ピクシブ百科事典

概要

性自認とは、自身の「性別」に対する認識のこと。
Gender Identityの意訳の一つであり、性同一性とは本来同じものである。

日本文化ではIdentity(同一性)という概念が余り認識されていないことから性同一性という訳語が浸透せず性自認の方が流通しており、文化的認知の乏しさとその表記から、思っているという気分レベルのものと極めて軽く認識されがちである。
しかし、実際にはある人物が過去から未来まで継続して生存し活動している限り同一のその人物であり続けている(同一性)の内、性別について表現したものであり、その人物の自我や存在そのものと不可分な、全ての人間に備わっている根源的要素の一つである。
その為、いわゆる性別不合(性同一性障害)の治療において、身体に精神を合わせるアプローチは古くから数多く試みられたものの成功せず、また対象者の人間性そのものを作り変えるという人権侵害でもあり、医療・倫理の両面から現在では精神に身体を合わせるアプローチが行われている。

以上から、ある人物が男性であるのか女性であるのか、あるいはどちらでもなかったり(第三の性別)どちらでもあったりするのかは性自認に由来する。また、性自認は身体がそうであるように必ずしも男女のいずれかであるわけではなく、混じっていたり、流動的である場合もある。

関連タグ

性別
トランスジェンダー シスジェンダー
性同一性障害 性別違和

関連記事

親記事

性別 せいべつ

子記事

兄弟記事

コメント