ピクシブ百科事典

レイティング

れいてぃんぐ

「レイティング」は、"等級分けをする"、"度合いを計る" を意味する英語の動詞 "rate" から来た外来語。著作物に関しては「R-18」などの年齢指定を指す。
目次[非表示]

日本においては「表現を限定する規制」として受け止められているが、古くはアメリカ映画協会1968年11月1日導入に導入したもの。
レイティングが導入される前は映倫などによって厳しくチェックされ、性描写などの下品と言われるシーンがある映画は公開することができなかった。そのため、プロデューサーなどはそれらのシーンを含まない誰にでも見られる映画を作らなければならなかった。
1968年にレイティングを導入したことで性的に露出度の高い成人向けの作品を作ることができるようになり、「表現を規制される」どころか「表現の幅が広がる」という結果となっている。

日本のレイティング

商業作品のレイティング

映画 : 映倫
ビデオソフト : ビデ倫
ゲーム : CERO ソフ倫 メディ倫

個人の表現活動におけるレイティング

同人を含む個人の創作活動や表現活動に関するレイティングの基準は、現在(2012年)、明確に設定されていない。そのため、レイティングの基準が作者個人のさじ加減によって決まるなど曖昧であることから問題が発生することがある。

個人で創作活動を行っている作家の中には、以下のようにコンピュータエンターテインメントレーティング機構pixivの基準を参考にして自主的にレイティングを行う者も少なくない。

  1. 全年齢全年齢対象
  2. PG-12
  3. R-15
  4. R-17
  5. R-18
  6. R-18G

もし自分の作品が「ちょっと危ないかな?」と思ったら、下記素材のような表示を使うことが推奨される。

同人誌用フリー素材



関連タグ

表現の自由 年齢指定
R-1.8 R-7 R-16 R-16G R-20 R-21
ESRB|エンターテインメントソフトウェアレイティング委員会

pixivに投稿された作品 pixivで「レイティング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5979

コメント