ピクシブ百科事典

サウスパーク

さうすぱーく

『サウスパーク(South Park)』とは1997年8月13日からアメリカのケーブルテレビ「コメディ・セントラル」で放送されているアニメ。作者はトレイ・パーカーとマット・ストーンの2人。
目次[非表示]

「なんてこった!ケニーが殺されちゃった!」
Oh My God! They Killed Kenny!

「この人でなし!」
You bastard!

概要

サウスパークとは、米コメディセントラルで放映している切り絵風のアニメーションである。
可愛らしいキャラクターとは裏腹に、人種差別エログロスカトロいじめ麻薬同性愛性転換小児性愛貧困殺人・社会風刺・実在の著名人に対する名指しの攻撃や政治批判など、過激にも程がある成人向けな内容のギャップが特徴。
公式が病気、を通り超してキチガイの領域に達している。

日本のアニメにも傾向が似た作品は存在するが(後述)、近年のテレビでは過激な表現への制約が大きくなってきているため、本作ほど過激なアニメシリーズを放送することは、今となってはもはや不可能と思われる。

しかしながらケーブルテレビ史上最高視聴率(スポーツ番組除く)を記録するなど、社会現象ともいえる大ブームを巻き起こした。
しょうもないスカ回などの酷い回は本当にひどいのだが、風刺エピソードやSF・ファンタジー回などは目を見張るほど素晴らしい完成度を誇るものも多く、エミー賞を何度も受賞するなど、番組そのものに対する評価は総じて高い。
R指定となった劇場版「無修正映画版」も日本公開された。

日本放送は途中で打ち切られてしまったが、「ギャリソン先生が性転換する話」、「放送禁止用語解禁」などカオスなエピソード満載。吹き替え声優陣も、すさまじい台詞の連発を臆することなく演じた。
シーズン3には日本アニメのパロディ『チンポコモン』というエピソードが登場するが、あまりの過激さから日本では放送禁止となっている。

また特記事項として作中に登場するオリジナル楽曲の完成度の高さも有名で、劇場版の主題歌はアカデミー賞にもノミネートされた。
日本アニメのOPをパロディにした「Let's Fighting Love」が日本では特に有名である。詳細は「素晴しいチンチンもの」へ。

登場人物

詳しい詳細は個別記事を参照。個別記事が無いキャラクターは本項にて記述する。

主人公4人組

子供達

クラスメイト

男子生徒

女子生徒

他クラス・学年・他

教員

子供たちの家族

マーシュ家(スタンの家族)

ブロフロフスキー家(カイルの家族)
カートマン家(カートマンの家族)
ストッチ家(バターズの家族)

他サウスパークの住人


リストラされたキャラクター

サウスパークでは制作スタッフ(主にトレイ・パーカー)に飽きられたキャラクターは容赦なく死亡という形でリストラされてしまう。

  • シェフ
スタンが通う小学校の食堂で調理師をしていた黒人男性。サウスパークでは数少ない常識ある大人であり、生徒の言動が不適切であればキチンとそれを注意をし、また生徒から相談を持ち掛けられる事も多い。英語版の声優の都合により、シーズン10エピソード1で非業の死を遂げる。
サウスパーク小学校の送迎バスの運転手。生徒を拾う際には「早く乗って!」と恫喝する。しかし、あくまで強制ではないため拒否するとすぐに発進してしまう。シーズン8エピソード13で出番の少なさを理由に連続殺人犯に惨殺。
  • ピップ・ピリップ
スタンの同級生で、イギリスからの転校生。極度のイギリス志向のためカートマンをはじめみなに嫌われていた。14シーズンの200回記念エピソードで巨大ロボット「メカ・ストライザンド」に踏み潰され死亡。

著名なエピソード

S01E08「ダミアンのいんちきパパ(Damien)」

転校生とイギリス人


後に準レギュラーとなる魔王サタンと救世主イエス・キリストの初登場回。

S01E12「メカ・ストライサンドの大迷惑(Mecha-Streisand)」

学校の授業の一環で遺跡の発掘調査をするスタン達。カートマンがゴミだと思って捨てた石器がこれまでにない未知の発掘品だった。当然TVニュースの速報に流された。
それを知った落ち目の歌手バーバラ・ストライサンドがサウスパークへやってくる。
メカ●ジラのパクリじゃないか。』そう、日本の特撮のパロディだらけのバカ回。後にサウスパーク最強の敵となるメカ・ストライサンド初登場。

S03E10「チンポコモン(Chinpokomon)」

CHINPOKOMON


日本からのテレビアニメ『チンポコモン』、瞬く間に大ブームとなってしまったがそこへ日本企業の魔の手が迫っていた?
日本文化をパロディしまくった危険回。やんごとなきお方まで登場していた。日本未放送。

「無修正劇場版(Bigger, Longer & Uncut)」

サウスパーク / 劇場版


初の劇場版。1999年公開。無修正の名のとおり卑猥な言葉が無修正で飛びかうのである。
カナダ人のテレンス&フィリップ主演映画「燃えよ!コウモン」が原因でケニーが死んでしまう。それがやがてアメリカとカナダの戦争へと発展する。
一方、地獄ではとんでもないワルがサタンと組んで悪の限りを尽くす。

S05E03「カルトっQ! 丸刈りータ☆で大脱走(Super Best Friends)」

SBF


新興宗教によってスタン達レギュラーが嫌々坊主頭にされてしまう。
邪神の存在を感知したイエス・キリストはスーパーベストフレンズ結成。後に大問題を引き起こすことになる。

S05E04「カートマン・レクターの鬼畜晩餐会(Scott Tenorman Must Die)」

鬼畜晩餐会


スコット・テナーマンとカートマンの骨肉の争い。カートマンのキャラがどんどんサイコになっていった引き金。

S05E13「ケニー、死亡。(Kenny Dies)」

ケニー


これまで何度か死んでいったは次回からは生き返ってきたケニーが本当に死ぬ話。
本当に不治の病となり余命わずかと宣言されたケニー、スタンが見舞いに来てくれない事に嘆き病院を脱走。一人さびしくサウスパークの山々を見つめながら彼はついに・・・。
そして次のシーズンでは死んだまま。しばらく未登場となった。

S07E15「アイクを訪ねて3000里(It's Christmas in Canada)」

初のエミー賞受賞作品。本来はカナダの孤児でブロフロフスキー家の養子になったアイク。カナダ本国から強制送還されることになった?義兄としてカイルはアイクを取り戻そうと仲間たちと共にカナダへと向かう。

S08E01「キケンなニンジャごっこ(Good Times with Weapons)」

Hey Hey Let's GO 喧嘩する~


ほんとに↑こんな絵柄で物語が進む。アメリカの二律背反的な倫理観を風刺した回。詳しい詳細は「素晴らしいチンチンもの」へ。
なお、シーズン10以降は日本語版が放送されていない。(後に全話ではないが「FOX bs238」で放送される。キャストは変更されている。)

S19E06「トゥイーク×クレイグ(Tweek x Craig)」

creek


日本のBLやおい腐女子を題材にされたエピソード。
日本のBL文化が学校で紹介されたが、そこでトゥイークとクレイグのBL絵が例えとして使われ、そのせいで周りは二人が本当にゲイカップルと勘違いし、さらに東アジア系腐女子たちがその類の絵を量産し、噂は町中に広まって二人はみんなから応援されてしまう、という話。
作中に登場した様々な絵は実際に視聴者たちから募集したものを使っている。
pixiv内のカップリング詳細は「クレトゥイ」へ。(※腐向けなため苦手な人は注意。)

関連イラスト

south park !!
☀ฺ ☀ฺ ☀ฺ


自由に生きればこの世の楽園
SPACE PARK



pixivでは以下の、日本のアニメ調の画風とデザインに逆デフォルメ逆作画崩壊したファンアートが多い。

白くしました
goin' down to South Park,


SP 20season is coming!
無題



日本でサウスパークっぽい感じの作品(五十音順)


※「サウスパークっぽい」といっても、アメリカと日本では「表現の自由」の程度が異なる(日本ではアメリカに比べエロ方面での表現やパロディが意外なほど自由だったりする一方、残虐表現や政治・宗教に関わる表現は忌避される傾向が強い。また時代が下るほど過激な表現への制約が大きくなる傾向にある)ため単純に「過激さ」を比べることは見当違いとも考えられる。これらの作品はあくまでも、サウスパークと表現が若干似ているというレベルである。

関連タグ

通常southpark トレイ・パーカー マット・ストーン 海外アニメ カートゥーン WOWOW 公式が病気 エミー賞
作中ネタなどサウスパーク風 この人でなし! チンポコモン 素晴らしいチンチンもの
users入り(イラスト・漫画)サウスパーク100users入り サウスパーク500users入り サウスパーク1000users入り
users入り(小説)サウスパーク小説50users入り サウスパーク小説100users入り
カップリングサウスパークのコンビ・グループ・カップリングタグ一覧 サウ腐パーク(※腐向け)


外部リンク


他の記事言語

South Park

関連記事

親記事

海外アニメ かいがいあにめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サウスパーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31231287

コメント