ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

大阪府八尾市出身。小学校2年生の時にソフトボールを始め、3年生で地元の名門少年野球チームに加入。

中学校は公立だったが当時から破格の実力を現しており当時は西山秀二とバッテリーを組んでいた。

PL学園清原和博と「KKコンビ」で甲子園優勝に貢献。

1985年読売ジャイアンツからドラフト指名を受ける

2007年には読売ジャイアンツを退団して渡米し、ピッツバーグ・パイレーツに移籍したが、同年現役引退を発表した。


その後野球解説者のかたわら、大学院に入り直してスポーツ科学の理論を学び直し、根性論に傾きがちな日本のスポーツ界に警鐘を鳴らす著作活動などもしており、特に体罰による指導を「指導者が怠けているだけ」「体罰では選手が萎縮し逆効果」などと痛烈に批判している。

少年野球指導の書籍も出版しているが、同書中でも根性論や過剰な練習を厳しく批判している。

彼が高校時代に経験した理不尽で苦い過去が本書で体罰は逆効果と警告が後に全国各地の名門校の不祥事が浮き彫りとなり、嘘から誠なりのような事が起き、その結果体罰問題を解決しようと動きが出たのである。


また彼は現役で活躍するスポーツマンに対して違法薬物には手を出さないよう警告している。勿論我々一般人もそうだが。


高校野球全国大会での春夏通算20勝はいまだ破られていない記録である。


長男の桑田真樹は滋賀ユナイテッドベースボールクラブの選手、次男の桑田将司(Matt)はミュージシャン・モデル・タレントとして活動。

実弟の桑田泉もPL学園出身で、現在はプロゴルファー(日本プロゴルフ協会のティーチングプロ)をしている。


2021年より読売ジャイアンツの投手コーチ補佐に就任、15年ぶりに同球団に復帰


2024年大阪市内のホテルでPL学園懇親会場にてメディア対応し、PL学園野球部復活に向けて全力投球すると発表した。


プレースタイル

コントロールの良いストレートカーブを軸に、スライダーシュートSFFをバランス良く投げて打者を打ち取っていく技巧派投手。

また、守備が得意で、ゴールデングラブ賞8回受賞が光る。「桑田がショートに入れば巨人のショートは10年安泰」とまで言われた。また、投手の九番打者としては驚異的な2割1分4厘の生涯打率を持ち、これはNPB過去60年間の投手打率としては第1位(「守備が一番得意で、その次が打撃、次が走塁、いちばん苦手なのがピッチング(本人・談)」。



関連タグ

野球PL学園

クワタかっとばせ!キヨハラくんに登場する、桑田真澄がモデルのキャラ。

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25697

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました