ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ニアサードインパクト

にあさーどいんぱくと

ニアサードインパクトとは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』にて発生した大災害。

概要

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の終盤、第10の使徒に取り込まれた綾波レイを救うべく、碇シンジと疑似シン化第二形態となったEVA初号機が引き起こした現象。

略称は「ニアサー


覚醒した初号機によってガフの扉が開き、NERV本部頂上の第3新東京市に十字状の巨大な地割れが起きて捲れ上がるほどの膨大なエネルギーが発生。


初号機が新たな理の生命に覚醒する代償に古の生命が滅びる(サードインパクト)寸前だったが、直後月からエヴァンゲリオンMark.6と共に飛来した渚カヲルの投擲したカシウスの槍によって初号機が貫かれることで沈黙して強制中断したため、人類が滅びることは無かった。

リリン(人類)は初号機が誘発させた災害をニアサードインパクトと名付けた。


詳細は不明だが、破からQまでの14年の間に、カシウスによって貫かれて凍結された初号機とそのパイロットがネルフゼーレ)によって利用され、覚醒した初号機をトリガーにセントラルドグマ最深部でサード・インパクトが発生することと成る。



関連項目

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

関連記事

親記事

サードインパクト さーどいんぱくと

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118785

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました