ピクシブ百科事典

デスゲーム

ですげーむ

創作ジャンルの一つ。『殺人ゲーム』とも呼ばれている。
目次[非表示]

概要

複数の登場人物が特定の場所に隔離または幽閉され、指定された目的の為に命を懸ける物語のこと。
人間(もしくは類似する知的生命体)を黒幕に置いた『ゲーム』の形でストーリーが進み、参加者の命を脅かしていくため『殺人ゲーム』『デスゲーム』と呼ばれている。

お話によって参加者同士が最後の一人になるまで殺し合ったり、逆に生き残るべく協力して障害をクリアするなどゲーム概要は異なる。
名前通り人が殺される内容の為、残虐描写を含むものもあり見る人を選ぶジャンルだが、登場するゲームには様々なルールが存在し、それを駆使するキャラ達の頭脳プレイや、ゲームを通しての人間模様・ドラマが大きな持ち味になっている。
多大な影響を与えた高見広春の小説『バトルロワイアル』になぞらえ、「バトルロワイアル(バトルロワイヤル)もの」と呼称される場合も多い。

ソードアート・オンライン』のように、ゲーム内で死亡すると連動してプレイヤーも殺されてしまう内容の作品もデスゲームと称される。
ただし、この作品の場合は他者を殺す行為(PK)はゲームクリアと直接は関係ないので、これも言葉の意味としてはやや異なる。戦わない事に対するペナルティがないので、主人公のキリトたちのような「攻略組」とは別に、モンスターが弱く安全な下層エリアで戦わずに日常生活をしている人々もいた。
もっとも『HUNTER×HUNTER』のグリードアイランドのように暗にPKを推奨しているもの>一坪の海岸線もあるが。

多くの殺人ゲームに見られる要素

殺人ゲームを扱う作品によく見られる要素。もちろん、これらが欠けていても通用している作品はある。

ゲームマスター

殺人ゲームがあくまでも「ルールの存在するゲーム」であることを示すために必須なキャラクター。
ラスボスとして君臨したり、物語の重要な鍵を握っている。
自らは安全な部屋にてゲーム内容を観察しつつ、参加者らに要所要所で話しかけてきたり助言を与えるといった行動をよくとる。
また知的要素にギャップを出したり、無邪気さゆえの残酷さ(プレイヤーは玩具)を表現するためか、子供っぽい性格を演じている事もある。

サブマスター

ゲームマスターに準ずる存在。
運営側の人間が正体を伏せてプレイヤーの中に紛れ込み、ゲームが(観客にとって)面白くなるように(全員で仲良くクリアなんてさせないために)場を引っ掻き回す。当然ルールに関しては裏ルールまで完全に把握している。一方で、(観客に対しても正体を伏せているからか)それ以外はプレイヤーと同じ条件な事が多い(武器の扱いに慣れている等はあるが)。
設定的には強キャラだが、物語的な都合で中盤あたりで不測の事態により死亡退場する事が多い。某作品では真っ先に殺されたことも。
またグリードアイランドでは、(サブマスターと呼べるほどの地位ではないが)敵役が余計なことを喋った事で口封じとしてゲームマスターに粛清されたりもしている。

前回参加経験者

サブマスターに近い存在。ただし味方になる事も多い。
最低一度は殺人ゲームを生き延びた「勝者」な事から作中屈指の強キャラ。
サブマスターほどではないがルール等に詳しいことから、味方の場合は便利な解説キャラである。
一方、敵の場合は殺人ゲームに快楽を見出した殺人鬼として立ちふさがる。

隔離されたステージ

殺人ゲーム作品は基本的に現代を舞台としている為、法の目をかいくぐる目的で舞台が閉鎖された空間となっている事がよくある。
ゲームを遂行する以外の方法では逃げ出せず、参加者らを恐怖させたりゲームに目を向けさせるなどの効果がある。物資や行動範囲も限られる場合が多く、より「ゲーム」に純化させるための設定といえるかもしれない。
物語の目的がステージからの脱出の場合、最後は文字通り「脱出ゲーム」になることもしばしば。
閉鎖されていない(=市街地が舞台)の場合でも、プレイヤーに発信機のようなものが付いており、ステージとなる区域を出ると処罰(主に死刑)されるのでゲームからの脱出は不可能となることが多い。当然発信機を外そうとする行為も処罰対象である(そのため発信機は首輪型が多い。外そうとすると爆発するか毒を注入される)。

複数回の開催

殺人ゲームも「ゲーム」である以上、そこには明確な「ルール」が存在する。
その「ルール」が卓上の理論ではなく、使用にも耐えうる強固で穴の無いものであると説得力を付けるため、物語開始以前にも同様の殺人ゲームが行われたとする作品が多い。
そもそも主催者が「気まぐれで始めた」とかでもなければ、基本的に賭博の対象として開催されているので定期的に開催しているはずである。
このことから続編スピンオフを作りやすく、キャラクターも使い回せるループものとも相性が良い。

ルールの解釈

上記のように穴のないルールの範囲で、どう上手く立ちまわるか、また基本的に禁止されてなければ何をやっても構わないので、一見完璧なルールの裏をどうかくか(穴を突くか)も見どころの一つである。
逆に穴の多いルールであったり、ゲームマスターの気分でルールをコロコロ変える、深い理由なしにルール違反を大目に見るなどは「ご都合主義」との批判を受けやすいのでこの手のネタをやりたい方は心に留めておくと良いかと思われる。重要なのは「ルールが厳格に運用される」ことである。

主な殺人ゲーム及び殺人ゲーム系作品

ジャンルは原作の作品媒体となっている。
ここに無い殺人ゲームものを知っている人は追記をお願いします。

漫画・アニメ

今際の国のアリス神さまの言うとおりGANTZ
はーとのなな
出席者組
GANTZ  レイカ&クロノ
JUDGEDoubtダーウィンズゲーム
JUDGE
嘘つき狼
ダーウィンズゲーム3巻カバーイラスト
断裁分離のクライムエッジ出口ゼロBTOOOM!
クライムエッジ
LadyQueen
みんなーBTOOOMしようぜ!
未来日記リアルアカウントドクムシ ※WEB漫画
秘密…
リアルアカウント
ミチカ様
selector_infected_WIXOSSデス・パレードC(アニメ)
selector infected
デス・ビリヤード&デス・パレードオンリーイベント
OPEN DEAL
ヒト喰イぼくらの悪魔のリドル
ヒト喰イ
ぼくらの
悪魔のリドル
賭博黙示録カイジ賭博覇王伝零侍霊演武 Soul Buster
カイジ
賭博覇王伝零プチオンリー
侍灵演武 周瑜(附教程)
HUNTER×HUNTERグリードアイランド編)
グリードアイランド編


小説

インシテミル王様ゲームサバンナゲーム
インシテミル
王様ゲーム 新イベント!!
【商業告知】サバンナゲーム(コミカライズ)連載始まりました
ソードアート・オンライン ※ライトノベルバトルロワイアルハンガー・ゲーム
わたしがまもるから
【表紙】BATTLEROYALE15周年記念アンソロジー【概要】
「ハンガー・ゲーム」Born to Die
リアル鬼ごっこ魔法少女育成計画 ※ライトノベル
リアル鬼ごっこ
お め で た !


ゲーム

シークレットゲーム ※R18すばらしきこのせかいダンガンロンパシリーズ
シークレットゲーム
「シブヤで待ってる」
ダンガンロンパ
euphoria ※R18極限脱出 9時間9人9の扉極限脱出ADV 善人シボウデス
凜音様
999
極限脱出ADV善人シボウデス
Fate/stay night※初代PC版はR18アイドルデスゲームTV ZERO_ESCAPE刻のジレンマ
Stay Night
アイドルデスゲームTV
TEAM D


その他

仮面ライダー龍騎 ※特撮殺し合いハウス ※動画終焉ノ栞プロジェクト ※楽曲
僕自身を勝ち得るため
【宣伝】殺し合いハウス
終焉ノ栞
仮面ライダークウガグロンギCUBE(映画)ファニーゲーム ※映画
ドット絵:グロンギ怪人
HYPER CUBE □
ゲームをしよう
SAW ※映画劇場版名探偵コナン ベイカー街の亡霊 ※映画仮面ライダーエグゼイド仮面ライダークロニクル ※特撮
saw
ベイカーのジャック・ザ・リッパー詰め合わせ
New game、起動―


関連タグ

殺人 ゲーム R-18G 殺人ゲーム
ミステリー ホラー
パズル クイズ
パロロワ
エンターテインメント作品のジャンル一覧

【ループ】 - ループものと組み合わせたpixiv企画。

pixivに投稿された作品 pixivで「デスゲーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154155

コメント