ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

R-15

あーるじゅうご

R-15とは、義務教育修了者以外は見てはいけないという意味のレーティング。あるいは、伏見ひろゆき作のライトノベル及び同名のアニメ作品。
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

レーティング編集

R-15とは、「ちょっとエロかったり過激な表現があるけど、R-18にするほどではないよね♪」というイラストにつけられるタグ。

本項で解説。

ライトノベル作品編集

R-15(伏見ひろゆき)を参照。


概要編集

R-18のラインを越えてはいないが、多少過激な表現が含まれる「軽度なエロ」というニュアンスがふさわしい領域。

主にパンチラパンモロ半裸などが該当する。

センシティブな作品センシティブな作品


どの程度でR-15になるかは、作者(もしくはタグ編集者)の主観と裁量に委ねられる。

映画のレーティングで言えば全裸と軽度の性描写は許容されるが、pixiv上では乳首や局部(修正有)の露出の有無、その他性的欲求を掻き立てる描写(特定の性癖を対象としたものを含む)の有無などを判断基準としている人が多いようだ。

どちらにせよpixivの正式なシステムではないが、作者が自らR-15のタグをロックした状態でつけることもある。


なお、近年ではセンシティブ判定による自動表示制限機能がpixivで使用されるようになったため、R-15タグの使用頻度も以前に比べると減少傾向にある。


補足編集

なお現実にR-15のある作品は基本的に映画テレビゲームなどの類のものであり、漫画作品に「R-15」という制限は存在しない。


(※コンピュータソフトウェア倫理機構ソフ倫)でも、設立当初に「義務教育修了者以外禁止」を示す区分として設けられていたが、2011年9月30日を最後に廃止された)。


映画の規制編集

映画の規制(映倫)としては、主に暴力、残虐性の高い作品や、下品または卑猥な表現を多く含む作品、一定の条件下で撮影された性行為シーンが含まれる作品など、いわゆる「大人向け作品」と言える映画の多くがこの指定を受けている。

  • 当時のレーティングで「R-15指定」された作品の有名所は2000年12月6日公開の映画『バトル・ロワイアル』であり「R-15指定と言えばバイオレンス」のイメージも存在する。

藤原竜也(2001)

なお、映画においては2009年5月より「R15+」に表記が改められている。


暴力・残虐表現によるもの編集

など



性愛・ヌード描写によるもの編集


下品なセリフなどによるもの編集


薬物表現によるもの編集


テレビ放送の規制編集

極端に性描写・残虐描写が多い作品になると、地上波放送においては大げさな光処理や黒塗り、湯気等で画面の大部分を覆わなければならなくなり、そうした規制を緩めたBSなどでの放送においては年齢指定がかかることがある。

また、DVDや配信においても同様に「このアニメは15歳以上推奨です(義務教育を終えた者に勧める事を指す)」といった注意書きが付く例が見受けられる。(例:BLACKLAGOONストライクウィッチーズ


AT-XにおいてR-15となったアニメの例編集



pixivにおいて編集

よって、漫画やイラストに「R-15」と表記することは自動的にその作品が「全年齢対象」となることを意味しており、単に作者が推奨年齢を意思表示しているに過ぎないと解釈される。


ガイドラインでもタグの使用は必須とされていないため、義務教育修了者以外のユーザーも一応は閲覧できる。


なお、TINAMIのR-15レーティングや、ニコニコ静画の「ニコニコ春画」(R-15レーティング)では、pixivではR-18扱いされる乳首の露出は許容されている。


関連タグ編集

KENZEN R-15G R-18 R-18G 微エロ 微グロ

CERO-C


映倫PG12 R15+ R18+


ニコニコ静画で削除されたイラスト:こちらの場合はR-15まで。R-18に該当されるイラストは削除されるという事例。詳細はリンク先を参照の事。なお上記の通り、乳首の露出などpixivとは基準が異なる。

関連記事

親記事

レイティング れいてぃんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 575271356

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました