ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サードインパクト

さーどいんぱくと

「新世紀エヴァンゲリオン」、および「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に登場する概念。
目次 [非表示]

旧劇場版におけるサードインパクト編集

センシティブな作品

新世紀エヴァンゲリオン』に登場する概念。

セカンドインパクト」に続く、全地球規模の災害であり、全人類を滅亡させ得る危機である。

内容としては、この世界の人類の祖である「リリス」が使徒(正確には第1使徒アダム)と「禁断融合」を行う事で発生した強力な「自我」(アンチATフィールド)が、全人類の持つ自他を隔てる「心の壁」(=ATフィールド)を消滅させることで、全人類をL.C.Lに還元して融合させてしまうというもの。


人類はこれを防ぐことを目的としている。

ただし、これは人類補完計画の要であるため、ゼーレNERVの真の行動目的はこれを起こすことであった。


そして旧劇場版第26話「まごころを、君に」では、リリスとアダム(を取り込んだ綾波レイ)の融合により、遂にサードインパクトが発動。人類補完計画の遂行が始まるのだった。


新劇場版におけるサードインパクト編集

前夜

ゼーレおよびゲンドウの目論む「海の浄化」を成し遂げたセカンドインパクトに続き、「陸の浄化」を成し遂げるための概念。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版では「破」の終盤で第10の使徒と融合したEVA初号機をトリガーとして発動しかけたものの、初号機自身がロンギヌスの槍を所持していなかった事や渚カヲルがカシウスの槍を使って初号機を停止させた事により未遂に終わり、この現象はニアサードインパクトと呼ばれるようになった。


しかし「破」から「Q」にかけての14年間の間に、ニアサードをトリガーとしてサードインパクトが再び発生。加持リョウジの犠牲により完全な「陸の浄化」は免れたものの、地表のほとんどは真っ赤に染まり(コア化)人類が住むことのできる土地は極僅かとなってしまった。


正確な経緯は明らかになっていないが、渚カヲルによるとセントラルドグマ最深部がサードインパクトの爆心地であり、Qでシンジたちが降下したそこには首を切断されたリリスの骸、半ばリリスと同化した状態のエヴァンゲリオンMark6、そしてMark6内部に潜む第十二の使徒が存在しており、この3体のいずれかまたは複数によってガフの扉が開かれサードインパクトが発動したと思われる。


シン・エヴァンゲリオン劇場版:||では、回想として、頭部を欠損したリリスが立ち、Mark6がその頭部を持っている描写があったことから、リリスの首を切断したのはMark6であると考えられる。

関連タグ編集

新世紀エヴァンゲリオン

崩壊3rd

セカンドインパクト

ニアサードインパクト

フォースインパクト

アディショナルインパクト

関連記事

親記事

エヴァの用語一覧 えゔぁのようごいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 889027

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました