ピクシブ百科事典

users入り

ゆーざーずいり

pixiv内の投稿作品に対するブックマーク登録件数が特定の数に達した場合につけられる評価タグの一種。
目次[非表示]

※当記事ではpixiv内の投稿作品と区別するため、二次創作の基になった作品のことは『ジャンル』と呼ぶ。

概要

このタグの利点は、タグ編集者の主観に拠るところが大きい他の多くの評価タグと違い、ブクマ数という明確な基準を基にしてpixiv内で評価されている作品を探すことができる点にある。

無論ブクマ数の伸び方は作品投稿者やジャンルそのものの知名度、キャラクターの人気などに大きく左右されるため、単純にブックマーク数が少ない作品ほど劣っていると断ずることはできないが、それでもジャンルタグやキャラタグのみで探すよりはクオリティの高い作品に出会える確率は高くなると思われ、作品数も厳選されるため、古く埋もれてしまった作品にも出会いやすくなる。

また、「ふつくしい」や「10点じゃ足りない」などの主観的なタグとは異なり、基準の存在する客観的な指標であるため、検索タグとしても価値がある。
ちなみにこの客観性という特徴ゆえに、評価系タグの中では例外的に投稿者が自分でつけても「自分タグ」とは言われない。
だがそれと同時に「客観的な指標であるがゆえに、ブックマーク数の増加とともに剥がしたり張り替えたりする必要が生ずる」という特殊さもこの系統のタグにはある。投稿者が自分でつけてしまうと他のユーザーにはその作業が出来なくなるため、やはりなるべく避けた方が良い。同じ理由でタグロックも奨められない(勿論、投稿者が後々まで自分でメンテナンスする気があれば、何の問題も無いが)。

このタグを追加することの是非

「すでにイラストのタグが10個すべて埋まっている場合、他のタグを消してまでこのタグを付けるのは荒らし行為になりかねないので注意が必要である」という意見もある(実際、タグの付け替えが頻繁に発生する「タグ付け戦争」が発生している事も否定できない)。
しかしタグ機能は本来閲覧者が検索しやすくするための機能であるため、実際に○○○に当たるだけのブクマ数ならば「○○○users入り」をつけても良い。
その場合に削除するタグの候補は、感想タグピクシブ百科事典で作成されていない少数派タグ、女性向け小説で見られるタグ類)、ネタタグ、コメントで代用可能なタグ、続編希望の派生タグ等が挙げられる。

一方的な評価をする前に

時折、海外絵師による投稿作品の中に「ブックマークが一定数に到達していないのに、投稿者自身がusers入りタグを使用している」例も見受けられるが、これは「タグのつけ方を詳しく分かっていない投稿者が、他作品のタグを参考にしてコピペした結果、users入りタグも一緒にコピペしてしまった」が故に、こういう状況が起こってしまったと推測されている(詳細は「※作者は海外ユーザー」の記事を参照していただきたい)。そのため、そういったユーザーに対して「自演」等の評価をするユーザーも見受けられるが、そういった評価をする前に、まずは「作者のプロフィール」などを確認した上で評価をするべきであろう。投稿者全員が、ローカルルールを知り得ているわけではないのだから。

「users入りタグ」の新規作成・追加に際して

作品に対して新たに「○○○users入り」のタグを作成し、ピクシブ百科事典にも記事を作成した際には、各「○○○users入り」の記事及び各ジャンルの親記事に該当ジャンルのタグ追加を願いたい(投稿者・閲覧者が全ジャンルのタグを把握出来る訳ではない為。故に、「該当ジャンルの「users入り」タグは作られているが、存在が知られていない」状況も発生している)。また、腐向けタグでusers入りタグがある場合は、棲み分けの為にも腐向け作品のusers入りタグを百科事典の方に併記して頂けると幸いである。

作品によっては小説イラスト(一般向けとR-18)でタグが別々に作られるケースも存在するが、「○○○users入り」と「○○○小説users入り」を分けずとも、元よりイラストと小説は表示が別々である。利便性と言う点で両方を統合したusers入りも一部作品で立ち上げられている(甲鉄城のカバネリなど)。

それ以外でもシリーズ数が多くなることが想定される場合は、「○○シリーズusers入り」(ファイナルファンタジーシリーズテイルズオブシリーズ等のRPGジョジョの奇妙な冒険等の続編が多いシリーズ)のように統合するケースも存在するが、こうしたケースは10年以上続いている長寿作品シリーズ等に限定されるだろう(例外として、プリキュアシリーズは作品総合タグの「プリキュア○○○users入り」に加え、各年のタイトル毎にタグが作られている)。

これほど何百もの「○○○users入り」タグを作る必要は、無いと言えば無い(基点の「50users入り」「100users入り」などのタグさえあれば、後は「(任意のタグ)」+「50users入り」などのAND検索をするだけで良かった)。しかしながら、タグクリック一つで済ませたいユーザーから見れば、あって困るものでもない。また、「色々なジャンルのまとめイラスト」に各ジャンルのタグをつけている場合、「希望するジャンル以外の作品にもヒットしてしまう」可能性も大いにあるため、利便性という点を考えると、ジャンル毎のusers入りタグの方が有効になってくるだろう。

普及の経緯

正確なことは定かではないが、筆者の記憶が正しければ 以前は一部の有名ジャンル1000users入りのように大きな数字を達成した作品をまとめる目的で使用されていたのが、特に2011年頃からは(明確な数字で評価を分けられるという客観性が広く受け入れられたためか)より多くのジャンルで専用タグが作られ、ブクマ件数に応じた派生タグが普及していった・・・ように思う。

また、「入り」であるのは、ニコニコ動画で主に再生数10万以上の動画に付けられる「○○殿堂入り」から派生したと思われる。
殿堂入りタグの一覧 - ニコニコ大百科

表記揺れについて

しばしば『user入り』とsを抜いて表記されることがあるが、正しくは『users入り』である。
これは以前pixivでサムネイルの下に表示されるブクマ件数が『(件数)users』だったことに由来しているものと思われる。
さらに『入り』まで省略されたものとしては、『アイマス100user』が有名である。
タグを付ける場合は当然正しい表記で付けるべきだが、検索の際は『user』のみで検索すると、表記揺れも含めて検索出来るので便利である。

使い方

基本的には『(ジャンル名)(ブクマ数)users入り』という形で表記され、ジャンル名の部分には略称が使用されることが多い。

例→あの花1000users入り

現在ではusers入り系のタグもかなり普及したため、pixiv内の作品がブクマ数100件を達成すると大抵誰かしらの手でそのジャンル専用の100users入りタグが付けられるようになった。

評価タグとはいえ、あくまでも客観的な数字に則っているので、投稿者自身がタグを付けてもなんら問題は無い。ただし、数字が変動した場合(ブックマーク数の増加)には、閲覧者によるメンテナンスが出来ないという難点が生じる。

そのジャンルで1000users入りした作品が一つしか無い場合は単に『1000users入り』と表記される事もあったが、現在では最初から『(ジャンル名)(ブクマ数)users入り』という形をとるのが普通になっている。

カバーする範囲について

そのジャンルのusers入り系タグが細分化されて複数ある場合、最高位のタグ以外にはカバー範囲の上限ができる。

例1. 100100010000users入りがある場合。

タグカバー範囲
100users入り100以上 1000未満
1000users入り1000以上 10000未満
10000users入り10000以上

例2. 1005001000500010000users入りがある場合。
タグカバー範囲
100users入り100以上 500未満
500users入り500以上 1000未満
1000users入り1000以上 5000未満
5000users入り5000以上 10000未満
10000users入り10000以上

例3. 100250300)・5001000500010000users入りがある場合。
タグカバー範囲
100users入り100以上 250(300)未満
250users入り300users入り250(300)以上 500未満
500users入り500以上 1000未満
1000users入り1000以上 5000未満
5000users入り5000以上 10000未満
10000users入り10000以上

1作品にそのジャンルのusers入りタグが複数付けられている事があるが、上の表に示したように同時に二つのタグのカバー範囲に入る事はない。
こういうケースでは正しくない方のタグ(ブックマーク数の増加に伴うタグの複数使用であれば、ブックマーク数の少ない方のタグ)を消すのが望ましい。

users入り一覧

ジャンル別タグの一覧は各記事内を参照。

ちなみに『ジャンル名 user』でアンド検索すればそのジャンルのusers入り作品をほぼすべて表示でき、『ジャンル名 000user』とすれば1000users入り以上のものをほぼすべて表示できる。

5users入り小説5users入り

通常のイラスト投稿で5件というブクマ数を得るのは容易なため、イラストに比べて利用者の絶対数が少なくブクマ数が伸びづらいpixiv小説でのみ使用されている。

10users入り小説10users入り

通常のイラスト投稿で10件というブクマ数を得るのは比較的容易なため、イラストに比べて利用者の絶対数が少なくブクマ数が伸びづらいpixiv小説でのみ使用されている。
と、認識されていたがあんガル10users入り」(→検索結果)、「ウルトラ戦姫10users入り」(→検索結果)、「タジハナ10users入り」(→検索結果)、「MALICE10users入り」(→検索結果)等がイラストの分野で使用されている模様。…しかし、やはり上で説明している様にジャンルによっては10程度は簡単に到達してしまうので、広めていくべきなのかは微妙である。

30users入り小説30users入り

こちらも10users入りと同様 小説作品に対して使われることが多い。中規模ジャンルでは10usersを設けず30usersもしくは50usersからタグを付けているものもある。

50users入り小説50users入り

こちらも10users入りと同様 小説作品に対して使われることが多いが、イラスト・漫画作品でもpixiv内での創作規模によっては達成するのに相応の画力やセンスが必要とされるため、少数ながら使用されている例はある。

100users入り小説100users入り

100件という高すぎず低すぎない難易度から、現在最も多くのジャンルに存在するusers入り系タグ。

250users入り

あえて「100users入り」や「500users入り」と使い分ける必要性が薄いため、使用しているジャンルは少ない。

300users入り小説300users入り

250users入りと似た状況で、使用しているジャンルは少ない。
小説はサムネイルで内容の判断がしづらいのでイラストより閲覧・評価される機会が少ないという事情があるため、最近では小説100users入りと小説500users入りの間に小説300users入りのタグを使用するようになった作品も多くなってきている。

500users入り小説500users入り

500件以上1000件未満の作品が相当数なければ存在意義が無いため、1001000に比べると普及率は低いが、イラスト数が多いジャンルでは1005001000→・・・と使い分けられている。

1000users入り小説1000users入り

普及率はおそらく100users入りに次いで高く、users入り系タグが100と1000のみというジャンルも多い。オリジナル小説に限っては、1500が存在する。

3000users入り小説3000users入り

ジャンルによっては使われる。当初は、東方Project3000users入り戦国無双3000users入りだけだったが、うごイラ3000users入りオリジナル3000users入り銀魂3000users入り等が追加された。

5000users入り小説5000users入り

500と同様にジャンル内の5000に達する作品が相当数存在しない限りは1000users入り10000users入りだけで事足りる上、そもそもブクマ数5000に達する作品自体が限られているため、普及率は10000users入りよりも低い。

7500users入り小説7500users入り

使われることは非常に稀。東方Project7500users入り以外にはうごイラ7500users入りが存在する。

10000users入り小説10000users入り

言うまでもなく「ブクマ数10000件の達成」は極めて困難であり、ジャンル別タグでも該当作品数は殆どが二桁に留まっている。
ただし、基準を達成したイラストがある場合や人気の高いジャンルでの普及率は高い。

30000users入り

ジャンルによっては使われる。50000usersには満たないものの、10000users入りの作品が多い場合に使用される。

50000users入り

人呼んで「神の境地」。2018年10月現在、pixiv全体で50000usersを達成した作品は約400作品存在する。

100000users入り

2018年10月現在、pixiv内ではこのタグがつけられた作品が40点存在する。


関連タグ

タグ 評価タグの一覧
ブックマーク

pixivに投稿された作品 pixivで「users入り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23115

コメント