ピクシブ百科事典

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

えゔぁんげりをんしんげきじょうばん

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、『新世紀エヴァンゲリオン』のリニューアルでもリメイクでも続編でもないスタジオカラー制作のリビルド作品。
目次[非表示]

概要

新世紀エヴァンゲリオン』をリビルドした、10年ぶりの劇場版新シリーズ。
“新世紀のヱヴァンゲリヲン”として、全く新しい結末が用意されている。制作はスタジオカラー
なおタイトルから「新世紀」が消えているのは、公開が2007年~のため、既にその“新世紀”(つまり21世紀)になっているからというのが理由。「ヱヴァンゲリヲン」の表記については、TV版の没タイトルを復活させたとの事。

Q『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖(音楽記号/終止線)』の全四部作予定。
当初、第三作と第四作は『急』『?』として同時上映予定とされていたが、2012年1月1日の公式サイト更新の際に『Q』は2012年公開ということとなり、そして『?』はそれとは別に2013年公開予定となった旨が発表されたが、『Q』公開後の正式タイトル発表時に再び未定となり、その後2018年7月に2020年中、そして2019年7月に2020年6月公開予定であることが発表された。

世界観や設定についてはほぼ旧作のものを踏襲しているが、旧作オンエア当時十分普及しきっていなかった携帯電話など時代の変化に伴う細かい小物等の描写は改められている。声優の配役も過去のTVシリーズと同じだが、主役メカのエヴァンゲリオンや敵である使徒のデザイン、ネルフゼーレのロゴマーク等が一新された他、各登場キャラクター達についても、立場や性格などの描写に変化が見られ、ストーリー展開も『』以降から徐々に旧作との差異が目立つようになっており、『Q』以降では完全な別展開を見せている。

劇中、『Ys』のキャラクターソングや『彼氏彼女の事情』、『ふしぎの海のナディア』の楽曲が使われたり、庵野秀明の妻である安野モヨコの漫画『オチビサン』のキャラクターが登場したりと随所に小ネタが仕込まれている。
他作品とのコラボ要素として、2015年に発売されたRPG『テイルズオブゼスティリア』では本作の登場人物達のプラグスーツ衣装が有料DLCとして配信されている。

作品

(英語サブタイトル:EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.
第一作目。2007年9月1日公開。

(英語サブタイトル:EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.
第二作目。2009年6月27日公開。(初期公開予定は2008年初春)

(英語サブタイトル:EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.
第三作目。2012年11月17日公開。発表当初の仮題は『急』。

(英語サブタイトル:EVANGELION:3.0+1.0
第四作目。2020年6月公開予定。発表当初の仮題は『?』。
当初の公開予定年は2008年の初夏あたりで、上記の『Q』と同時上映を予定していた。
メインタイトルの最後の記号は終止線であり、「:」と合わせるとリピート記号になる。
その他にもヱヴァンゲリヲンがヴァンゲリンに戻っているなど、タイトルの時点で謎が多い。
英語サブタイトルに関しても2014年9月5日『Q』の地上波初放送の後に「FINAL」から「3.0+1.0」になった。

登場キャラクター

「序」から登場







「破」より登場



「Q」より登場


関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
桜流し

表記揺れ

ヱヴァンゲリヲン/ヱヴァ/新劇場版ヱヴァンゲリヲン

外部リンク

関連記事

親記事

株式会社カラー かぶしきがいしゃからー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3947177

コメント