ピクシブ百科事典

からくりの君

からくりのきみ

藤田和日郎の短編漫画作品、またそれを原作としたOVA。後に同作者が週刊少年サンデーで連載する事になる『からくりサーカス』の原型になった。
目次[非表示]

概要

『からくりの君』は、藤田和日郎の短編漫画作品。
初出は『週刊少年サンデー』1998年47号で、短編集『夜の歌』に収録。
2000年3月に同作品をトムス・エンタテインメントが映像化し、OVA作品としてVHSで発売された。 DVDは海外でのみ販売されていたが、2009年7月に発売された藤田和日郎魂の特典として国内でもDVD化された。

あらすじ

下忍『睚 弥三郎』らは、地方領主の『狩又 貞義』の城に忍び込むが見つかってしまい、追っ手『死なずの忍』をかけられる。辛くも生き伸びた弥三郎が一休みしていると、大きな行李(こうり、つづらのようなもの)を背負ったおかしな女『文渡 蘭菊』と出会う。そこに追いついた死なずの忍から弥三郎を危機一髪救ったのは、蘭菊の行李から伸びる鎧武者の手であった…。

主な登場人物

文渡 蘭菊(あやわたり らんぎく)

からくりの君 ログ


CV:矢島晶子
巨大な人形を操る文渡家唯一の生き残り。世間知らずで華奢で可憐な容姿だが、強い意志を持つ。
一族を滅ぼされた恨みから狩又 貞義の首を狙う。はいてない

睚 弥三郎(まなじり やさぶろう)

まなじる。


CV:若本規夫
狩又 貞義の城に潜入した忍者の生き残り。蘭菊が逃げ落ちる際に持ち出した文渡家の財宝と引き換えに、蘭菊の仇討ちに協力することになる。マユ毛がすごい。

余談

同作者の『からくりサーカス』の原型であり、ストーリー的な繋がりは不明だが「貞義」「虎乱」「からくりの門」など、そのまま流用した部分もある。

「睚 弥三郎」は作中でその正体が幻術を操る忍者「加当段蔵」であると発覚するが、これは史実に存在した「加藤段蔵」の別表記であり、からくり人形を操ったという伝説に由来すると思われる。

「文渡 蘭菊」が両手両足で人形を操るシーンはOVAのメインビジュアルとして象徴的に描かれ、アニメ本編では股間部分に何も身に着けていないことが明確に描写されたため、一時は関連ワードに「はいてない」が並んでいたほど印象的なシーンとして語り継がれている。

からくりの君
センシティブな作品



関連タグ

藤田和日郎 からくりサーカス

関連動画

関連記事

親記事

藤田和日郎 ふじたかずひろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「からくりの君」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「からくりの君」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256319

コメント