ピクシブ百科事典

AAAヴンダー

すりーえーゔんだー

AAAヴンダーとは、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qに登場する空中戦艦である。
目次[非表示]

概要

この内容にはヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qおよびシン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇のネタバレが含まれます。


ヴィレが保有する空中戦艦。正式名称は「Autonomous Assault Ark Wunder」。なお「ヴンダー(Wunder)」とはドイツ語で「奇跡」の意。
左右に広げた巨大な鳥のような翼、艦中央下部より後方に長く伸びた尻尾状の構造物等、およそ通常の艦船からはかけ離れた異様な姿をしている。詳細なスペックは明らかにされていないが、劇中におけるEVAの大きさとの比較から察するにその全長は優に2000mを超える様子。

艦長は葛城ミサト大佐、副長は赤木リツコ
衛星軌道上から回収したEVA初号機を主機動力とし、ATフィールドを発生させる事が出来る他、強力な重力制御システムを有し、起動時に周辺で作業を行っていた艦隊をまとめて浮かせた他、艦体を垂直にし回転させるという芸当も可能となっている。
ブリッジは通常艦橋と戦闘艦橋に別れており、戦闘態勢に移行すると艦橋の座席ごと戦闘艦橋へ移動、艦橋内にL.C.Lガスが注入される。飛行中に光るピアノ線のようなものを機体上部に発生させる。

外見的、装備やシステムの面でも従来の艦船とは一線を画するが、葛城大佐は劇中でAAAヴンダーを「神殺しの力」と呼ぶ場面があり、まだ明かされていないシステムや能力の存在が示唆されているが、『Q』劇中では最後まで明らかにされる事は無かった。

劇中での活躍

US作戦で奪取した初号機を主機とする起動準備中にネーメズィスシリーズの奇襲を受ける。
その後葛城大佐の指揮の下ぶっつけ本番で起動を試みた結果、見事飛行に成功。直後に偽装コクーン内部に潜伏していたコアブロックからの攻撃で両主翼を損傷するも葛城大佐の奇策により偽装コクーンからそれらを引きずり出し、主砲の一斉射を叩き込みネーメズィスシリーズの殲滅に成功する。

その後、フォース・インパクト阻止の為にシンジとカヲルが乗るエヴァンゲリオン第13号機をATフィールドによる封じ込めで無力化しようとするも、第13号機の護衛に就いていたエヴァンゲリオンMark.09の攻撃により失敗。その後も複数回Mark.09の攻撃を受け各部を損傷した上に船体に取りつかれコントロールシステムを奪われ始めてしまう。
直後、Mark.09を排除するべく「コード777」を始動したエヴァ改2号機による自爆攻撃によりMark.09は沈黙。ヴンダーのコントロールシステムは回復するも、主機の復旧までには至っておらず碇シンジ、式波・アスカ・ラングレーらの回収はできずに物語は終わる。
ちなみにエヴァンゲリオンMark.09との戦闘時に艦橋にいた赤木リツコは「アダムスの器はヴンダー本来の主、初号機から本艦の制御を奪い返すつもりだわ」と発言しておりヴンダーはヴィレ以外の他勢力(おそらくNERV)が建造したものである事が示唆されている。

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇にて、元はNERVから強奪されたものであることが判明。
NHGの一番艦であるNHG Buße(ヴーセ)が本来の名称。本来の役割は無人で動く、いわばノアの方舟のようなものらしいのだが。ヴィレによって生き残った人類を守るために戦闘艦へと改造されたことが明かされた。
また、未完成のまま強奪したために、二番艦以降が完成形として洗練された外見を持つのに対し、ところどころを人類の技術で無理矢理補正してることも併せて明らかとなった。

余談

AAAヴンダーが初めて起動し飛行するシーンのBGMは「ふしぎの海のナディア」に登場する戦艦であるN-ノーチラス号起動シーンのBGMをリメイクしたものである。
「Q」本編冒頭のUS作戦でも「ふしぎの海のナディア」からリメイクした楽曲が使用されている。


関連項目

ヴィレ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

関連記事

親記事

ヴィレ ゔぃれ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AAAヴンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160149

コメント