ピクシブ百科事典

魔法少女まどか☆マギカ

まほうしょうじょまどかまぎか

『魔法少女まどか☆マギカ』とは、シャフト制作のオリジナルアニメーション。
目次[非表示]

ストーリー

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。
見滝原中学校に通う中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。

ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。
この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。

それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い——
それは、新たなる魔法少女物語の始まり——
(公式サイトより)

概要

2011年1月から4月まで(放送中断期間あり)、毎日放送(MBS)・TBS・中部日本放送(CBC)でテレビ放映。および、ニコニコ動画・アニメワン・Showtimeでネット配信された。全12話。
アニメーション制作はシャフト。原作はMagica Quartet(新房昭之虚淵玄蒼樹うめ、シャフトの共有筆名)。新房昭之監督による印象的な演出、『ひだまりスケッチ』の蒼樹うめ氏のキャラクター原案による可愛いらしいキャラクター、『さよなら絶望先生』などの制作に参加した劇団イヌカレー による幻想的な映像(カットアウトアニメーション)、そして虚淵玄氏の描くハードなストーリー展開が特徴。
放送以前の評判は、『可愛らしい蒼樹うめ氏の描くキャラクター』と『暗く、重いシナリオに定評のある虚淵玄』の組み合わせは異色なものだと捉えられ、『登場キャラが誰か死ぬんじゃないか』といったような予想が立てられるほどには、アニメファンの中で話題を呼んだ。
放送が始まった当初は、『可愛らしい魔法少女アニメ』であることを示すようなオープニングアニメーションや、ヒロイックなストーリーで、『正統派な魔法少女ものアニメ』であるかのような雰囲気を醸し出していた。しかし、第3話『もう何も恐くない』でそれを大きく覆す衝撃的な展開が起こり、それ以降は先ほどの予想通りと言える悲劇的かつダークなストーリーが展開される。詳しい事柄については特徴の項目にて。
ファンの間での通称は『魔まマ』『まどマギ』『血だまりスケッチ』など。

登場人物

主要登場人物


呼称表

が\にまどかほむらマミさやか杏子
まどかわたしほむらちゃんマミさんさやかちゃん杏子ちゃん
ほむら(鹿目)まどか巴マミ美樹さやか(佐倉)杏子
マミ鹿目さん暁美さん美樹さん佐倉さん
さやかまどか転校生、ほむらマミさんあたし杏子
杏子まどかほむらマミさやかあたし
ほむら(眼鏡)鹿目さん、まどか(叛逆)巴さん美樹さん佐倉さん

その他の登場人物

モブ


モバゲー版の登場魔法少女

劇場版の登場人物


魔女

魔法少女が倒すべき対象で、いわゆる敵キャラクター。世界中のあちこちで人々に呪いをまき散らしている存在で、呪われた人間には「魔女の口づけ」と呼ばれる印が浮かび、理由不明の自殺殺人を行うように仕向けられるらしい。普段は結界の中に閉じこもり、身を潜めている。その姿は魔女というよりも化物の類いに近い。

薔薇園の世界


どの魔女も説明文と姿形のみを見ればコミカルな印象を受けるが、魔法少女に対しては殺害ないし捕食しようと迫ってくる。何故生まれるのか、何故魔法少女と戦うのか。その正体とは…

登場した魔女についてはこちらで→魔女(魔法少女まどか☆マギカ)
詳しい設定は公式サイトの魔女図鑑で公表されている。

特徴

完全オリジナル作品であったが、アニメーションスタジオシャフト新房昭之蒼樹うめ虚淵玄の三者がタッグを組んだ作品ということで放映前から一定の注目を浴びていた。「可愛い魔法少女アニメ」というカモフラージュを纏ってスタートするため、本作の脚本家が虚淵玄であるという情報は隠しておく予定だったが、それは放映前にリークされてしまった。虚淵氏はPCゲームブランド・ニトロプラスでシナリオライターとして多くの作品を手がけており、特にハードな展開に定評があったことから、本作でも「何かやらかすかもしれない」というまことしやかな噂がささやかれていた。そして第3話『もう何も恐くない』において、巴マミの無惨な戦死という形で、それは現実になった。

虚淵氏は放送前に公式サイトで「テレビの前の皆様が暖かく幸せな気持ちで一杯になってもらえるよう、精一杯頑張ります!」とコメントしているが、後にこのコメントはカムフラージュの体裁を守るためのものであったことを明かした。(参考リンク)。ネタバレ対策としてアニメ雑誌への情報を異例とも言えるほど厳しく制限していたことも話題を呼んだ。
以後、魔法少女を題材としながらも、ストーリーを追うごとに少女たちの心をえぐるような、重くハードな物語が展開されることとなる。これは、同じくシャフトと蒼樹うめ(原作)の関わった『ひだまりスケッチ』と大きくかけ離れた作風で、同系統のアニメを予想していた視聴者たちにはショックを与えることとなった。情け容赦のない虚淵氏のシナリオ展開に加え、Kalafinaが歌うハードな曲調のエンディングテーマ「Magia」や、劇団イヌカレーが手がける不気味極まりない異空間のアニメーションもそれを演出した。こういった作風のため、ファンによる二次創作では、登場人物たちが幸せになった未来を描き、それに対しファン同士で「どうしてこうならなかった」といったやり取りをしているのが見受けられる。

東日本大震災による放送延期があったものの、全12話すべての放送を完了。希望に満ち溢れているものの、切なさも感じられる結末や意味深なラストシーンの演出などから、放送終了後もさまざまな考察がなされており、評論や読解を試みた関連書籍も刊行されている。

そして、劇場版新編叛逆の物語が公開されてから、ファン同士の考察がさらに盛んになった。現在はその叛逆の物語が最終作品となっているが、続編の制作を願うファンは決して少なくない。

そしてついに…

2015年11月27日、シャフト40周年記念展MADOGATARI展にて、まどか☆マギカ新作のコンセプトムービーが上映されることが発表。その後、東京展、大阪展、札幌展、名古屋展で公開された。
お馴染み新房昭之総監督が絵コンテを描き、劇場版の宮本幸裕監督が演出、更に谷口淳一郎総作画監督や劇団イヌカレーも参加。作曲梶浦由紀は新規BGMを制作。そして悠木碧をはじめとするメインキャスト達による新規ボイスも収録された。
ちなみに、発表のとき新房総監督は、現在まんがタイムきらら☆マギカで連載中の巴マミの平凡な日常アニメ化したいとも発言していたとのこと。
何がともあれ、まどか☆マギカの新作がみられる日も、そう遠くはないはずである。

ネタバレ注意

【ネタバレ注意】まどマギ新コンセプトムービーネタバレ感想雑記
【MADOGATARI展ネタバレ】衣装まとめ


MADOGATARI展で見たもの
MADOGATARI展コンセプトムービーネタバレ注意



その後・・・

コンセプトムービーが上映されてから2年後の2017年になってもまどか☆マギカの新作アニメ発表は一切なかった。
しかし、2017年8月22日にまどか☆マギカのスマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』がリリースされた。
過去に漫画で発売された外伝作品と違い、脚本の虚淵氏を除いた原作アニメスタッフがほぼ関わっている。
続編と言うわけではないが、新キャラクターが多数登場し、まどか☆マギカの世界観は大きく拡張されることになった。

そして『マギアレコード』から…

2018年9月1日に開催された『マギアレコード』リリース一周年記念イベント「Magia Day 2018」内で『マギアレコード』のテレビアニメ化が発表された。総監督・シリーズ構成は劇団イヌカレーの一人、泥犬。

同年10月6日に開催された「MBSアニメフェスタ2018」で、2019年にMBSで放送される予定であることが発表された。そして2020年1月4日より『マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝』が放映開始された(分割2クール、前半13話を放映)。

勿論、叛逆の物語の続編ではないが、まどか☆マギカのアニメという意味では久々の新作になった。
MBSは2019年7月6日から『まどマギ』の再放送を『アニメシャワー』枠内で実施(第2話はTBS制作『音楽の日』のため7月14日深夜に放送)。13日からはTOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11でも放送。また、『マギアレコード』のCMとして、広報漫画である『マギア☆レポート』の雰囲気を再現した「マギレポ劇場」が本編にあわせて、全12話流された。

アニメ版『マギアレコード』は、ゲーム版ファンの評価はまずまずであったが、まどか☆マギカ本編ファンの評価は賛否両論というところである。現時点では、まどか☆マギカのような社会現象を巻き起こした作品とはなっていない。また、新型コロナウイルスの影響で、2期の放映は期日未定となっている。
アニメ版『マギアレコード』の本当の評価は、放映完結後に行われるべき物だろう。そして、マギアレコードの評価が、まどか☆マギカ本編の新作の成否にも影響を与えることになるはずである。

10周年にて…

2021年1月7日の放送開始から10年目にて10周年記念プロジェクトが始動。10周年記念イラスト共に特設サイトが制作された。また、各週木曜日に記念イラストが公開されることも発表。その後、テレビ放送を3話ずつ4回に分けて10周年記念オーディオコメンタリー+最新情報公開がabematvやニコニコ動画などで配信される。1回目では劇場版3作品のDVDorBluRayboxの発売決定。2回目、3回目では10周年記念のAnniversaryイベントの開催決定と詳細が発表された。当初は有顧客+オンラインでの開催となっていたが新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の為オンラインのみに変更された。そしてついに2021年4月25日に行われたAnniversaryイベント内にて本編の正式な続編〈ワルプルギスの廻天〉の制作が決定している。

影響

先輩作品である『魔法少女リリカルなのは』よりも更にシリアス・ハード・生々しさ・善悪超越の点で踏み込んだ当作は、後の魔法少女モノというジャンルに大きな影響を及ぼす事になった。
特に「願いの代償」は、魔法少女モノのキーポイントとなった。
『ヤマト』『ガンダム』『エヴァ』『ハルヒ』などと共に、アニメのエポックメイキング作品として列挙する者も少なくない。
このあたりの時期は、震災やSNSなどの影響で自粛・自主規制(特に死亡描写など)がより強くなり、ソシャゲブームといったライバルの台頭もあって、『ハルヒ』あたりから続いた深夜アニメ黄金時代が終わりを迎えようとする時代であった。まどマギは時代にギリギリ間に合った作品であったともいえる。

一方でキュゥべえや、演じる加藤英美里に対する強烈な風評被害を呼び起こした。さらに、虚淵は鬱展開しか作らないという偏見を生み出すことになる(もっとも、このあたりは狙っていやっているのかもしれない)。

各話リスト

話数サブタイトル発言者
第1話夢の中で逢った、ような……鹿目まどか
第2話それはとっても嬉しいなって鹿目まどか
第3話もう何も恐くない巴マミ
第4話奇跡も、魔法も、あるんだよ美樹さやか
第5話後悔なんて、あるわけない美樹さやか
第6話こんなの絶対おかしいよ鹿目まどか
第7話本当の気持ちと向き合えますか?志筑仁美
第8話あたしって、ほんとバカ美樹さやか
第9話そんなの、あたしが許さない佐倉杏子
第10話もう誰にも頼らない暁美ほむら
第11話最後に残った道しるべ暁美ほむら
最終話わたしの、最高の友達鹿目まどか

3月に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で10話(または11話)以降の放送が一時休止した。その後4月中の放送再開が決定し、未放送分が地上波やネットの各局で一挙放送された。

メディアミックス展開

漫画
芳文社から、ハノカゲによるアニメ本編のコミカライズ版が2011年2月から描き下ろしで刊行されている。また外伝の漫画として、『魔法少女かずみ☆マギカ』が『まんがタイムきららフォワード』にて2011年3月号より連載(2013年1月連載終了)、『魔法少女おりこ☆マギカ』が2011年5月から描き下ろしで刊行(その後も外伝、新編が連載中)、『魔法少女すずね☆マギカ』が『まんがタイムきららフォワード』で連載(2014年11月連載終了)、『魔法少女たると☆マギカ』がまんがタイムきらら☆マギカで連載(2017年2月9日連載終了)と外伝作品の盛り上がっている。
マギカシリーズ

小説
2011年8月14日一肇・著、ゆーぽん・イラストによるノベライズ版が刊行された。上下巻、全2冊。脚本担当の虚淵玄が監修している。この小説の詳細は魔法少女まどか☆マギカ(ノベライズ版)を参照。
また、2012年5月8日一肇・著、シャフト←谷口淳一郎(原画)・シャフト(仕上げ)&蒼樹うめ・イラストによる新装版も刊行されている。

ゲーム
2012年3月15日バンダイナムコゲームスニトロプラスの共同開発によるプレイステーション・ポータブル用ゲームソフト『魔法少女まどか☆マギカポータブル』が発売された。
2013年12月19日プレイステーション・ヴィータ用ゲームソフト『劇場版魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』が発売。
2017年、スマートフォンゲーム『マギアレコード』がリリース。

イベント
2011年12月〜2012年3月にかけて、東京・大阪・名古屋の3都市にて「まどか☆マギカ」の世界観を再現した展示会『魔法少女まどか☆マギカ展』が行われた。
東京では2011年12月27日〜31日までサンシャインシティにて、大阪では2012年2月10日〜12日までアジア太平洋トレードセンター(ATC)にて、名古屋では2012年3月20日〜25日まで名古屋市中小企業振興会館吹上ホールにてそれぞれ開催された。

劇場版
2011年11月10日に発売されたNewtype2011年12月号で表紙を飾り、映画化プロジェクトが始動することが発表された。全部で3作が制作されており、うちテレビシリーズの再編集版を前後編で2作、残りの1作は完全新作となっている。また、新編の続編の制作も決定されている。
劇場版魔法少女まどか☆マギカ

前編・「始まりの物語」 2012年10月6日公開
後編・「永遠の物語」 同年10月13日公開
始まりの物語/永遠の物語

新編・「叛逆の物語」 2013年10月26日公開
新編・「ワルプルギスの廻天」 制作決定

舞台版
舞台「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」

パチスロ
2013年から導入。
シリーズとしては一年以上稼働という異例のロングヒットとなった。続編も出ている。
2019年9月より、第4弾として「叛逆の物語」編が稼働予定。
まどスロ

パチンコ
2017年から導入。アニメ、劇場版と全く異なる時間軸が採用され、各人物のスーパーリーチ系列では2人で魔女と共闘する場面があり、バトルモードでは5人全員が集結して魔女を探索する。

主題歌

オープニングテーマ … 「コネクト」/作詞・作曲 - 渡辺翔 / 歌 - ClariS
エンディングテーマ … 「Magia」/ 作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina
第1話・第2話EDテーマ … 「また あした
 / 作詞・作曲 - hanawaya / 編曲 - 田口智則 / 歌 - 鹿目まどか(悠木碧)
第9話EDテーマ … 「and I'm home
 / 作詞・作曲・編曲 - wowaka / 歌 - 美樹さやか(喜多村英梨)・佐倉杏子(野中藍)
劇場版OPテーマ … 「ルミナス」/作詞・作曲 - 渡辺翔 / 編曲 - 湯浅篤 / 歌 - ClariS
劇場版前編挿入歌 … 「未来」/ 作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina
劇場版前編EDテーマ・後編挿入歌 … 「Magia[quattro]」/ 作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina
劇場版後編EDテーマ … 「ひかりふる」/ 作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina
劇場版新編OPテーマ … 「カラフル>カラフル(ClariS)」/作詞・作曲 - 渡辺翔 / 編曲 - 湯浅篤 / 歌 - ClariS
劇場版新編挿入歌 … 「misterioso」/ 作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina
劇場版新編EDテーマ … 「君の銀の庭」/ 作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina

関連イラスト

魔法少女
魔法少女
君の物語
よろしい、ならば
p u e l l a ♦ m a g i
ひとりぼっちはさびしいけれど



関連作品

魔法少女リリカルなのは・監督がまどマギと同じ新房昭之の魔法少女アニメで、願いがキーワードである事や最終話の展開がよく似ている事から放送当時、当作品を連想したファンが多い。但し魔法の力は願いの"代償"では無く、願いを"叶える"力と全然違う模様
聖闘士星矢美少女戦士セーラームーン愛天使伝説ウェディングピーチ・選ばれた13~15歳の少年少女が神秘の力を行使するファンタジー繋がり
新世紀エヴァンゲリオン・言うまでも無くセカイ系の原点
ラストマン(漫画)江川達也原作のバイオレンス&セカイ系変身ヒーロー漫画で、実にまどか☆マギカに先んじる事13年も前に1人の少年(少女)が世界を変える作品を書き切った
仮面ライダー龍騎・相対的で混沌且つ複雑な価値観を描いた特撮に革命をもたらした名作で、本作にも影響を与えた
ぼくらの・乗れば必ず死ぬジアースのパイロットにされてしまった少年少女の葛藤を描いた名作で、コエムシキュウべえに勝るとも劣らない下衆野郎
蒼穹のファフナー新世紀エヴァンゲリオンから9年後に作られた息子的作品。地球を救う為にファフナーのパイロットとして作られた子供達を犠牲にせざるを得ない里親達と子供達の葛藤を描いた傑作
聖闘士星矢Ω魔法少女まどか☆マギカのヒットに危機感を持ち生まれたアンチ作品。
機動新世紀ガンダムX・こちらも劇中に登場する人物の台詞がサブタイトルになってる作品
BAYONETTA・魔法少女まどか☆マギカと同じように魔女がテーマだが、こちらは魔女が主人公。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカの関連タグ一覧
まどか☆マギカのカップリング一覧
魔法少女まどか☆マギカのコラボタグ一覧
魔法少女まどか☆マギカの派生作品一覧
新日常系
マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝

他の記事言語

Puella Magi Madoka Magica

Puella Magi=ラテン語で魔法少女。ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテットもこれに由来する。

ただし、ラテン語の文法上、「魔法少女」は"Puella Maga"が正しいと指摘されている。ラテン語には男性名詞、女性名詞、中性名詞の区別があり、少女を意味する"Puella"に続くのは、魔法(使い)の女性形・単数形である"Maga"である必要がある。"Magi"は男性形の上に複数形なので、二重に間違いということになる。日本では、「マギ」の表記が他の創作でも有名なので、敢えて文法上の整合性は二の次にしたのかも知れない。
なお、魔法(使い)の男性形・単数形は"Magus"だが、外伝にこれを名乗っている組織がある

外部リンク

TVアニメ 魔法少女まどか☆マギカ 公式サイト MBS版
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 公式サイト
叛逆の物語 公式サイト
TVアニメ マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 公式サイト
魔法少女まどかマギカチャンネル - ニコニコチャンネル
魔法少女まどか☆マギカ - Wikipedia
魔法少女まどかマギカ WIKI
魔法少女まどかマギカとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

シャフト しゃふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法少女まどか☆マギカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 939876374

コメント