ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

エディー・ドンブラウスキーとはPS2ソフト

サイレントヒル2に登場したキャラクター。


人物編集

男性:23歳

地方都市のガソリンスタンドで働く青年。

気弱な性格と自らの肥満体型にコンプレックスを抱いている。


本来は善良な性格の青年だが、感情の起伏が激しく激昂しやすい一面がある。

長年いじめを受け続けており、ある日、怒りが頂点に達してを射殺。

更に犬の飼い主であるいじめ加害者の脚にも銃撃し、負傷させてしまう。


動揺したエディは、警察から逃れるべく寂れた田舎町サイレントヒルへ逃亡するが、

サイレントヒルの街には「罪」を持つ者を引き寄せ、負の感情を具現化する力があった。

結果、自らの罪悪感が生み出した死体に満ちた街を彷徨うことになり、

やがて完全に狂気に冒されてしまった。(※)


※:小説版ではエディーが狂気に冒される経緯が書かれており、彼がサイレントヒルに来てから、自分の罪悪感の象徴とも言える犬(や恐らくいじめ加害者も)が怪物化して彼の前に立ちはだかり、散々にトラウマをえぐった模様。

結果、彼は自分の内面の闇に真っ向から向かい合うことができず、怪物を殺害。闇の泥沼にはまってしまったのである。

 

迷宮通廊最深部の屠殺所では人間でありながらボスキャラとして登場。

積年の恨みつらみやコンプレックスを吐き出しながらジェイムスを襲撃する。

攻撃手段は手にしたリボルバー拳銃パンチ

一定のダメージを与えると奥の冷蔵貯蔵室へ移動し、吊るされた枝肉に隠れながら銃撃してくる。

銃撃の威力が高い為、接近してパンチを誘発し、ショットガン等で反撃する戦法が有効。


正当防衛とはいえ、エディを殺害することになってしまったジェイムスだが、

同時に自らが殺人を犯したのが初めてではないことに気付いてしまうのだった……。


なおジェイムズに「あんたもこの街に呼ばれてきたんだろ」と発言していることから、心に闇を持つ者を引き寄せるというサイレントヒルの特性を理解していた節がある。

街をさまよううちに気付いたものと思われるが、詳細は不明。



余談編集

劇中でピザを食べていたことから文字通りピザデブと呼ばれる事がある。

『ドンブリスキー』・『丼スキー』等の渾名で呼ばれる事も。

また、彼が射殺した犬と、いぬエンドに登場する柴犬との関係性は不明。



ゲーム内では「ジェイムスとの銃撃戦の果てに殺害されてしまった」感が強かったが、小説版では自身の人生に嫌気がさし、自ら死を望んでいるような(もっと言えばジェイムスに殺されることを望むような)描写が目立っていた。

因みに彼が所持しているリボルバーは父親のものを盗んできたとのことらしい。



関連タグ編集

サイレントヒル2 微笑みデブ ピザでも食ってろデブ

関連記事

親記事

サイレントヒル2 さいれんとひるつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43702

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました