ピクシブ百科事典

EVA初号機

えゔぁしょごうき

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器、エヴァシリーズのうちの一つ。エヴァシリーズの実験機であり、本作品の主人公機体。正式名称は「エヴァンゲリオン初号機」で「エヴァ」や「EVA」は略称。紫色の機体色と額の一本角が特徴。
目次[非表示]

TV・旧劇場版・漫画版

無題
覚醒 暴走
EVA初号機覚醒


搭乗者は碇シンジ(場合によっては綾波レイが搭乗する事も)。
コア(魂)はシンジの母親である碇ユイ
エヴァの運用データを取得するための試験用として開発されており、本機の運用データが後のエヴァシリーズに反映されている。
コアがコアだけに碇ゲンドウは特別な思い入れをしており、特に重宝されていた。
シンジの身に危機が迫ると暴走する。
その際、口腔部が大きく開かれて獣のような咆哮を挙げる。
3度目の暴走の際に第14使徒ゼルエルを捕食しS2機関を獲得・覚醒した。
その後は内部発電が可能になったため、実質可動限界時間はなくなった。

新劇場版

エヴァンゲリオン
エヴァンゲリヲン初号機
EVA初号機擬似シン化第1覚醒形態


ヱヴァンゲリヲン新劇場版におけるEVA初号機。機体の一部のカラーリングが変更された。
搭乗者は碇シンジ
TV・旧劇場版と同様にシンジの身に危険が迫ると暴走する。
「破」では第10使徒戦の際に一度戦闘不能に追い込まれるも「綾波を救う」というシンジの意思に呼応するかのように再起動。「擬似シン化第1覚醒形態」へ覚醒を果たし「神」に限りなく近い存在となった。
覚醒形態の初号機は第10使徒を圧倒する力を発揮。あらゆる面でEVAを超えた性能を見せた。
戦闘の際に左腕を破壊されるも光る粒子のようなもので復元させ、その腕を変形し使徒を吹き飛ばした。ATフィールドも強化されており、NERV本部の24層の特殊装甲板を一撃で破壊した第10使徒の光線を零距離でも難なく防ぎ、初号機が放った光線は使徒の頑強な多層ATフィールドをいともたやすく貫いた。
戦闘のさなか、覚醒形態の初号機は頭上にエンジェル・ハイロゥ(天使の輪)に似たものが出現し、使徒に取り込まれた綾波を救出。
それと引き換えにサードインパクトが発生しかけるも、渚カヲルが乗るエヴァンゲリオンMark.6が初号機にカシウスの槍を投げコアを貫き、サードインパクトを中断させた。

「Q」では「破」までの綾波レイも取り込んでいることが判明する。
パイロットと共に衛星軌道上に封印されていたものを葛城ミサトらの反ネルフ組織「ヴィレ」が奪取し、母艦「ヴンダー」の主機として取り込まれる。
シンジはヴンダーに取り込まれた初号機とシンクロ出来なかった。
その代わりシンジはエヴァ13号機に搭乗する。

エヴァンゲリオンANIMA

エヴァンゲリオン スーパー初號機
エヴァンゲリオン ANIMA初號機
スーパーエヴァンゲリオン


TV・旧劇場版と同じEVA初号機。
原作の3年後のif世界を描いた本作では、様々なバリエーション機が登場する。


ゲーム版

エヴァンゲリオン初号機 F型装備
えばんげりおん
EVA初号機F型装備マゴロク・E・ソード


新世紀エヴァンゲリオン2

追加装備として前述のEVA初号機F型装備」が初登場
後に様々な派生作品に輸入された同装備の初出作品。

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦α』で必殺武器としてマゴロク・E・ソード、カウンターソードが登場。
第3次スーパーロボット大戦α』では一定の条件を満たすとF型装備にも換装が可能となる他、敵として碇ゲンドウが操る暴走初号機が登場する。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版
表記揺れ:エヴァ初号機 初号機 エヴァンゲリオン初号機

pixivに投稿された作品 pixivで「EVA初号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334371

コメント