ピクシブ百科事典

アヤナミレイ(仮称)

あやなみれいかしょう

こんな時、綾波レイならどうするの?
目次[非表示]

アヤナミレイ(仮称)とはヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qで登場した綾波レイのクローンである。「(仮称)」まで含めた名前が正式名称。CV林原めぐみ

概要

ココから先はQ本編のネタバレを含みます。











碇シンジヴィレより助け出すために現れた、EVA Mark.9。それに乗っていたのは、黒いプラグスーツに身を包んだ彼女だった。
当初シンジは彼女をレイと思い込み、再会を喜びさまざまに話しかけるが、
彼女は何か問われると「知らない」と答えるだけだった。

綾波レイは、第10使徒のコアから助けられた・・・はずだったが、実は彼女の魂はサルベージされず、EVA初号機のコアに残ってしまった。

したがって、Qで登場するこのレイは、バックアップのためのクローンである。(式波・アスカ・ラングレーいわく、”綾波タイプの初期ロット”)

その事実を冬月から知らされたシンジは、ますます絶望することに・・・。

第13号機の護衛のために付いていくが、改弐号機および8号機と交戦。結局機体を失い、とりあえず交戦後、アスカについていった。

なお、真希波・マリ・イラストリアスの台詞によれば「ゼーレの暫定パイロットさん」らしい(本編AR台本より)。

関連イラスト

アヤナミ
知らない



関連タグ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 綾波レイ 黒波

pixivに投稿された作品 pixivで「アヤナミレイ(仮称)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 879257

コメント