ!』
最終話においてのラムに対してのもの。

鬼ごっこの決着を付けるキーワードの「好きだ」の言葉は言うのは簡単なのだが、それはあたる達からラムの記憶を消す装置を止める為の方便にもなってしまう一面もあった。

しかし、あたるはずっと手にしていたラムの抜け落ちた古い角を握り、どんな事があってもラムの事は忘れないと叫ぶ。

そのあたるの絶叫の真意を知ったラムは、鬼ごっこを終わらせるべく彼に駆け寄る…。

『今際(いまわ)の際に言ってやる』
ラストにおいてそれでも言わないあたるであるが、今際の際(=自分が死ぬとき)というのがポイント。

余談

  • リメイク版第1話が放送された2022年10月14日(13日深夜)の同時刻に北朝鮮がミサイルを発射していたことが明らかになり、放送中にニュース速報でテロップ表示されたため、「現実でも不幸を引き寄せるんじゃねぇよ!(笑)」などと視聴者からツッコまれた。


関連イラスト

センシティブな作品
pixiv見てるそこのキレイなお姉さん、住所と電話番号教えてよ!



関連タグ

うる星やつら 高橋留美子
ラムちゃん / ラム 三宅しのぶ
あたるの父 あたるの母

ゴキブリ並みの生命力 異能生存体

表記揺れ … 諸星 あたる

カップリングタグ
NLあたラムあたるとしのぶ
BL面あた / あた面

他作品の関連キャラクター


  • モロボシ・ダン/ウルトラセブン(キャラクター):こちらも(普段の姿の)名字が『もろぼし』さんで、宇宙人が多数登場する作品の主人公…というか自身すらもM78星雲から来た宇宙人。諸星あたるとは違って普段から女性にもほかの男性や子供にも成実に応対しているが、何かと(セブン本編では)女性に関する運が悪いのか、少女などに化けた侵略宇宙人にだまされる事が多く、そのせいで大事な変身アイテムを奪われるなんて事も多数あり、ある宇宙人の少女とはそんな事がありながらも心を通わせたが悲恋のような結末に終わってしまっており、本編のメインヒロインとも悲劇的ととれる別れ方をしている(後年になってそれっぽいゲストキャラと顔合わせする事にはなったが)。尚、その数千年以上は後の時系列では妻が出来たようだがどんなビジュアルなのかも長年不明であり、息子もその事について思う所があるとか。なお、令和版の声優を務める神谷氏はジャンボットの声を担当しており、その息子と深い関わりがある




  • 佐藤和真この素晴らしい世界に祝福を!の主人公。こちらも欲望に忠実でスケベでモブの女からの評判が悪く、その上金儲けなどで悪知恵を働かせるといった共通点がある。一方でチートレベルと称される程の強運(と悪運)を持つ他、自称男女平等主義者を謳っており、女に対しても時には暴力も辞さない。またこちらも複数のヒロインから普通に好かれている。

あかほりさとる関連キャラクター

脚本家・小説家のあかほりさとるは、諸星あたるの在り方を非常に肯定的に評価しており男性として目指すべき理想形のひとつである(一方で、そのバイタリティは加齢によって体力が衰えれば、あたるが究極的にはラムとの未来を守ろうとしたように、いずれ定まるべきところに落ち着く)と公言した。さらに、若いうちはあたるくらいの事をしないと(あたるクラスのバイタリティを持たないと)恋愛も結婚も出来るはずはないし仕事の人脈だって作れようはずもなく、ビジネスマンとして(あるいは男性、または人間そのものとして)評価だってされるはずもない、とまでしている。(まぁ、一言でいえば英雄色を好むの肯定と言える。それもまた偏った考え方ではあるが)
そのため、あかほり作品には諸星あたるをモチーフとしたキャラクターが群を抜いて頻出している。

  • 馬場ラムネ(NG騎士ラムネ&40):TV版では小学生(と、あと小山ねぎしからの監修(=ストッパー)が入っていた)という事もあってそれほどでもないが、OVA版(中学生)以降は好色キャラへと変貌した。
  • 男メイズ/斑鳩明(MAZE☆爆熱時空):言わずもがなの性の解放区。歩く放送禁止用語。令和時代には出すことすら絶対NGの強姦魔。
  • キャロット・グラッセ(爆れつハンター):ファンタジー世界の諸星あたる、と言って良いほどのトレースキャラ。
  • 間宮小樽(セイバーマリオネットJ):あたるから名前を採られている(「あ」たる→「お」たる)。もっとも性格はあたるとは正反対だが、それゆえに重責や酷い目に遇うことも多い。

関連記事

親記事

うる星やつら うるせいやつら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3543421

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました