ピクシブ百科事典

メイドインアビス

めいどいんあびす

つくしあきひとによるファンタジー漫画作品。『WEBコミックガンマ』にて連載中。
目次[非表示]

大穴には 魔力があった
 
 その魔力が 人々を捕らえて離さないのである
 
  大穴の底を 見た者は
    
      まだ 誰もいない

概説

つくしあきひとによるファンタジー漫画作品。WEBコミックガンマにて連載中。 WEB上では本編(掲載期間限定、単行本発売と同時に単行本にある話は削除)と、幕間『ハウアーユードコカ』を見ることができる。

絵本のように繊細でかわいらしい絵柄と、それからは想像のつかないハードでリアルな展開が特徴。冒険の舞台である未開の大自然『アビス』の神秘と美しさ、そして現実の自然さながらの冷徹さが余すことなく描かれており、ファンタジー冒険作品ながら現実のごときリアリティをもつ作品となっている。
ゴア表現も下手なホラー作品よりしっかり描写され、たとえどれだけ強かろうと、また同情の余地や愛顧の深い人物だろうと、主要人物であったとしても、アビスの洗礼が情け容赦なく平等に襲い掛かってくる。
登場人物も大半が常軌を逸した性質を何かしら抱えており、誰も彼もが一癖も二癖もあるキャラクターに仕上がっている。特定の一名は本作の闇の体現者であり、近年稀に見る「人間悪の権化」としての側面を有している。
よって、ジャンルとしては、紛れもないダークファンタジーの部類と言える。

ファンタジーの世界を舞台にした作品ではあるが、本作には治癒や転移を始めとする魔法、アビス内に棲まう生物およびそこから現れる遺物を除いてオーバーテクノロジーなものが一切登場せず、作中の道具は原始的な構造の機械が大半を占めている。細部まで綿密に練られた設定も魅力の一つであり、巻頭・巻末や単行本中には、登場した(未登場のものがひっそり載っていることも)生物や道具が資料として掲載されている。

昨今ありがちな「チート補正ありきの気ままな冒険活劇」とは真逆の、「どんなに弱かろうと知恵と心力で逆境を超えていく成長物語」であり、昔ながらのコツコツとした準備と創意工夫を要するゲームが好きな人は間違いなくハマる作風となっている。
また、作中にはさりげなく、表紙裏には堂々と差し込まれるフェティッシュな描写も特徴。
本作を機に、特殊な性癖に目覚めてしまった大きなお友達も少なくない……かも、しれない。

2022年にゲーム『闇を目指した連星』がスパイク・チュンソフトより発売予定だが、CEROについてはZ指定となっている模様。

ストーリー

人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴『アビス』。その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う『探窟家』達が暮らしていた。彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の『遺物』、そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。
主人公のリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。アビスへの憧れが人一倍強い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。ある日の探窟で、リコは謎の存在に命の危機を救われる。その何者かが放った熱線の跡を辿ると、そこには少年そっくりのロボットが倒れており――。

登場人物


リコ


CV:富田美憂
本作の主人公。
子供であることを加味してもぶっ飛んだ価値観と、常人離れしたメンタル、そして危ういほどに巨大な好奇心の持ち主。
母親から届いた手紙をきっかけにアビスの底を目指す。
詳細は個別ページを参照。

センシティブな作品


CV:伊瀬茉莉也
もう一人の主人公。
記憶喪失のロボットであり、出自の手がかりを探すためにリコと共にアビスの底を目指す。
詳細は個別ページを参照。

  • ハボルグ
CV:稲田徹
黒笛(達人)の探窟家。無精髭を生やした体格のいい男性。香辛店を営む妻・ラフィー(CV:生天目仁美)がいる。
見かけ通りの豪胆な人物で、リコとは彼女が幼い頃から面識が有った。
黒笛だけあって探窟家としての技量は相当なものであり、超人的な機動力を誇るレグに容易く追い付いてしまうほど。

ライザ


CV:坂本真綾
リコの母親であり、白笛(最高位)の探窟家。「不動卿」オーゼンの弟子でもあり、孤児院のリーダー・ジルオの師匠でもある。
豪放という言葉では表しきれないほど、どうしようもなくやんちゃな性格の持ち主。「度し難い」が口癖で、レグとも何らかの関わりがあると思われる。また、「度し難い」はレグの口癖でもある。
数年前、アビス六層以下への「絶界行(ラストダイブ)」を決行し、生死不明となる。

オーゼンさん


CV:大原さやか
深層二層で暮らす白笛の探窟家。
詳細は個別ページ参照。

マルルク


CV:豊崎愛生
オーゼンと主に暮らす、リコと同じぐらいの年頃の少女(?)。
詳細は個別ページを参照。

黎明卿


CV:森川智之
白笛の探窟家。
仮面を被った、見た目も言動も怪しい人物。
詳細は個別ページ参照。

プルシュカ。


CV:水瀬いのり
ボンドルドの娘で、深界五層の『前線基地(イドフロント)』に住む少女。
詳細は個別ページ参照。

センシティブな作品


CV:井澤詩織
アビス第四層で暮らす『成れ果て』の一人。
先進的な医療知識と外科技術の持ち主。
詳細は個別ページ参照。

ナナチ


CV:喜多村英梨
ナナチと共に暮らす成れ果ての一人。
詳細は個別ページ参照。

  • 「神秘卿」スラージョ
白笛の探窟家。
現在はアビス内にいる模様。

  • 「先導卿」ワクナ
白笛の探窟家。
同じ白笛であるボンドルドの台詞から、高齢であることが示唆されている。
現在はアビス内にいる模様。

  • ミオ
CV:日高里菜
番外編『ハウアーユードコカ』にのみ登場する女性。
外国人の医者であり、作中ではリコと同じ孤児院の子供・キユイの診察を行っている。
7年前にもオースの町に立ち寄っていたようだが、ある人物から、外見が7年前とまるで変わっていないと言及されている。

ファプタ


CV:久野美咲
アビスの「とある場所」にいる謎の生き物。
「成れ果ての姫」とも呼ばれている。

センシティブな作品


リコ達がアビスの深層で出会った、成れ果てらしき存在。
かわいい物が好きらしいということ以外の多くが謎に包まれているが、登場してすぐにそのつぶらな瞳となんとなく卑猥な右腕、無闇に汚いケツで読者の心をガッチリ掴む。
「まああ」以外に喋らない(喋れない?)ため名前は不明。仮称として「マアアさん」or「まああさん」などと呼ばれる。

用語


探窟家
『アビス』に潜る冒険家達の総称。
オースの組合に所属する探窟家は首から笛を提げており、仲間同士での救援要請などに使用する。また、笛の色はその探窟家のランクを表している。
探窟家のランクごとに潜れるアビスの深さの制限――「限界深度」が設定されている。ランクとその限界深度は、 探窟家としてまだ認められていない『鈴付き』から始まり、見習いの『赤笛』(一層まで)、一人前の『蒼笛』(二層まで)、師範代の『月笛』(四層まで)、達人の『黒笛』(五層まで)、英雄の『白笛』(無制限)となっている。
白笛は『奈落の星(ネザースター)』とも呼ばれ、各人ごとに「○○卿」という二つ名がある。

白笛(アイテム)
作中世界における英雄達、最高位の探窟家である『白笛』のみが持つアイテム。
デザインが一律の量産品である赤笛、蒼笛、月笛、黒笛とは違い、この白笛だけは色こそ同じ白だが、持ち主によって異なるデザインをしているオーダーメイド品。
素材には二級遺物『命を響く石(ユアワース)』が用いられており、それぞれが異なった「命の紋」を有するために持ち主以外は使用できず、偽造も不可能な仕様になっている。
後述する遺物の中には、この白笛を起動キーとして要するものもある。

遺物
アビスの中だけで発見される人工物の総称。それぞれが不可思議な性質を持つ。
価値に応じたランクがあり、四級~一級、その上の特級遺物に分類される。低級の遺物も海外では高値で取引され、特級遺物ともなると国同士のバランスにすら影響を与える。それ以上に希少な歴史的遺物は「奈落の至宝(オーバード)」と呼ばれるが、その存在が公にされることはなく、半ば都市伝説的な代物として語られる。
なお、発見して持ち帰るのはあくまで探窟家であるため、秘匿あるいは略奪によって世に出回ることなく個人所有される遺物もある。

アビス
約1900年前に南海ベオルスカの孤島で発見された、直径約1000メートル、深さ推定20000メートル超の巨大な縦穴。人類最後の秘境とされている。
アビスの中には地上からの観測を妨げる謎の力場が存在するため未だに底はわかっていないが、中には独自の生態系が形成されている。また、超常的な力をもつ様々な遺物が眠っており、探窟家達はそれを目当てに日々探窟を続けている。
探窟家のランクごとに深度制限が設けられているのは、下記の『上昇負荷』のため。アビスは、この上昇負荷の重さによって大きく七つの『深界層』と『極点(アビスの底)』に分けられている。

上昇負荷
「アビスの呪い」や、単に「呪い」とも呼ばれる。
アビス内で上昇する際に必ず発生する謎の症状。
10m程度上方向へ移動すると発生するため、アビス内では坂や階段を上るだけでも命がけになり、帰還も容易ではない。

- 深界一層・アビスの淵
海面下1350mまでの層。上昇負荷は「軽い目眩と吐き気」。
比較的安全で呪いも軽いが、それでも下層から危険な生物が上がってくることがあり、油断は禁物。
目ぼしい遺物は採りつくされてしまっており、この層で採れる遺物に期待はできない。
ここで採れる遺物の多くは、より下層で採れる遺物に比べて卵型に近い形状をしたものが多い。

- 深界二層・誘いの森
1350~2600mの層。上昇負荷は「重い吐き気と頭痛、末端の痺れ」。
辺りは森林で覆われており、ある場所からはねずみ返しのようになり、木々が逆さまに生える『逆さ森』に到達する。逆さ森付近は気流が不安定。
そこを真っ直ぐ行くとアビスの端に辿り着き、そこには『監視基地(シーカーキャンプ)』が設けられている。
アビス全体から見ればまだまだ浅い部分ではあるが、それでも赤笛が無許可で進入すれば自殺と見なされるほどに危険。

- 深界三層・大断層
2600~7000mの層。上昇負荷は第二層の症状に加え、「平衡感覚の異常、幻覚や幻聴」。
真っ直ぐに大きな縦穴が貫く断崖絶壁になっていて、強者の巣になっている反面、子供が入れる程度の小さな横穴には、比較的おとなしい動物が生息している。
その横穴は巣になっており、そこを降りて四層まで行くことが出来る。

- 深界四層・巨人の盃
7000~12000mの層。上昇負荷は「全身に走る激痛と、穴という穴からの流血」。
この層からは、呪いそのものが生命を直接脅かし始めるようになり、子供であれば即座に命取りになることすらあると言われる。
群生するダイラカズラという全長800m超の巨大な植物が盃のような形をしており、その補食器から出る液体があふれている様子が、この層の名称の由来。
特殊な力場の影響で空間は青みがかっており、非常に湿度が高い。

- 深界五層・なきがらの海
12000~13000mの層。上昇負荷は「全感覚の喪失と、それに伴う意識混濁、自傷行為」。
「自傷」というのは精神的負荷によるものではなく、感覚喪失と意識混濁により制御がきかなくなり、ちょっとした動作でも体を損傷するほどに力を入れてしまう、ということ。少し顔に手をやったつもりが皮膚を裂いてしまい、軽く歯を食いしばっただけで歯を割ることになる。
ここまで来れるのは、かつては白笛の探窟家のみで、現在でも黒笛以上の必要がある。
人間として地上へ生還可能な深度の限界であり、実際に帰ってきたものも数えるほどしかいない。
水で覆われており、さらに下に行こうと思えば泳ぐか、滝を下らければならない。水底に粘度の高い水があり、それが上部の水を支えている。
ここには『前線基地(イドフロント)』と呼ばれる関所のような施設が存在し、その中にあるエレベーター状の設備を利用すれば安全に下層に降りることができる。

- 深界六層・還らずの都
13000~15500mの層。上昇負荷は「人間性の喪失(異形生物への変異と、人間としての自我の消失)、もしくは死」。
六層からの上昇負荷によって異形と化した者は「成れ果て」と呼ばれる。
この層までの降下は、もはや人として生きて戻ることが事実上不可能となるため「絶界行(ラストダイブ)」と呼ばれる。
成れ果て達のための村『イルぶる』が存在している。

- 深界七層・最果ての渦
15500~?????m。上昇負荷は「確実な死」。
詳細は不明だが、白笛による「リング状の謎の光」の目撃例が存在する。

- 深界極点・奈落の底
推定20000m以上。アビスの最深部。詳細不明。

テレビアニメ

2017年夏アニメとして、TOKYOMXKBS京都サンテレビAT-XおよびBS11ほかにて放送。アニメーション制作はキネマシトラス。全13話。
最終13話に関しては1時間スペシャルとして放送された。

原作が原作だけに、アニメ化発表当時はファンの大半が喜ぶのと同時(もしくは先)に「地上波で流して大丈夫なのか?」と真剣に心配した。それは原作者のつくしあきひとですら同じだったようで、インタビューではアニメ化の話が来た時は「5分アニメかな?」と勘違いし、30分1クールで作ると聞くと「正気か!?」と思ったと語っている。

しかし実際に放送されると、(良い意味で)度し難いまでに描き込まれた美術、メイドインアビスの世界観を彩る美麗な音楽、原作再現どころか補完まできっちりする話運び、そして声優陣の熱演が合わさり、多くのファンから歓喜と共に迎えられるアニメ化となった。国内だけでなく海外でもアニメ愛好家に大きな反響があり、世界最大級のアニメ配信サイト『Crunchyroll』で行われた2017年アニメ・オブ・ザ・イヤーでは最優秀作品賞と最優秀劇伴賞に選ばれている。

本編以外でも、最終回(13話)以外はエンドカードで毎回竹書房の雑誌に掲載されている漫画作品のキャラが遊びに来ていたり、エンドカード直前の提供クレジット画面でその週の放送分を意味深に編集したMAD風動画が流されたりしていた。

2017年11月26日に行われたイベント『Deep in アビス』にて、続編の制作が発表された。
2019年1月に、総集編映画として、前編『メイドインアビス 旅立ちの夜明け』、後編『メイドインアビス 放浪する黄昏』が公開された。

そして総集編映画の前編公開に合わせ、2019年1月4日に新作エピソードのタイトルが『劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明』であると発表され、大勢のファンがアニメで見たいと願っていた「あの」のエピソードが劇場のスクリーンで描かれることが確定した。当初はPG12を予定していたがR15+に変更された(但し、映像ソフトではセル、レンタル共にパッケージにレイティング表記がされていない)。
2020年1月17日公開。

2019年にはmaimaiにおいてアニメ版OPが収録、MVも同時収録となる。

2019年9月には前述の劇場版公開が2020年1月と発表、それに合わせて再放送も実施される事になった。放送局はTOKYOMXおよびBS11。

2020年にはクリスマスの日にSchool Daysを放送した実績があるABEMA5月5日こどもの日)に放送した。ちなみに“同時上映”は『のんのんびより』。

2021年5月5日、第2シリーズの構想が明らかにされた。
『烈日の黄金郷』と言うタイトルで2022年にも放送したいとのこと。

さぁ、共に夜明けを見届けましょう。

関連動画



関連項目

つくしあきひと
原生生物(メイドインアビス)

世界樹の迷宮…メイドインアビス連載開始より前から発売されている、本作と世界観に共通点が多く見られるアトラスの3DダンジョンRPGシリーズ。メイドインアビスの作者のつくしあきひと氏はこのゲームのプレイヤーでもあり、「世界樹やウィザードリィ好きが描いてます」と公言しており、少なからず影響を受けていると思われる。「世界樹の迷宮5」の情報が公開された際には、「褐色シャーマンナナチって名前つけて囲うパーティでいきたい」とツイートしていた。メイドインアビスのアニメ化以降に発表された「世界樹の迷宮X」ではリコ役の富田美憂氏がアバターボイスとして出演しており、当然ながら反応を見せていた。
詳しくはこちらを参照。

users入り

外部リンク

アニメ版公式サイト

関連記事

親記事

つくしあきひと つくしあきひと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メイドインアビス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メイドインアビス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64882486

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました