2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ブルーロック

ぶるーろっく

「ブルーロック」とは『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中のサッカー漫画である。
目次[非表示]

概要


日本のサッカー漫画。原作は「神さまの言うとおり」を手掛けた金城宗幸、作画は「ドリィ♡キルキル」を手掛けたノ村優介「エゴイスト系ストライカー育成サッカー漫画」と紹介されている。
週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年35号より連載中。2022年3月現在で18巻まで単行本化されている。
ぶっちゃけるとサッカー漫画の皮を被ったデスゲーム漫画である。
サッカー部分は理論染みた描写は多かれ少なかれ存在するが、脱落=死に等しい設定や、サッカーとしての描写より駆け引きの方が凝っていて、ストライカー養成と嘯きながらも技術・戦術・栄養指導的な描写もほぼ無く、同年代を題材にした作品としては極めて異質。

内容的にもサッカー漫画でありながら日本サッカーそのものを否定する漫画である。キャプテン翼エリアの騎士のような選手間の連携を重視するサッカー漫画を求めている人はまずオススメ出来ない。
連載開始時期がFIFAワールドカップロシア大会で日本代表がベスト16に終わった直後でまるで現実とリンクする状況にあったのだが、監督に就任した絵心甚八による本田圭佑香川真司など日本のサッカーに貢献して来た選手を実名で「カス」呼ばわりした挙げ句日本のサッカーの在り方を真っ向から否定し「エゴこそがストライカーを育てる」と主張し初回から炎上したことでも有名で、更には駆け引きを重視するあまりサッカーのルールを無視する展開が多く、読者から「サッカーを馬鹿にしてる」「作者(金城)はルールを知らないのか?」「勢い任せ」等痛烈な批判も多く、最初のうちは到底受け入れ難い内容でネット上でも評判は良くない方だった。

しかしながら不世出の伝説的ストライカー釜本邦茂以降、世界に通用する生粋のストライカーが不在と叫ばれて非常に久しいジャパンサッカー界の現状や問題点を事細かに示唆してくれる数少ないサッカー漫画(逆にキャプテン翼シュート!などの読者の創造性を駆り立たせるサッカー漫画の多くは、現実離れ現実逃避に近いプレイスキルやプレイスタイルを数多く描写することはあっても、ジャパンサッカー界が慢性的に抱える構造的欠陥や問題点に触れたことは全くない)でもあり、同時に世界的ストライカーに覚醒できる重要なヒントも本作品には多かれ少なかれ掲載されているなど、「ジャパンサッカー界が世界と対等以上に渡り合えるためには、ゴールを量産できる強烈な個性を有するエゴイスト系ストライカーの育成と輩出は絶対不可欠」と絵心や帝襟アンリを介してジャパンサッカー界に苦言や警鐘を敢えて打ち鳴らしている。

別冊少年マガジン7月号より青い監獄(ブルーロック)入寮前の凪誠士郎を主人公とした公式正史スピンオフ『ブルーロック-EPISODE 凪-』が連載中。本編同様原作を金城宗幸が、キャラクターデザインをノ村優介が担当、漫画担当は三宮宏太

あらすじ

日本代表サッカーW杯をベスト16で終えた2018年、日本をW杯優勝に導くストライカーを養成すべく、計画の全権をもつ絵心甚八が選んだユース年代のFW300人を対象とした青い監獄(ブルーロック)プロジェクトが起ち上がる。失格者は日本代表入りの資格を永久に失うという条件の中、無名な高校生プレイヤーである潔世一は同じ頂を目指すライバルと時に戦い、時に協力しながら、世界一のストライカーを目指し、試練に挑んでいく。

登場人物

青い監獄参加者

元・チームZ(伍号棟)

主人公が一次選抜で所属したチーム。
潔世一(CV:浦和希
蜂楽廻(CV:海渡翼
國神錬介(CV:小野友樹
千切豹馬(CV:斉藤壮馬
雷市陣吾(CV:松岡禎丞
我牙丸吟(CV:仲村宗悟
五十嵐栗夢(CV:市川蒼
久遠渉(CV:中澤まさとも
今村遊大(CV:千葉翔也
伊右衛門送人(CV:綿貫竜之介
成早朝日(CV:梶田大嗣
吉良涼介(CV:鈴村健一

一次選抜時のライバル達

凪誠士郎(CV:島﨑信長
御影玲王(CV:内田雄馬
馬狼照英(CV:諏訪部順一
二子一揮(CV:花江夏樹
剣城斬鉄(CV:興津和幸
鰐間淳壱(CV:鈴木崚汰
鰐間計助(CV:鈴木崚汰)
大川響鬼

二次選考以降登場の参加者

潔達とは別の棟にいた参加者。
糸師凛(CV:内山昂輝
蟻生十兵衛(CV:小西克幸
時光青志(CV:立花慎之介
士道龍聖
烏旅人
乙夜影汰
雪宮剣優
氷織羊
七星虹郎
黒名蘭世
石狩幸雄
西岡初
皿斑海琉
志熊恭平

青い監獄プロジェクト関係者

絵心甚八(CV:神谷浩史
帝襟アンリ(CV:幸村恵理
不乱蔦宏俊
法一保守

U-20日本代表

オリヴァ・愛空
閃堂秋人
仁王和真
陀来弥勒
音留徹平

トッププレイヤー

作中、世界的に有名なプレイヤー。
糸師冴(CV:櫻井孝宏
ノエル・ノア
ラヴィーニョ
クリス・プリンス
ジュリアン・ロキ
レオナルド・ルナ
パブロ・カバソス
アダム・ブレイク
ダダ・シウバ
ミヒャエル・カイザー

用語

  • 青い監獄(ブルーロック)プロジェクト

全国から300人の優秀なFW高校生を集め、1人になるまであらゆるテストを与えて磨き上げる、選ばれない299人の人生を滅茶苦茶にさせる勢いで作られ、日本のW杯優勝を見据えた計画。300人の参加者は敗北しリタイアすると、永久にサッカー日本代表になる権利を失う。また、上位5人は選考に残った結果、その過程でU-20日本代表に組み込まれ、U-20世界代表との試合を行う。
新入職員のアンリと、アンリが外から招いた謎の男である絵心が中心となり企画が動いているが、その内容や実態がない実績から他の連合職員やマスコミには受け入れられていない。
プロジェクトが進むにつれて予算の使い過ぎを苦にした連合職員だけでなく、参加選手の親族からもブーイングやクレームが多発し始めた事で、プロジェクトそのものが頓挫する危機を迎える羽目になってしまう。
そこで絵心は一世一代のギャンブルの意味を込めて、U-20日本代表と試合を行い、敗北すればプロジェクトは終わり、勝利すれば存続した上でブルーロックのメンバーは日本代表入りと言う条件を飲んで実行される事となった。連合側も「日本代表入りしたメンバーが高校生に負ける訳がない。」と高を括っていた事と世界的MFの糸師冴を日本代表に加えて試合すると言う話題性による荒稼ぎを目論んでいたのもあり、とんとん拍子で実現が確定した。
そして遂に試合当日を迎え、最初は観客も含め日本代表の勝利を疑わなかったが、ブルーロックイレブンの予想以上の実力と勝利への執念を見せつけられ、試合は一進一退の攻防を迎えた。
一進一退の末、試合に勝ったのは、ブルーロックであり、潰れされかけたプロジェクトは無くなる所かその凄さと意義を日本だけでなく世界にまで知らしめる事となった。

本作の主な舞台となる、W杯優勝を見据えた世界一のストライカーを育成するための施設。
詳細は該当項目にて。

  • 「FLOW」(フロー)
「己の能力」と「挑戦の難度」がかみ合った、適度な難しさの目標に向かう『挑戦的集中』への没頭状態。「FLOW」状態に入ると自身の能力が拡張され、傍目から見れば奇跡としか思えないようなスーパープレイを繰り出せるようになることから、『奇跡を起こす方程式(カラクリ)』とも表現されている。

メディアミックス

TVアニメ

2021年8月12日、TVアニメ化決定が報じられた。その後2022年5月13日には具体的な放送時期の発表がなされている。

2022年10月からテレビ朝日NUMAnimation枠、AT-Xにおいて連続2クールで放送される予定。

制作スタッフ

原作・ストーリー監修金城宗幸
漫画ノ村優介
監督渡邉徹明
助監督石川俊介
シリーズ構成・脚本岸本卓
コンセプトアドバイザー上村泰
メインキャラクターデザイン・総作画監督進藤優
キャラクターデザイン・総作画監督田辺謙司/戸谷賢都
チーフアクションディレクター東島久志
アクションディレクター坂本ひろみ
プロップデザイン東島久志 / 中島裕里 / 興津香織
作画特殊効果あかね
色彩設計小松さくら
美術設定杉山晋史
美術監督高木佐和子
背景スタジオワイエス
撮影監督浅黄康裕
撮影チップチューン
3DCGディレクター広沢範光
3DCGオーラスタジオ
ビジュアルコンセプト山下敏幸(ハイパーボール)
特殊効果処理山下敏幸 / 三皷梨菜
2DCGモニターグラフィック浅野恵一(emitai)
編集長谷川舞(エディッツ)
音響監督郷文裕貴
音響制作ビットグルーヴプロモーション
音楽村山☆潤
アニメーションプロデューサー平野強
アニメーション制作エイトビット


主題歌

オープニング「カオスが極まる」
歌:UNISON SQUARE GARDEN
エンディング「WINNER」
歌:仲村宗悟

スマホゲーム

2022年9月23日には、「株式会社ルーデル」によってTVアニメ『ブルーロック』を題材とするスマホゲーム『ブルーロック Project: World Champion』の制作が発表された。

関連動画

紹介PV


アニメ化ティザーPV


アニメPV第二弾


関連タグ

漫画 サッカー サッカー漫画

users入りタグブルーロック100users入り / ブルーロック500users入り / ブルーロック1000users入り / ブルーロック3000users入り / ブルーロック5000users入り / ブルーロック10000users入り
腐向けタグ腐ルーロック
夢向けタグ青監プラス / 夢ルーロック / ブルロ夢 / ブルーロック夢

ONEOUTS:こちらは野球漫画の皮を被ったプロ野球版デスゲーム。プロは選手生命を賭けた生き馬の目を抜く戦場。「勝つというのは、力において敵を上回ることでも、ましてや幸運を待つことでもない。勝つとは即ち……敵を負かすこと、蹴落とすこと、つまずいたヤツを踏みつぶすこと、ドブに落ちたイヌを棒で沈めること、パックリ開いたキズ口に塩をすり込むこと……勝ち残るとは敗者の屍を超えること……決して美しいことではない。むしろ極めて残忍なこと………それでも頂点に立ちたいと言うのなら、鬼になれ!」など、本作品と酷似しているサバイバル観を主張する野球漫画。

シュート! Goal to the Future:ブルーロックアニメ版の1クール前から始まるシュート!の完全新作。こちらも放送時期がFIFAワールドカップ合わせでの放送となっている。

外部リンク

TVアニメ公式サイト
ブルーロック第1話
ブルーロック(ニコニコ静画)
ブルーロック-EPISODE 凪-第1話
ブルーロック-EPISODE 凪(ニコニコ静画)

関連記事

親記事

金城宗幸 かねしろむねゆき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブルーロック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブルーロック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2150144

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました