ピクシブ百科事典

からくりサーカス

からくりさーかす

からくりサーカスとは、『週刊少年サンデー』で1997年から2006年まで連載されていた、藤田和日郎のアクション漫画。単行本は全43巻。
目次[非表示]

概要

 他人を笑わせなければ死んでしまう奇病「ゾナハ病」患者の男・加藤鳴海、莫大な遺産を相続したことから身柄を狙われる少年・才賀勝、勝を護衛する人形使いの少女・しろがねの3人の主人公を軸に、人形使いの戦いやサーカスの日常、200年に渡る人間と自動人形との戦いなどが複雑に絡み合ったストーリーが展開される。

特徴

 鳴海が人間と敵対する自動人形と戦う「からくり編」、勝としろがねがサーカス一座で人々と交流する「サーカス編」が交互に進められた後、クライマックスにつながる「からくりサーカス編」を経て、最終幕の「機械仕掛けの神編」へと通じる。各編の間には幕間として解説役のピエロが登場し、物語全体が1つの演劇であることを示す。

ストーリー

さぁさ皆様お立ち会い、今より開幕しまするは絡繰り仕掛けの大サーカス!
主役の3人を紹介しましょう。まず一人目は厄介な病に苦しむ中国拳法使い加藤鳴海。人を笑わせないと息が出来なくなるゾナハ病に苦しむ彼の所へ運命のからくりが招きましたるは、遺産相続争いに巻き込まれた才賀勝とそれを守護する謎の美女しろがね
数奇な巡り合わせによって出会った3人、ありとあらゆるしがらみや因果が絡み合うサーカスを舞台に八面六臂の大活躍!!お客様、心してお楽しみ下さいませ。

登場人物

主人公
才賀勝 加藤鳴海 しろがね

しろがね
ギイ・クリストフ・レッシュ ルシール・ベルヌイユ

しろがね-O
ジョージ・ラローシュ

仲町サーカス
タランダ・リーゼロッテ・橘 ヴィルマ・ソーン

黒賀村
阿紫花英良

真夜中のサーカス
フランシーヌ人形
パウルマン アンゼルムス

最古の四人(レ・キャトル・ピオネール)
パンタローネ アルレッキーノ コロンビーヌ ドットーレ

最後の四人(レ・デルニエ・キャトル)
ハーレクイン カピタン・グラツィアーノ
ブリゲッラ・カヴィッキオ・ダ・ヴァル・ブレンバーナ ディアマンティーナ

キーキャラクター
白銀 白金 フランシーヌ フェイスレス

その他
梁明霞リャン・ミンシア

用語

自動人形 ゾナハ病

関連タグ

人形 錬金術

pixivに投稿された作品 pixivで「からくりサーカス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2622662

コメント