ピクシブ百科事典

エヴァンゲリオンMark.6

えゔぁんげりおんまーくしっくす

劇場版SFアニメ『ヱヴァンゲリオン新劇場版』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

概要

正式な表記は「EVANGELION Mark.06」。
ゼーレによって建造されたエヴァンゲリオン。
破当時のネルフが所有していた正規実用型とは異なり、人類補完計画に対して重要な役割をもっていたと考えられ、その素体にはリリスに酷似した白い巨人が使用されている。建造方式が通常と違うらしいが詳細は不明。
搭乗者は渚カヲル。しかし、後に自立制御型に改造されたため、搭乗者は必要なくなった。

外観

機体は青色を基調に、部分的に黄色がかった橙色を含む。
初号機の意匠を感じさせる頭部には角をもち、目の部分には赤色のバイザーがかぶせてある。破(Qの予告)において、このバイザーごしの奥に双眸を確認できたが、Qの劇中において、眼らしきものは確認することができず、活動を再開した際には、バイザーの奥から無数の光点が浮かび上がっていた。
その他、機体の構造的な特徴として、ねじれた形のウェポンラック(肩部装甲)や従来のエヴァと比べてひとつ多い胴体の装甲板などがあげられる。
 またQの劇中で白色化していた時は13号機が登って上に立てるほどにサイズが通常のEVAと比較して巨大であった。(ただし破の登場シーンでは浮遊している影響で大きさを測れる比較対象が無いため、破の時点で巨大だったのか、それとも破~Qの間になんらかの事象があり肥大化してしてしまったのかは不明)

経歴


「破」において

第10の使徒襲来前に完成。地上に向けて特殊な装備も付けずに浮遊しながら移動を開始する。
その後、疑似シン化第2覚醒形態となったエヴァ初号機によって開かれたガフの扉を閉じるべく、カシウスの槍を投擲し、初号機のコアを貫いて活動を停止させ、ガフの扉を閉じた。

「Q」において

この先はネタバレを含みます。






その後、Mark.06は自立制御型に改造され、セントラルドグマに投下、サードインパクトを発生させたと考えられる。この時Mark.06によりリリスに何らかの処置がなされ、2本の槍及びリリスの骸と共にセントラルドグマの最深部にて活動を停止したと考えられる。


それからしばらく、Mark.06は下半身がリリスの骸に埋もれ、海老反りの姿勢のまま自らに槍を突き刺し白色化した状態のままで放置されていたが、エヴァンゲリオン第13号機が2本の槍を引き抜いたことでリリスの骸が崩壊し、刺さっていた槍が抜けたことでMark.06は活動を再開した。
活動を再開したMark.06からはパターン青のATFが観測され、第12の使徒と感知された。Mark.06はそのまま浮遊し、機体を軟体のように蠢かせていたが、エヴァンゲリオンMark.09によって頭部を切断された。
切断された直後、機体の切断面から先端部が赤く光り輝く光ファイバーのような使徒が出現し、第13号機の周囲を囲んで球状にまとまった。
その後、改2号機に銃撃されると、さらに全体をコア状に変化させ、レイの顔や胎児の体をかたどった。
この時、使徒に囲まれた内部にいた13号機や、周囲にいたMark.09には変化が起きており、この使徒によって、13号機の覚醒やMark.09の制御システムの移行が促進されたと考えられる。
最終的に覚醒した13号機によって肉体は吸収され、コアは噛み砕かれた。

これによって第12の使徒は殲滅され、Mark.06はその役目を終えた。

デザイン面での人気が高い機体なだけに、本編での不遇さを惜しむファンも多い。スパロボでも扱いは不憫で隠し機体にすらならず、X-Ωでようやくユニットとして使うことができるようになった。
また、Q終了後の予告映像では、この機体を枯草色にリペイントした機体が大量に登場していた。


関連タグ

エヴァンゲリオンヱヴァンゲリヲン新劇場版カシウスの槍ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q渚カヲル



関連イラスト

God Eater
無謀3


Mark.06降臨
6号機


EVANGELION Mark.06
6号機

関連記事

親記事

エヴァンゲリオン えゔぁんげりおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エヴァンゲリオンMark.6」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146530

コメント