ピクシブ百科事典

自動人形

じどうにんぎょう

機械やからくりで自動的に動く人形のこと。 作品ごとに概念は異なり、ロボットと同意義であれば、ロボットとは全く別とする場合もある。 多くの作品で、美しい女性型である場合が多い。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 機械仕掛けの人形のこと。
  2. からくりサーカス』の自動人形。
  3. 機巧少女は傷つかない』の魔力駆動式の人形。読みはオートマトン
  4. 川上稔作品『閉鎖都市・巴里』・『終わりのクロニクル』・『境界線上のホライゾン』では人型の無機物に魂を宿した種族の総称。
  5. ヴァイオレット・エヴァーガーデン』では「自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)」のひとりとして登場する。


機械仕掛けの人形のこと

表記はオートマタまたはオートマータ。単数形ではオートマトン。
語源となるギリシャ語では「自らの意志で動くもの」という意味だが、自動人形の条件は時代背景や用途によって見解が分かれる。
通常現実世界では「西洋からくり人形」を指すが、フィクションの世界では大概語源通り「自ら意志を持って動く人形」を指す。
どいう機構で自らの意志で動くのかは作品によってまちまちだが、内部に身体を動かす機構を持たずに動くタイプの人形は自動人形とは言わない。

関連タグ

ロボット 人形 メルツェル
オート・マトン(オート・マータ)

自動人形に分類されるキャラクター


『からくりサーカス』の自動人形

表記はオートマータ。
意志を持ち、自分で考え、自分で動く人形
フランシーヌ人形はアクア・ウイタエで動き、フランシーヌ人形以外は疑似体液で活動している。
下級の人形でも銃弾程度では破壊できず、さらに「黄金律」を持つため人間の武器で破壊するのは難しい。
中国拳法の技で体内に「気(ここでは万物に存在するという生命のエネルギーを指す)」を打ち込む等の方法で、擬似体液を爆発的に振動・沸騰させ自壊させることができる。
ただし上級の人形は「気」に対して耐性を持っているものが多い。

疑似体液

フランシーヌ人形が造り出した、自動人形に意志を与える水銀のような液体。
定期的に人間の血を加えないと作用しないため、自動人形は人間を襲い血を吸い尽くして殺す。
しろがねの血は血を吸った場合は問題は無いが、血が付着した刃物で刺される、血を注入されるなど、ろ過装置を介さずに取り込んだ場合は行動不能や機能停止に陥ってしまう。
ゾナハ病の病原体でもあり、これを気化したものが自動人形がばら撒く「銀の煙」である。

黄金律

造物主が自動人形の基本回路として作り出した部分であり、自らを改造する事でより優れた力を手にする自動人形が、唯一手を加えることのできないブラックボックス。
これは、フランシーヌ人形配下の自動人形らが元々「観客=見る者に恐怖を与える道化」として造られたための特徴であり、「観客に見える速さで動かなければならない」というものである。
逆を言えば「観客で無い者に対しては素早く動いてもよい」というものである。
つまり武器を持ったものは観客ではないので、高速に動くことができ、武器が強力であればあるほど速く動ける。(ただし、ルシールが銃火器を扱った際には高速で避けた描写がないため、観客とそうでないものが混じった状況では高速移動が制限されるとも見える)
ナイフや刀などの原始的かつ芸にも使用される武器や拳法家の素手の場合は武器を持たないと判断される模様。
また、芸人として芸の研鑽が優先され、初めて見る芸に対しては観察の為に動きを止めてしまう。
この為、しろがねは曲芸的な武器や懸糸傀儡を用いて戦闘を行っている。
ミサイルなどの武器を用いた場合でも懸糸傀儡に搭載されたものであれば人形の一部と判断される模様。
黄金律から逃れるためには、アクア・ウイタエを飲む以外に方法は無い。

真夜中のサーカス

フランシーヌ人形を笑わせるために作られた自動人形達のサーカス
行く先々でゾナハ病の病原体である「銀の煙」を撒き散らしながら世界中を旅している。

最古の四人(レ・キャトル・ピオネール)

自動人形の創造主によってフランシーヌ人形を笑わせるために作られたパンタローネアルレッキーノコロンビーヌドットーレの4体の自動人形。
創造主が笑わないフランシーヌ人形に失望して去った後フランシーヌ人形が作った擬似体液を与えられて自らの意思を持つことができるようになった。
「真夜中のサーカス」の団長であるフランシーヌ人形が自主的に発言しないため、彼らが実質的に自動人形達の頂点に立つものとして、他の人形に指示を与えている。

川上稔作品での自動人形

閉鎖都市・巴里』・『終わりのクロニクル』・『境界線上のホライゾン』などに登場。人型の無機物に魂を宿した種族の総称。「種族的に人形などの"型"に魂の"核"を見つけた精霊が宿り動き出したもの」ともされている

など
上記の通り自動人形は人形という"型"故に主人と客人に奉仕する事を本能とし、いわゆるメイドさんなので女性型が多い。
術式基板を用いた人工頭脳を持つことで高速の思考を行い、さらに精霊系としての感覚共有による共通記憶を所持する。
これらを用いた情報処理に長け、主に共通記憶は同型タイプの自動人形同士のネットワークとして機能する。
なお感情がないので辛辣な物言いをするのが特徴。
“武蔵”などが該当する。

製作されていたが、老朽化やサルベージによる核の摩耗、当人の乗り換え拒否などもあって、古式自動人形と呼ばれる機体は数少ない。
現在、その多くは内裏に詰めており、森・蘭丸のように他国へ派遣される者もいる。

共通の口癖は「~だと判断できます」「~以上」。

動力源は生体式と機械式、半生体の種類で共通して身体を保存するための食料などを必要とするが、それとは別に核となる精霊部分は地脈に流れる流体供給を受け稼働する。
体のどこかに魂を宿したものがあり、そこが自動人形の本体となる
本体が無事な限り、身体を破壊されても本体を別なボディに移植すれば復活することが可能。
また魂から生まれてくるため親を持たない。

関連タグ

ロボット サイボーグ アンドロイド
メカ 人形 SF

pixivに投稿された作品 pixivで「自動人形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 910092

コメント