ピクシブ百科事典

概要

呪術廻戦』の五条悟×伏黒恵のカップリング。
呪術高専東京校1年の担任と生徒であり、伏黒が入学する前からの10年近くの付き合い。

父親が御三家のひとつ・禪院家の血筋である伏黒は、小学校に上がった頃、禪院家固有の術式を発現。ほぼ同時期に両親が蒸発し、そのまま才能ある呪術師を求めていた禪院家に売られる手筈であったが、同じく御三家・五条家の出身であり、呪術界において発言力を持つ五条悟がそれを阻止。将来伏黒が呪術師となることを担保として、高専からの資金援助を融通した。
以降、五条は伏黒の実質的な後見人となっており、また時折呪術についても手ほどきをしてきた模様(アオリでは「師弟」と書かれていたことも)。

伏黒は五条を己の恩人としており、長年の援助には感謝しているものの、本人も「悪い」と称する性格やエキセントリックな言動・行動については半ば諦めているところがある。初対面時の印象は最悪だった様子で、突然現れた五条に「君のお父さんは僕も引くレベルのろくでなしで、お家を出てって君を作ったってわけ」「君はお父さんにとって禪院家に対する最高のカードだったんだよ、ムカつくでしょ」と知らされ、内心「ムカつくよ、アンタのデリカシーのなさが特に」と独白していた。

五条は伏黒に対して、任務を丸投げして甘味を買いに行ったり、ハートを語尾につけて話しかけるなど、無遠慮で砕けた態度を取っている。一方でその能力を「自身の後継者の一人と見込む虎杖と比べても、実力や潜在能力的には遜色はない」と評価してはいるものの、着実な手段を選ぶあまり全力を発揮しきれない性質を問題視しており、時に「周りに味方が何人いようと、死ぬときは独りだよ」「本気でやれ、もっと欲張れ」などと厳しい言葉で発破をかけることもあった。また五条は初対面の幼い伏黒に対し、「強くなってよ、僕においていかれないくらい」と、自分と夏油のような過ちを二度と繰り返すまいとした切実な願いを込めた言葉もかけている。

8~9巻の「懐玉編」(五条の過去編)において、天内理子の護衛任務に当たっていた五条と、護衛対象の暗殺を依頼された伏黒の父・禪院甚爾伏黒甚爾)が戦った末、五条が甚爾を殺していたことが明らかになった。甚爾は死の間際、五条に対して「2、3年もしたら俺の子供が禪院家に売られる、好きにしろ」と言い残し、息を引き取った。禪院家に引き取られた子供が幸せになれるはずがないと分かっていた五条は、甚爾の言葉を受け、伏黒に会いにいったのである。
初対面の際、五条は自分が甚爾を殺したことも伏黒に伝えようとしたが、伏黒が小学生らしからぬ諦観を含んだ言葉で五条の説明を遮ったため、結局告げることはしなかった。

関連タグ

呪術廻戦 腐術廻戦 五条悟 伏黒恵

関連記事

親記事

腐術廻戦 ふじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「五伏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 637863

コメント