ピクシブ百科事典

僕の心のヤバイやつ

ぼくのこころのやばいやつ

『僕の心のヤバイやつ』とは、桜井のりおによるマンガクロス連載の漫画である。
目次[非表示]

殺戮のカウントダウンは始まったばかり…

概要

僕の心のヤバイやつ』(THE DANGERS IN MY HEART.)とは、「桜井のりお」による漫画作品。通称は「僕ヤバ」。
週刊少年チャンピオン平成30年第15号から連載開始。第5話以降は秋田書店のweb漫画サイト「マンガクロス」に移籍し、隔週連載中。既刊6巻。

ジャンルはラブコメ。「陰キャと陽キャは思考回路や行動様式が決定的に異なる」という設定を通底しつつ、陰キャの主人公・市川と、陽キャのヒロイン・山田の少しずつ変化する関係性や距離感を丁寧に描く。
主に市川のモノローグ(ツッコミ・観察・推察etc.)によって語られ、ヒロインの山田をはじめ他の登場人物の心情は一切描写されない。そのため一種のミステリー的な側面もあり、情報をあえて明示せず読者の想像に任せる手法が頻繁に用いられることに加え、さりげない描写が伏線となり、複数のエピソードをまたいだ後に回収されることもある。そのため、Twitterを中心に読者による考察や議論が盛んに行われている。

同作者が並行してチャンピオンに連載している『ロロッロ!』では、過去作『みつどもえ』でも描かれていた下ネタやエロネタが中心に描かれているのに対し、時折描かれていたラブコメ要素が『僕ヤバ』ではふんだんに描かれている。

「次にくるマンガ大賞2019」ではWEB部門第5位を獲得。「このマンガがすごい!2020」ではオトコ編3位。「次にくるマンガ大賞2020」でついにweb部門1位を獲得。

マンガクロス掲載の本編とは別に、一枚絵のイラストや2~4ページ程度の短編が作者のTwitterpixivに頻繁に投稿されている(通称:ツイヤバ)。本編との時系列関係は明確にされておらず、パラレルと思われる展開も多いが、全体的に二人の距離感が本編より近く甘々なものが多い
これらのショートエピソードの一部は単行本にも収録されている。

内容

学園カースト頂点の美少女・山田杏奈の殺害を妄想してはほくそ笑む、重度の中二病の陰キャ・市川京太郎
だが山田を観察する内に、京太郎が思う「底辺を見下す陽キャ」とは全然違うことに徐々に気づいていき…!? 陰キャ男子・京太郎の初めて恋、始まる。
陽キャ美少女×陰キャ少年のニヤニヤ系青春格差ラブコメディ!!

登場人物

市川京太郎

僕ヤバ


主人公。重度の中二病(猟奇趣味)を抱えたひねくれ者で、観察とツッコミの鬼。癇に障る相手を殺害する妄想が常習化しており、カーストの頂点から自分のような底辺を見下している(ように見える)山田を最大のターゲットとして暗殺の機会を窺っていた――が、昼休みの図書室で隠れて暴食の限りを尽くしていた彼女に遭遇し、思わぬ素顔に心を搔き乱されていく。女心に疎くても、いざという時には頑張れる男。

山田杏奈

僕ヤバらくがき


ヒロイン。中学生離れした美貌とスタイルの持ち主で、学外ではモデルの仕事もやっている。大人びた外見に反して言動は小学生じみており、卑しいまでに食い意地の張った健啖家。いくつかの巡り合わせがきっかけで市川に興味を抱き、次第に距離を縮めていく。多感で一途でいじらしく、考えるより先に体が動くことも多い。「可愛い」より「面白い」と言われたいお年頃。

小林ちひろ

小林さん


同級生で山田の親友。市川と同じくらい小柄な女の子。愛称は「ちぃ」「ばやしこ」。ある意味で山田にベタ惚れしており、彼女の扱い方をよく心得ている。
常に山田の横で不逞の輩をガードしているため、市川には内心で「彼氏さん」と呼ばれている。山田本人や山田を狙う輩にはざくざくとものを言うが、一転して自分がターゲットになるとチョロい。作中では最も純真で、他人の色恋沙汰についてはあまり理解が及んでいない。

関根萌子

もえこ


山田グループの一人。見た目も言動もギャル風の女の子で、市川からは「ビッチさん」呼ばわりされているが、ボケもツッコミもこなすオールラウンダーな常識人。成績は市川よりも上。兄の影響でオタク文化にけっこう詳しい。男漁りに余念が無いが、特にモテるわけでもなく若干耳年増の傾向がある。市川と山田の関係にも気づいているようだが…。

吉田芹那

吉田芹那


山田グループの一人。三白眼の女の子で、ヤンキー漫画を読むのが趣味。主に山田の天然に対するツッコミを担当。小学校が同じだった山田からは「にゃあ」と呼ばれている。少々喧嘩っ早い。

足立翔

ぐいぐい来る足立


同級生の男子。ウェイ系のノリでセクハラトークを平然とかましてくるゲス野郎。山田に言い寄るが、まるで相手にされていない。市川からも内心で呆れられているが、時に市川を同類認定して親しげに話しかけてくる。自意識過剰な男子中学生の典型のような少年で、純情なところもある。

神崎健太

市川達がイブデートの一方で…


坊主頭の男子。比較的真面目でおとなしいが、早熟気味の性癖を抱えており、足立が振る下ネタにも食いつくなど、ちょっと癖のある男子。市川からは「ブス専くん」と内心で呼ばれているが、別にブス専ではない。原さんのことが好きなので、他の女子からは比較的無害扱いされている。

太田力
ぽっちゃり体型の男子。足立や神崎とよくつるんでいるが、二人がアレなせいで相対的にツッコミポジションにいる。自重というものを知らない足立に対してはたまに引き気味。

原穂乃香

原さん


市川・山田の同級生。ぽっちゃりした体型の女の子。神崎に好かれているが、ブスではない。市川と山田の微妙な関係を察しつつ、口に出さずにそっと見守る大人の心を持っている。山田同様、お菓子には弱い。市川と山田の物語が進む傍らで、神崎との関係は少しずつ進展している様子。

南条ハルヤ

さらばナンパイ


同じ中学に通う3年生の男子。通称「ナンパイセン」又は「ナンパイ」。手段を選ばず山田にしつこく言い寄るチャラ男で、山田グループ内ではクズと認識されている模様。とはいえ、川に落ちた市川のチャリを引き上げるのを手伝ったりと、良心的なところもある。彼の存在が市川の行動に影響を与えている部分も少なくない。

市川香菜

おねえ


京太郎の5歳年上の実姉。大学生で、軽音楽部に所属している。口は悪いがなんだかんだ付き合いのいい弟を溺愛している。自称「コミュ強」だが、子供の頃は陰キャだった。京太郎の事を「京ちゃん」と呼び、京太郎からは「おねえ」と呼ばれている。

諏訪祐希

諏訪さんの絵


山田の担当マネージャー。目力の強い端正な顔立ちの人物で、4年の付き合いになる山田に対しては保護者に近い態度で接している。市川を山田の「交際相手」と誤解しており、山田の現場を見学しに来た市川に釘を刺すのだが……。

関連項目

作者桜井のりお
出版秋田書店
配信マンガクロス
ジャンル漫画 / 恋愛ラブコメ
関連書籍みつどもえ-前作 26話にて名前が出ている / ロロッロ!-とある回がきっかけで、この作品が生まれた。
本作の舞台東京都目黒武蔵小山洗足渋谷
評価タグ僕の心のヤバイやつ100users入り僕の心のヤバイやつ300users入り僕の心のヤバイやつ500users入り僕の心のヤバイやつ1000users入り僕の心のヤバイやつ5000users入り
小説評価タグ僕の心のヤバイやつ小説50users入り僕の心のヤバイやつ小説100users入り


外部リンク

関連記事

親記事

桜井のりお さくらいのりお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「僕の心のヤバイやつ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「僕の心のヤバイやつ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22362400

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました