ピクシブ百科事典

サイレントヒル2

さいれんとひるつー

『サイレントヒル2』(SILENT HILL 2)は、コナミより発売されたゲーム。 ジャンルはホラーゲームおよびアドベンチャーゲーム。 『サイレントヒル』シリーズの第2作目にあたる。
目次[非表示]

概要

前作『サイレントヒル』と同じく、
架空のアメリカの田舎町「サイレントヒル」を探索するゲーム。
町中を歩き回り、謎を解き、襲い来る怪物を倒し、道を切り拓いて、物語を紐解いてゆく。

ただし、前作とのストーリー上の繋がりは皆無。登場人物の関係性も無い。
舞台こそ同じ「サイレントヒル市」だが、前作で描かれた北部市街地からはトルーカ湖を挟んだ対岸、サウスヴェイル地区を舞台にしているため、地理も全く異なる。

本作のテーマは「罪」

難解なストーリーや陰鬱な世界観、それを表現したグラフィックや音楽は高く評価されており、
ファンの中には本作をシリーズ最高傑作に推す者も多い。

ストーリー

あいまいな眠りの中で
夢見るのはあの町

サイレントヒル

いつかまた二人で行こうと約束しておきながら
私のせいでかなわなかった

私は一人でそこにいる

あの思い出の場所で

あなたを待っている

ジェイムズ・サンダーランドの元に手紙が届く。
差出人は「メアリー」。それはジェイムズの妻だった女性の名。
しかし、メアリーは3年前に亡くなっていた・・・

こんなバカな話はない。死んだ人間から手紙が来るわけがない。
わかっているつもりだ・・・ ・・・

それでもジェイムスは真実を求めて、サイレントヒルを訪れるのだった・・・

メアリー・・・ ・・・
この町にいるのか?

登場人物

ジェイムス・サンダーランド



本作の主人公。29歳の男性。職業は事務員(詳細不明)。
精神的疲弊を感じさせる重く暗い表情が特徴。

■メアリー・シェパード・サンダーランド
主人公ジェイムスの妻。
本作開始時の3年前に亡くなっているはずだが、彼に手紙を送ってきた。
重病(詳細不明)に臥せっていたらしい。

アンジェラ・オラスコ
サイレントヒルにて最初に出会った女性。
母親を探しにサイレントヒルを訪れたと話す。

エディー・ドンブラウスキー
サイレントヒルにて出会う人物。太った青年。
事情があってサイレントヒルを訪れている。

■ローラ
ジェイムスの前にたびたび現れる謎の少女。
ジェイムスとメアリーのことを知っているようだが・・・?

Are you blind or something?



■マリア
本作のヒロイン的な存在であり、サブシナリオの主人公。
メアリーにそっくりな容姿を持つが、性格や雰囲気は正反対な女性。
ジェイムスに好意を持ち、メアリーしか知り得ないことを知っているが、その正体は……

マリア



怪物

敵としてプレイヤーの前に立ちはだかる不気味な怪物たち。
前作同様に、登場人物の心理や妄想が
サイレントヒルの力によって具現化されている。

■ライイングフィギュア
最初に遭遇する怪物。立って歩き、プレイヤーににじり寄ってくる。
二足歩行時は緩慢だが、倒れるとゴキブリのようにすばやくガサガサと這い回るようになる。
体の中心から毒霧のようなものを噴射してくる。

Lying Figure_hommage



■マネキン
名のとおりマネキン型の怪物。
普段は静止しているがプレイヤーが近づくと動き出し、にじり寄ってくる。
ザコだが何気に攻撃力が高いので油断は禁物。

マネキン調査報告



バブルヘッドナース
病院に登場する看護婦のような怪物。醜く膨れ上がった顔が名前の由来。
ちなみにナース型のクリーチャーはシリーズ恒例のお約束ともいうべき存在であり、
作品ごとに頭部のデザインが細かく異なっている。

バブルヘッド



アブストラクトダディ
ベッドと一体化した肉塊のような怪物。迷宮通廊でアンジェラに襲い掛かっていた。

アブストラクトダディ



レッドピラミッドシング
本作で最も有名かつ人気の高いクリーチャー。大鉈を持ったものと槍をもったものがいる。
ジェイムスを執拗に狙う不死身の存在であり、ある理由で二体に増える。

なお、下記のイラストは初代サイレントヒルからクリーチャーデザインなどを手懸けているイラストレーター、デザイナー「伊藤暢達」氏ご本人の作品。

三角頭(Святой апостол)



関連リンク

サイレントヒル2のストーリー全容に関する考察

関連タグ

サイレントヒル

pixivに投稿された作品 pixivで「サイレントヒル2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503788

コメント