2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

男は顔と金だ
CV:神谷明(1981年版)/宮野真守(2022年版)/三木眞一郎(パチスロ版)/子安武人(パチスロ(アニメ版))

人物像

御曹司だが本性はあたると変わらず?

代々武家でとてつもない財力(原作は500億、アニメでは5兆、新アニメでは5兆ドル)を持つ面堂財閥の跡取り息子。プライドが異常に高く尊大で傲慢な態度をとるため教師男子生徒からの評判は極めて悪いが、「女性はいたわるべきである」と公言しているせいで女子生徒からの評判はおおむね好評である。そんなわけでクラスの男子とは基本敵対しているが、同じ目的のためには組むこともある。だが、負けが確定すると直ちに見捨てられ敵への生贄として差し出されてしまう。
もともと登場初期から同級生の男子には「金と顔を取ったらあたると変わらん」と言われていたが、ラムが持ち込んだ宇宙の星占いにてその本性は金とプライドを奪えばあたると何も変わらないと確定。友引高校の保険医を勤めている巫女のサクラからは色ガキの双璧として全く同列の扱いを受け基本的に嫌われている。妹の了子や父からどっちが女への執着心があるのかと聞かれ諸星と言っても信用されなかった程である。

フォローしておくと、躊躇なくセクハラする上に釣った魚に餌をやらないあたるに比べると表面的な言動はまともなのも確か。クラスの女生徒からも「面堂さんは理性があるから(あたるよりマシ)」「諸星君と違って顔がいい(それだけ)」と評されている。とはいえ所詮根本はあたるの同類なので、時たま理性を失ってあたるレベルの見境ないセクハラに走る。

髪型は常にオールバック。かなりのこだわりを持っているようで幼少からずっと同じ髪型である。髪が乱れた時には常備している櫛と鏡を使って整えている。あたるはこの髪形も内心馬鹿にしている様子が見える。何故か普通の学ランではなく白ランを着用しているが誰も突っ込む様子はない。

恋愛観

当初からそのと財力を武器に女子からの人気をほぼ一手に引き受ける存在だったが、本命であるラムちゃんは全くなびこうとせずあたるにばかり好意を向けているためにあたるへの敵意を持つこととなる。あたるからしても当初付き合っていたしのぶを取られる形となったため互いに強い敵意を持ち合っていた。しかしラムの元婚約者レイや幼馴染のぴぐも等自分よりはるか上を行く宇宙の美男子の前には絶望してしまい、初期によく言っていた「だ」は言うに言えなくなり「男はだ」に変えてしまう。
ラムに惚れた経緯は原作、アニメ共に特にきっかけがあった訳ではなかったが新アニメ版では初めて電気ショックを受けた時の感覚が忘れられなくなり気になり始めたという描写が追加されている。

女性の好みとして、美人でスタイルの良い女性が好きなのはもちろんだが、彼の場合は加えてどこかエキセントリックな…「普通じゃない」女性を好む傾向がある。
登場して間もないころの面堂は、三宅しのぶに振られてショックを受けているあたるに
「世俗を超越した僕と違って…凡人の彼は、普通の女の子が好きなのでしょうね」
と言っている。
つまり面堂にとってしのぶは「自分に好意を寄せる普通の女の子の一人」でしかなかった。
まあしのぶも類いまれなる怪力少女であり、十分普通の女の子ではないし、タイムスリップした際に幼少期の終太郎はしのぶに「気に入った、そちを妻にするぞ!」と言っているが…。(なお、幼少期の面堂はラムにも同じ事を言っている。)

男装少女である藤波竜之介の事は正体を知ってからは女性として扱ってはいるが、暗所恐怖症を我慢できない、バレンタインデー自分の3倍はチョコレートをもらう彼女に男として嫉妬したり、どこか女性として見ていない節はある。

男性関係については、犬猿の仲でありいつも喧嘩してはやられるあたるとは連載が進むうち腐れ縁となり、鼻を明かすためだけに家に招き入れた結果、2人で遭難するような事もあった。幼馴染の水乃小路飛麿(トンちゃん)とは終生のライバルであったがトンちゃん本人と部下がマヌケ過ぎる、今の面堂にとってはあたるがライバルである事から扱いは悪い。
飛麿の妹・飛鳥とは一応婚約者だが飛鳥が男嫌いの常識を歪ませたブラコンである事から殆ど興味はない。

武家出身ゆえか日本刀を所持しており学校にまで持ち込むのだが処罰される様子は無い。さらにあたる等数名には実際に斬りつけているが全て真剣白刃取りされてしまう、さらにその多くは反撃を喰らっている。また、刀は事あるごとにしょっちゅう折れるほど脆く、最初はロッカーまで取り出しに行っていたが、その後どこからともなく取り出せるようになりクラスの男子から数度ツッコミを受けている。
能力的にはかなり強い方に分類されるはずなのだが、猪突猛進一択の戦闘スタイル、周囲に敵を作り過ぎる、逃げ足が早く悪知恵の働くあたるとの相性が絶望的に悪い等から基本的にやられ役で、勝てるのはモブか温泉マークが相手の時くらいである。

暗所閉所恐怖症

幼少時代の経験が元で暗所閉所恐怖症になり、対策を試しているうちに腕力がついて釣鐘割りという必殺技を身に着けてしまった。恐怖症は原因を探りに過去へ行った際に自らやってしまったことが原因の正に身から出た錆である。女性同伴だと平常を保てるのだが、近くに女性がいてもその女性が目隠しされると発症する。

また、男装少女であるためか江戸っ子口調の藤波竜之介では効き目がない、このために竜之介を怒らせてしまったこともある。

タコを大切にする家柄

代々タコを大事にしてきた家柄で、邸内には多数のタコが飼育され、1匹1匹名前がつけられておりちゃんと識別できるばかりか会話までできる。ただこのことは竜之介の父からは評価が高い反面あたる、竜之介、ジャリテンからは馬鹿にされておりネタ扱いされる。ちなみに終太郎にとってタコは食の禁忌であり、見ている前で食べようものなら激怒させてしまう。

通学にヘリを使う

普段の通学には巨大なヘリコプター(見た目はMi-12に近い)を使いパラシュートで降りてくる。しかしヘリ以外で通学している様子もある。また、通学用ヘリが故障した際にはタコに引かせる車に乗って通学という、普段から見せている極度のタコ溺愛ぶりからは考えられない方法を使ったりもしていた。

家族と部下

家族は両親と了子という妹がいるが、彼女にとっては愛する兄でありながら最も身近で好都合なイジられ役という認識らしく度々イタズラを受けている。さらにこれにあたるをはじめとした色ボケのクラスの男子が介入しようものなら必ず了子の味方になり、しかも了子の部下の黒子は後述のサングラス部隊と違って非常に優秀なためほぼ確実に終太郎が負ける。一応妹の事は大事にはしているが了子本人がヤバすぎる為、他の女性のような優しい扱いはしていない。

部下として無数のサングラス部隊がいる。基本的に終太郎には忠実に従うがあたるに「どえらい連中雇っとる」と言われる程のアホばかりで、そのために何度となく恥をかかされているばかりか、自らがおちょくられることさえある。

女体化

あたるともども作中で女性に変えられてしまったこともある。あたるが胸が大きくなる以外外見が変わらなかったのに対し、どういうわけなのか不明ながらこの時は髪が伸びて着ているものも女物に変わってしまっていた。さらに不思議なことに男に戻ると髪や服も元に戻っていた。ただ中身は変わっていない。この女体化している時の終太郎は終子と呼ばれ、pixivにも女体化しているイラストがあり面堂終子タグまで存在している。ただし作中での登場した公式の呼称ではなく一部ファンが勝手に命名したのが始まり。みんな見ている前で女体化してしまったのだからわざわざ別の名前を名乗る必要も無かったのだろう。(一応、アニメ 211話にてあたるが命名している)
更にアニオリで追加の女体化した事があり、この時はあたるに襲われかけた。

アニメ版にて

1981年版

昭和版アニメでは、押井守のカラーが強かった時期は、危機的状況においてはしのぶと共に“悪ガキ共の中ではまだある程度理性的”扱いをされて、サクラとも解決策を議論したりする(温泉マークは1980年代日本の視野狭窄的常識人であるため、この状況ではパニック状態になってしまい役立たず扱いが多い)。一方、ラムを手中に収めるためには冷徹な独裁者的一面を覗かせることもある。前者の代表が劇場版『ビューティフル・ドリーマー』、後者がTV第128話・第129話である。
また、神谷明のイケメンとギャグキャラを両立させる声色によりはっちゃける時はトップクラスに壊れる。

2022年版

2022年版『うる星やつら』では面堂終太郎の登場が2話目ラストからとかなり早くなっている。
令和版アニメでは演者である宮野氏と絶妙にマッチし、ファンからは「ただの宮野」キャラとして数えられている。

出番が早くなった都合でおユキ初登場のエピソード「お雪」に、原作と旧アニメ版では登場していない面堂が登場している。
おユキがあたるに迫られてまんざらでもなかった様子なのは、男手の少ない海王星に労働力として残って欲しかったからと示唆されている。
「ラムのご主人ももう一押しだったのに残念ね。」と言うおユキの向こうで、海王星の雪女達にいい顔をしたかった面堂はやつれた姿で雪かきを続けていたのだった。

余談

名前

元々はトラブルシューター役として考案されたキャラであり、それがこの名前の元になったのは有名である。とはいえ本当に解決したのはラム、あたる、しのぶの三角関係くらいであり、結局は当初の想定とは逆であたるに匹敵するトラブルメイカーになってしまう始末だった。
ちなみに妹と名前の頭文字を合わせると「終了」になる。

誕生日

誕生日は4月1日。
幼馴染の飛麿が妹・飛鳥と御簾越しに対面した際の事を覚えていない=物心がついていない段階だった。その後、彼女は15歳で初登場したのだが、一般的な物心の付く年齢が3歳と言われており、父親に背負わされていた体格から、飛鳥と飛麿の差は少なくとも一歳前後と思われる。
 
ちなみに、あたるの誕生日は4月13日である。
この事実から、面堂はあたるより約1年後に生まれ、その差は一歳前後と推測できる。
さらに誕生日が究極の早生まれである4月1日を考慮すると、初登場は1年近く早く生まれたあたるたちのクラスに早生まれの面堂が偶然転入したのではなかろうかと推測が出来る。

現実世界では、1968年4月1日生まれの桑田真澄氏が「あと1日遅く生まれていれば、同期の清原和博氏(1967年8月18日生まれ)を先輩と呼んでいただろう」と述懐していることから、面堂も1日誕生日が遅ければ2年4組ではなく1年に転入することになったと思われる。

モデル

主人公・諸星あたるのライバルであり、白い学生服を着、日本刀を持ち歩いていることから、『男組』(原作・雁屋哲、画・池上遼一)の登場人物・神竜剛次がモデルであると言われている。

関連タグ

うる星やつら 高橋留美子 御曹司 残念なイケメン フェミニスト
女好き すけこまし ただの宮野

中川圭一花輪くん:元々「金持ちでイケメンだが性格に難あり」という面堂との共通点がある。ただし面堂とは逆に両者ともまともな性格に変わっていった。ついでにあまり知られていないが前者とは中の人繋がりでもある。

岩鬼正美4月1日生まれ。また、やはり面堂ほどではないものの、連載開始当初は企業家の息子だった(もっとも、4人兄弟の末弟であったため生家での扱いは良くない)。ただ、高校編の中盤で父親の企業は倒産してしまう。

関連記事

親記事

うる星やつら うるせいやつら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 895850

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました