ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

一般論としての「女性向け」

女性趣味嗜好に合わせてつくられたもの。

「女性向けファッション誌」を男性が読んでも多くの場合役には立たないように、一般的に「女性でない人≒男性」の利用を想定しておらず、男子禁制的なニュアンスが込められている事が多い。


他方で歴史的な経緯から、必ずしも対義語が「男性向け」になるとも限らず、むしろ「一般向け」になっている場合も多々ある

これは同じ女性も意識しているようで、平成に同じ女性にも嫌われている女性の自治厨によって女性向けから男女逆でも通じる表現や一般表現が追放され、オミットされた結果、カテゴリーエラーとして望まない男性向けや望む表現のない一般向けに含められ、迷惑をかけてしまうことが多々あった(余談で、自治厨には一部の人が萌えて一部の人が萎える、主観ではあるものの、具体的な好みを持つ人物がなりづらい傾向にある)。

自治厨も狭い範囲の女性向けにはとどまらないようで他界隈の女性に文句を言うことが多々あった。

また、近年増加した「女性向け作業服」では、サイズさえ合えばそれ以外の物を選んでも基本的に問題は無い。むしろその事で性能に差が出る方が問題である。

これは長年「作業員≒男性」という暗黙の了解の下で設計されてきたものに、後から「女性向け」の要素を付加したために生じた事例で、こうした場合では不要不急装飾というニュアンスが強くなる。

もっとも、あえて男性がそれを選択する動機は生じにくいため、引き続き「男子禁制」的なニュアンスも残り続ける傾向にある。


逆に言えば、後者の場合コストなどの面で女性が「女性向け」以外を選択する動機は生じやすいため、単純に選択肢が増えるという事になりやすい。

前者にしても、ある程度までなら男性的な格好を認めるという社会は多く、かえって不平等感を感じる男性も少なくない(ならば自分達も「女性向け」の使用を広めればいいじゃないかと思うかもしれないが、そう簡単には行かない。男性コスプレイヤーの女性キャラコスプレ、ガーリーなメンズファッションだけでも浸透するのが大変だった)。


注意

現代日本においては、はっきりとどちらかに分かれるよりもむしろ、その中間的な位置付けにあって多かれ少なかれ両者のニュアンスを併せ持っている事例の方が多い傾向にある。


その是非はともかく、現実的には

  • あくまで「女性向けとされるもの」に過ぎず、「全ての女性が好むもの」ではない。
  • あくまで「女性向けとされるもの」に過ぎないが、「実際男性は好まない」可能性が高い。

という感覚を持っておいた方が無難だろう。

合理的理由無く嫌がる相手に押し付ける事、それがすなわち差別ハラスメントである。


棲み分けが進んだ女性向けは主語以外の内容が大なり小なり似る傾向はあるようで、主語を伏せた作品や狭く深い範囲を高解像度で表現する作品が増えている。

ワンクッション鍵垢を利用して同じ好みの女性だけと繋がり、望まない好みを押し付ける女性(稀に男性)に見つからないように隠れる女性もいる。

「数より質」を重視し、「全員が好まない」を前提とするのも女性向けの特徴で、質がいいものは全員が嫌う作風にはならない傾向にある。


創作における「女性向け」

さて、現代二次元文化の源流となる文学においてもこの線引きは例外ではなく、しかも日本では割と前者に寄ったニュアンスで理解されていた。


土佐日記』の作者紀貫之が俗にネカマの源流」とされているように、かつては文字そのものに「男性向け」と「女性向け」があったほどである。

時代が下ると流石にその垣根は低くなっていったが、明治維新以降の社会変化で再び高くなる傾向が見られた事も特徴である。当時は「男性と女性を全く別の生き物として扱う」事が「近代的」とされ、その考えを基に教育出版も整備されていったからである。

女性を表す記号の一つである「女言葉」も、現存するものの多くはこの時代に「発明」され、再生産された結果であると言われている。


また当時の価値観では、現代の「ゲーム脳」と同等かそれ以上の嫌悪感でもって小説不良の読み物」などと捉える向きが強かった。

何故「文豪」と呼ばれる人達は男性ばかりなのかという所にも繋がってくる事象であるが、男性ですらそのような扱いだったのである。いわんや(貞淑であるはずの)女性をや、というわけで女性が触れる文章には検閲ばりの「厳選」が重ねられた。


これらの風潮は日本が民主化を遂げてなお残り続け、そのため少女漫画手塚治虫ら他ジャンルで大成した男性作家が長らく牽引し続けたのである。

そもそも「女性向け漫画」というジャンル分け自体が国外では必ずしも一般化していない。


我々はその延長線上にいる事を理解しておく必要がある。

一見フリーダムなようでいて、その実とても保守的な業界なのである。


関連タグ

基本的に男性の読者・視聴者を想定していないジャンル

女児向け10歳くらいまでの少女向け作品の総称。副次的に保護者をターゲットにしている事から例外的に興味を示す男性も多いが・・・
少女漫画/女性漫画女性をメインターゲットとしている漫画。女主人公と男女の恋愛描写の割合が高い。
レディースコミック男女の性愛を描いた、成人女性向けポルノ漫画。市場の縮小による統廃合で「女性漫画」との境界が曖昧になってきている。
ティーンズラブ/TL「レディースコミック」から派生した、若年層に特化した女性向けポルノ作品の総称。
ハーレクインロマンス男女の恋愛を描いた、女性向け恋愛小説。テンプレ化が進んでおり、ほぼすべての物語が「社会人の女性が、社会的地位が高い魅力的な男性とすったもんだの末に結婚し成功する」という筋書きになっている。
乙女ゲーム女性プレイヤーと男性キャラクターとの恋愛要素を含むゲームの総称。
シチュエーションCD人気男性声優による、シチュエーションに沿った演技が収録されているCD。聞き手に関係なく進むドラマCDと違い、男性声優が聴き手に語りかけてくる。
夢小説/夢漫画/夢絵男性キャラクター×自分(あるいは自己投影するためのオリキャラ)のカップリングを描いた二次創作の総称。
ボーイズラブ/BL/腐向け/メンズラブ男性同士の性愛を描いた、女性向けのコンテンツの総称。少女漫画やハーレクイン由来の要素が多く、ゲイ向け作品とは明確に区別される。女性向けオタクコンテンツで最大の存在感を放っている。

混同されやすいが「女性向け」とは言えないジャンル

ブロマンス2人もしくはそれ以上の男性同士の親密な関係性の総称。親友、チームメイト、師弟、上司と部下などで、基本的に恋愛感情を含まない。
ガールズラブ/百合女性同士の性愛を描いたコンテンツの総称。かつては「女性向け」とされていたが、現在では「男性向け」に傾く傾向にあり、「萌え系」との境界が曖昧になりつつある。

当然の事ながら、これらの中にはさらに小分類が設けられている。各地のローカルルールに従い、適切なタグ付けを心掛けてほしい。

また、リョナ」のような特殊性癖を表すタグはこれらとは別立てである。そうした要素が含まれる場合は別途タグ付けする事を忘れないように。


男性向け 一般向け

婦人服 ファンシーグッズ

女オタク 腐女子 夢女子 姫女子

ジャンル pixivマナー 棲み分けタグ


ダサピンク現象:「門外漢が「女性向け」を作ろうとして誰得な代物ができあがる」といった意味のネットスラングお前の勝手なイメージを押し付けるな!」という教訓である。乙女心を持つシニア男性と主語の大きい女子向けの作品ではあるため、狭義の女性向けではあるのだろう。


表記揺れ女性向 レディース


外部リンク


他の記事言語

For Females

関連記事

親記事

ジャンル じゃんる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71610748

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました