ピクシブ百科事典

AT-X

えーてぃーえっくす

株式会社エー・ティー・エックスが運営する、日本のアニメ専門チャンネル。正式名称は「アニメシアターX」。
目次[非表示]

概要

1997年12月1日開局。当初はテレビ東京の一部門であり、2000年6月から独立会社化。
チャンネル名に含まれる「T-X」はテレビ東京のコールサイン「JOTX-(D)TV」に掛かっている。

2009年からの社長は同局からの出向者であり、名アニメプロデューサーとして名を馳せた岩田圭介が務めている。また、テレビ東京系列局でたまに放送されているテレビCMに、テレ東の女性局アナが出演したことがある。

キャッチコピーは「ワンランク上のアニメ専門チャンネル」。
クオリティの高い作品の制作・編成を行っている。また、作品によっては年齢制限を設定している。

主なプラットフォーム別チャンネル番号

スカパー!(標準)スカパー!プレミアムJCOMひかりTV
333667605380

※スカパー!標準以外のプレミアム・JCOM・ひかりTVはHDで放送されている。

テレビ東京との関係

親会社であるテレビ東京から番組供給を受ける一方、逆に広報番組「あにむす!」を2013年10月から2016年3月まで供給していた。なお、該当番組は2013年1月から7月にかけて、番組改変期特番として3度放送されたことがあるほか、放送終了時点ではテレビ愛知以外の系列局および商売敵のはずのキッズステーションでも放送された。

そして2016年4月からこれのリニューアル番組である「A応Pのあにむす!!」を、「あにむす!」の(最終)ネット局+テレビ愛知に供給していた。ただし2017年いっぱいでTVQ九州放送が、2018年3月いっぱいでキッズステーションが、それぞれ放送を取り止めた

なお、これらの番組、実はAT-X自身が放送したことはない

現状の課題

視聴料金

月額1,944円(税別1,800円+税144円)と、他ジャンルの専門チャンネルよりかなり高額だが、これは著作権の都合だけでなく、(アニマックス・キッズステーションと異なり)CMの放送がほとんどない(1時間につき、多くて数本程度しか放送されない)ため広告収入が望めないこと、アニメは実写以上に周波数帯を喰うのでその分コストが高くついてしまうなどの理由があるため、どうしても高額になってしまう。

他のアニメ専門チャンネルである、アニマックス・キッズステーション・カートゥーンネットワークと異なり、AT-Xはいわゆるパック割(複数のチャンネルをまとめて契約することで、料金を割安にするサービス)に対応しておらず、基本料金とは別料金での契約を必要としている(※単独契約の場合でもアニマックス、キッズステーションは月額798円(税込)、カートゥーンネットワークは616円(税込)と低く抑えられている)。

さらには画質や放送枠の問題(いずれも後述)も絡んでいるため、他チャンネルと比して一層割高感が強く、付加価値が低下しているのは否めない。 そのせいか、毎月第1土曜日に無料放送を実施してはいるが、これとて年齢制限を設けている番組など、適用が除外されるものがあったりする。

その一方で「有料放送でありながら、テレビ東京制作のアニメは常に遅らせて放送させている(AT-X→テレビ東京の順で放送されたことがない)」とか「独立局作品に関しては、BS11より遅れて放送される作品もある(BS11が製作委員会に参加している作品であれば、その営業努力に免じて…と好意的に解釈できるが、テレビ東京や独立局やBS11で見逃した場合の受け皿としてみれば(画質に目をつぶれば)欠点とは言えない

画質

長らく、最も視聴環境が普及しているスカパー!標準サービスにおいてハイビジョン化されておらず、ソースによっては折角HDリマスター化したものを再度DVDレベルにダウンコンバートした、本末転倒のややぼやけた画質での放送を余儀なくされていた。

そのため、本来のハイビジョン画質(ブルーレイディスク並の画質)で視聴したい場合には、専用のチューナーやパラボラアンテナが必要になるスカパー!プレミアムサービスや、NTT系の光回線を必要とするプレミアムサービス光かひかりTV、あるいはさらに別途の工事を必要とするJ:COMなどのCATV(事業者によってはSD画質の場合あり)と契約しなければならず、視聴希望者にとってハードルが高いものとなってしまい、目当ての作品がHD化済の他チャンネルでも放送されている場合にはそちらに視聴者が流れてしまいがちになっている。

しかし2018年4月、総務省よりHD放送事業者申請が認定され、ついに標準サービスでも高画質化が実現する運びとなり、同年9月26日(水)よりハイビジョン画質での放送を開始するとのこと(【スカパー!】2018年7月、8月のチャンネルインフォメーション ―各チャンネル・パックセット等変更のお知らせ)。

放送枠の不足

テレビ東京のアニメのみならず、多くの深夜アニメ・UHFアニメのCSでの放送を引き受けているうえ、カルトな部類に入る懐かしのアニメも放送しており、さらには声優面さらしバラエティ番組もかなり放送されている。それゆえに、放送枠は常に逼迫している状況にある。

そのため、一部作品の放映権を他のCS局に貸し出したり譲らざるをえない状況にある。特にテレビ東京制作のアニメに関しては、『銀魂』(シリーズ)や『夏目友人帳』シリーズが譲渡先であるキッズステーションやアニマックスのキラーコンテンツと化してしまっている(ちなみに『銀魂』(シリーズ)はキッズステーション、『夏目友人帳』シリーズはアニマックスで放送)。

しかも、『きんいろモザイク』のように第2シリーズを放送している最中であるにもかかわらず、第1シリーズが商売敵のキッズステーションで放送されてしまうという不手際をやらかしてしまうことも稀によくある。しかも製作委員会に参加しているにもかかわらず。

加えて、TBSがCSチャンネルを2つから3つに増やした(総合編成の「TBSチャンネル」を2つに増加)ことで放送素材が不足気味になったことから、制作を直接手掛けたアニメをTBSチャンネル1&2に優先的に回す事態に陥っている。

さらに、日本テレビフジテレビテレビ朝日もアニメ作品を系列CS局(それぞれ日テレプラス、フジテレビONETWONEXT、テレ朝チャンネル)に優先的に回すようになってきており、結果AT-Xにはなかなか契約が回ってこなくなりつつある。特にフジの「ノイタミナ」枠放送作に関しては2016年に「働きマン」が放送されるまで放送実績が1作品も無かった。

さらに深夜アニメ・独立局アニメ(UHFアニメ)に関しても、BS11(先述の通り作品によってはAT-Xよりも先行して放送される)・アニマックス・キッズステーションでも放送される作品が増加気味となっており、さらに同じくキー局系のBSフジテレ朝チャンネルまでもUHFアニメ争奪戦線に参加してくる始末、どころか、2017年1月期作品の「鬼平」では、テレビ東京の深夜アニメでありながら、放映権を獲得できないといった失態をやらかし、屈辱を受けてしまったため、今後の編成が不安視される。

ただし、キッズステーションやアニマックスで放送されていた作品が、ここに「栄転」することもある。また、先述したTBS系深夜アニメの内、TBSチャンネル1で放送済みとなった作品についてはここで放送されることも少なくないが、僕らはみんな河合荘のような例外もある(しかもそれ、TBSチャンネル1ですら放送されていない。ちなみにキッズステーションで放送)。

動画配信サイトの台頭

インターネットスマートフォンの普及でAT-Xより安価または無料でアニメが見られる動画配信サイトが台頭。その影響で最近では契約者数が減少傾向な上に、作品によっては配信サイトで放送後にAT-Xで放送ということも。

関連タグ

テレビ東京 衛星放送

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「AT-X」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17956

コメント