ピクシブ百科事典

精神世界

せいしんせかい

精神世界とは精神の世界である。
目次[非表示]

このタグがつけられるイラストの傾向は二つある。

  1. 心象風景心理を抽象的、幻想的に表現したアート的なもの。
  2. ニューエイジでスピリチュアルなイラスト。

ニューエイジ・スピリチュアリズム

書籍の分類として「精神世界」がある。スピリチュアリズム心霊主義)やニューエイジなどの新しい霊性や占い、オカルト、超自然側に片足を突っ込みはじめた自己啓発本(ザ・シークレットなど)を包括する概念である。
伝統宗教の信仰にうるさくない限りは、技法としてのヨガの本も精神世界のコーナーに置かれる。時にメッセンジャーとされるUFO宇宙人、神秘主義に深い関心を持っていたユングもである。
伝統宗教にとらわれない新しい精神性・霊性を求める人々が援用してきたものの集まりが書籍カテゴリとしての「精神世界」と言えるのかもしれない。

創作物での表現

ロボットアニメなどでは、特殊能力者同士の共鳴や、敵などに取り込まれて内部から抵抗する際の演出として使われることがある。
よくわからない空間生まれたままの姿になっていることも多い(幼児退行羞恥心を同時に表しているのだろうか)。今と昔、現実と理想の境界線で迷い、風景写真実写)と子供の頃のラクガキがごっちゃになって出てくることもある。

特にTV版『新世紀エヴァンゲリオン』では上記の演出が目立ち、終盤の二話に至ってはこれまで示唆されていた伏線・設定などを放棄し主人公の精神世界における自問自答とそこからの解放を描いたことで大きな話題を呼んだ。

また、女性の内面を描いた作品ではゆめかわいい病みかわいいと形容される、ファンシーとも不気味とも受け取れる独特の精神世界が描かれることがある。

また、心の闇を描いたホラー作品の中で扱われることもある。実体を持たない世界故に設定上の制約が少なく、作中で極めて不条理な現象や超展開が起きても許容されやすい。
また、登場人物が現実逃避の手段として精神世界に逃げ込んだ場合、その人物が犯してしまった罪が物語上の鍵となったり現実を直視させる為の敵対的なクリーチャーが登場することもある。
海外の作品では麻薬やそれに伴う幻覚、罪悪感が題材として扱われることも多い。

関連タグ

【わたしのせかい】 こどもの世界
心象風景 心理描写  中二病
赤ちゃん 全裸 原点回帰

サイレントヒル ゆめにっき

pixivに投稿された作品 pixivで「精神世界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65246

コメント