ピクシブ百科事典

世界の中心でアイを叫んだけもの

せかいのちゅうしんであいをさけんだけもの

「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」「ありがとう」
目次[非表示]

父に、ありがとう
母に、さようなら
そして、全ての子供達(チルドレン)に
おめでとう

「世界の中心でアイを叫んだけもの」

TVアニメ新世紀エヴァンゲリオン』の最終話(第弐拾六話)のサブタイトルである。
1996年3月27日放送。視聴率は10.3%。
英題は「Take care of yourself.」(それじゃ体に気をつけて元気でね)
タイトルの元ネタはハーラン・エリスンのSF小説「世界の中心で愛を叫んだけもの」。
カタカナの「アイ」は「」と「I()」をかけており、世界中心で「私はここにいる」と叫ぶという意味。
テーマ庵野秀明曰く「現実に帰れ」である。

「僕はここにいてもいいんだ!」

この最終話と25話のラスト2話は、24話「最後のシ者」から続く物語としては描かれていない。
碇シンジ個人の精神世界における葛藤苦悩の問答を経て、シンジが自身の存在意義への答えへとたどり着き、自己肯定と解放に至るまでが、前衛的な映像で描かれる。

最後にシンジが「僕はここにいたい!」と晴れやかに言い放ち椅子から立ち上がり、「残酷な天使のテーゼ」のメロディが流れるなか、シンジを取り囲んだ登場人物たち(死亡したキャラクターを含むが、シンジを最終的にここまで追い詰めた渚カヲルのみ何故か登場しない)が全員笑顔拍手をしながら「おめでとう」と口々にシンジを祝福し、それに応えてシンジが「ありがとう」と満面の笑顔で答えたのち、最後に上の4つのテロップが出て完結となる。

この前代未聞の演出結末は普遍的なネタとなり、現在も様々な作品でこのラストのパロディを拝むことができる。がっつり映像で再現した「銀魂」では、本家中の人による「おめでとう」を聞くことができる。

「庵野秀明」の苦悩と葛藤

エヴァが社会現象と化し、結末への注目が高まっていた本放送時、最後に「物語の完結」を放棄した庵野秀明に対する批判は、放送後に当然ながら集中した。
この結末の描き方に対し庵野は「アニメ依存しているファンに嫌気がさして、バケツをかけてやるつもりで作った」としている。しかし、の半分は自分にかけるつもりで作ったとのことである。
最終回については、庵野自身が実写で出演し、視聴者お礼を言うという案もあったらしい。
いずれにせよ、シンジの分身である庵野自身も、24話時点で完全にぶっ壊れた結果のTV版最終話が本作である。

「まごころを、君に」

庵野自身の精神状態はとにかくヤバイことになっていたが、庵野曰く周囲の4名の女性の支えにより、エヴァの物語世界における完結を目指し再始動。
1997年旧劇場版にて、描き直された最終話「まごころを、君に」がリメイク版25話「Air」とともに公開され、改めて「新世紀エヴァンゲリオン」の物語終幕を迎えた。
英題は「ONE MORE FINAL: I need you.」(終幕をもう一度:君が必要だ)である。
この結末についてはさらに物議をかもしたが、庵野は「もう疲れたから、次が作れないようにみんな殺した」と当時語っていた。
こちらのテーマ庵野秀明曰く「他人がいてもいいじゃない」である。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン
旧劇場版 eoe

pixivに投稿された作品 pixivで「世界の中心でアイを叫んだけもの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3726

コメント